Entry



Archives


Category


Search


Link

椿
 
一度はすべての花を落とした椿の鉢植え。でも小さな蕾が芽生えて、そしてついには真っ赤な美しい花を咲かせました。嬉しいな...。

椿はクラシコ・ブログ2回目の登場です。以下、前回のブログ 2010.01.07 クラシコ・ブログ 椿より。
椿は僕のお気に入りの花のひとつです。クラシコによくいらしていたお花好きなお客様の影響で興味を持つ様になりました。椿の花は、それぞれの花の盛りを過ぎた頃に花丸ごとがボタッと落ちます。この様は古来から落椿と表現され、春の季語となっている程。短命だからこその椿の花の美しさなのか。日本らしい「侘び・寂び」が最も感じられる花のひとつと言えるでしょう。
昨年の晩秋、椿の鉢植えを購入しました。椿の中でも僕が一番好きな真っ赤な花が咲く赤西王母という椿です。購入した時には1厘花が咲いており、ほかにも蕾がたくさん付いていました。咲いては落ち、咲いては落ちてを繰り返し、しばらくは美しい椿の花を楽しみました。今は全て花も咲き落ちて小さな硬い蕾が僅かに残っているだけになりましたが、これからも大切に育てていこうと思います。そして、いつの日にか小さいながらも庭のある家に住んだ時、その椿を庭木として植え込んで、ずっとずっと育てていきたい...。大切に守りたい僕の夢のひとつです。
写真に写っているのがその椿の鉢植えです。諦めずに心を込めて育ててきた甲斐がありました。とってもきれいな花でしょ。強い心で思い続ければ、いつかきっと思いは通じて夢は叶うのだ...。そんなことをふと感じさせてくれた椿なのでした。(それ程、大げさなことではないんですけどね...)ひとつ、またひとつ。夢を強く信じながら、これからも日々歩んで行こうと思います。

| 23:30 |
Entry: main  << >>