Entry



Archives


Category


Search


Link

祝!なでしこジャパン 世界一
1.jpg

みなさん、今朝は早起きできましたか? 僕は3:30に起きて応援しました。女子W杯 なでしこジャパン優勝、おめでとうございます!

2.jpg

先日の準決勝スゥェーデン戦の時の反省から、昨夜は体調を万全に整えて就寝。今朝方は3:30に無事起きることができました。そして、女子ワールドカップ2011ドイツ大会の決勝、なでしこジャパン VS アメリカの闘いの幕がいよいよ開けました。3回目のワールドカップ制覇を狙うアメリカ代表は序盤から猛攻をしかけ、なでしこジャパンは防戦一方。なでしこジャパンの今大会での快進撃から楽観視する声もちらほら聞こえていましたが、実際に闘っている相手・王者アメリカの力は圧倒的。なでしこは失点しない様に堪えるのがやっとと言った雰囲気でした。このままでは厳しいだろうなぁ...と諦めかけて、ちょっこしウトウトしてしまう場面もありました。そして後半24分、アメリカ代表モーガンに速攻から先制点を奪われてしまう。あ~ぁ、万事休す...と思ったけど、実際にはそうではなかった。先制されてしまい、攻めざるを得なくなったなでしこはここからパスを繋ぎはじめ、本来のサッカーを取り戻して行く。そして後半35分、アメリカディフェンダーがゴール前でクリアミス。こぼれたボールを宮間が押し込んで同点ゴール。やったぁ~!
残り時間両チームは決めきれず、タイムアップ。15分ハーフの延長戦に突入。試合を早く決めてしまいたいアメリカはまたさらに猛攻撃をしかける。そして延長前半14分、モーガンのクロスをワンバックがヘディング・シュート。ついに失点。でも、なでしこは諦めなかった。延長後半10分、宮間のクロスを澤がニアで見事に合わせて同点ゴール!素晴らしいぃ...。そして、延長前後半が終了。

3.jpg

僕が活躍を期待していたふたりが、それぞれ大切な場面で同点ゴールを決めてくれて、超ハッピー! 澤 & 宮間両選手、さすが頼りになります。そして、PK戦に突入。なでしこジャパンの円陣は、明るい笑顔に包まれていました。一方、2度も追いつかれてしまったアメリカは悲壮な雰囲気。こんなはずじゃなかった...という思いがあったのでしょうか。メンタルの勝負となるPK戦、勝負あったり!ですね。なでしこのGK・海堀のスーパーセーブもあり、アメリカは次々とはずしていき...。一方なでしこのひとり目・宮間は(遠藤ばりの)ころころPKを決めてくれ、「PKはこんなものだよ。」と、チームに安堵感を与えてくれました。そして、なでしこ4人目の熊谷が思い切りよくPKを決めて、優勝を決めてくれました。試合の後に行なわれた表彰式。澤選手はボランチというポジションでありながら得点王になり、今大会のMVPにもなりました。サッカーの歴史に残る選手となりましたね。素晴らしいぃ。なでしこジャパンのメンバーはみんな、とってもいい顔してましたねぇ...。なんだかみんな大好きになっちゃいました。アメリカは女子サッカー大国。競技人口が167万人もいるそうです。一方日本の女子サッカー競技人口は4.6万人程、40分の1ですね。でも、今回の優勝で日本でもサッカーを始める女子も増えていくことでしょう。なでしこのメンバーの海外移籍は増えて、きっとますます強くなりますねぇ~。このなでしこフィーバーを終わらせることなく、これからもみんなで応援を続けていきましょう。目指せロンドン五輪 金メダル!

4.jpg
| 07:00 |
Entry: main  << >>