Entry



Archives


Category


Search


Link

POST O'ALLS C-Post 3 Shirts


至上最高?と思える程素晴らしいシャツ生地が揃っていたPOST O'ALLS 2010 盛夏展から届いた至極のシャツ、その第2弾です。

POST O'ALLS(ポストオーバーオール)は、大淵 毅氏により1993年ニューヨークで設立されました。ワークウェアを中心としたアメリカ衣料に対する深い造詣と、独自の論理と感性を以って、現代のファッションアイテムとして創造されているブランドです。同ブランドの生産に必要なヴィンテージのミシンや設備を揃えるのにも都合がよかったこともありニューヨークで始まりました。1910年代から1940年代のアメリカのワークウェアが、主なテーマとデザインソースになっています。当時そのままの手間ひまをかけた縫製仕様や機械にこだわり、インダストリアルなラフさなども含めた特徴を現代に蘇らせています。数多あるレプリカブランドと異なるのは、単に古着のコピーに終わるのではなく、製品のデザインひとつひとつにオリジナリティを取り入れているということであり、何よりもMade in U.S.A.であることでしょう。失われつつあるMade in U.S.A.のワークウェアの将来を担うブランドであると思います。
ポストオーバーオール・ジャパンができてから初めての展示会となったPOST O'ALLS 2010盛夏展は、デザイナー大淵氏の意気込みが感じられる展示会でした。特にシャツ生地のラインナップが素晴らしく、胸の高まりを抑えるのがたいへんでした。ポストオーバーオールのシャツはなかなか高価なので、あれもこれもと発注するわけにもいかず残念な限り。生地の手配がつかずに生産中止になってしまったものもありますが、僕としてはベストな選択ができたと思っています。2010.05.13クラシコ・ブログにてご紹介いたしましたEngineers' Shirtsはたいへん好評をいただいており、残り僅かとなっています。そして、今回ご紹介するのはC-Post 3というデザインのシャツ。ポストオーバーオールのコレクションにおいて最もシンプルなワークシャツと言えるでしょう。シルエットは比較的細めで、サイドの切れ込みは深くシャープな印象になっています。使用している素材はかなり薄手のコットン素材。着心地はとても軽くて、風通しもよく真夏でも快適に過ごせることでしょう。オフホワイトのベースにイエロー×ブラックのブロックチェックは、とっても新鮮。ありそうだけど、どこにも無いんだな...。いつもながらポストオーバーオールの生地セレクトの素晴らしさには感心するばかりです。第1弾でご紹介したEngineers' Shirtsと甲乙付けがたい極上のワークシャツ。阪神タイガースのファンにもお薦めですよッ!

POST O'ALLS C-Post 3 Shirts Block Check ¥26.040 Yellow × Black  XS / S / M / L  Cotton 100% Made in U.S.A.

