Entry



Archives


Category


Search


Link

Chocolate Cake for Valentine Day
1.jpg

今日はバレンタイン・デイ。夕食の後、カミさん手作りのチョコレートケーキをワインと共に美味しくいただきました。ありがとう。

2.jpg

3.jpg
| 23:00 |
北千住ナイト 4
1.jpg

今日はCANVAS & CLOTH展 in classico 初日。閉店後に北千住に集合して、北千住ナイト4を決行!僕のお薦めの酒場をめぐりました。メンバーはCANVAS & CLOTHデザイナーの木下すがこさん、先頃谷中のおみせを閉店して足立区江北にて靴・サンダル・鞄のお店nakamuraを始める予定の中村隆司さん、そして僕と奥さんの4人です。昨年(徳多和良 ~ 大はし ~ 川澤 )は行かなかったお店をご案内しようと思い、まずは僕んちの近くの飲み屋・酒屋の酒場へ...。運良く奥の4人掛けのテーブルが空いていたので、すんなりと座ることができました。席に着くなり生ビールをグビグビ。さんま酢、法蓮草のお浸し、魳の干物、めかぶ、ぬか漬け、など次々と注文。ここは本当にコストパフォーマンスの高さが半端じゃないんです。1品1品が、この値段で...この量で...この美味しさで本当にいいのぉ~?ってびっくりする程素晴らしいんです。酒屋の酒場、初体験の木下さん&中村さんも大満足のご様子。いざ,2軒目へ...。

1.jpg

2軒目に向かったのはささや。いつも満席で振られてしまうことが多いので、ダメもとで行ってみたのですが、時間が遅目だったおかげかすんなり座ることができました。ラッキー! さっそく名物のモツ煮込みや煮タマゴ、キャベツの煮込み、レバーペースト、ガーリックトーストなどをオーダー。肴が美味しいから,ついついお酒がすすんじゃいますねぇ...。そして,楽しい夜は更けていきます。

1.jpg

北千住ナイトも会を重ねて5回目。めぐるお店が決まってきてしまったなぁ。みなさん、どこかお薦めのお店があったら教えてちょ。

1.jpg
| 23:00 |
北千住ナイト3
1.jpg

今夜は北千住ナイト第3弾!  残念ながら入れなかったお店もありましたが、美味しい下町の酒場を廻り楽しい夜を過ごしました。
| 23:00 |
大衆酒場 酒屋の酒場
1.jpg

今宵は自宅近くの飲み屋「酒屋の酒場」にてふたり酒。なぜにもっと早く来なんだろう...ってちと後悔。いや〜ほんま、えぇなあぁ。

酒屋の酒場は、僕が毎日朝晩通る通り道にある飲み屋さんです。最初はかなりくたびれた飲み屋だな〜くらいにしか思っていなかったのですが、酒場好きの森田さんから噂を聞いたりして徐々に見方が変わっていきました。入ってみたいな〜と思いながらも、その佇まいから「一見さんお断り!」と断られているような気がしてなかなか入れずにいました。そんな日々を過ごしていた昨年秋、酒屋の酒場に貼り紙が...。店舗移転のため、現在の店舗は閉店するとのこと。貼り紙を見つけてからもまだ閉店まで日数はあったので入るチャンスは何度もあったのですが、なおさら濃厚な常連さんの溜まり場になっているような気がして、ますます気が退けてしまい結局入ることが出来ないまま閉店してしまいました。そして昨年の11月、元のお店の2・3件隣のスペースに新築された建物の1階に移転オープン。やけに小綺麗になってしまったことから、「行ってみたい!」という僕のテンションは急降下。「別に行かなくてもいいか...。」というところまでモチベーションは落ち込んでしまいました。いつか自分の飲み屋を開店するために板前修業中の友達から「酒屋の酒場」に行ってみたいとメールがあったのはそんな頃。彼が行きたいっていうお店には間違いがないので、きっといいお店なんだろうな...と思い始めたり、ちょっと前に発売された「東京 あたらしい下町」で北千住を代表する飲み屋として「大はし」「永見」「徳田和良」と一緒に紹介されたり...するのを見て、「行ってみたい!」というテンションは再び急上昇! 友達との飲み会のためにも、次回の北千住ナイトのためにもリサーチしておく必要性も感じていましたし、彼女にお願いしていよいよ今夜は「酒屋の酒場」に一緒に行くことになりました。クラシコ閉店後、彼女と北千住へ。「酒屋の酒場」の前に来るとちょうど4人の飲ん兵衛さんが出てきたところだったので、敷居の高さを怯むことなくすんなりと入店することができました。オープンして半年程の店内は清潔感があって綺麗ではありましたが、僕が予想していたよりも落ち着く雰囲気。常連さんらしきお客さんが多い様子でしたが、かといって排他的でもなく心地よく飲むことができました。刺身の盛り合わせ、ぬか漬け、玉葱入りさつま揚げ、煮込み、ヤリ烏賊の刺身などを肴に生ビールをグビグビ。それぞれのメニューが安くて美味いだけじゃなくて、ボリュームもあって大満足。特に気に入ったのは玉葱入りさつま揚げ。おかわりしたいくらい美味かったな〜。近場にこんなにいい飲み屋があるなんて、幸せだよな〜。何で勇気を出してもっと早く来なかったのかな〜って、ほんとに後悔。これからはちょくちょく寄らせていただきます。あ〜っ、た・の・し・み〜。

