Entry



Archives


Category


Search


Link

NIKI TOTO Khadi Cotton Towel


 もうすぐ春(はぁ〜る)ですねぇ♫ カディを巻い〜てみませんか〜♪

 
 カディが活躍する季節がやってきます。Khadi(カディ)は、インドの手紡ぎの糸を手織りした布の総称です。手で紡がれた糸は、機械で紡がれた糸と異なり「糸より」が柔らかく、吸湿性、速乾性に優れています。冬は暖かく、夏はその「糸むら」により空気をはらみ涼やかに肌触りを感じることができます。ガンディーが、植民地支配をしていたイギリスの機械織り綿布に対する抵抗の手段としてインド各地を歩き、手織り布によるインド人の自立を促したという由来があります。そうして、インドでカディが普及していったのです。ガンディーがハンガーストライキの際、静かにまわしていたのが「チャルカ」というカディの糸を紡ぐ糸車です。カディは、"The fabric of Freedom"として現在もインドの人々に愛され続けています。

 カディは糸の細さ(番手)により様々なグレードの布地が作られています。NIKI TOTO(ニキトト)では、カディ・コットン・タオルを中心に展開しています。タオル? というと、「classico blogではタオルばっか紹介してんじゃないの!」って突っ込みを入れられそうですが。classicoでは、約2年程前からニキトトのカディ・コットン・タオルを展開しています。老若男女幅広いお客様に人気の定番商品です。タオルと言っても、実際には巻き物として使っているお客様が多いのではないかと思います。僕も巻き物として愛用しています。 タオルとして愛用している友人曰く「バスタオルとしても最高だよ!」とのこと。ジムやプールでのタオルとしては最適かもしれませんね。夏のビーチでは水着の上に巻くサロンとして活用しても素敵です。テーブルクロスやソファカバーなどインテリアにもいかがでしょうか? ざぶざぶ洗えて、乾きも早く、かさ張らないので、旅行の時などにも重宝することでしょう。

 ニキトトのカディ・コットン・タオルは、インドの中でも幅広い地域で作られており、それぞれの柄によって素材感・風合いや値段にも違いがあります。classicoでは、定番的に扱っている柄もありますが、その時々で新しい柄も入荷いたします。きっとみなさまにも気に入る柄が見つかることでしょう。


 NIKI TOTO Khadi Cotton Towel Made in India size 80cm ×160cm
 上の写真 左から¥3.675(Organic Khadi)、¥1.680、¥1.680
 下の写真 左から¥3.675、¥2.625 (ちなみにシャツはnisica deckman shirts ¥14.700)


| 22:00 |
Comment








Trackback

Entry: main  << >>