| 22:00 |
POST O'ALLS Engineers' Shirts


至上最高?と思える程素晴らしいシャツ生地が揃っていたPOST O'ALLS 2010 盛夏展から届いた至極のシャツ、その第1弾です。

POST O'ALLS(ポストオーバーオール)は、大淵 毅氏により1993年ニューヨークで設立されました。ワークウェアを中心としたアメリカ衣料に対する深い造詣と、独自の論理と感性を以って、現代のファッションアイテムとして創造されているブランドです。同ブランドの生産に必要なヴィンテージのミシンや設備を揃えるのにも都合がよかったこともありニューヨークで始まりました。1910年代から1940年代のアメリカのワークウェアが、主なテーマとデザインソースになっています。当時そのままの手間ひまをかけた縫製仕様や機械にこだわり、インダストリアルなラフさなども含めた特徴を現代に蘇らせています。数多あるレプリカブランドと異なるのは、単に古着のコピーに終わるのではなく、製品のデザインひとつひとつにオリジナリティを取り入れているということであり、何よりもMade in U.S.A.であることでしょう。失われつつあるMade in U.S.A.のワークウェアの将来を担うブランドであると思います。
ポストオーバーオール・ジャパンができてから初めての展示会となったPOST O'ALLS 2010盛夏展は、デザイナー大淵氏の意気込みが感じられる展示会でした。特にシャツ生地のラインナップが素晴らしく、胸の高まりを抑えるのがたいへんでした。ポストオーバーオールのシャツはなかなか高価なので、あれもこれもと発注するわけにもいかず残念な限り。生地の手配がつかずに生産中止になってしまったものもありますが、僕としてはベストな選択ができたと思っています。その中でまず最初にご紹介したいのがこのEngineers' Shirtsです。比較的細めなシルエットで着丈も短め。左右非対称なポケット・デザイン、肘部分の切り替え、猫目ボタンなどPOST O'ALLSらしいワークウェアとしてのデティルが随所に詰まっています。このシャツの一番の特徴は独特な素材感。羽毛の様に軽やかでガーゼの様に風通しのいいアメリカのコットン素材を使用しています。こんな素材感のシャツは僕の記憶にはないかも。着ていることを忘れてしまう程薄くて軽いので、真夏でも快適に過ごすことができるでしょう。この着心地の良さを是非確かめに来てください。

POST O'ALLS Engineers' Shirts Feather Chambray Plaid ¥27.090 Red & Blue  XS / S / M / L  Made in U.S.A.

| 17:00 |
POST O'ALLS


 新緑の季節、こんなジャケットを軽やかに羽織って、颯爽と歩きましょう!

 最近のお気に入り、POST O'ALLSの新作ジャケットです。ほぼ毎日着ているんです。T シャツの上にこのジャケットを羽織って、首にはストール巻き巻き。パンツはジーンズ、チノパンツ、ファティーグパンツなど、僕が持っているパンツは何でもOKなので重宝しています。ジャケットと言っても薄手コットンのシャツ素材なので、シャツを羽織る感覚で着ています。このEngineers' Jacketは、2008.10.14 classico-blog POST O'ALLSでご紹介したデニムのカバーオールと同じデザインです。上の写真を見ていただければ分かる様に、白地にブルーのピンストライプの生地で出来ているので、同じデザインでもだいぶ印象が変わります。上品な大人のカジュアル・ジャケットって感じです。

 以下2008.10.14 classico-blogより引用。

 POST O'ALLSは、大淵 毅氏により1993年ニューヨークで設立されました。ワークウェアを中心としたアメリカ衣料に対する深い造詣と、独自の論理と感性を以って、現代のファッションアイテムとして創造されているブランドです。同ブランドの生産に必要なヴィンテージのミシンや設備を揃えるのにも都合がよかったこともありニューヨークで始まりました。1910年代から1940年代のアメリカのワークウェアが、主なテーマとデザインソースになっています。当時そのままの手間ひまをかけた縫製仕様や機械にこだわり、インダストリアルなラフさなども含めた特徴を現代に蘇らせています。数多あるレプリカブランドと異なるのは、単に古着のコピーに終わるのではなく、製品のデザインひとつひとつにオリジナリティを取り入れているということであり、何よりもMade in U.S.A.であることでしょう。失われつつあるMade in U.S.A.のワークウェアの将来を担うブランドであると思います。

 POST O'ALLSのスタート当初から今まで生産され続けているのが、Engineers' Jacket です。1930年代中頃のスーパーペイディのカバーオールがモチーフとされています。数あるカバーオールの中で大淵氏が最も評価しているモデルです。ビンテージの実物よりも、洗い込んでいくと随所にシワが出てくるように、着込んでいくと服全体が立体的になって味わいが出るように調整されています。そして現在でも度々見直され、改良され続けています。高めのアームホールと対照的にカーブした太めの袖を意識的に組み合わせることによって無骨さを強調しています。Aラインの度合いは自然体で、幅広いコーディネートを楽しむことができます。


 昨年の春夏に、シャツ地・ギンガムチェックのEngineers' Jacketを展開していました。色も素材感も似た様な感じだったのですが、店頭に出すなりいつの間にか売り切れてしまいました。僕も気に入っていたので自分でも着たかったのですが、残念ながら涙を飲みました。今回は昨年のリベンジ。昨年よりも数に余裕があるので、自分でも着ることが出来ました。

