Entry



Archives


Category


Search


Link

白木屋伝兵衛 はりみ

DSC_0002 (1).jpg

 

江戸時代から続く江戸箒の専門店・白木屋伝兵衛のはりみはclassicoを代表するロングセラー商品のひとつ。次世代に伝えたい逸品!

 

DSC_0009 (1).jpg

 

_DSC6356.jpg

 

白木屋中村傳兵衛商店は1830年(江戸時代 天保元年)、銀座の地に創業された江戸箒の老舗です。その後、商人の街である京橋に移転。長年にわたってこだわりの江戸箒を作り続けています。座敷箒という名称で箒を作っているところはその昔にもありましたが、「江戸箒」の名称で箒を作りはじめたのは、この白木屋中村傳兵衛商店。江戸時代も中期以降のなると庶民の住居(長屋)にも畳が普及。箒もろこしを使用した江戸箒は、畳にあった箒、長屋暮らしにぴったりな江戸前の箒として生まれました。あたりが柔らかくてコシがあるので、力を入れなくてもささっと掃き出しやすいのが特徴です。(アカザ科のほうき草の枝は固いので、庭掃きにはいいのですが、座敷箒としては使用できません。)江戸箒はもちろん畳だけではなくフローリングでも充分にご利用いただくことができます。ちなみに関西では座敷箒の材料としては棕櫚(シュロ)が一般的だった様です。箒もろこしの箒というのは江戸独特のものでした。

 

DSC_0011 (1).jpg

 

_DSC6336.jpg

 

はりみ は、厚紙(和紙)を張り合わせ、柿渋を塗って仕上げた紙製のちりとりです。外枠に竹をはさみ込んであるので、しっかりとした強度・耐久性があります。そして、適度な弾力と軽さを兼ね備えた室内用のちりとりです。柿渋は、漆と同様に自然塗料です。よって静電気がおきず、集めたゴミがはりみ の表面にまとわりつくこともありません。集めたゴミやホコリをゴミ箱に移す際にもさらっとストレスなく落ちていきます。柿渋と顔料をバランスよく配合し、一枚一枚手作業で塗っていきます。なので、表面に多少の塗りムラが見受けられますが、ちりとりとしての機能性や強度については全く問題はありません。天然素材を使った、職人による完全手作業品です。若干の塗りムラやシワなどは、アジわいとご理解いただけたら嬉しいです。集めたゴミやホコリをはりみ に掻き入れる際、はりみ の背の部分をそっと押さえると、湾曲した間口部分がピタッと床に接地します。効率よくはりみ の中にゴミやホコリを収めることができます。愛用するうちに、はりみ の間口部分が波打ってしまう場合もありますが、間口部分を両手で持ち、グッと優しく、ゆっくりと中心部分にしならせていただければ、元に戻すことができますので、お試しください。はりみ の持ち手部分にはハトメ加工した穴を開けています。その穴に紐を通していただくことで、掛けやすさ、収納しやすさがグッと増します。箒と一緒に吊るしておくことで、お掃除をするときにサッと取り出しやすくなります。掃除機よりもお手軽にお掃除をしていただくことができますよ。(はりみ は水には弱いです。柿渋は水に濡れると落ちてしまいます。くれぐれも濡れたゴミを掻き入れないようにご注意ください)

 

DSC_0006 (1).jpg

 

白木屋伝兵衛 はりみ 小 穴付き Price : ¥1.300+Tax Color : Persimmon Size : 20cm × 20cm Fabric : 和紙、竹 Made in Japan.

白木屋伝兵衛 はりみ 大 穴付き Price : ¥1.500+Tax Color : Persimmon Size : 30cm × 30cm Fabric : 和紙、竹 Made in Japan.

 

 

DSC_0017 (1).jpg

| 17:00 |
Entry: main  << >>