Entry



Archives


Category


Search


Link

nisica button down shirts

DSC_1045.jpg

 

いよいよ2017年春夏シーズンもnisicaのシャツが到着いたしました。まずはとってもnisicaらしいシャツ、button down shirtsから...。

 

DSC_1041.jpg

 

DSC_1035.jpg

 

DSC_1043.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が着ているのはサイズ2。メンズのSサイズに当たります。サイズ1は女性にもご愛用いただけますよ。

 

DSC_1051.jpg

 

nisica button down shirts Price : ¥13.000 + Tax Color : White Size : ( Unisex ) 1 / 2 / 3 / 4  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1037.jpg

 

nisica (ニシカ)は、ふたりのデザイナー・宇賀村英明さんと三橋有さんによって営まれるブランドです。「服を作るにあたって心掛けていることは、いかに上手に引き算出来るかということです。人と服が適度な距離を保ちながらバランスが取れている。そういうものこそ着る人と中身の個性が現れる服となり、そこに服の本質があると思います。毎日の生活に必要な日常着、だらしなく見えない趣味の良い服、普段ファッションの話などしない人の為の服、僕たちは、空の箱を渡すだけというぐらいの感覚です。つくりたいのは、形ではなく雰囲気です。」そういう2人の想いが、nisicaの服には溢れています。nisica の服は、コットン・リネン・ウールなどの天然素材を中心に作られており、生地本来が持っている風合いや特徴をとても大切にしています。生地の素材感を最大限に活かす最小限のデザイン、それがnisica の魅力なのです。nisicaの服には独特の世界感が感じられます。シンプルだけど、何だかnisicaらしい。細やかなところに拘ったデザインだったり、バランスだったり、素材感や色合いだったり。かと言って主張し過ぎる訳ではありません。ほかのブランドやメーカーの服ともとてもよく調和してくれるので、着回しやすくなっています。それから、男性・女性に関わらずご愛用いただくことが出来るのもnisicaの魅力ですよね。classicoではこれからもnisicaを大切にお取り扱いしていきたいと思っています。

 

DSC_1036 (1).jpg

 

DSC_1049.jpg

 

DSC_1039.jpg

 

DSC_1051.jpg

 

nisica button down shirts Price : ¥13.000 + Tax Color : Blue Size : ( Unisex ) 1 / 2 / 3 / 4  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1048.jpg

 

nisica のbutton down shirts。クラシコでも毎シーズン展開しているので、すでにご愛用いただいているお客様も多いと思います。台襟部分にはボタンが付いていなくて、首元上2つのボタンは共布で包んだ包み(くるみ)ボタン。その下から裾まではボタンが露出しない比翼仕立てになっていています。ちなみに比翼の中のボタンはプラスチック・ボタン、衿と見頃を繋ぐボタンダウンのボタンは貝ボタンを使用。凝っているでしょ。一見普通のシャツの様でありながらさりげないnisicaらしさが感じられ、1枚で着ていても充分にお洒落な雰囲気を醸し出すことができます。今回入荷したのはオックスフォードのホワイトとサックス、そしてネイビーの3色。オックスフォードはこのモデルでは一番定番的でベーシックな素材。いずれもとってもコーディネートしやすくて、真夏以外のほぼ一年を通してご愛用いただくことができます。シルエットは程よくゆったり、そして着丈は短め。裾を外に出して着るのにちょうど良いバランスなんです。ご購入いただいたお客様からもご好評をいただいていて、色違いで揃えるお客様も多いんですよ。お薦めのシャツです。

 

DSC_1043.jpg

 

DSC_1055.jpg

 

DSC_1047.jpg

 

DSC_1060.jpg

 

nisica button down shirts Price : ¥13.000 + Tax Color : Navy Size : ( Unisex ) 1 / 2 / 3 / 4  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1063.jpg

 

nisica button down shirts Size(Unisex)1 : 胸幅48cm 裾幅49cm 肩幅40cm 前身丈58cm 後身丈65cm 袖丈58cm 首周39cm

nisica button down shirts Size(Unisex)2 : 胸幅50cm 裾幅51cm 肩幅42cm 前身丈61cm 後身丈68cm 袖丈60cm 首周40cm

nisica button down shirts Size(Unisex)3 : 胸幅52cm 裾幅53cm 肩幅44cm 前身丈64cm 後身丈71cm 袖丈62cm 首周41cm

nisica button down shirts Size(Unisex)4 : 胸幅54cm 裾幅55cm 肩幅46cm 前身丈67cm 後身丈74cm 袖丈64cm 首周42cm

