Entry



Archives


Category


Search


Link

nisica short pants corduroy
1.jpg 
梅雨明けだぁ~。ショートパンツの季節だぁ~。nisica もショートパンツだぁ~。何処となく感じる少年っぽさが nisica らしいなぁ。

nisica (ニシカ)は、ふたりのデザイナー・宇賀村英明さんと三橋有さんによって営まれるブランドです。ふたりは服飾学校1年の時にこれ以上学校に通っても学ぶことはないと見切りをつけて、若くして自分たちの服作りを始めました。自分達の作った服をセレクトショップに紹介し、卸売りをしながらブランドを存続。そして、原宿の裏通りの半地下にnisicaのショップをオープンしました。小さいながらもとても雰囲気がある素敵なショップです。並んでいる洋服の色合いや素材感、バランスなどとても感じがよく、こんな洋服をクラシコで扱っていきたいと本能的に感じました。お話しする中でいろいろな繋がりを知ることもでき、クラシコでの展開をお願いすることになりました。一昨年の秋から本格的な展開が始まりました。約2年間、展開をする中でnisicaファンのお客様は続々と増えています。すでにクラシコには欠かせないブランドとなっています。僕がnisica を取り扱いしたかった理由のひとつは、ユニセックスという点にもあります。サイズがユニセックスというだけではなく、中性的な感性をもった洋服なのであります。男性だけではなく女性も強く惹かれる洋服なのです。実際にnisicaファンの女性も続々と増えています。サイズ1/2/3は、S/M/L。サイズ1は女性のM・男性のXS、サイズ2は女性のL・男性のS、サイズ3は男性のMという感じです。(サイズ4はほとんど展開していません。)
nisica の素晴らしさは、そのきめ細かな仕事ぶりにもあります。初めての展示会に行って渡された展示会資料に驚きました。それぞれのお取引先にお渡しする資料に、各商品の生写真と生地見本が添付されていました。こんな手間のかかる資料を作っている会社、ブランドは見たことがありません。各取引先が展示会でじっくりと商品を見ることができる様に予定組されており、それぞれの時間がその取引先だけの展示会となっています。nisicaの商品はほとんど洗いがかかっていますが、加工工場に洗いを依頼せずに全て自分たちで洗濯して天日干しをしているそうです。納品の際には、たたみ皺がつかないようにとそれぞれの商品ごとにボール状に丸められて入荷します。だから、適度にくたっとした状態のまま店頭にディスプレイすることができ、それぞれの商品がnisicaらしい自然な表情のままお客様に見ていただくことができるわけです。「服を作るにあたって心掛けていることは、いかに上手に引き算出来るかということです。人と服が適度な距離を保ちながらバランスが取れている。そういうものこそ着る人と中身の個性が現れる服となり、そこに服の本質があると思います。毎日の生活に必要な日常着、だらしなく見えない趣味の良い服、普段ファッションの話などしない人の為の服、僕たちは、空の箱を渡すだけというぐらいの感覚です。つくりたいのは、形ではなく雰囲気です。」そういう2人の想いが、nisicaの服には溢れています。nisica の服は、コットン・リネン・ウールなどの天然素材を中心に作られており、生地本来が持っている風合いや特徴をとても大切にしています。生地の素材感を最大限に活かす最小限のデザイン、それがnisica の魅力なのです。

今回ご紹介するショートパンツ。シンプルでありながらもnisicaらしさも感じられて、独特な存在感があります。前面にはファティーグパンツ風の大きめなパッチ・ポケットが付いています。ポケットの下の方にはマチが取ってあり機能的なデザインになっています。さり気ないデザインだけど、nisicaらしさを醸し出しているポイントなのでしょう。ヒップには両側にフラップポケットが付いています。素材は通常シャツに使用される様な薄くて柔らかいコーデュロイ。コーデュロイっていうと暑そうに感じるかも知れませんが、そんなことはないんですよ。はき心地はとっても快適です。色はオリーブ・グリーン。とっても着回しがしやすい色だから、だいたい何でもコーディネートできちゃいます。ちょこっと短めの膝上丈ってとこが何となく少年っぽさを醸し出していて、nisicaらしいかな。

nisica short pants corduroy ¥13.650 color : olive size : 1 / 2 / 3  cotton 100% made in japan.

1.jpg

1.jpg

1.jpg
| 14:00 |
Entry: main  << >>