Entry



Archives


Category


Search


Link

小代瑞穂窯 福田るい しのぎ皿
1.jpg

今もなお揺れ続けている熊本県地方。でも小代瑞穂窯は健在の様です。福田るいさんのしのぎ皿が届きました。大好きなお皿です。

3.jpg

小代瑞穂窯 暮らしに潤いを与え心地よく使える陶器を作りたい。〜 小代焼の開窯は、文禄の役(1592)後、加藤清正公に伴われて来た朝鮮半島の陶工達によって小代山麓、現在の熊本県南関町宮尾の地で創られたのがその始まりと言われています。小代焼には大きく分けて青小代・黄小代・白小代に区別されています。当工房はその逞しい形と味わい深い地釉に、あたかも古武士のような風格と力を備えた白釉の打ち掛けなど、昔ながらの特徴と技法を生かしながらも、独自の焼成法を取り入れつつ現代の生活に合ったうつわ作りを心掛けております。陶器は、使い込む程風合いが出てまいります。毎日使っていただける様な器を創っていけたら良いなと思っています。〜 伝統とは灰を守る事ではなく、燠(おき)を密かに保ちつづける事である。〜 福田 るい 〜 ( 小代瑞穂窯資料より。)

4.jpg

福田るい 陶歴 1964年福岡県大牟田市生まれ 九州産業大学芸術学部美術科卒業 小代瑞穂窯にて作陶 益子島岡達三氏に師事 帰郷 小代瑞穂窯にて作陶 現在に至る 熊本・福岡・大阪・神戸・東京・ドイツにて展示会開催 〜 ( 小代瑞穂窯資料より。)

2.jpg

上の写真4枚は、昨年春に小代瑞穂窯を訪れたときの写真です。風情豊かな環境の中で小代瑞穂窯の素晴らしい器が作られています。

1.jpg

小代瑞穂窯 福田るい しのぎ4寸皿 Price : ¥1.500 + Tax Color : White   Size : 12cm × 2cm Hand Crafted by Rui Fukuda.

1.jpg

小代瑞穂窯 福田るい しのぎ4寸皿 Price : ¥1.500 + Tax Color : Yellow  Size : 12cm × 2cm Hand Crafted by Rui Fukuda.

2.jpg

2.jpg

小代瑞穂窯 福田るい しのぎ5寸皿 Price : ¥2.000 + Tax Color : White   Size : 16cm × 2cm Hand Crafted by Rui Fukuda.

3.jpg

小代瑞穂窯 福田るい しのぎ5寸皿 Price : ¥2.000 + Tax Color : Yellow  Size : 16cm × 2cm Hand Crafted by Rui Fukuda.

4.jpg

小代瑞穂窯 福田るい しのぎ5寸皿 Price : ¥2.000 + Tax Color : Blue     Size : 16cm × 2cm Hand Crafted by Rui Fukuda.

5.jpg

僕がまだclassicoを始めるずっと前から気になっていた器がありました。馬詰佳子さんが主催するBORN FREE WORKSがまだ世田谷区深沢にあった頃のこと。僕が勤めていたお店(後に会社に移行)が年に2~3回程、BORN FREE WORKSにて卸売りの為の展示会を開催していました。ケータリングを主な活動としていたBORN FREE WORKSのキッチンにはいつも素敵な蓋付きポットがありました。陶器で出来たその蓋付きのポットに憧れ続ける日々が数年間続いたのです。いつか僕が自分のお店を開いたら、その陶器をお取り扱いするのが夢となっていました。そしていよいよ独立し、classicoをオープン。しばらく経ったある日の事でした。とある合同展に行った時に、出会ってしまったのです。そのポットと同じシリーズの器が出店されているブースがあったのです。お取引したいという希望をお伝えしたのですが、お取引を広げていないとの事。取り合ってもらうことは出来ませんでした。夢は夢のままで終わるのだろうか...。同じ合同展に毎年通う度に僕の思いをお伝えしていたのですが、数年後に転機が!お取引をしていただけることになったのです。粘った甲斐があったということです。そうして展開しはじめた器がYEN WARE(エンウェア)というシリーズです。YEN WAREは中村善郎さんがデザイン。中村さんの奥様でお菓子研究家である福田里香さんの妹さん・福田るいさんが製作している器です。(YEN WAREを代表する器Nha Tran(ニャチャン)は、僕達夫婦が結婚式を挙げたときの引き出物としても使わせていただきました。)約4年程前のある日の事。蔵前にあった(福島県田村郡三春町に移転オープンされました)中川チエさんのお店in-kyoを訪れた際に出会った器が、福田るいさんのしのぎ皿でした。購入して持ち帰ったそのしのぎ皿は、高橋家のお気に入りとしてほぼ毎日食卓に登場する様になりました。その後、中目黒にあるSMLで催されていた企画展にてしのぎ皿の柄・色違いを購入。同じくお気に入りのお皿となったのは言うまでもありません。そして、いつの日にか福田るいさんが主催する小代瑞穂窯を訪れて、器をお取り扱いさせていただきたい。そう思う様になったのです。そして念願のときは訪れました。福岡県久留米市にあるお店PERSICAさんで、僕が企画デザインするシャツ h.b b.d. shirtsをお取り扱いしていただくことになり、その商談のため九州に出張することになったからです。昨年の桜の咲く頃、家族旅行を兼ねて九州へ...。小代瑞穂窯を訪れ、福田るいさんとご対面。たいへんお世話になりました。ちょうど良く窯開けのタイミングでしたので、出来立ての器の中からも選ばせていただきました。そして、classicoでのお取り扱いがスタート。家族が暮らす群馬県桐生市にある我が家には、今では福田るいさんの器が沢山増えました。それぞれの器が日々大活躍しています。益子で作陶する陶芸家・石川雅一さん鈴木稔さんの器と共にclassicoでも我が家では欠かす事の出来ない器となっています。

3.jpg

小代瑞穂窯 福田るい しのぎ6寸皿 Price : ¥3.000 + Tax Color : White   Size : 18cm × 3cm Hand Crafted by Rui Fukuda.

1.jpg

小代瑞穂窯 福田るい しのぎ6寸皿 Price : ¥3.000 + Tax Color : Blue     Size : 18cm × 3cm Hand Crafted by Rui Fukuda.

2.jpg

4.jpg

小代瑞穂窯 福田るい しのぎ7寸皿 Price : ¥5.000 + Tax Color : White   Size : 21cm × 3cm Hand Crafted by Rui Fukuda.

2.jpg

小代瑞穂窯 福田るい しのぎ7寸皿 Price : ¥5.000 + Tax Color : Yellow  Size : 21cm × 3cm Hand Crafted by Rui Fukuda.

3.jpg

小代瑞穂窯 福田るい しのぎ7寸皿 Price : ¥5.000 + Tax Color : Blue     Size : 21cm × 3cm Hand Crafted by Rui Fukuda.

1.jpg
| 23:00 |
Entry: main  << >>