Entry



Archives


Category


Search


Link

Suno & Morrison Coaster

DSC_0002.jpg

 

毎年ご好評をいただいているSuno & MorrisonのCoasterが入荷しました。これからの季節、特に大活躍してくれますよ。お薦めです!

 

DSC_0009.jpg

 

Suno & Morrisonは、福岡在住の齋藤由清乃さんが営むブランド。オーガニックコットンのガラ紡を始め、インドの手紡ぎ手織りの生地等、齋藤さんが実際に使用して本当に気持いいと感じる素材で、ものづくりをしているブランドです。「大量には作ることの出来ない、人の手を感じるもの。しかし気負ったものではなく、誰もが日常の中で気持よく気軽に使えるもの。また出来上がるまでの背景に魅力があるもの。」齋藤さんはその様なものづくりを目指し、大切にし、素材と向き合いながら、納得するものを生み出しています。

 

DSC_0003.jpg

 

日本最古の紡績機「ガラ紡機」で紡がれた糸・素材「ガラ紡」との出会ったことがきっかけとなり、齋藤さんご自身でブランドを始めることになったのだそうです。ガラ紡機は、繊維品がまだ貴重だった明治時代後半に、紡績や織の際に出る繊維くずを利用する為に考案されました。一時期は普及していガラ紡機ですが、生産スピードが遅いことから、量産型の紡績機に押され徐々に衰退し、現在稼働しているのは愛知県に2、3軒を残すのみとなっています。空気を孕みながらゆっくりと紡がれるガラ紡は、素朴でやわらかくて軽い、手紡ぎに近い風合いで、現代の紡績機では真似することが出来ない日本の技術。Suno & Morrisonが使用しているガラ紡は、愛知県一宮市で作られているオーガニックコットンの落ち綿を原料としており、通常の綿を原料としたガラ紡よりも、さらにやわらかな肌触りになっています。そうして紡がれた糸を、昔ながらのシャトル機でゆっくりと織り上げていきます。風合いを出す為に甘撚りの糸に仕上げているため、糸が切れやすくて、通常の織り機で織るのは難しいのですが、試行錯誤を重ねる中で、生地にすることを実現できたのだそうです。齋藤さんはSuno & Morrisonのものづくりを通して、今では希少となってしまった「ガラ紡」の存続に貢献して行きたいと考えています。最初はひとりのお客様として出会った齋藤さん。ものづくりをしていることを知り、共感してclassicoでもお取り扱いさせていただくことになりました。齋藤さんのこだわりや思いをお伝えしながら、大切に展開して行きたいと考えています。

 

DSC_0008.jpg

 

今回ご紹介するSuno & MorrisonのHand Woven Coasterは、生地を織る際に生じてしまう余り糸を使用したコースター。1枚1枚手織りで作られていて、配色も織り柄もすべて異なります。かなりぎっちりと打ち込んで作られているので、小さなラグの様なしっかりとした生地感です。それぞれ1枚の繪を描く様に、自由な糸使いで手織りされたコースターは、すべて1点もの。お気に入りの柄を見つける楽しみがありますよね。( このコースターについて、Suno & MorrisonのBlogで紹介されています。 ~ こちらをご覧下さい。)

 

DSC_0013.jpg

 

Suno & Morrison Hand Woven Coaster Price : ¥1,500 + Tax Color : Assort Size : 9cm × 9cm Cotton 100% Made in Japan.

 

IMG_1935.jpg

| 18:00 |
Entry: main  << >>