 

DSC_1055.jpg

| 23:00 |
SAINT JAMES Ouessant

DSC_1034.jpg

 

SAINT JAMESのOuessant。ちょっと前にご紹介してご好評をいただいたシーズンカラーに続き、ベーシックカラーも入荷しました。

 

DSC_1040.jpg

 

SAINT JAMES(セント・ジェームス)は、1889年フランス北部ノルマンディー地方のセントジェームス市に創設されました。産業革命後の19世紀の中頃、それまでは手仕事で行なわれていた紡績・染糸業は当時のセント・ジェームス市長によって工業化され、地域の主要産業となる繊維業の一端を築きました。モン・サンミッシェルの牧草で育った羊からとれる良質の羊毛を使用して地元漁師や船乗り達の仕事着となるマリンセーターが生み出され、それが現在のセント・ジェームスを代表するモデルOuessant(ウエッソン)の原型となりました。ノルマンディー沖にある島の名前に由来するウエッソンは、海の暮らしから生まれた実用的なデザインであり、創設以来100年以上に渡ってほぼ原型のまま作られ続けています。改良する余地がない程に完成度の高い製品などです。ウエッソンに使用されているコットン素材は目が詰まっていてとても丈夫です。着込んで何度もお洗濯を繰り返すことによってだんだんと風合いも増して,着る人の身体に気持ちよくなじんでいきます。フランス国内にある本社工場では常に一定の高い品質をたもつことができる様に、糸の選定・紡績・染色・編み・縫製に至るすべての工程が細部まで厳密に管理されています。フランスのボーダーTシャツのメーカーのほとんどが、アジアやアフリカに生産拠点を移行している中で、セント・ジェームスはその姿勢を大切に守り続けています。

 

DSC_1045.jpg

 

SAINT JAMES Ouessant Price : ¥10.000 + Tax Neige × Gitane Size : (Unisex)  0 / 1 / 3 / 4 / 5  Cotton 100% Made in France.

 

DSC_1054.jpg

 

今回ご紹介するウェッソンは、SAINT JAMESらしい配色2種。Neige × Gitaneはホワイト×ロイヤルブルー。かのピカソが着ていたことで知られるNaval(ナヴァル)と同じ配色です。この配色。いつでもあるんでしょ...と思われがちですが、実はそうではないんです。ウェッソンでは数年ぶりの復活です。本当にたまにしか発売されないんです。だからこの配色を探していたんですよという方には、ナウ・ゲッツ・ザ・チャンス(これ、何のフレーズでしたっけ?)まぁそういうことです。はい。そして何と言っても永遠の定番 Ecru × Marineですよ! ボーダー好きなら誰もが1枚は持っていたい必需品。マストアイテムでしょ。20年前に買って、ずっと愛用しているという方も居るでしょう。でもあまりにも着過ぎて色が褪せ過ぎていませんか?2代目、3代目をお求めの方もぜひどうぞ。

 

DSC_1042.jpg

 

DSC_1052.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が着ているのはサイズ4。Tシャツとして着るなら3、シャツの上から着るなら4がちょうど良いサイズ。

 

DSC_1060.jpg

 

SAINT JAMES Ouessant Price : ¥10.000 + Tax Ecru × Marine Size : (Unisex)  0 / 1 / 3 / 4 / 5  Cotton 100% Made in France.

 

DSC_1059.jpg

 

SAINT JAMES Ouessant Size 0 ( Lady's S )   : 胸幅 41cm 裾幅 42cm 肩幅 38cm 前身丈 54cm 後身丈 56cm 袖丈 48cm
SAINT JAMES Ouessant Size 1 ( Lady's M )  : 胸幅 42cm 裾幅 43cm 肩幅 39cm 前身丈 55cm 後身丈 57cm 袖丈 49cm
SAINT JAMES Ouessant Size 3 ( Mens  S )   : 胸幅 47cm 裾幅 48cm 肩幅 45cm 前身丈 60cm 後身丈 63cm 袖丈 52cm
SAINT JAMES Ouessant Size 4 ( Mens  M )  : 胸幅 49cm 裾幅 50cm 肩幅 46cm 前身丈 63cm 後身丈 66cm 袖丈 53cm
SAINT JAMES Ouessant Size 5 ( Mens  L  )   : 胸幅 51cm 裾幅 52cm 肩幅 47cm 前身丈 65cm 後身丈 68cm 袖丈 55cm

