Entry



Archives


Category


Search


Link

warang wayan marche basket
1.jpg

warang wayanのマルシェ・バスケット。Mサイズだけですが、嬉しい緊急入荷! 前回買い逃したみなさま~、いかがでしょぅ~か?

warang wayan(ワラン・ワヤン) はモロッコ・マラケッシュ在住の石田雅美さんとインドネシア・バリ在住の土屋由里さんが2000
年から始めた雑貨屋さんです。僕がwarang wayan を知ったのは、金沢のうつわ・雑貨 LINE 中澤麻紀子さんを通じてだったと思い
ます。お互いに雑貨の仕入れ先について情報交換をしている中でwarang wayan の商品の素晴らしさについてご紹介いただきました。
メールを通じてお取引の希望についてお伝えしたのですが、現在お取引しているショップだけで精一杯で、しばらくは新規にお取引を
始めるのは難しい...。特に東京については、新規のお取引は考えていないというお返事でした。それでも諦めきれず、中澤さんからプ
ッシュしていただいたり、原宿Zakkaにて毎年夏に行なわれているwarang wayan 展にうかがっては、気に入ったバスケットなどを
購入していました。購入したバスケットをクラシコでの商品のストック用に使用していると、目敏く見つけたお客様からそのバスケッ
トは買えないんですかぁ? と何度も聞かれて、クラシコでは今のところ販売していないんですよぉ...お取り扱いしたいという希望は
出しているんですけどねぇ...と何度説明したことだろうか。お取引についての展望が見えない日々が続いていました。昨年の12月に
なり、warang wayan 石田さんから1通のメールをいただきました。「全ての商品とは言えませんが、幾つかの商品が展開可能になり
ました。まだご興味がある様でしたら、展開可能な商品からご紹介させていただきます...。」という様な内容でした。「いつまで待っ
ていても無理なのかなぁ...」ともうだいぶ諦めかけていた時期だっただけに、嬉しさもひとしお。すぐに展開希望の気持ちを伝え、お
取引に向けてメール交換が始まりました。インドネシアの土屋さんとは(室内履き用)バレー・シューズ蚊取り線香入れなど、比較
的スムースに展開することができましたが,モロッコの石田さんの方は展開できるまでに時間が掛かりました。大まかなこちらの希望
をお伝えして,ある程度お任せで送っていただいた感じです。それでも届いた商品は期待通りでした。とっても満足しています。マル
シェ・バスケットはwarang wayan の中でも展開したかったもののひとつ。文字通り市場などで買い物をする時に使うショッピング
・バッグですね。乾燥させたヤシの葉を手作業で編んで作られています。マルシェ・バスケットには、持ち手も同素材のものやバスケ
ット自体に革の持ち手が付いたものなど様々なタイプがありますが、warang wayanのものは持ち手の上部分だけ山羊の革で巻いてあ
るのが特徴です。もともとのマルシェ・バスケットのデザインを活かしながら女性らしい柔らかい雰囲気に仕上がっているのが気に入
っています。マルシェ・バスケットは手作業ならではのラフな作りが特徴ではありますが、石田さんのこだわりで編み目の綺麗なもの
だけが選び抜かれています。そうした細やかなこだわりや心遣いが伝わってくるからこそwarang wayanのバスケットは人気ものとな
っているのでしょうねぇ。前回クラシコ・ブログでご紹介したらあっという間にほぼ完売。大人気ですよ。今回もお早めに銅像ぉ~。

warang wayan marche basket  m (leather handle) ¥4.200 color : caramel / brown / choco 46×38×16cm Made in Morocco.
| 15:00 |
Entry: main  << >>