Entry



Archives


Category


Search


Link

WORKERS Basic Work Shirt

DSC_0310.jpg

 

WORKERSよりとってもBasicなWork Shirtが届きました。これからの季節、ちょっと羽織ったりするにもちょうどいいシャツです。

 

DSC_0318.jpg

 

WORKERS とは...。ワークェア、トラッド、スポーツウェアのオリジナルを参考に、デザイナーの舘野さん自ら型紙を引き、主に近隣の岡山・広島にある縫製工場で製作しているブランドです。もともと舘野さんが「洋服を縫えるようになった上で、型紙を引いて、企画・販売もしたい!」というところから始まりました。「それはどんなミシンで作られていたか?」「どんな金具を使っていたか?」「どんなカーブならこの縫い目ができるのか?」そんな技術的なことを考えながら、目指すところはハンガーに吊って、着た後にソファの上に置いてあってカッコいい、着て鏡を見たときに「なんか良いな」「今日の自分、良いな」と思える。丈夫で長持ち...。

 

DSC_0323.jpg

 

DSC_0321.jpg

 

今回ご紹介するのは、WORKERSのBasic Work Shirt。モデル名に記された通り、とってもベーシックなワークシャツです。チンストラップが付かないふつうの台襟のレギュラーカラー。襟は大きさ、開き具合ともに程よく、絶妙なバランス。左右の胸にはフラップなしのパッチポケットが付いています。左胸側のパッチポケット内には、ペンポケットも付いています。このペンポケットって、案外使い勝手が良いんですよねぇ。各パーツのはぎ合わせに使う巻縫いはあえてトリプルステッチではなく、ダブルステッチにしてすっきりとした仕上げに。フロント部分は多本の環縫い、下前もスレキを使った多本環縫いにしたことで、全体統一感が感じられます。着込み、洗い込んだ後に「ワークシャツらしいな」と感じられるように、きっちりと再現しています。生地は5オンスのシャンブレー。ムラ糸感の強い味わいのある素材。インディゴ染めならではの経年変化を楽しむことができますよ。ブームとかブームじゃないとかに関わらず、例えばちょっとお掃除をする時、休日にバイクや自転車をいじったり、庭仕事をしたり、キャンプやハイキングなどアウトドアの機会に、ふらっとお出掛けしたりする時に、何気なく手に取っているのが、ワークシャツ。汚れては洗って、乾かして、やがて色褪せて、気がつくと「おぉ、いいなぁ」と味わい深く、カッコよくなっていたりするものです。それがワークェアの良さなんだと思います。だからこそ、あえてシンプルにデザイン、でも作りにはこだわったこのワークシャツがオススメ。ぜひ!お試しくださいませ。

 

DSC_0320.jpg

 

写真の中で僕(165cm 56kg)が着ているのはサイズ14。ちょっとゆったりなサイズ感。サイズ14 / 15 / 16 はS / M / L が目安です。

 

DSC_0320.jpg

 

WORKERS Basic Work Shirt Price : ¥12.000+Tax Color : Blue Chambray Size : 14 / 15 / 16  Cotton100% Made in Japan.

 

DSC_0315.jpg

 

WORKERS Basic Work Shirt Size 14 : 胸幅50cm 裾幅50cm 肩幅45cm 前身丈65cm 後身丈74cm 袖丈64cm 首回り38cm

WORKERS Basic Work Shirt Size 15 : 胸幅53cm 裾幅53cm 肩幅46cm 前身丈66cm 後身丈75cm 袖丈65cm 首回り40cm

WORKERS Basic Work Shirt Size 16 : 胸幅57cm 裾幅57cm 肩幅47cm 前身丈68cm 後身丈77cm 袖丈66cm 首回り42cm

 

DSC_0317.jpg

 

| 15:00 |
Entry: main  << >>