Entry



Archives


Category


Search


Link

椿 TSUBAKI
1.jpg

陽射しを充分に当てることができなかったため、諦めかけていた椿の花。でも愛情を注ぎ続けた甲斐あって、美しい花が咲きました。

去年もクラシコ・ブログにてご紹介した椿の鉢植え。写真を見るとずいぶんと成長しているのが分かります。椿は僕のお気に入りの花のひとつです。以前クラシコによくいらしていたお花好きなお客様の影響で興味を持つ様になりました。椿の花は、それぞれの花の盛りを過ぎた頃に花丸ごとがボタッと落ちます。この様は古来から落椿と表現され、春の季語となっている程。短命だからこその椿の花の美しさなのか。日本らしい「侘び・寂び」が最も感じられる花のひとつと言えるでしょう。一昨年の晩秋に購入した椿の鉢植え。椿の中でも僕が一番好きな真っ赤な花が咲く赤西王母という椿です。購入した時には1厘花が咲いており、ほかにも蕾がたくさん付いていました。咲いては落ち、咲いては落ちてを繰り返し、しばらくは美しい椿の花を楽しみました。それからの一年は慌ただしい毎日が続き、充分に日光に当てることができずに過ぎ去ってしまいました。(愛情は注いでいたのですがぁ...。)やがて家々の軒先などで椿の花が咲き乱れている光景を横目に見ながら、クラシコの椿は花を咲かせることができないだろうなぁ...と諦めていたのですが、10日程前から椿の蕾が急速に膨らみ始めました。そして...数日前に椿の花が咲きましたぁ! 大きくて美しい真っ赤な椿の花です。嬉しかったなぁ...。その後も次から次へと蕾は開いていき、今は(上の写真よりも更に)たくさんの花が咲いています。これからも毎年たくさんの花を咲かせることができる様に、大切に育てて行こうと思います。そして、いつの日にか小さいながらも庭のある家に住めるようになった時、その椿を庭木として植え込んで、大きく大きく育てていきたいなぁ...。大切に育んで行きたい僕の夢のひとつです。

| 15:00 |
Cherry Blossom

祝、桜満開! 先週末がお花見のピークと言われていましたが、花冷えで今ひとつ。今日はすっきり晴れ上がって温かくなり、最高の
お花見日和になりました。僕も久し振りに仕事を忘れて彼女と共にお花見を満喫しました~。気持ちのいい1日だったなあ...。
| 23:00 |
Cherry Blossom


昨日の日中、中目黒目黒川沿いの桜はほぼ満開だった様です。彼女が昨日撮ってきてくれた写真です。僕も実際に見たかったな...。
厳しかった花冷えもそろそろ一段落。今日の日中からはあたたかくなってきたし、寒さに震えていた桜のつぼみも大喜びで一気に開花しそう。今週末には上野公園も谷中墓地も桜の花が咲き乱れそうですね。うっわ〜いいな〜。僕も咲き乱れた〜い!

| 18:00 |
Cherry Blossom

今朝はいつもよりちょっと早く家を出て...上野公園まで足を伸ばしました。花冷えのおかげでしばらくはお花見が楽しめそうですね。

東京の開花宣言から数日経ちました。ここ数日花冷えの日が続いているので、実際にどの程度桜が咲いているのかが気になって都内の桜の名所のひとつである上野恩賜公園に行ってみました。上野恩賜公園には約1200本の桜の木があるそうです。染井吉野、里桜、寒緋桜、大寒桜など多種多様な桜を楽しむことができます。実際に桜の花を見ていても真っ白、薄ピンク、ピンクなど微妙に違いがあります。蕾の色や花びらの形にも少しずつ違いがあるのが分かります。桜の種類によって開花の時期にもズレがある様で、半分位咲いている木もあればまだほとんど蕾みの木もあります。今のところ東京都内の満開予想日は4/2(金)になっているので、今週末から一週間程がお花見のピークになるかもしれません。上野恩賜公園は地下鉄千代田線根津駅からも徒歩6~7分程と近いので、今週末はお花見と谷根千散策と兼ねてまわってみてはいかがでしょうか。でも谷根千散策をするならお酒は控えめに...。酔っぱらいはNGですよ〜!