 

DSC_1035.jpg

| 23:00 |
warang wayan Babouche

DSC_1039 (1).jpg

 

classicoの顧客様からもご要望が多かったwarang wayanのBaboucheが再入荷いたしました。底がふっくら。履き心地抜群ですよ。

 

DSC_1060 (1).jpg

 

DSC_1053 (1).jpg

 

warang wayan(ワラン・ワヤン) はモロッコ・マラケッシュ在住の石田雅美さんとインドネシア・バリ在住の土屋由里さんが2000年から始めた雑貨屋さんです。僕がwarang wayan を知ったのは、金沢にある生活雑貨 LINE 中澤麻紀子さんを通じてだったと思います。お互いに雑貨の仕入れ先について情報交換をしている中でwarang wayan の商品の素晴らしさについてご紹介いただきました。メールを通じてお取引の希望についてお伝えしたのですが、現在お取引しているショップだけで精一杯で、しばらくは新規にお取引を始めるのは難しい...。特に東京については、新規のお取引は考えていないというお返事でした。それでも諦めきれず、中澤さんからプッシュしていただいたり、原宿Zakkaにて毎年夏に行なわれているwarang wayan 展にうかがっては、気に入ったバスケットなどを購入していました。購入したバスケットをクラシコでの商品のストック用に使用していると、目敏く見つけたお客様からそのバスケットは買えないんですかぁ? と何度も聞かれて、クラシコでは今のところ販売していないんですよぉ...お取り扱いしたいという希望は出しているんですけどねぇ...と何度説明したことでしょう。お取引についての展望が見えない日々が続いていました。2010年12月になり、warang wayan 石田さんから1通のメールをいただきました。「全ての商品とは言えませんが、幾つかの商品が展開可能になりました。まだご興味がある様でしたら、展開可能な商品からご紹介させていただきます...。」という様な内容でした。「いつまで待っていても無理なのかなぁ...」ともうだいぶ諦めかけていた時期だっただけに、嬉しさもひとしお。すぐに展開希望の気持ちを伝え、お取引に向けてメール交換が始まりました。インドネシアの土屋さんとは(室内履き用)バレー・シューズ蚊取り線香入れなど、比較的スムースに展開することができましたが,モロッコの石田さんの方は展開できるまでに時間が掛かりました。大まかなこちらの希望をお伝えして,ある程度お任せで送っていただいた感じです。それでも届いた商品は期待通りでした。とっても満足しています。バブーシュはwarang wayan モロッコの展開する商品の中でも中心的な存在。僕が展開したかったもののひとつです。バブーシュは日本にも幾つかのルートで入荷していますが、warang wayan のバブーシュはシンプルなデザインと丁寧な作りで定評があります。マラケッシュ市街地に何十もあるバブーシュ工房の中でもひっそりとある小さな工房で作られています。どんなに忙しくても丁寧な仕事と心遣いを忘れない信頼できる職人さんが作っているそうです。そんなバブーシュをこれからもお取り扱いしていきたいなぁと思っています。

 

DSC_1063 (1).jpg

 

warang wayan Babouche Price : ¥4.400 + Tax Color : Lt. Grey Size : ( Lady′s Free )39 Goat Leather Made in Morrocco.

warang wayan Babouche Price : ¥4.800 + Tax Color : Lt. Grey Size : ( MEN′s Free )42 Goat Leather Made in Morrocco.

 

DSC_1042 (1).jpg

 

warang wayan のバブーシュは、通常甲の部分は柔らかい羊の皮,底の部分はしっかりとした牛革を使用して作られています。今回入荷したのは、山羊の革を使用したバージョンです。製作を担当しているのは、waran wayan石田さんがその技術に惚れ込んだという信頼できる熟練の職人さん。1足1足手縫いにより丁寧に作られています。このバブーシュは、waran wayanならではの丸みを帯びたフォルムにより、足をふんわりと、でもしっかりと足を包んでくれます。おまけにふつうのバブーシュよりクッション性が高く、疲れにくくなっています。履き心地も快適なんですよ。山羊革のバブーシュは最初独特の臭いがありますが、ご愛用いただくうちに段々臭わなくなってきます。履き込むごとに足に馴染んで、手放すことが出来なくなるかも知れませんよ。気になる方はお早めにご検討下さい。

 

DSC_1058 (1).jpg

 

DSC_1054 (1).jpg

 

warang wayan Babouche Price : ¥4.400 + Tax Color : Brown Size : ( Lady′s Free )39 Goat Leather Made in Morrocco.

warang wayan Babouche Price : ¥4.800 + Tax Color : Brown Size : ( MEN′s Free )42 Goat Leather Made in Morrocco.

