Entry



Archives


Category


Search


Link

FILSON Briefcase
3.jpg

classico blogに初登場アメリカのアウトドアメーカー、FILSON。肩掛け、襷掛けも出来るブリーフケース。これお薦めですよ

1.jpg

3.jpg

2.jpg

FILSONは、1897年ワシントン州シアトルにて、ゴールドラッシュの労働者に向けたウェアを生産するために設立されました。創設者CLINTON C.FILSONが掲げたコンセプトは「どうせ持つなら最上級のものを」。上質な天然素材を用い、綿密に計算されたデザインと正確かつ堅牢な縫製により、一切妥協のない製品を提供しています。金の発掘という劣悪な環境下で酷使されながらも、十二分にその真価を発揮するFILSONのプロダクトは、アメリカのワーカー達からも多くの信頼を獲得。森林警備隊やアメリカ空軍、陸軍といったアメリカの政府機関へ装備を供給している事からも、そのクオリティーの高さが伺えます。ファッションシーンにおいてもその質実剛健なスタイルは高く評価されており、近年ではイタリー製ユーロラインも展開するなど、多方面からの注目を集めています。

2.jpg

ヘビーオンスツィルと重厚なレザーで作られているFILSONのバックライン。メインの素材はオイルドフィニッシュが施されたコットン・ツィル。なので、悪天候やアウトドアシーンにも対応可能です。レザーハンドルは、接続部にパッチ補強やリベット補強を施されており、高い強度を誇ります。生産はアメリカ本国にある自社工場。新品でも充分過ぎする程風格が漂いますが、本当の魅力は年月を重ねてから。ディリーユースでガシガシと使い込んでいただきたい逸品です。そして、今回ご紹介するのはBriefcase(ブリーフケース)というモデルのバック。デザインの特徴としては、バック本体を雨などから守るオーバーフラップ(ふた)が付いているということ。これはかなり重要なポイント。そして、手で持っても良く、肩に掛けても、たすき掛けしても良い。中に入れる荷物によっては、重くて手持ちするのが辛い時もあるでしょう。自転車の乗ったりする時には、たすき掛け出来たら嬉しいでしょ。ショルダーベルトを外すとシンプルなブリーフケースとして使えますから、ちょっと堅めの会社にお勤めの方でもご愛用いただくことが出来るでしょう。堅過ぎずやわらか過ぎず、カジュアル感と大人っぽさが共存した雰囲気・素材感・色合いが魅力的なブリーフケースなのであります。

4.jpg

さて、バックの細部に付いて詳しく見て行きましょう。オーバーフラップ部分に付いているスナップボタンを外してフラップを上げるとバックのメイン部分が現れます。重厚なレザーで補強された中央のジッパーを開けると中央部分は広々としており、手前と奥にそれぞれ仕分けのポケットがあるんです。ノートパソコンを入れたり、A$のファイルを入れたりも出来ます。奥のポケット前面には真ん中にペンポケットが3つ、その両側に小物を入れられるポケットが付いています。外側の表面、裏面にもそれぞれマチ無しのポケットが付いており、A4のプリント用紙・書類や雑誌などを仕分けして入れておくことが出来ます。機能的にも使いやすく、作りもしっかりとしていて丈夫。デザイン性も優れています。ちょっとした出張や日々の通勤にはちょうど良いブリーフケースだと思いますよ。

5.jpg

1.jpg

FILSON Briefcase Price : 34.000 + Tax Coolr : Khaki × DK.Brown  Size : W41cm × H35cm × D8cm Made in U.S.A.

2.jpg

2.jpg
| 23:00 |
Entry: main  << >>