Entry



Archives


Category


Search


Link

FilMelange Dolly2

DSC_0153.jpg

 

classicoでは毎年秋の人気アイテムとなるFilMelangeの長袖Tシャツ Dolly2。これ1枚でも、インナーとしても大活躍してくれますよ。

 

DSC_0159.jpg

 

DSC_0162.jpg

 

FilMelange Dolly2 Price : ¥10.000+Tax Color : White Size :(Men′s) 2 / 3 / 4  Fabric : Natural Cotton 100% Made in Nihon.

 

DSC_0136.jpg

 

FilMelangeとは「混色の(Melange)の糸(Fil) 」という意味を持つ造語です。昔ながらのTシャツやスエットシャツの杢柄のように、美しく混ざり合った色を意味します。素材使いを得意とするFilMelangeは、2007年の春ブランドがスタートしました。選ぶ抜かれた天然素材で最高の着心地を表現し、着る人クールに見えるような衣服を作り上げています。厳選した天然素材を使用すること。「わた」から「糸」「生地」「縫製」に至るまで自社開発を行うこと。着心地や環境を考え、オーガニックな素材を積極的に使用すること。日本製にこだわり、国内の優れた職人の技術で最高の製品をつくること。これらをふまえ、衣服を着ることの意味や喜びを追求したものづくりをしています。                                  FilMelangeコンセプトより。

 

DSC_0163.jpg

 

DSC_0165.jpg

 

FilMelange Dolly2 Price : ¥10.000+Tax Color : Snow Melange Size :(Men′s) 2 / 3 / 4  Natural Cotton 100% Made in Nihon.

 

DSC_0139.jpg

 

オーガニックコットン糸の製造工程でふるい落とされた良質な繊維を集め、50%のバージンオーガニック綿と掛け合わせて紡績された有機リサイクルコットン「オーガニックラフィー」。この柔らかでコシのあるワタを別注染色し、特別番手に紡績したオリジナルのメランジェカラー糸を吊り編み機にかけ、ヴィンテージの風合いたっぷりに仕上げた天竺生地。Dolly2は、その天竺生地を使用した長袖Tシャツです。とってもシンプルなデザイン。ヴィンテージを彷彿とさせる生地感と抜群に滑らかな着心地は一度体験してしまうと忘れられなくなるほど。細過ぎず太過ぎず、すっきりと着られるシルエット。袖にはリブが付いているので、暑いときには捲って着れるし、シャツやセーターなどのインナーとしても使いやすくなっています。同素材の半袖ポケットTシャツDizzyと共にclassicoには欠かすことのできないアイテム。リピートしてくださる顧客様がとっても多いんですよ。みなさまも是非お試しになってみてください。

 

DSC_0166.jpg

 

DSC_0169.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が着ているのはサイズ2。ちょうどいいサイズ感。サイズ 2 / 3 / 4 は、メンズ S / M / L が目安です。

 

DSC_0170.jpg

 

FilMelange Dolly2 ¥10.000+Tax Color : Campione Melange Size :(Men′s) 2 / 3 / 4  Natural Cotton100% Made in Nihon.

 

DSC_0140.jpg

 

DSC_0170.jpg

 

DSC_0174.jpg

 

FilMelange Dolly2 Price : ¥10.000+Tax Color : Navy Melange Size :(Men′s) 2 / 3 / 4  Natural Cotton100% Made in Nihon.

 

DSC_0144.jpg

 

FilMelange Dolly2 Size(Men′s) 2 : 胸幅48cm 裾幅48cm 肩幅42cm 前身丈59cm 後身丈65cm 袖丈61cm 程々伸縮します

FilMelange Dolly2 Size(Men′s) 3 : 胸幅50cm 裾幅50cm 肩幅44cm 前身丈61cm 後身丈67cm 袖丈62cm 程々伸縮します

FilMelange Dolly2 Size(Men′s) 4 : 胸幅52cm 裾幅52cm 肩幅46cm 前身丈63cm 後身丈69cm 袖丈63cm 程々伸縮します

 

DSC_0149.jpg

| 19:00 |
Entry: main  << >>