大衆酒場 酒屋の酒場 東京都足立区千住中居町27-16 tel : 03-3882-2970 営業時間 : 17:00 ~ 22:30 日曜定休
| 23:00 |
北千住ナイト

北千住ナイト第1弾! 今宵決行。ちぃ〜と飲み過ぎちゃったな...。次回は立石ナイトの予定。立石チェリーの僕には楽しみぃぃぃ。

今年の3/11に焼鳥小松で飲んだときのこと。その時にご一緒したのはスパイラルレコーズ山上さんと山上さんの彼女エリカさん。話の流れで、「今度僕が住んでいる北千住で飲みましょう!」ということになりました。お互いに忙しかったり金欠だったりして少し時間が空いていましたが、ゴールデンウィークやイベントが一段落した頃ということで、今宵が北千住ナイト当日となりました。ご案内役はわたくし。ということで、あらかじめ5~6件程候補店を考えておきました。山上さんとエリカさん、そして山上さんと同じ会社で働く松田さんも加わってメンバーは4名。松田さんとはこの日が初対面。スパイラルでの仕事の傍らご自身の会社で色々な活動をしており、2010.05.19 クラシコ・ブログでもご紹介した典型プロジェクトの企画担当も務めているそうです。「典型 自転車止め」についてご紹介したクラシコ・ブログが縁となり、山上さんが今日の北千住ナイトに松田さんもお誘いいただきました。北千住と言えば、どこはさておきここへ行かなくては...とクラシコ・ブログではおなじみの大はしへ。当然の様に満席で、入り口近くの丸椅子に座って待ちました。「4人は無理だな...」と断られながらも我慢我慢。しばらく待っていると粘った甲斐あって、狭いながらも何とか座ることができました。名物の肉豆腐を肴に生ビールで乾杯! 「あ〜、うんめゃ〜。」その後はこれも名物のキンミヤ焼酎を注文して各自思い思いに飲みながら、お刺身やはまぐりの酒蒸しなどに舌鼓。大はしの大将と若大将は相変わらず元気よく小気味のいい身のこなしで応対していました。エリカさんの素敵な笑顔に大将はますます上機嫌じゃ〜ないですかッ!「いぇ〜い。」 男は幾つになっても元気が一番デ・ス・ヨ・ね〜っ! ますます大将が好きになりました。キンミヤが空になったところでお愛想、次のお店へ...。今回の隠し球と思っていたお店だったのですが、看板の灯りが消えている...「ガ〜ン!」しまった。まさか21:00閉店とは思わなんだ。まあ仕方ない、北千住ナイト第2弾のお楽しみということで、今夜は諦めて次のお店へ(店名は内緒にしておきます)。このところ何度か振られていたお店、とっても人気なんです。今日は先客さんのご好意により、運良く入ることができました。よかったな〜。その人気店はささや(本当はご紹介したくないんですけどね...)。前にモツ好きの森田さんと1度だけ入れたことがあって、その森田さんもとっても気に入っていた串焼きとモツ煮込みのお店です。各自思い思いのお酒を飲みながら名物のモツの串煮込み、キャベツの串煮込み、レバ刺し、レバーペーストとガーリックトーストなどを堪能。「あ〜、ささやもうんめゃ〜。」ささやの閉店に合わせてお勘定。二子玉川に住む松田さんの終電までの少しの時間、駅裏に新しくできた魚河岸系居酒屋(店名は不明)にてサクッと飲みました。松田さんが立石にお気に入りの飲み屋さんがあるそうで、次回は立石ナイト、行きましょう!と盛り上がりました。実現させましょう〜ね。

