Entry



Archives


Category


Search


Link

nisica deckman shirts
5.jpg

nisicaを代表するシャツのひとつ、deckman shirtsのオックスフォード素材が3色揃いました。Size 3まで入荷するのは久し振りかも!

1.jpg

1.jpg

2.jpg

4.jpg

nisica deckman shirts oxford Price : ¥14.000 + Tax Color : White Size : ( Unisex ) 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Japan.

1.jpg

nisica (ニシカ)は、ふたりのデザイナー・宇賀村英明さんと三橋有さんによって営まれるブランドです。「服を作るにあたって心掛けていることは、いかに上手に引き算出来るかということです。人と服が適度な距離を保ちながらバランスが取れている。そういうものこそ着る人と中身の個性が現れる服となり、そこに服の本質があると思います。毎日の生活に必要な日常着、だらしなく見えない趣味の良い服、普段ファッションの話などしない人の為の服、僕たちは、空の箱を渡すだけというぐらいの感覚です。つくりたいのは、形ではなく雰囲気です。」そういう2人の想いが、nisicaの服には溢れています。nisica の服は、コットン・リネン・ウールなどの天然素材を中心に作られており、生地本来が持っている風合いや特徴をとても大切にしています。生地の素材感を最大限に活かす最小限のデザイン、それがnisica の魅力なのです。僕がnisica を取り扱いしたかった理由のひとつは、ユニセックスという点にもあります。サイズがユニセックスというだけではなく、中性的な感性をもった洋服なのです。実際に展開してみて、男性同様に女性も強く惹かれる洋服なのだということが分かりました。nisica の素晴らしさはそのきめ細かな仕事ぶりにあります。初めての展示会に行って渡された展示会資料に驚きました。それぞれのお取引先にお渡しする資料に、各商品の生写真と生地見本が添付されていました。こんな手間のかかる資料を作っている会社、ブランドは見たことがありません。各取引先が展示会でじっくりと商品を見ることができる様に予定組されており、それぞれの時間がその取引先だけの展示会となっています。nisicaの商品はほとんど洗いがかかっていますが、加工工場に洗いを依頼せずに全て自分たちで洗濯して天日干しをしているそうです。納品の際には畳み皺がつかないようにとそれぞれの商品ごとにボール状に丸められて入荷してきます。だから、適度にくたっとした状態のまま店頭にディスプレイすることができ、それぞれの商品がnisicaらしい自然な表情のままお客様に見ていただくことができるのです。nisicaは、僕が大好きなブランドのひとつです。

2.jpg

2.jpg

1.jpg

写真の中で僕(165cm、58kg)が着ているのはサイズ2。ちょうどいいサイズ感。サイズ1はレディース、3はメンズMになります。

3.jpg

nisica deckman shirts oxford Price : ¥14.000 + Tax Color : Blue Size : ( Unisex ) 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Japan.

2.jpg

僕が思う一番nisicaらしいシャツ、デッキマンシャツ。名前の通りデッキマン(水兵さん)が着ていたシャツをイメージして作られています。両肩を結ぶ様にカッテイングされていて,ちょこんとチビ衿が付いた後身頃と4つのボタンで繋がるデザインです。かぶって着るシャツなので,脱ぎ着しやすいように身頃は比較的ゆったりめ。その割にアームホールや袖は比較的タイトになっています。着丈は程よく短め。両腰部分にはカバーオール風のパッチポケットが付いているので、ちょっとアウターっぽい感覚でも着ていたくことができます。素材は比較的薄手のオックスフォード。ほぼ1年中ご愛用いただくことができます。デッキマンシャツは、ただ1枚着ただけでお洒落な雰囲気を醸し出すことができる魅力的なシャツです。コーディネートもしやすいんですよ。仕事着としてもお薦めです。

3.jpg

3.jpg

4.jpg

nisica deckman shirts oxford Price : ¥14.000 + Tax Color : Navy Size : ( Unisex ) 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Japan.

3.jpg

4.jpg
| 18:30 |
Entry: main  << >>