Entry



Archives


Category


Search


Link

白木屋傳兵衛 肩払い

 

小箒もいろいろあるけれど僕のお気に入りは白木屋傳兵衛の肩払い。クネっと曲がったフォルムと赤い帽子がとっても魅力的でしょ。

 

 

白木屋中村傳兵衛商店は1830年(江戸時代 天保元年)、銀座の地に創業された江戸箒の老舗です。その後、商人の街である京橋に移転。長年にわたってこだわりの江戸箒を作り続けています。座敷箒という名称で箒を作っているところはその昔にもありましたが、「江戸箒」の名称で箒を作りはじめたのは、この白木屋中村傳兵衛商店。江戸時代も中期以降のなると庶民の住居(長屋)にも畳が普及。箒もろこしを使用した江戸箒は、畳にあった箒、長屋暮らしにぴったりな江戸前の箒として生まれました。あたりが柔らかくてコシがあるので、力を入れなくてもささっと掃き出しやすいのが特徴です。(アカザ科のほうき草の枝は固いので、庭掃きにはいいのですが、座敷箒としては使用できません。)江戸箒はもちろん畳だけではなくフローリングでも充分にご利用いただくことができます。ちなみに関西では座敷箒の材料としては棕櫚(シュロ)が一般的だった様です。箒もろこしの箒というのは江戸独特のものでした。

 

 

白木屋傳兵衛の肩払いは、ブラシや刷毛と同様な感覚でご愛用いただけるようにグリップ(握り)のかたちを採用した子箒です。穂先に角度が付いているので、手首の返しが効きやすく、洋服払いとしても使いやすいつくりになっています。(もちろん洋服払いのほかにも様々な用途で使っていただくことができます)箒草は植物繊維なので、洋服の生地やテーブルクロスなどを擦ったり払ったりしていただいても静電気がおきません。ペットの毛や洋服に纏わりつく埃を、効率よくストレスなく取り払っていただくことができます。スーツの仕立屋さん、理髪店などプロユース・業務用としてもご好評をいただいている子箒です。原材料はインドネシア産の上質な箒草を選別して使用しています。(インドネシアは昔から日本との関わりが深く、交流も盛んでした。日本の箒職人も昭和40年代にインドネシアに渡り、原料草の栽培方法や箒の製作指導を行っていました。そのため今でもその技術がしっかりと受け継がれています。インドネシアには、日本からの技術指導により40年以上もの製作技術の蓄積があります)高い品質を守るため在庫管理は茨城県つくば市にて、最終的な検品・仕上げ作業は京橋の本店にて行っています。ずっとずっと作り続けていただきたいお気に入りの逸品です。

 

写真の中で肩払いと一緒に写っているのは白木屋傳兵衛はりみ 。和紙と竹でできた室内用ちりとり。ぜひご一緒にお使いください。

 

_DSC6356.jpg

 

白木屋傳兵衛 肩払い Price : ¥1.700+Tax Color : 1 Color Size : L24cm × W10cm Material : Bloom Grass Made in Japan.

 

| 17:00 |
Entry: main  << >>