Entry



Archives


Category


Search


Link

くるみの木
1.jpg

奈良「くるみの木」の石村由起子さんとで出会ったのは今からおそらく10年程前になると思います。場所は当時世田谷区深沢にあったBORN FREE WORKS。僕が代官山のG.O.D.にて販売の仕事をしながら、週2回葉山にあるSUNSHINE+CLOUDに通って、卸売りの業務も兼任していた頃のことです。BORN FREE WORKSでは、僕が勤めていた会社が卸売りの展示会を催していました。展示会の少し前に、「くるみの木」の店長の種村さんからお取引をしたいというお電話をいただいていたのですが、当時僕が勤めていた会社では雑貨店とのお取引は考えていなかったこともあり、いいご返事をすることができませんでした。たしか展示会の会期中、石村由起子さんから「お取引はできないかもしれないけれど、それでも展示会にうかががいしたいです!」というお電話をいただき、展示会の最終日にBORN FREE WORKSでお会いすることになりました。石村さんはたしか、ブルーのストライプのシャツを着ていらっしゃった様に記憶しています。しゃきっとした、凛としたそのシャツのイメージが目に焼き付いています。僕は当時の会社の考え方や状況をお伝えしながら、お断りする方向でお話をしてはいたのですが、石村さんとお話ししているうちに不思議と気持ちが変わっていくのが感じられました。そのお話やお話振り、佇まいから熱意や情熱、お気持ちが感じられました。結局その時にはやはりいいお返事はできずにお帰りいただいたのですが、僕の中での石村さんの印象がとっても良くて、このままお取引をお断りすることがいずれ後悔することになるのでは...と感じられました。展示会が終了してからもその気持ちは強くなるばかりでした。「くるみの木」について調べてみるうちに、お取引をしたいという思いが高まり、社長の高須さんと相談し、雑貨店としては異例ながらお取引をすることになりました。

2.jpg

以来、石村由起子さんにはたびたびお世話になっています。展示会の際や東京にいらした際にスタッフの方と3人でご飯を食べに行ったり、奈良のお店に出張にうかがった際にも何度かご飯を食べに行ったり...。そんな時には、いつも楽しい時間を過ごすことができました。最後に奈良に出張した際には、石村さんが経営する秋篠の森のスタッフ部屋に泊めていただき、とっても心地いい時を過ごしました。その時のことは、忘れられない思い出となっています。僕が独立し、クラシコをオープンしてからも何度かご来店いただきました。ここ数年はお互いに(特に石村さんは、か~なり)忙しくなり、なかなかお会いする機会はなくなりましたが、次々と本を出版されたり、高松にて新しいお店・まちのシューレ963をプロデュースされたりと、ますます石村さんの活躍の場は広がっている様です。

今年の1月に千駄木の新居に引っ越してから、壁にかける時計を探していました。以前にクラシコ・ブログでご紹介した猿山修さん制作の振り子時計も素晴らしかったのですが、あまりにも格好良過ぎて、飾りたいと思っていた空間には浮いてしまいそうで、断念しました。我が家は、全体的にほっこりぃな雰囲気なものでねぇ...。しばらく検討を重ねた結果、一番しっくり合いそうな時計は、やはりこれしかないだろうと決断。その時計というのは、三谷龍二さんの木の時計です。せっかく購入するなら、大好きなお店・くるみの木で購入したいなぁ~と思い、石村さんに何度かお電話したのですが繋がらず。くるみの木の藤井さんにお電話して、注文させていただきました。(もしかしたら、この時計については通信販売は行なっていないかも知れませんが、無理言っちゃいました。)とっても人気の時計なので、いつ入荷するかは分かりませんが...ということでしたが,楽しみに待っていました。そして、届いたのが上の写真に写っている時計。ちょうど「くるみの木」でできているそうです。自分としては購入するつもりで注文させていただいたのに、結婚祝いとしてお贈りいただくこととなってしまいました。石村由起子さんとくるみの木のみなさまには感謝の気持ちで一杯であります。みなさま、ありがとうございました。我が家に飾って約2ヶ月程。日々静かに時を刻むこの時計は、すでに我が家に欠かせないものとなっています。5/9(月)~ 5/12(木)の4日間、クラシコは春休みをいただきます。今年の2月に海外に新婚旅行にで掛けるつもりでおりましたが、昨年12月下旬に妊娠していることが分かったため、安定期に入るまでは難しいだろうと取りやめになってしまいました。今では安定期に入り、カミさんのつわりもなくなりましたし、4月中頃で仕事を辞めたこともあり、時間的にも余裕があるゴールデンウィーク後で、秋篠の森に宿泊予約をお願いしたところ、5/11(水)なら予約可能ということでしたので、5/9(月)~ 5/12(木)とお休みを取って、京都・奈良に新婚旅行に出掛けることにしました。旅の道中、石村由起子さんの「愛おしいものたち」を読みながら、奈良への到着を楽しみにしていたいと思っています。この旅行についてはクラシコ・ブログでもご報告できたら...と思っていますので、楽しみにしていてくださいね。それから、現在目黒CLASKA内のGallery & Shop "DO"では、奈良 くるみの木展  vol.2が開催中です。今回の展示会に合わせて作られた1~100までの数字が刻まれたグラスは完売してしまった様ですが、素晴らしい「くるみの木」の世界感がきっと感じられることでしょう。みなさまもお時間がありましたら、是非行ってみてくださいねぇ。


石村由起子「愛おしいものたち」奈良「くるみの木」「秋篠の森」25年 ¥1.680 株式会社ラトルズより発売中。素敵な本ですよ。

2.jpg

「今年も東京クラスカにて、くるみの木展を開催致します。奈良の美味しいもの、旅した先で出会ったもの、くるみの木のオリジナルのモノなどを展示販売致します。つくり手の思いから生まれた、そのカタチをあずかり、使い手である、お客様へ橋渡しをする、そんな役目を私たちは担っています。手にされたモノが大切にしたいとお客様に思っていただけたら、つくり手も私たちにとっても、とても幸せなことです。そんなお手伝いをこれからもさせていただければと日々、願っております。」奈良 くるみの木展 Vol.2 DMより。


1.jpg
| 23:00 |
Entry: main  << >>