Entry



Archives


Category


Search


Link

ASEEDONCLOUD ijujin print

DSC_0027.jpg

 

ASEEDONCLOUDらしいオリジナルプリントのアイテムが揃いました。コーディネートしてもよし、単品でもよし。素敵過ぎます!

 

DSC_0050.jpg

 

ASEEDONCLOUDの今シーズン(Workpermit18)のテーマ ”ijujin"(医獣人)がもっとも色濃く表現されているのが、この生地 i jujin print。イラストレーターの三宅瑠人さんにこのテーマのために描いていただいたイラストを、岡山でタッサー(平織りの一種。たて糸より太いよこ糸を使って、強調して織った生地。たいへん丈夫な生地で暖簾や旗などを作るときによく使われています)のみを織っている機屋さんのたいへん繊細なタッサーにプリントして作ったオリジナルプリントの生地です。”ijujin"の題材にした民族がいる地域の鳥(渡り鳥)、植物、ボタニカルダイにも使用するオーク、ローズマリーなど地域や季節をごちゃ混ぜにして描かれています。同じモチーフでも違う動きをしていたり、違うものを咥えていたり、そこに見え隠れているストーリーを楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

DSC_0047.jpg

 

アフリカ ケニア南部からタンザニア北部一帯の先住民マサイ族。ASEEDONCLOUDのMasai Scarfは、そのマサイ族の衣装のように首に巻きつけて愛用するような巻き物をイメージしてデザイン。ボタンの留め方によっていくつかの装い方を楽しむことができます。使用している生地 i jujin printは、丈夫さと柔らかさをあわせもったコットンタッサー素材。表地と裏地の間にはポリエステルの中綿が入っているので、ふっくらと適度なボリューム感があり軽くてとってもあたたか。マフラー代わりにご愛用いただくことができますよ。

 

IMG_0950.jpg

 

ASEEDONCLOUD Masai Scarf Price : ¥16.000+Tax Color : ijujin print Size : 110cm × 22cm Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0030.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

DSC_0054.jpg

 

DSC_0055.jpg

 

次にご紹介するChukchi Jacketは、ASEEDONCLOUDのデザイナーの玉井さんが旅先の古着屋で出会ったマフラーがついたコートをベースにしてデザイン。主人公が旅をする中で出会ったチュクチ族(ロシア シベリア北東の端チュチク半島に住む部族)の民族衣装(動物の皮で作った羽織もの)独特の切り替え、ボリューム感をミックスしています。使用している生地はMasai Scarfと同じコットンタッサー素材。こちらも表地と裏地の間にポリエステルの中綿が入っているので、軽くてとってもあたたか。秋口から春先まで幅広いシーズンに渡ってご愛用いただくことができそうです。スカートと合わせて着るとなると勇気が必要かも知れませんが、案外お手持ちのアイテムとコーディネートしていただくのも難しくはないような気がします。ぜひclassico店頭でお試しになってみてください。

 

IMG_0910.jpg

 

IMG_0918.jpg

 

写真の中でChigu(158cm やや細め)が着ているのがASEEDONCLOUD Chukchi Jacket。小柄な男性なら着ていただけるかもね。

 

IMG_0915.jpg

 

IMG_0916.jpg

 

ASEEDONCLOUD Chukchi Jacket Price : ¥55.000+Tax Color : ijujin print Size :(Ladies′)S  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0032.jpg

 

ASEEDONCLOUD Chukchi Jacket Size(Unisex)S : 胸幅57cm 裾幅56cm 裄丈75cm 前身丈47cm 後身丈54cm(首下〜裾)

 

DSC_0033.jpg

 

ASEEDONCLOUD Workpermit18 ”ijujin" 

彼女は狼と共に獣医をしながら移住生活をしている 移住人には文化がない 故郷もなければ国籍も独自の文化もない 彼女は移住生活の中で定住型の民族と呼ばれるような人達と出会い その土地その土地の記憶から人類を教えてもらう 獣医の仕事は狼を通じて動物たちと会話をする 動物たちからもまた土地の記憶を学ぶ 彼女は人々や動物達と物々交換をする 動物の骨や石、木をもらう そこには動物や人間それぞれの個性があり美意識がある 形の好みや色の好み、香りの好みだってある 彼女はいつも明るく誰にでも対等で人類と動物との差がない それが新しい価値観であり人類の美意識なのかも知れない そんな国境のない獣医のお話 - 医獣人 -

 

DSC_0042.jpg

 

DSC_0045.jpg

 

DSC_0044.jpg

 

最後にご紹介するのは、i jujin printASEEDONCLOUD Sanburu Skirt。デザインソースは、ケニア西部 旧リフトバレー州東部カウンティのサンブル族が腰に巻いているスカート。リバーシブル(裏側はベージュ無地のナイロン素材)でご愛用いただける仕様のスカートとなっています。こちらも表地と裏地の間にポリエステルの中綿が入っています。タイツやレギンスを中にはいていただければ、もちろん真冬でも軽くてあたたか。案外このスカートは普通にセーターやジャケット、コートなどとコーディネートしやすいと思いますよ。 このi jujin printシリーズ、「鳥が大好き!」という方には堪らないシリーズとなりそうですね。気になる方はお早めにどうぞ。

 

IMG_0919.jpg

 

IMG_0925.jpg

 

写真の中でChigu(158cm やや細め)が穿いているのがASEEDONCLOUDのSanburu Skirt。腰の位置で穿くようなデザインです。

 

IMG_0922.jpg

 

IMG_0924.jpg

 

ASEEDONCLOUD Sanburu Skirt Price : ¥34.000+Tax Color : ijujin print Size :(Ladies’)Free  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0039.jpg

 

ASEEDONCLOUD Sanburu Skirt Size(Ladies’)Free : ウェスト70cm ヒップ100cm 前身(総)丈62cm 後身(総)丈62cm

 

DSC_0040.jpg

 

| 17:30 |
Entry: main  << >>