 

DSC_1045 (1).jpg

| 23:00 |
orSlow 105 Standard Fit Jeans

DSC_1036.jpg

 

orSlow 107 Ivy(Slim)Fit Jeansに続いて 105 Standard Fit Jeansも入荷しました。orSlowがこだわり抜いた渾身のジーンズですよ

 

DSC_1051.jpg

 

DSC_1056.jpg

 

「or」originalityのある服を「slow」吟味しもの作りする。じっくり味わいながら着用してもらいたいと思う。コンセプトはニューベーシック。19〜20世紀に定番服として誕生した衣類、特にワーク&ミリタリーから派生する衣類は仕事着に限らずファッションとしても永年愛され続けています。そう言った永遠の定番服を参考にorSlowのフィルターを通してデザインしています。企画・パターン・サンプルの縫製まですべて自社アトリエで行なっており、アトリエ内にはデニムの量産工場と同じ設備の約20台(16種類)の工業用ミシンを揃えてサンプルをデザイナー自ら手作りで縫製しています。                           orSlow

 

DSC_1054.jpg

 

DSC_1053.jpg

 

orSlow 105 Standard Fit Jeans は、13.5oz orSlowオリジナル・セルヴィッチ・デニムを使用しています。ヴィンテージのLEVI'S 501XXを分解し、生地感・縦糸のムラの形状まで顕微鏡を使って細かく分析・研究して作られた渾身のオリジナル・デニムなのです。メンズの105 Standard Fit JeansはヴィンテージのLEVI'S 501(BIG Eあたり)のイメージで作られており、ボタンフロント・股上がやや浅め・太すぎず細すぎずコーディネートしやすいストレートなライン。洗練されたシルエットの107 Ivy (Slim) Fit Jeansと比べると、ちょっと野暮ったい感じを狙って作られたジーンズです。お尻まわりがぶかっと大きめなのが特徴的。本当にヴィンテージのリーバイスを穿いている様な気分になれます。classicoではワンウォッシュのみの展開です。ワンウォッシュ後にガス乾燥機でしっかりと乾燥させているのでご購入後の縮みは少ない様です。ワンウォッシュでも柔らかな仕上がりになっているので、初めて穿いた時からごわごわ感が少なくて身体に馴染みます。お洗濯を重ねるごとにきれいな色落ちになるんですよ。すでにclassico店頭ではたくさんのお客様にご好評をいただいています。classicoの定番ジーンズとして定着してきました。是非皆さんもお試しになってみてください。

 

DSC_1044.jpg

 

DSC_1048.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)がはいているのはサイズ0。ちょっと身体を引き締めたので0サイズをはける様になりました。嬉しぃ

 

DSC_1046.jpg

 

DSC_1045.jpg

 

orSlow 105 Standard Fit Jeans   Price : ¥19.800+Tax Color : Indigo Size : (Men's)  0 / 1 / 2 / 3 / 4   Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1043.jpg

 

DSC_1049.jpg

 

DSC_1047.jpg

 

DSC_1045.jpg

| 23:00 |
Yarmo Work Coat

DSC_1076 (1).jpg

 

YarmoのリニューアルしたWork Coatが入荷しました。サクッと軽く羽織ることができます。これからの季節にお薦めのコートです。

 

DSC_1056.jpg

 

YARMO(ヤーモ)はイギリスのグレートヤーモスにて1898年に創業されたワークウェア・ブランドです。インダストリアル・ワークウェア、マリンウェアを中心に展開しています。英国国防省を始め、オイルメーカーBPやSHELL、医薬品のPFIZERなどのユニフォームの製造を請け負っています。全てグレートヤーモスの自社工場を行なっており、コスト・パフォーマンスの高さには定評があります。イギリスで100年以上の歴史があるワークウェア・メーカーとしてはたいへん貴重なファクトリー・ブランドなのであります。

 

DSC_1068.jpg

 

