Entry



Archives


Category


Search


Link

WORKERS Lt. Modified BD

DSC_0052.jpg

 

ちょっと前にご紹介したnisica button down shirtsと近い生地感 〜 薄くて軽やかなコットン素材のボタンダウン。WORKERSより。

 

DSC_0026.jpg

 

DSC_0034.jpg

 

WORKERS とは...。ワークェア、トラッド、スポーツウェアのオリジナルを参考に、デザイナーの舘野さん自ら型紙を引き、主に近隣の岡山・広島にある縫製工場で製作しているブランドです。もともと舘野さんが「洋服を縫えるようになった上で、型紙を引いて、企画・販売もしたい!」というところから始まりました。「それはどんなミシンで作られていたか?」「どんな金具を使っていたか?」「どんなカーブならこの縫い目ができるのか?」そんな技術的なことを考えながら、目指すところはハンガーに吊って、着た後にソファの上に置いてあってカッコいい、着て鏡を見たときに「なんか良いな」「今日の自分、良いな」と思える。丈夫で長持ち...。

 

DSC_0036.jpg

 

DSC_0041.jpg

 

今回が初めての展開となるWORKERSのModified Button Down Shirts。その中でも特に薄くて軽い生地を使用しているので、品名はLt.(Light) Modified BDとなっています。Modified Button Down Shirtsは、舘野さんがこの10年ほどの間にシルエットの流れを数値化して研究し、導き出したモデル。2000年代のタイトフィッティングから始まり、2018年・最近は少しルーズなフィットが流れ。時代に求められるシルエットに加えて、本来の「シャツとしての機能性」「日本人の体型に合う寸法」を考えて、各パーツの寸法・曲線を型紙に落とし込んで作られています。見頃、フィット感はあるけれどピタピタではない。肩幅も落ち過ぎずはいり過ぎず。着丈は裾を出しても入れても着られる72〜73cm程を中心に。袖ぐりのカマ(縦方向の寸法)自体はある程度寸法があり、窮屈さはない。でも肘から先をわずかに細くしてスッキリと、でもそのぶん袖がまくりづらくなるので、袖口の開きは深めにとる...といったように、論理的に考えて型紙を引いているそうです。デザイン的なシャツではなく、設計的なシャツ。舘野さん自ら型紙をひいているからこそ作ることができたモデルということができるでしょう。そして今回classicoがセレクトしたのは、ダークトーンのマドラスチェック。マドラスチェックというと明るい配色のイメージがありますが、こんなシックな配色も大人っぽくてかっこいいと思いますよ。僕も欲しい

 

DSC_0031.jpg

 

写真の中で僕(165cm55kg)が着ているのはサイズ13。ちょうどいいサイズ感。サイズ13 / 14 / 15 / 16はメンズS / M / L / XLが目安。

 

IMG_4894.jpg

 

WORKERS Lt. Modified BD Price : ¥14.000+Tax Color : Madras Size :(Men's) 13 / 14 / 15 / 16 Cotton100% Made in Japan.

 

DSC_0046.jpg

 

WORKERS Lt. Modified BD Size 13 : 胸幅49cm 裾幅47cm 肩幅43cm 前身丈59cm 後身丈69cm 袖丈60cm 首回り37cm

WORKERS Lt. Modified BD Size 14 : 胸幅52cm 裾幅50cm 肩幅44cm 前身丈61cm 後身丈71cm 袖丈61cm 首回り38cm

WORKERS Lt. Modified BD Size 15 : 胸幅55cm 裾幅53cm 肩幅45cm 前身丈63cm 後身丈73cm 袖丈62cm 首回り39cm

WORKERS Lt. Modified BD Size 16 : 胸幅58cm 裾幅56cm 肩幅46cm 前身丈65cm 後身丈75cm 袖丈63cm 首回り40cm

 

DSC_0048.jpg

| 18:00 |
Entry: main  << >>