Entry



Archives


Category


Search


Link

流木の鳥


谷中にてお店を始める前は、鎌倉に4年程住んでいました。
若宮大路から長谷へ抜ける由比ケ浜通り沿いにある小さな雑居ビルの3階でした。
由比ケ浜までは歩いて7分程と近かったこともあり、たまにはロングボードを楽しんだりしました。
家からウエットスーツ、ビーサンのままロングボードを抱えて行けるのが、便利でしたし気持ちよかったです。

陶器と流木のウインドチャイム、瓢箪スピーカー、そして針原修さんの「流木の鳥」。
classicoを象徴するもの、それは僕の鎌倉時代の生活を象徴していたものではないかと思っています。

「海の近くにある様なお店ですね」とよく言われますが、そんな所から感じられるのでしょう。

ウインドチャイムと瓢箪スピーカーは、横浜山下町に住んでいた頃に友人からいただいた贈り物でした。
山下町時代も部屋に飾ってはいましたが、鎌倉の住まいの方がしっくり馴染んでいました。


2002年、初めて青山のダドリアデに行った時に、針原修さんの「流木の鳥」と出会いました。
ヨーロッパの一流デザイナーの家具や作品と共にディスプレイされていましたが、僕は「流木の鳥」に魅了されました。
時間を忘れて夢中で見ていたと思います。その時に購入せずに帰った事を、後になって後悔しました。

上の写真の「流木の鳥」は2002年の5月にダドリアデにて購入しました。

当時は山下町から鎌倉に引っ越して数ヶ月の頃、海辺の生活に愛着を感じ始めていたので、
余計にこの「流木の鳥」に思い入れを感じたのだと思います。

疲れて帰った時、落ち込んだ時など、ふとこの「流木の鳥」を眺めると、気持ちが癒され、励まされました。
鎌倉の暮らしの中では一番愛着を感じていましたし、大切にしていました。

そして、いつか自分でお店を開く時、針原修さんの「流木の鳥」を扱いたいという気持ちが芽生え、次第に強くなっていきました。

1、2年程経ったある日、またダドリアデに行きました。
その時には数点しか飾られていなく、しかも非売品となっていました。
もう商品として扱わなくなってしまったという事でした。とても残念な思いで帰りました。
(今現在はダドリアデでも「流木の鳥」を展開しております)
その後、ダドリアデの方に針原さんの連絡先を教えていただき、いつかお店を開く時のために温めておりました。


2006年、いよいよ自分でお店を開く事になりました。
内装工事もほぼ終わりひと息ついた頃に、その温めていた電話番号のメモを握りしめ、電話してみましたが、時既に遅し。
事務所は移転しており、連絡がつかなくなっていました。

インターネットで調べても役立つ情報を得る事が出来ず、オープンの日を迎えました。
お店には何らかの出会いの機会を期待して、だたひとつの「流木の鳥」を飾りました。

オープンから1か月程たった頃、針原さんの個展が行われる事を知りました。
個展にうかがった際に「流木の鳥」をひとつ購入し、針原さんへのお手紙を託して帰りました。

数日たったある日、針原さんからファックスが届きました。
「谷中界隈は子供の頃より慣れ親しんだ町であり、地元地域で作品を紹介していただけるのは嬉しいです。お店にうかがいます。」
という内容のファックスでした。とても嬉しく、そわそわワクワクして待ちました。
田端在住の針原さんは、自転車でご来店になりました。classicoを見て気に入っていただき、展開が始まりました。


針原修さんは、グラフィックデザイナーとしての仕事に従事しながら、
20年以上に渡って「流木の鳥」の製作に情熱を注いでいます。

針原修デザイン室には沢山の流木がストックしてあります。
台風の後など海岸で拾い集めた流木を丁寧に洗い、時間をかけて乾燥させます。
そして、流木それぞれの自然な形、素材感や色を活かし、創造しながら命を吹き込んでいきます。

これまでclassicoで沢山の「流木の鳥」を扱ってきましたが、ひとつひとつの作品に個性を感じます。
もともと流木が持つ個性に針原さんから吹き込まれた命が宿り、それぞれ「流木の鳥」としての個性になります。

「流木の鳥」は、何に使う道具?というわけではないですが、生活を楽しむ道具としてのクラフトであると思います。


P.S.
針原修さんが、発売中の「ku:nel  Vol.33」 p26~p29「小さな庭の大きな発見」というテーマで、紹介されています。
是非こちらもご覧ください。



| 19:00 |
Entry: main  << >>