1.jpg
| 23:30 |
キーマ・カレー・ブランチ
 
本日のブランチは大江戸骨董市にて、キーマ・カレー。おなかペコペコも手伝って、めっちゃ美味しかったな...。また食べよ〜っと。

毎月第1・第3日曜日の朝、東京国際フォーラム中庭で行なわれる大江戸骨董市にはよく顔を出します。クラシコのお客様にバッタリお会いすることもよくあります。東京で行なわれる野外の骨董市の中では規模も大きく人気も高い方だと思います。気に入ったものがあれば、クラシコのディスプレイ用や商品用に仕入れをしたりしています。でも、大江戸骨董市のお楽しみはそれだけではありません。移動販売の車が幾つか出店しているので、朝ご飯をここで食べることが出来ます。以前にもクラシコ・ブログでおにぎり屋さんのおにぎりと豚汁をご紹介いたしました。今日はどうしようかな...と思ったのですが、久し振りにカレー屋さんのキーマ・カレーを食べることにしました。辛口ということでしたが、程よい辛さがちょうどいい感じ。移動屋台でも本格派です。ごはんはパサッとしたドライな食感。日本のお米じゃないのかな...。付け合わせのピクルスもさっぱりとして美味しいです。カレーはほかにも欧風ビーフ・カレーなど数種類あります。今度はほかのカレーも食べてみようかな。今日はカレー屋さん、おにぎり屋さん、Motoya Express(珈琲)が出店。3店舗共なかなかレベルが高いです。みなさんも大江戸骨董市に行く機会があったら、お試しになってみて下さいね...。
 
キーマ・カレー ¥500(ワゴン車屋台にてカレー数種類販売)第1・第3日曜日 東京国際フォーラム大江戸骨董市 会場内
| 16:00 |
さぼうる2 ~ 本日もナポリタン

今日も火曜日・店休日。北千住から地下鉄千代田線に乗って新御茶ノ水下車。小川町から都営新宿線で神保町へ。予定通り11:30前に目的地に到着。目的地というのは2010.01.19クラシコ・ブログでもご紹介したさぼうる2。お隣にある喫茶「さぼうる」の姉妹店です。「さぼうる」は喫茶メインで食事は軽食のみ。ちなみに4月から始まったドラマ「素直になれなくて」で、瑛太演じる〈ナカジ〉と吉川晃司演じる〈中島亮介〉が密会する喫茶店の撮影で使われています。「さぼうる2」の方はオーソドックスな洋食メニューがあります。ハンバーグライス、カレーライス、ポーク生姜焼きライスなど、どれも僕が大好きなメニューばかりでそそられるのですが、僕が注文するのは毎回ナポリタン、昔ながらのナポリタンです。「アルデンテって何もの?」ってな感じで、あらかじめ茹でておいた細めなスパゲッテイにハム・マッシュルーム、玉葱などを加えて、トマトケチャップで味付けしながらフライパンで炒めています。普通盛りでも写真の様にこのボリューム! おまけにサラダも付いて¥650 はお得です。山小屋風の店内は、昼間でもほの暗くて落ち着きます。大人気のお店なので、お昼時はほぼ満席。独りで行くと相席になることが多く、前回も渋いおじ様と相席でした。テーブルはかなり小さいので、向かい合って食べていると気まずいんですよね...。だから今日は相席にならない様、独り席が空いている早めの時間を目指して「さぼうる2」に向ったんです。空いてて良かった〜独り席!今日は快適にナポリタン・ランチを堪能しました。僕はアルデンテな本格イタリアンのパスタも大好きですが、時折昔ながらのナポリタンが無性に食べたくなります。みなさんにもそんな時ってないですか? そんな時には「さぼうる2」に行って見てください。けっこうハマりますよ〜! 加藤兄ィもハマってるかな?