 「今日は何を合わせようか」と考えるのが、毎日の楽しみであります。


 POST O'ALLS Engineers' Jacket Shirting Pinstripe Blue Size XS / S / M ¥40.740

| 20:21 |
POST O'ALLS


classicoにストロングスタイルのツートップ、いよいよ登場です。所属チームはPOST 0'ALLS New York。
サッカー日本代表の僕が秘かに夢見るツートップの様な存在です。闘莉王と中澤のツートップ! ありえね〜。


POST O'ALLSは、大淵 毅氏により1993年ニューヨークで設立されました。ワークウェアを中心としたアメリカ衣料に対する深い造詣と、独自の論理と感性を以って、現代のファッションアイテムとして創造されているブランドです。同ブランドの生産に必要なヴィンテージのミシンや設備を揃えるのにも都合がよかったこともありニューヨークで始まりました。1910年代から1940年代のアメリカのワークウェアが、主なテーマとデザインソースになっています。当時そのままの手間ひまをかけた縫製仕様や機械にこだわり、インダストリアルなラフさなども含めた特徴を現代に蘇らせています。数多あるレプリカブランドと異なるのは、単に古着のコピーに終わるのではなく、製品のデザインひとつひとつにオリジナリティを取り入れているということであり、何よりもMade in U.S.A.であることでしょう。失われつつあるMade in U.S.A.のワークウェアの将来を担うブランドであると思います。


POST O'ALLSのスタート当初から今まで生産され続けているのが、#1102 Engineers' Jacket です。1930年代中頃のスーパーペイディのカバーオールがモチーフとされています。数あるカバーオールの中で大淵氏が最も評価しているモデルです。ビンテージの実物よりも、洗い込んでいくと随所にシワが出てくるように、着込んでいくと服全体が立体的になって味わいが出るように調整されています。そして現在でも度々見直され、改良され続けています。
#1102 Engineers' Jacket は、高めのアームホールと対照的にカーブした太めの袖を意識的に組み合わせることによって無骨さを強調しています。Aラインの度合いは自然体で、幅広いコーディネートを楽しむことができます。素材はCone Mills製の10oz.Jelt デニムを使用しており、長く愛用していく程に味わいを増していきます。


C-POST 3は、ワークウェアのエッセンスを取り込みながらもシンプルにデザインされたPOST O'ALLSの新定番的なシャツです。ステッチワークはワークウェアそのものですが、胸にはフラップ付きのワンポケット、衿は小さめのレギュラーカラーと、幅広いコーディネートを楽しむことができるシンプルなデザインとなっています。裾は長過ぎず短すぎず、出しても入れても着ることができる絶妙なバランスになっています。
素材は薄手で起毛感も少なくとても柔らかいフランネルを使用しています。イタリアの綿素材にみられるビエラの様な上質な素材感です。ワークシャツでありながら、着心地は快適で心地いいです。クラシックなタータンチェック、定番的な柄ではありますが、POST O'ALLSとしてはとても新鮮に感じます。アイビーやプレッピー的な上品なコーディネートに取り入れてみてもいいでしょう。


今年の夏頃、大淵氏にお会いする機会がありました。雑誌ではよく見ており、勝手に強くて恐そうな方というイメージを抱いておりましたが、実際の大淵氏はとても腰が低く、感じのいい方でした。そして、そんな大淵氏にお会いすることが出来たからこそ、POST O'ALLSに対する信頼が深まりました。


POST 0'ALLSは、ワークウェアに対する熱い思いとこだわり、製品に注がれる充分な心遣いから生み出されています。
みなさんも袖を通していただければ分かるでしょう。本物であると。
ストロングスタイルというのは、服作りに対する強いこだわりと絶対的な自信から生まれてくるのです。


POST O'ALLS C-Post3 flannel tartan shirting ¥27.090
POST O'ALLS #1102 Engineer's Jacket 10oz.Cone Denim ¥35.490


| 11:00 |
Page: 2/2  <<