Yarmoの新しいシリーズ、CC41のワークコートのご紹介です。CC41というのは、第二次世界大戦の影響による物資不足のためにイギリスにおいて発令された倹約令のもと、物資制約の厳しい基準を通過して作られたアイテムのことを指しています。1941年から1951年までの10年間のみ生産されていました。CCのロゴデザインから来ているのでしょう。通称パックマンとも言われています。このコートは、スーピマコットン(スーパー・ピマコットン)を使用して織られたコットンツイル素材で作られているショップコート(ヨーロッパの雑貨屋さんなどで制服の様にお揃いで着ている仕事着のコート)。上品な光沢感があり、軽くて肌触りが良いのが特徴です。1枚仕立てのコートなので、シャツやカットソーなどの上にさくっと羽織ることが出来ます。比較的細めな作りなので、あまり厚着した上に着る感じではありません。春秋を中心にきっと大活躍してくれることでしょう。少量のみの入荷です。気になる方はお早めに

 

DSC_1066.jpg

 

DSC_1063.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が着ているのはサイズ38。ちょうどいいサイズ感です。38は女性でもご愛用いただけることでしょう。

 

DSC_1041.jpg

 

Yarmo Work Coat Price : ¥20.000 + Tax Color : Navy Size : (Unisex) 38 / 40 / 42  Supima Cotton 100% Made in England.

 

DSC_1053.jpg

 

Yarmo Work Coat Size (Unisex)38 : 胸幅52cm 裾幅62cm 肩幅45cm 前身丈(V下部〜裾)73cm 後着丈93cm 袖丈59cm

Yarmo Work Coat Size (Unisex)40 : 胸幅54cm 裾幅64cm 肩幅46cm 前身丈(V下部〜裾)75cm 後着丈95cm 袖丈60cm

Yarmo Work Coat Size (Unisex)42 : 胸幅56cm 裾幅66cm 肩幅47cm 前身丈(V下部〜裾)77cm 後着丈97cm 袖丈61cm

 

DSC_1055.jpg

| 23:30 |
homspun 天竺長袖Tシャツ

DSC_1071.jpg

 

完売状態となっていたhomspunの 天竺長袖TシャツのSarashi White、Light Yellowが再入荷しました!(他2色は在庫対応のみです)

 

DSC_1073.jpg

 

homspun 天竺長袖Tシャツ Price : ¥5.500+Tax Color : Sarashi White Size : (Lady′s) S / M / L  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1090.jpg

 

homspun は2000年9月、自分達の着たい服を自分達で作ろうと友人(女性)3人でスタートしたブランドです。「素朴な、シンプルな、飾らない」というのがhomspunらしさ。homspunは素材感をとても大切にしています。着込んでいくことで独特な風合いが生まれ、愛着を感じることができる。頑張り過ぎたり、カッコつけたりせずに、さらっと日常着として着られる大人のためのシンプル・ウェア。それがhomspunの服なのです。 [ いつでもそこに引っ替えておける、洗いざらしでも気軽にずっと着られる  〜 homspun ]

 

DSC_1080.jpg

 

写真の中でclassicoのアルバイトスタッフRu : i(158cm やや細め)が着ているのはサイズS。ちょうどいいサイズ感ですね。グー

 

DSC_1322.jpg

 

homspun 天竺長袖Tシャツ Price : ¥5.500+Tax Color : Light Yellow Size : (Lady′s) S / M / L  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1093.jpg

 

homspunの代表作であるシンプルな無地のTシャツのシリーズ。僕がhomspunの商品の中で最も展開したかった商品のひとつです。30番手のコットン糸によって織られた天竺素材を使用。柔らかくてとっても着心地のいい素材感、ゆったりめ・短めの独特なシルエット、締め付けの少ないネックの仕様、袖丈の絶妙なバランスなど、魅力がたっぷりなこのTシャツはとってもファンの方が多く、リピーターになる確率がとっても高いです。そんなTシャツの長袖バージョンはレディースのみのS、M、Lの3サイズ展開。3サイズもあればだいたいの女性にちょうど良くご愛用いただくことができると思いますよ。少量ずつの入荷です。気になる方はお早めにどうぞぉ。

 

DSC_1081.jpg

 

homspun 天竺長袖Tシャツ Price : ¥5.500+Tax Color : Light Green Size : (Lady′s) S / M / L  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1043.jpg

 

homspun 天竺長袖Tシャツ Size : ( Lady′s )S  : 胸幅43cm 裾幅43cm 肩幅36cm 前身丈51cm 後身丈56cm 袖丈56cm

homspun 天竺長袖Tシャツ Size : ( Lady′s )M : 胸幅46cm 裾幅46cm 肩幅37cm 前身丈52cm 後身丈57cm 袖丈56cm

homspun 天竺長袖Tシャツ Size : ( Lady′s )L  : 胸幅49cm 裾幅49cm 肩幅38cm 前身丈53cm 後身丈58cm 袖丈56cm