| 23:00 |
椿
 
一度はすべての花を落とした椿の鉢植え。でも小さな蕾が芽生えて、そしてついには真っ赤な美しい花を咲かせました。嬉しいな...。

椿はクラシコ・ブログ2回目の登場です。以下、前回のブログ 2010.01.07 クラシコ・ブログ 椿より。
椿は僕のお気に入りの花のひとつです。クラシコによくいらしていたお花好きなお客様の影響で興味を持つ様になりました。椿の花は、それぞれの花の盛りを過ぎた頃に花丸ごとがボタッと落ちます。この様は古来から落椿と表現され、春の季語となっている程。短命だからこその椿の花の美しさなのか。日本らしい「侘び・寂び」が最も感じられる花のひとつと言えるでしょう。
昨年の晩秋、椿の鉢植えを購入しました。椿の中でも僕が一番好きな真っ赤な花が咲く赤西王母という椿です。購入した時には1厘花が咲いており、ほかにも蕾がたくさん付いていました。咲いては落ち、咲いては落ちてを繰り返し、しばらくは美しい椿の花を楽しみました。今は全て花も咲き落ちて小さな硬い蕾が僅かに残っているだけになりましたが、これからも大切に育てていこうと思います。そして、いつの日にか小さいながらも庭のある家に住んだ時、その椿を庭木として植え込んで、ずっとずっと育てていきたい...。大切に守りたい僕の夢のひとつです。
写真に写っているのがその椿の鉢植えです。諦めずに心を込めて育ててきた甲斐がありました。とってもきれいな花でしょ。強い心で思い続ければ、いつかきっと思いは通じて夢は叶うのだ...。そんなことをふと感じさせてくれた椿なのでした。(それ程、大げさなことではないんですけどね...)ひとつ、またひとつ。夢を強く信じながら、これからも日々歩んで行こうと思います。

| 23:30 |
水仙


 もうすぐ2月、春は少しずつ近づいて来ている様です。こんな季節、お花のディスプレイには水仙を推薦しますよ〜。

 水仙はヒガンバナ科に属す多年草で、冬から春にかけて白や黄色の花を咲かせます。原産地はスペイン・ポルトガル・北アフリカなど地中海沿岸地域。日本にはニホンスイセンが中国を経由して渡来したと言われています。中国の古典の中に「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙」とあり、水辺で咲く姿を仙人に例えて水仙という名前がついたと言われています。すらっと伸びた深緑色の茎と葉の合間に咲く白い花の可憐さがとても好きなので、この時期になるとクラシコのディスプレイ用によく飾っています。写真を撮りながらじ〜っと眺めていたら水仙の葉がニラに見えて来て、そう思えばこの花の色は玉子の色合いだよな〜って...。何だかお腹がすいてきちまった。大好きなニラ玉が食べたいよぅ。

 可憐なお花の話なのに、なぜだかニラ玉の話になってしまって...やっぱり僕は花より団子ってことですね。
| 18:00 |
椿

 クラシコをオープンして以来、季節の花々や枝ものを楽しみながらディスプレイしてきました。最初のうちはほとんど適当。感じるままに飾っているだけでしたが、3年半も続けていたら、自分なりの表現ができる様になってきたような気がします。お花のディスプレイが一番難しくなるのがこの年始の時期。いつもお花を購入している花色学葉がお正月休みになるからです。年末から飾っていたお花がいよいよ枯れてきたので、花色学葉に行ってみましたが、案の定まだお休み。時々立ち寄る根津の花木屋もまだお休み。いよいよ困り果て、最後の頼み花美喜へ...。2009.12.27 クラシコ・ブログ guillemets layout studioでご紹介した自在鉤&受け用に黄色いフリージアを購入したのですが、ふと店の奥を見ると白花の椿がありました。値段も格安です。花が咲いている枝が2〜3本あり、その中で枝ぶりがいいものを選び購入しました。上の写真の椿です。古瀬戸の徳利に生けてみました。なかなか素敵でしょ。
 椿は僕のお気に入りの花のひとつです。クラシコによくいらしていたお花好きなお客様の影響で興味を持つ様になりました。椿の花は、それぞれの花の盛りを過ぎた頃に花丸ごとがボタッと落ちます。この様は古来から落椿と表現され、春の季語となっている程。短命だからこその椿の花の美しさなのか。日本らしい「侘び・寂び」が最も感じられる花のひとつと言えるでしょう。
 昨年の晩秋、椿の鉢植えを購入しました。椿の中でも僕が一番好きな真っ赤な花が咲く赤西王母という椿です。購入した時には1厘花が咲いており、ほかにも蕾がたくさん付いていました。咲いては落ち、咲いては落ちてを繰り返し、しばらくは美しい椿の花を楽しみました。今は全て花も咲き落ちて小さな硬い蕾が僅かに残っているだけになりましたが、これからも大切に育てていこうと思います。そして、いつの日にか小さいながらも庭のある家に住んだ時、その椿を庭木として植え込んで、ずっとずっと育てていきたい...。大切に守りたい僕の夢のひとつです。
| 16:00 |
Page: 2/2  <<