Entry



Archives


Category


Search


Link

ちょこっと前の話 〜 roji roji編。

DSC_0945.jpg

 

ちょこっと前の話というか、結構前になりますね。10月23日日曜日の夜、1日限定のroji roji Barにて楽しいひとときを過ごしました。

 

DSC_0937.jpg

 

10月23日日曜日夜。classico閉店後に僕が訪れたのは千駄木駅近くの細い路地に佇むとあるお店。正確にはとあるお店だったところですね。僕も数年前に一度だけ友人と二人でお邪魔したことがありました。焼き鳥の名店・今井。実は閉店したことも知らなかったのです。予約するのも困難だったと言われる焼き鳥の今井さん。移転するために千駄木のお店をクローズされたそうです。クローズして間もない元焼き鳥今井さんの場所を借りて、1日だけの限定バーがオープンするらしいという情報を聞きつけました。というかその1日限定のバーをオープンされる当のご本人から「もしよかったらいかがでしょうか?」というお誘いをいただいたのです。ふむふむ...。

 

実は午前中に群馬県太田市にてハーフマラソンを走り終えた後、いつもよりちょっと遅めの時間にclassicoをオープンさせ、その後は通常営業するというちょっとハード目な予定だったため、正直自信がなかったのですが、「それではちょっとだけ寄るかも知れません。」的なやや曖昧なお返事をしておいた訳です。そして当日。無事にハーフマラソンを走り終え、classioを約1時間半遅れでオープン。疲労のためウトウト...することもなく無事最後まで営業することが出来ました。レジ締めや片付けを終えて、classicoを出たのが20時ちょっと前位のこと。my tokyobikeに乗って元焼き鳥今井さんに到着。ガラス越しにほぼ満席であることが分かりました。おぉ

 

DSC_0931.jpg

 

「こんばんはぁ〜。」ちょっと緊張しながら遠慮気味に入っていくと、居合わせたお客様方のご好意により、角部屋ならぬ角席を空けていただきました。お恥ずかしながら席に着き、さぁ何をいただきましょうか?と思ったけれど、すでにご好評につきフードメニューがほぼ完売とのこと。もともと確か20:00までだったはずですから、まぁ仕方がないでしょう。でもとあるポテサラコンテストで3位に輝いたというご自慢のポテトサラダがあるというので、注文させていただきました。それからこの日のためにご用意されたらしい白ワインも。お通しのカレー豆もいただきながら、一人静かに乾杯カレー豆もワインも、そしてご自慢というだけあってポテトサラダも美味しい!ちなみにこのポテトサラダには千駄木の名店・腰塚ハム特製コンビーフがたんまり入っているそうです。納得ですわ

 

DSC_0941.jpg

 

同じ時に居合わせたお客様はバラバラな方々。お二人、お三方が数組という感じでした。新しいお客様が来れば、いい具合にお会計されるお客様が居たりして、ほぼ満席をキープしていた様です。僕のことも皆さんにご紹介いただいたりして、一人でお邪魔したのに、周りの皆さんともお話が弾みました。何だかとても楽しいひと時を過ごすことが出来たんですよ。実は仕事を残して来ていたので、僕は長居することも出来ずに最後まで見届けることなく後にしたのですが、「帰りたくなぁい〜。」と後ろ髪を引かれる思いでした。

 

そんなにも素敵な1日限定のバー、roji roji Barを開催してくださったのは、谷根千(谷中・根津・千駄木)のおいしいもの、面白いこと、楽しいこと。をご紹介するブログ、roji rojiブログを営むおふたり=roji-mさんとroji-kさん。classicoのご近所にお住いのおふたりは時折ご来店いただき、お買い物をしていただいているお客様でした。何となく只者ではないなと思っていたら、roji-mさんは元ファッション誌の編集長、roji-kさんは海外ブランドのバイヤーだったそうです。なるほどある時、おふたりがブログをやっていて、そのブログでclassicoを紹介したいというお話をいただき、その存在を知ったのでした。そして先日、roji rojiブログにてclassicoをご紹介頂いただいたんですよ。さすが素晴らしい文章と写真でご紹介いただきまして、恐縮です。roji-mさん、roji-kさん、改めてありがとうございました。僕が帰る際には、お忙しい中お見送りしていただいたんです。それがこの写真、classicoポーズ、決まってますね

 

roji-mさんとroji-kさんは、谷根千情報をまとめたフリーマガジン、rojiroji magagineも製作しています。今回のroji roji Barの目的はこの制作費を捻出するためということです。rojiroji magagineは、これまでVol1、Vol.2が発行されています。皆さんもお見かけることがありましたら、是非手に取ってみて下さい!きっと皆さんが谷根千散策(あるいは谷根千生活)をする際のお役に立つことでしょう。

 

DSC_0947.jpg

| 23:30 |
Entry: main  << >>