 

DSC_1088.jpg

 

homspun 天竺長袖Tシャツ Price : ¥5.500+Tax Color : Dark Navy Size : (Lady′s) S / M / L  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1045.jpg

| 19:00 |
TEMBEA Messenger Bag

DSC_1069.jpg

 

classicoとしてはかなり久しぶりの展開となります。TEMBEAのMessenger Bag。最初期のモデルから進化を続け再び入荷しました。

 

DSC_1051.jpg

 

TEMBEA Messenger Bag Price : ¥12.800+Tax Color : Natural × Grey SIze : W32.5 × H45.5 × D15cm Cotton Made in Japan.

 

DSC_1050.jpg

 

バゲット、本、新聞、おもちゃを入れるためのもの。旅行、収穫、自転車、学校で使うためのもの。入れる物や用途が決まっているバックは、使い込むほどにキャンバスの質感はやわらかくなり、表情が変化し、使う人の身体に馴染んできます。TEMBEA(テンベア)とは「放浪」と言う意味。いつも、どこへでも持ち歩いてもらいたい。日常に添うバックブランドです。 TEMBEA CONCEPTより。

 

DSC_1080.jpg

 

DSC_1060.jpg

 

DSC_1062.jpg

 

TEMBEA Messenger Bag Price : ¥12.800+Tax Color : Natural × Navy SIze : W32.5 × H45.5 × D15cm Cotton Made in Japan.

 

DSC_1051.jpg


TEMBEAのバッグに使用されている素材はコットン・キャンバス。パラフィン加工(特殊ワックス)を施しているため、通常のキャンバスよりも防水性に優れています。コットンキャンバスに使用しているコーマ糸は、紡績工程のなかで綿花に含まれる短い繊維や夾雑物を取り除いた糸。繊維が長く均一なので糸ムラが少なく、独特の光沢と耐久性を素材にもたらしています。また、40~50年前の古い織機で織られた生地の耳(セルヴィッチ)もこだわりのひとつ。TEMBEAのバッグでは、この切りっぱなしのような美しい仕上げの耳を活かしたデザインを数多く取り入れています。因みにこのMessenger Bagは、両サイドに生地の耳を活かしたデザインです。

 

DSC_1062.jpg

 

DSC_1066.jpg

 

DSC_1063.jpg

 

TEMBEA Messenger Bag Price : ¥12.800+Tax Color : Natural × Black SIze : W32.5 × H45.5 × D15cm Cotton Made in Japan.

 

DSC_1049.jpg


TEMBEAのMessenger Bagは、classicoがTEMBEAをお取り扱いし始めた頃からすでに人気があったTEMBEAのベーシックモデル。本体が大きな袋状になっていて、折り曲げることで本体上部がフラップになります。本体とフラップが一体化していることにより、バックに入れるものの量に応じてフラップを折り返す位置を変えることが出来ます。荷物が多い時にはフラップ部分を折り返さずに立てた状態でご愛用いただくことが出来ます。以前はショルダーぶ分の長さを調節することのできない仕様でしたが、現在は調節できる仕様に進化しています。着るものの厚さや使う方の方の体型によって調節することができるから、用途やシーズンを選ばず大活躍してくれることでしょう。今回はそれぞれの色ごとに少量ずつの入荷となっています。気になる方はお早めにご来店・お問い合わせください。

 

DSC_1083.jpg

 

DSC_1054.jpg

 

TEMBEA Messenger Bag Price : ¥12.800+Tax Color : Beige × Lt. Grey SIze : W32.5 × H45.5 × D15cm Cotton Made in Japan.

 

DSC_1052.jpg

 

TEMBEA Messenger Bag Price : ¥12.800+Tax Color : Grey × Dk.Navy  SIze : W32.5 × H45.5 × D15cm Cotton Made in Japan.

 

DSC_1053.jpg

| 20:00 |
針原修「流木の鳥」

DSC_1034.jpg

 

前回あっという間に完売してしまった針原修さんの流木の鳥。今回も選りすぐりの鳥たちが8羽やって来てくれました。嬉しいなぁ

 

DSC_1040.jpg

 

DSC_1045.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017030301 OHC-0270  ¥11.000 + Tax Size : W16cm × H13cm × D6cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1043.jpg

 

DSC_1041.jpg

 

........................................................................................................................................................................................................................

