Entry



Archives


Category


Search


Link

僕の愛用品 ~ Jabez Cliff Belt
1.jpg

毎日、僕のウェストにはしっかりとこいつが巻かれています。使い始めて約2年、今では僕の欠かせない相棒です。みなさんも是非!

Jabez Cliff(ジャベツ・クリフ)は1793年に創業され、200年以上に渡って皮革工芸をファミリーの伝統として守り続けているイギリスの馬具メーカーです。最高品質の皮革や材料を使って熟練した職人が丁寧に作っています。1990年には製品の質の高さが認められ、英国王室御用達の証がエリザベス女王2世より授与されました。Stirrup Leather(スティラップ・レザー)は、鞍(くら)と鐙(あぶみ)をつなぐ革なので、一般的な革よりも厚くて丈夫なのが特徴です。厚さは約5ミリもあり、最初のうちはベルトの穴に留めるのも、ループを通すのも容易ではありません。愛用し続けるうちに、少しずつ馴染み、やがては究極のパートナーの様になるのです。べルトのホールに1から5までのナンバーが刻印してあるのが、ジャベツ・クリフのベルトの目印です。鐙の高さを左右であわせるための(馬具用品の)名残なのだそうです。革のベルトは、いつもバックルを留めている部分の革がどうしても薄くなってしまう為に、永久に使い続けることが難しいものです。このベルトは、その革の厚みからもかなりの耐久性があり、おすらく20年以上の使用は可能だと思います。シンプル&ベーシックなデザインであり、ベルトの幅も28mmと万能なサイズを選んでいます。チノパン、ジーンズとの相性はもちろん最高ですが、スラックスやスーツでもコーディネートできる究極かつ万能のベルトと言えるでしょう。
出会いは約20年程前、最初に勤めた会社で取扱いしていました。質実剛健なこのベルトを気に入り購入し、20代前半の数年間は愛用していました。ベルトには当時営業担当していたブランドの刻印(HARRISS Made in England)が入っていたと思います。まだ若かりし頃、雑誌で一流品と紹介されるブランドに憧れがありました。20代後半になり、背伸びをしてJ&M Davidsonのベルトを購入。それ以来、どこか得体の知れないファクトリーブランドのベルトは忘れ(今は何処へ...)、J&M Davidsonのベルトを愛用する様になりました。29歳で転職。ちょうどJ&M Davidsonのベルトもくたびれてきた頃でした。勤めていたショップで憧れのブランド、Henry Beguelinを取扱う様になりました。そして、Harriss、Hemisphereの先輩方がみな愛用していた憧れのベルトを購入できる機会に恵まれました。発注後、半年程待ってついにHenry Beguelinのベルトを購入。以来30代の大半はそのベルトと共に過ごしました。クラシコをオープンして間もなく、ある仕入先の事務所にて、ジャベツ・クリフのベルトと再会。(もっともジャベツ・クリフの名前はこの時に知ったのですが)そして20代前半の頃、気に入って愛用していた事を思い出し、クラシコにて扱う事となりました。やがて顧客さんの間で評判はすぐに広まり、クラシコには欠かせない商品となっていったのです。オープンから約3年10ヶ月、ジャベツ・クリフのベルトを販売してきた点数は180点以上にもなります。毎回すぐに売り切れてしまうので、自分ではなかなか購入できず時は過ぎていきました。これではいつまでたっても購入できないと思い、自分のサイズを多めに発注し入荷したタイミングで購入。それから約2年が過ぎ、革はかなり柔らかくなり味わい深い色に変化してきました。少しずつ貫禄も出てきた様に思います。1年、また1年とどんな風に育っていくのかが楽しみです。自らが日々愛用しながら、このベルトの素晴らしさを感じていこうと思います。

JABEZ CLIFF Stirrup Leather Belt ¥8.925 D.Brown  30 / 32 / 34  Black  30 / 32 / 34 / 36  Made in England.

2.jpg
| 18:00 |
Entry: main  << >>