Entry



Archives


Category


Search


Link

nisica deckman shirts

 
nisica の代表作 deckman shirts、揃いました!


2009.3.11 クラシコ・ブログnisica もたくさんの反響をいただきました。以下2009.3.11 クラシコ・ブログnisica より抜粋。

クラシコ・ブログにおいて、これまで衣料品についてはインポートの単品アイテムを中心にご紹介してきましたが、クラシコでは日本のトータル・ブランドも幾つか展開しています。今回は、これからのクラシコの品揃えの柱のひとつとなっていくであろうブランド、nisica(ニシカ)についてご紹介いたします。
nisica は、ふたりのデザイナー・宇賀村英明さんと三橋有さんによって営まれるブランドです。ふたりは服飾学校1年の時に、これ以上学校に通っても学ぶことはないと見切りをつけて、若くして自分たちの服作りを始めました。ちょうどそんな頃、宇賀村さんが僕が以前に勤めていた代官山のショップに飛び込みで売り込みに来たのです。当時は、シンプルなカットソーを2品番程しか作っていませんでした。僕が勤めていたお店では、すでに自分たちのオリジナル商品を沢山展開していましたので、そんなシンプルなカットソーは必要ではなく、展開するには至りませんでした。
たしか昨年の早春のこと。店休日に展示会まわりをしている途中に、原宿の裏通りの半地下に気になるショップを見つけました。そのお店の地下へと続くディスプレイにとても惹かれれたのです。展示会を見終えた帰り路、その気になるショップへと降りてみました。そこで再会したのが宇賀村さんでした。宇賀村さんも僕を覚えていてくださいました。小さいながらも、とても雰囲気がある素敵なショップでした。並んでいる洋服の色合いや素材感、バランスなどとても感じがよく、こんな洋服をクラシコで扱っていきたいと本能的に感じました。お話しする中で、いろいろな繋がりを知ることもでき、クラシコでの展開をお願いすることになりました。
本格的には昨年の秋冬商品から展開することになったのですが、待ちきれずに夏物の現物シャツも納品していただきました。とても評判がよくすぐに売れてしまいました。やがて秋になり、いよいよ本格的な展開が始まりました。nisicaの商品は、店頭に出すとあっという間に無くなってしまいました。大きめのサイズだけが残ることもありますが、最終的には全て売り切れてしまいます。顧客の方には店頭に出す前にご覧いただくこともあり、さっそく売れてしまいます。クラシコでもnisicaファンのお客様が続々と増えています。
僕がnisica を取り扱いしたかった理由のひとつは、ユニセックスという点にもあります。サイズがユニセックスというだけではなく、中性的な感性をもった洋服なのであります。実際に展開してみて分かったことは、男性同様に女性も強く惹かれる洋服なのだということです。サイズ1/2/3は、S/M/Lとなっていますが、実際にはサイズ1は女性のM・男性のXS、サイズ2は女性のL・男性のS、サイズ3は男性のMという感じです。
nisica の素晴らしさは、そのきめ細かな仕事ぶりにあります。初めての展示会に行って渡された展示会資料に驚きました。それぞれのお取引先にお渡しする資料に、各商品の生写真と生地見本が添付されていました。こんな手間のかかる資料を作っている会社、ブランドは見たことがありません。各取引先が展示会でじっくりと商品を見ることができる様に、予定組されており、それぞれの時間がその取引先だけの展示会となっています。nisicaの商品はほとんど洗いがかかっていますが、加工工場に洗いを依頼せずに全て自分たちで洗濯して天日干しをしているそうです。納品の際には、たたみ皺がつかないようにとそれぞれの商品ごとにボール状に丸められて入荷します。だから、適度にくたっとした状態のまま店頭にディスプレイすることができ、それぞれの商品がnisicaらしい自然な表情のままお客様に見ていただくことができるわけです。
「服を作るにあたって心掛けていることは、いかに上手に引き算出来るかということです。人と服が適度な距離を保ちながらバランスが取れている。そういうものこそ着る人と中身の個性が現れる服となり、そこに服の本質があると思います。毎日の生活に必要な日常着、だらしなく見えない趣味の良い服、普段ファッションの話などしない人の為の服、僕たちは、空の箱を渡すだけというぐらいの感覚です。つくりたいのは、形ではなく雰囲気です。」そういう2人の想いが、nisicaの服には溢れています。nisica の服は、コットン・リネン・ウールなどの天然素材を中心に作られており、生地本来が持っている風合いや特徴をとても大切にしています。生地の素材感を最大限に活かす最小限のデザイン、それがnisica の魅力なのです。
 クラシコで特に好評なのが、このdeckman shirts(デッキマンシャツ)です。僕が考える一番nisicaらしいシャツです。前見頃の首元が両肩のところまで真っ直ぐにカットしてあり、チビ襟付きの後ろ見頃と肩にある4つのボタンでつながるデザインになっています。上の写真の様にボタンを外し方によってお好きな様にアレンジながら着ていただくことができます。ボタンを4つとも外して襟を大きく後ろに持っていくとセーラー・カラーになります。内側ふたつだけボタンを外すとちょいゆるナ感じで着ていただけます。下の写真で分かる様に、ウェスト脇にはカバーオール風のパッチポケットが付いています。このシャツ1枚着ていただいただけで、充分な存在感と雰囲気を醸し出すことができます。今回は、店頭に出さずに仕舞っておいたデッキマンシャツ(半袖)3素材に加えて、前回あっという間に無くなってしまった人気のデッキマンシャツ(長袖)をクラシコの為だけに再生産していただきました。これだけデッキマンシャツが揃うことはなかなかありません。

上の写真の3点はデッキマンシャツの半袖です。ナチュラル×チョコレートブラウンのギンガムチェック、ナチュラル×(ちょっとオリーブっぽい)ブラウンのボーダーは、どちらもコットン70% リネン30%のやや張り感のある素材になっています。ホワイトのデッキマンシャツは、着心地のいい薄手のコットン・シャンブレー素材で、下の写真の長袖と同素材です。こちらの長袖のデッキマンシャツでしたら、1年中快適に着ていただけることでしょう。

 
みなさんも nisica デビュー! デッキマンシャツからいかがでしょうか?


nisica deckman shirts short sleeve ¥14.700 col : check size : 1 / 2 / 3(上の写真) 
nisica deckman shirts short sleeve ¥14.700 col : border size : 1 / 2 / 3(上の写真)
nisica deckman shirts short sleeve ¥13.650 col : white size : 1 / 2 / 3(上の写真)
nisica deckman shirts long sleeve ¥14.700 col : white size : 1 / 2 / 3(下の写真)


| 13:00 |
Entry: main  << >>