 

DSC_1046.jpg

 

DSC_1049.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017030302 OHC-0271  ¥11.000 + Tax Size : W17cm × H13cm × D5cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1048.jpg

 

DSC_1047.jpg

 

2002年、初めて青山のダ・ドリアデに行った時に、針原修さんの「流木の鳥」と出会いました。ヨーロッパの一流デザイナーの家具や作品がたくさん展示・ディスプレイされている中で、僕は「流木の鳥」に魅了されました。時間を忘れて夢中で見ていたと思います。その時に購入せずに帰った事を後になって後悔しました。2002年の5月、ダ・ドリアデにてはじめて「流木の鳥」を購入。当時は山下町から鎌倉に引っ越して数ヶ月の頃、海辺の生活に愛着を感じ始めていたので、余計にこの「流木の鳥」に思い入れを感じたのだと思います。疲れて帰った時、落ち込んだ時など、ふとこの「流木の鳥」を眺めると、気持ちが癒され、励まされました。鎌倉の暮らしの中では一番愛着を感じていましたし、大切にしていました。そして、いつか自分でお店を開く時、針原修さんの「流木の鳥」を扱いたいという気持ちが芽生え、次第に強くなっていきました。1、2年程経ったある日、またダ・ドリアデに行きました。その時には数点しか飾られていなく、しかも非売品となっていました。もう商品として扱わなくなってしまったという事でした。とても残念な思いで帰りました。その後、ダドリアデの方に針原さんの連絡先を教えていただき、いつかお店を開く時のために温めていました。

 

DSC_1050.jpg

 

DSC_1053.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017030303 OHC-0272  ¥11.000 + Tax Size : W16cm × H13cm × D5cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1052.jpg

 

DSC_1051.jpg

 

........................................................................................................................................................................................................................

 

DSC_1054.jpg

 

DSC_1057.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017030304 OHC-0273  ¥12.000 + Tax Size : W19cm × H14cm × D7cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1056.jpg

 

DSC_1055.jpg

 

.2006年、僕が谷中にてクラシコをオープンする前は、4年程鎌倉に住んでいました。若宮大路から長谷へ抜ける由比ケ浜通り沿いにある小さな雑居ビルの3階。由比ケ浜までは歩いて7分程と近かったこともあり、たまにはロングボードを楽しんだりしました。家からウエットスーツ、ビーサンのままロングボードを抱えて行けるのが、便利でしたし気持ちよかったです。陶器と流木で出来たウインドチャイム、瓢箪スピーカー、そして針原修さんの「流木の鳥」。現在のクラシコを象徴するもの、それは僕の鎌倉時代の生活を象徴していたものであると言ってもいいと思います。「谷中にあるのにんだか海の近くにあるお店の様な感じがしますね。」と言われることがありますが、そんなことが影響しているのかも知れません。ウインドチャイムと瓢箪スピーカーは、横浜山下町に住んでいた頃に友人からいただいた贈り物でした。横浜山下町時代も部屋に飾ってはいましたが、鎌倉の住まいの方がしっくり馴染んでいました。

 

DSC_1058.jpg

 

DSC_1063.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017030305 OHC-0274  ¥14.000 + Tax Size : W20cm × H17cm × D6cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1061.jpg

 

DSC_1059.jpg

 

2006年、いよいよ自分でお店を開く事になりました。内装工事もほぼ終わりひと息ついた頃に、その温めていた電話番号のメモを握りしめ、電話してみましたが、時すでに遅し。事務所は移転しており、連絡がつかなくなっていました。インターネットで調べても役立つ情報を得る事が出来ず、オープンの日を迎えました。お店には何らかの出会いの機会を期待して、だたひとつの「流木の鳥」を飾りました。オープンから1か月程たった頃、針原さんの個展が行われる事を知りました。個展にうかがった際に「流木の鳥」をひとつ購入し、針原さんへのお手紙を託して帰りました。数日たったある日、針原さんからファックスが届きました。「谷中界隈は子供の頃より慣れ親しんだ町であり、地元地域で作品を紹介していただけるのは嬉しいです。お店にうかがいます。」という内容のファックスでした。とても嬉しく、そわそわワクワクして待ちました。田端在住の針原さんは、自転車でご来店になりました。classicoを見て気に入っていただき、展開が始まりました。針原修さんは、グラフィックデザイナーとしての仕事に従事しながら、30年以上に渡って「流木の鳥」の製作に情熱を注いでいます。針原修デザイン室には沢山の流木がストックしてあります。台風の後など海岸で拾い集めた流木を丁寧に洗い、時間をかけて乾燥させます。そして、流木それぞれの自然な形、素材感や色を活かし、創造しながら命を吹き込んでいきます。これまでclassicoで沢山の「流木の鳥」を扱ってきましたが、ひとつひとつの作品に個性を感じます。もともと流木が持つ個性に針原さんから吹き込まれた命が宿り、それぞれ「流木の鳥」としての個性になります。「流木の鳥」は、何に使う道具?というわけではないですが、生活を楽しむ道具としてのクラフトであると思います。是非自分だけの「流木の鳥」を見つけてください。