さぼうる2 東京都千代田区神田神保町1-11 tel : 03-3291-8405 日曜定休 営業時間8:30 〜 23:00
| 23:30 |
ともすけ

今夜は谷中2丁目界隈の大人メンバーの集まりにお誘いいただき、楽しい美味しいひとときを満喫しました。また皆で行きたいな...。

19:00 クラシコ閉店。外に出している荷物を店内に入れたり、レジ締め、片付けをしてからクラシコを後にし、タクシーで浅草橋方面へ...。今日の目的は小伝馬町にある「ともすけ」での食事会。事前にインターネット(ヤッホ〜)などで調べていたので、知ってるつもりになって確かこの辺りだよな...とすぐに見つかるだろうと思いながら歩いていました。ほかのみなさんは19:00に集合して先に到着しているはず。「20:00には行きますから...」なんて言っていたのに、見つからないまま時間はどんどん過ぎていき...。「地図をプリントアウトしておけば...」後悔先に立たず。道行く人10人程に聞くものの、手掛かりはなく。今日のメンバーはみなさんご近所さんですぐに会えるし、お店やオフィスにお電話すれば連絡が取れるので携帯電話の番号も知らず。僕は携帯電話は持っているものの通話とメールしかしないので、場所を調べたりもできず。今とっても人気のカフェ・フクモリはあったのですが、同じ様な業種の方に聞くのは失礼だと思いグルグル堂々巡り。でも、最後は恥を忍んでフクモリのスタッフの方に教えていただき(ありがとうございました!)何とか辿り着きました。メンバーはLeprottoの高橋さん&山田さん、TOKYOBIKEの金井さん、COUZT CAFEの楠さん、dou douの柴崎さん、SLOWの高松さん、そして遅れて(とほほ...)僕でした。でも嬉しいことに前菜など僕の分は取り分けていただいていたので、出遅れはしましたがペコペコのお腹はすぐに満たされました。その後にもいくつかのメニューが出てきたのですが、出遅れた感は拭えず追いつくのに必死。味わえる様になったのは、お料理の最後に出てきたリゾットの頃。残念! でも、そのリゾットが絶品だったのは確か。その後デザートに食べたアイスも美味しかったな〜っ。いつかはリベンジしに来よっと! その時には出遅れることなく、きちんと味わって食べますよ。このメンバーでもまた集まりたいな...そう思える楽しい夜でした。        おわり。

