Entry



Archives


Category


Search


Link

クラシコ 大人の修学旅行 2日目
1.jpg

prinz(プリンツ)large roomで迎える朝。雨が激しく降っています。朝食は、昨夜の21:00頃、スタッフの方が冷蔵庫に入れていただいていたサンドイッチ、サラダ、ヨーグルト、ジュースなど。セルフサービスの朝食です。そのドライな感じも、prinzらしさかな。

1.jpg

朝食のあと、シャワーを浴びて身支度を整え、お出掛け前のティー・ブレイク。ちょいまったり。昨日の復習、今日の予習なども。

2.jpg

部屋の窓からは中庭が見渡せる様になっています。新緑が雨に濡れて輝いています。庭にはたくさんの薔薇の花も咲き乱れています。

1.jpg

▽ prinz 入り口から階段を上がって、large roomへとつづくアプローチ。シンプルでカッコいい。雨は少し小振りになってきました。

1.jpg

prinzの外観。右棟1階手前に本屋さん、奥にカフェ、2階にmedium room。左棟1階手前に厨房、1階奥と2階にギャラリーがある。


1.jpg

荷物をまとめ、外出準備も完了。雨も小雨になってきたし、いよいよ外出しよう! まずは歩いて15分程、恵文社一乗寺店を目指す。

1.jpg

恵文社一乗寺店に到着。クラシックで落ち着いた空間。B.G.M.も心地よく、ほっこりします。本がメインではありますが、文房具や雑貨、作家さんの作品や工芸品、アンティークなど充実の品揃え。ゆったりとした時間を過ごしながら、本や雑貨を購入しました。

1.jpg

市バスに乗って祇園方面へ。今夜は料亭坂沿いにある坂の上という旅館に宿泊予定。重い荷物を降ろすため、旅館に立ち寄りました。

1.jpg

身軽になっていざ外出! まずはお腹を満たさなくては。旅館のおかみさんにお薦めされたおばんざいのお店は、残念ながらお休み。
界隈を散策しながら食事処を求めうろうろ...。結局、旅館から程近いちりめん山椒の老舗・やよいカフェに入ることにしました。
僕はおじゃこパスタ(カルボナーラ風)、千草はお茶漬け膳を注文。ふたりでシェアしてい食べましたが、どちらも美味しかったぁ。

1.jpg

祇園から四条河原町方面へ歩く。目的地「グンイデルビ壽」に到着。あっ、間違った。「壽ビルデイング」だったぁ。めんごめんご。

2.jpg

さっそく1階のmina perhonen(ミナ・ペルホネン)に入る。こちらでは、mina perhonen の洋服はもちろん、オリジナル生地も販売しています。ひとつひとつ手間を掛けて作られている生地だけにとっても高価な生地です。生まれ来る我が子のために洋服をつくりたいという千草が(男の子でも女に子でもいい様に...)2種類の生地を少量ずつ購入しました。どんな洋服を作ろうかぁ...楽しみだね。

1.jpg

壽ビルデイングに中には、3Fにmina perhonen arkistot、4Fにmina perhonen pieceとminaのショップがほかにも2店舗入っています。千草がとってもお手頃な端切れセットをいくつか購入しました。5Fには子供の本専門店 メリーゴーランド京都店もありますよ。

1.jpg

京都錦市場に入る。さっそく目的地、包丁の老舗・有次(ありつぐ)へ。狙っていたのは有次特製の玉子焼き器。4サイズ程ありましたが、あまり大きくても普段使いしにくいので小さめサイズを購入。「千草」という名前も彫り込んでもらいました。かなり高いお買い物では有りますが、20年~30年と長年使えると思えば納得できるというもの。ほかにも抜型(ぬきがた)などもも購入しました。

1.jpg

寺町通界隈へ移動し、老舗の和菓子屋さん亀屋良永(かめやよしなが)に立ち寄る。京都土産の定番「御池煎餅」を購入しました。

1.jpg

今日の最後の目的地は大吉。ずっと訪れてみたいなぁと思い続けていたお店です。店主の杉本理さんは、何度かクラシコにもご来店いただいたことがありました。東京にいらした際にはいつも千駄木にある奥様のご実家に滞在されている様です。大吉は、古伊万里を中心とした骨董屋さんであると同時に喫茶店でもあります。僕は珈琲を、千草は紅茶を注文。写真、手前に写っているのは僕が注文した珈琲を入れていただいたマグカップ。オランダかフランスか...ヨーロッパの古陶なんだろうなぁ~と思って聞いてみたら、古い伊万里の器とのこと。ヨーロッパに輸出するために作られたもので、かつてはたまに仕入れができたそうですが、今は入手困難な希少品らしい...。かなりそそられたのですが、売ってはもらえませんでした。千草が飲んでいたマグカップ(隣にぼんやり写っています)は京都在住の作家・前野直史さん作。イギリスの古陶・スリップウェアに影響を強く感じさせる大振りで男っぽいマグカップ。店頭でもひとつ販売されていたのですが、千草が飲んでいたカップの方が色合いや雰囲気が好きだったので、無理言って購入させてもらいました。

1.jpg

雨が激しく降ってきたので、仕方なくタクシーを拾って祇園へ戻り、いよいよ旅館・坂の上に宿泊。荷物を降ろして,しばし休憩。

1.jpg

そして、夕食の時間。京懐石の食事です。丁寧に作られた一品一品を味わっていただきます。運んでいただく仲居さんとあれこれお話しするのもまた楽しみのひとつ。ゆったりと時間を掛けて京懐石を堪能しました。食事の後には、館内の高野槙風呂に入浴。雨が降る中で歩き疲れた身体も、ゆったりと広い湯槽に浸かれば癒されてきます。今夜はぐっすり眠れそう...。雨音響く祇園の夜。おやすみ。

2.jpg
| 23:00 |
Entry: main  << >>