Entry



Archives


Category


Search


Link

INDIVIDUALIZED SHIRTS

DSC_0198.jpg

 

INDIVIDUALIZED SHIRTSのStandard Fit B.D. Shirts。ベーシックなオックスフォードとピンポイント・オックスのギンガムが登場!

 

DSC_0209.jpg

 

DSC_0214.jpg

 

INDIVIDUALIZED SHIRTS Standard Fit B.D. Shirts Cambridge Oxford ¥23.000 + Tax Size : 14 1/2 15  15 1/2  Made in U.S.A.

 

DSC_0191.jpg

 

創業から半世紀を迎えたINDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド・シャツ)。老舗メーカーと呼ぶにはまだ幾分若いこのブランドは、日本全国のセレクトショップからアメリカを代表するシャツ・ブランドとして高く評価されています。戦後のアメリカン・メンズファッションの黄金期である1950・60年代、そしてラルフローレンの登場による1970・80年代のファッション・ムーブメントの中で、インディビジュアライズド・シャツはカスタムメイドのシャツ作りを原点として進化を続けてきました。インディビジュアライズド・シャツのファンからもっとも絶賛されているのが、ボタンダウンの襟元のデティール。ネクタイをした時に見られる襟のロール、そしてネクタイを外した時の襟元の美しさ。これはブルックス・ブラザーズのカスタムシャツ部門を長年にわたって任されていた経緯から創り出されるアメリカン・ボタンダウンシャツに重要なディテールです。ユニバーシティ・ボタンダウンと称され、台襟(バンド)の高さ、襟羽根(リーフ)サイズ、ボタンの位置、そして台襟のシェープ等すべてのディテールが絶妙なバランスの中で一体となり、伝統的なアメリカン・ボタンダウンシャツを創り上げています。またすべてのパターン(型紙)が現在もインチ採寸で作られており、イギリス、イタリア、そして日本で作られるシャツとの微妙なニュアンスの違いによりアメリカらしい仕上がりとなっています。現在もアメリカ製にこだわり、1枚1枚徹底した管理のもとに創り上げられるシャツ...アメリカ国内では大統領からの注文をはじめ最高級スーツに合わせるシャツの注文など、高品質なドレスシャツも提供するために要求される世界に通じる技術と管理を守り続けています。顧客からの何千通りもの異なるパターンの要求に応えられるデータの蓄積、生地のカッティング技術、付属パーツの充実、それぞれのシャツのニーズに合わせた各種芯地(ライニング)、そして身体を包みこむようなシャツを創り上げるための熟練された縫製技術、1インチ(約2.5センチ)に対して平均22ステッチという縫製基準、など多くの技術により最高のシャツが創り上げられています。さらに「究極のシャツは一切余分なものを取り除く」というアメリカの高級シャツテーラーの考えにより、本来大量生産のシャツ製造では省かれてしまう様な手間のかかる製法も、あえて多く取り入れています。そのひとつが肩部分の縫製技術。多くの量産シャツは肩部分(ヨーク)の縫製ステッチが外側から見えてしまいますが、インディビジュアライズド・シャツではコンストラクション・ヨークという外側に縫い目が見えない袋縫いを採用しています。また、サイド部分の縫製(前見頃と後身頃の縫製部分)も量産さシャツでは不可能な高い技術を必要とする細幅の巻き縫いを基準としています。創業より50年一貫してアメリカン・シャツテーラーの伝統を守り続ける1枚のシャツ。着るごとに、洗いを重ねるごとに変わるエイジングを楽しみながら、長く愛着を持てるシャツ。それがインディビジュアライズド・シャツなのであります。〜「私たちのシャツの完成度は90%で人が着ることで100%になる。」

 

DSC_0207.jpg

 

Standard Fit B.D. Shirtsは、INDIVIDUALIZED SHIRTSの中で現在最も主流となっているモデル。ClassicFitと Slim Fit のほぼ中間のサイズ感になっています。見頃は細身ながら袖周りはゆとりを持たせてあるので、タイト過ぎず違和感なく着ていただくことができます。初期のStandard Fit B.D. Shirtsと比べると裾サイド部分のカッティングが緩やかになり、裾を出して着た時のバランスが良くなりました。もちろん裾をパンツに入れて着たいというイン派の方にもご納得いただけるようなラインですので、ご安心くださいませ。classicoの顧客様にも大絶賛のお声を頂いております。流行に左右されることなく長い年月に渡ってご愛用いただけることでしょう。

 

DSC_0216.jpg

 

今回ご紹介するINDIVIDUALIZED SHIRTS Standard Fit B.D. Shirtsは、幅広いシーズンにわたってご愛用いただくことができるベーシックなコットン素材2種類。Cambridge Oxfordは、厚過ぎず薄過ぎず程よい肉厚のオックスフォード。ゴワゴワ感が少なく、カラーは真っ白に近いオフホワイト。着心地が良くて、コーディネートもしやすく、アイロンをかければスーツやジャケットネクタイとコーディネートしていただくことも出来ます。洗い晒しならジーンズやチノパンツなどとコーディネートしてカジュアル感も楽しむことができますよ。もうひとつはPin Point OxfordのGingham Check。さらに細番手の糸で織られた上質なオックスフォードのギンガムチェック。カジュアルな印象が強いギンガムチェックですが、アイロンをかけていただければニットタイなどを組み合わせてスーツやジャケットなどに...という感じで、堅苦しくない職場だったら仕事着としてご愛用いただくことも出来ますよ。これからの季節、クルーネック、Vネックのセーターやカーディガンのインナーとしてコーディネートしていただければ、かなり好感度アップ!となりそうです。

 

DSC_0219.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が着ているのはサイズ14 1/2。袖は長めですが(僕の腕が短いのかな)ちょうどいいサイズ感です。

 

DSC_0197.jpg

 

INDIVIDUALIZED SHIRTS Standard Fit B.D. Shirts P.P. Oxford Gingham ¥25.000+Tax Size : 14 1/2 15 15 1/2 Made in U.S.A.

 

DSC_0200.jpg

 

Standard Fit B.D. Shirts Size 14 1/2(S)胸幅52cm 裾幅51cm 肩幅41cm 前身丈64cm 後身丈75cm 袖丈61cm 首周り36cm
Standard Fit B.D. Shirts Size 15     (M)胸幅54cm 裾幅53cm 肩幅43cm 前身丈65cm 後身丈76cm 袖丈62cm 首周り38cm
Standard Fit B.D. Shirts Size 15 1/2(L)胸幅56cm 裾幅55cm 肩幅45cm 前身丈66cm 後身丈77cm 袖丈63cm 首周り40cm

 

DSC_0205.jpg

| 23:00 |
Entry: main  << >>