ともすけ 東京都中央区日本橋小伝馬町20-4東洋ハットビル1F tel : 03-3666-1717 定休日 月・日・祝日
| 23:00 |
さぼうる2


 今日は火曜日・店休日。休もうと思えば休めるんだけど、特別予定がなければ仕事をしちゃうんですよね〜。 好きなことを仕事にしているから苦にならないんでしょうね。今朝もいつもの出勤時間通りに家を出て、田端にある「流木の鳥」針原修さんのアトリエへ向いました。クラシコの仕入れ用に何点か「流木の鳥」を選びました。その「流木の鳥」は針原さんの手により最後の仕上げをしていたいた後、近日入荷する予定です。昼前にクラシコに立ち寄って幾つかの仕事を済ませた後、神田神保町へ。目的はお昼ごはん。神保町には僕がとっても好きなお店があるんです。そのお店の名前は「さぼうる2」、お隣にある喫茶「さぼうる」の姉妹店です。「さぼうる」は喫茶メインで食事は軽食のみ。「さぼうる2」の方はオーソドックスな洋食メニューがあります。ハンバーグライス、・カレーライス・ポーク生姜焼きライスなど、どれも僕が大好きなメニューばかりでそそられるのですが、僕が注文するのは毎回ナポリタン、昔ながらのナポリタンです。「アルデンテって何もの?」ってな感じで、あらかじめ茹でておいた細めなスパゲッテイにハム・マッシュルーム、玉葱などを加えて、トマトケチャップで味付けしながらフライパンで炒めています。普通盛りでも写真の様にこのボリューム! おまけにサラダも付いて¥650 はお得です。山小屋風の店内は、昼までもほの暗くて落ち着きます。大人気のお店なので、お昼時はほぼ満席。独りで行くと相席になることが多く、今日も渋いおじ様と相席でした。テーブルはかなり小さいので、向かい合って食べていると顔が近づいたりして、男同士でもちょっとドキドキしちゃいました。食事ができる時間はお昼時だけだと思い込んでいたのですが、今日聞いたら11:00〜22:00頃まで(注文は21:30まで)だそうです。今度は夕飯を食べに行こうかな...。
さぼうる2を後にしてからも、リサーチに行ったり取引先にご挨拶に寄ったり、夕方には再びクラシコへ...。仕事は続きました。

 僕はアルデンテな本格イタリアンのパスタも大好きですが、時折昔ながらのナポリタンが無性に食べたくなります。みなさんにもそんな時ってないですか? そんな時には「さぼうる2」に行って見てください。けっこうハマりますよ〜!

 さぼうる2 東京都千代田区神田神保町1-11 tel : 03-3291-8405 日曜定休 営業時間8:30 〜 23:00
| 23:00 |
豚汁、おにぎり
 
 冬の野外の骨董市って、とっても冷えるんですよね〜。そんな冷えきった身体を温めてくれるのがこの豚汁。めっちゃうまいっす。

 毎月第1・第3日曜日の朝、東京国際フォーラム中庭で行なわれる大江戸骨董市にはよく顔を出します。クラシコのお客様にバッタリお会いすることもよくあります。東京で行なわれる野外の骨董市の中では規模も大きく人気も高い方だと思います。気に入ったものがあれば、クラシコのディスプレイ用や商品用に仕入れをしたりしています。でも、大江戸骨董市のお楽しみはそれだけではありません。移動販売の車が幾つか出店しているので、朝ご飯をここで食べることが出来ます。以前はよくパン屋さんが出店していたので、焼き立てカレーパンを買って食べながら骨董市を見て廻っていましたが、最近ではあまり見かけません。本格派カレーのお店もあるのですが、キーマカレーなどなかなか美味しいんです。珈琲の移動販売で有名な珈琲屋台Motoya Expressが出店していることもあります。僕の最近のお気に入りは、おにぎり屋さんの豚汁です。最初の頃はおにぎりだけ買っていたんですが、一度豚汁を飲んだらハマってしまい、飲まずにはいられなくなりました。この豚汁の一番の魅力は厚切りの豚バラ肉。煮込んで柔らかくなった豚バラ肉を口に入れると、とろっととろけていく様で、ほっぺたも落っこちそうになる程。じゃがいも・たまねぎ・にんじん・ごぼうなど野菜もたっぷり入っていて、とにかく大満足の豚汁です。おにぎりは、いろいろな具材の中から選ぶことができます。注文してからひとつずつ握ってくれるので、ふっくら柔らかくて美味しいです。ちなみに今日は、上の写真の様に豚汁におにぎり2つをプラスしたお得なセットを注文。空腹と寒さがピークに達していた頃だったこともあり、いつもよりさらに美味しく、大満足でした。
 

 おにぎりのお店(V.W.バスにて販売)第1・第3日曜日 東京国際フォーラム大江戸骨董市 会場内
 厚切り豚バラ肉の豚汁 とおにぎり2個のセット¥600(厚切り豚バラ肉の豚汁 ¥350、明太子・鮭はらすのおにぎり 各¥150)
| 20:00 |
Page: 2/2  <<