 

DSC_1064.jpg

 

DSC_1070.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017030306 OHC-0275  ¥14.000 + Tax Size : W19cm × H17cm × D6cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1067.jpg

 

DSC_1066.jpg

 

........................................................................................................................................................................................................................

 

DSC_1071.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017030307 OHC-0276  ¥15.000 + Tax Size : W21cm × H17cm × D7cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1072.jpg

 

最近、針原修さんの「流木の鳥」を真似て、流木で作った鳥のオブジェを見掛けます。30年以上に渡って作り続けている針原さんの作品とそれらの模造品とは、明らかにレベルが違います。針原さんの作品と勘違いして購入することの無い様、充分にご注意ください。

 

DSC_1074.jpg

 

DSC_1077.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017030308 OHC-0277  ¥16.000 + Tax Size : W23cm × H18cm × D7cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1076.jpg

 

DSC_1075.jpg

| 17:00 |
針原修「流木の鳥」

IMG_2069.jpg

 

先日classico blogでご紹介した針原修さんの「流木の鳥」はあっという間に完売してしまいました。購入することができず残念に思った方も多かったのではないでしょうか。そこで、今週も針原さんのアトリエにおうかがいし8羽の鳥を選ばせていただきました。本日から店頭にて販売いたします。classico blogへの掲載は本日中になりそうです。気になる方はお早めにご来店、お問い合わせ下さい。

| 08:00 |
ASEEDONCLOUD Hydrangea Sox

DSC_1091.jpg

 

ASEEDONCLOUDのソックスが入荷しました。毎シーズン新しく出る配色を楽しみにしているリピーターさん、お待ち遠様でした

 

DSC_1112.jpg

 

ASEEDONCLOUD Hydrangea Sox Price : ¥2.800+Tax Color : Off White  Size : (Unisex)S / M  Cotton85% Made in Japan.

 

DSC_1093.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

DSC_1110.jpg

 

ASEEDONCLOUD Hydrangea Sox Price : ¥2.800 + Tax Color : Pink Size : (Unisex)S / M  Cotton85% Made in Japan.

 

DSC_1095.jpg

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

DSC_1106.jpg

 

ASEEDONCLOUD Hydrangea Sox Price : ¥2.800 + Tax Color : Lt. Grey  Size : (Unisex)S / M  Cotton85% Made in Japan.

 

DSC_1099.jpg

 

12シーズン目の展開となるASEEDONCLOUDのソックス。今回の品名はHydrangea Soxとなっています。軍手や足袋などを製造するファクトリーに特別に作っていただいているというASEEDONCLOUD完全オリジナルのソックス。ほぼオール・シーズンご愛用いただくことができます。毎シーズン新しくなる配色も楽しみのひとつ。今シーズンは4色展開。それぞれの配色がとっても個性的で魅力的たっぷりです。今シーズンはすべての配色が同じ組成なります。コットン85%、ポリエステル10%、ポリウレタン4%、アクリル1%。履き心地はこれまで通り変わりません。快適ですよ。サイズはツーサイズ展開。Sは女性~足が小さめな男性用、Mは男性用となります。もともとこのソックスを展開し始めた頃には、正直なところソックスにしては値段が高いかなぁ~と思う気持ちもありましたが、皆様からたいへんご好評をいただき、展開をしてみてよかったなぁ~と実感しています。毎シーズンご購入いただけるリピーター様も沢山いらっしゃいます。贈り物にもきっと喜ばれることでしょう。初めての方も是非この機会にお試しになってみてください。

 

DSC_1104.jpg

 

ASEEDONCLOUD Hydrangea Sox Price : ¥2.800 + Tax Color : Navy Size : (Unisex)S / M  Cotton85% Made in Japan.

 

DSC_1101.jpg

| 23:30 |
Page: 2/252  << >>