Entry



Archives


Category


Search


Link

SAINT JAMES Ouessant
1.jpg

ちょっと遅れて入荷したSAINT JAMES OuessantのNeige。1枚でも良し、インナーでも良し。けっこう活躍するTシャツなのです。

4.jpg

SAINT JAMES(セント・ジェームス)は、1889年フランス北部ノルマンディー地方のセントジェームス市に創設されました。産業革命後の19世紀の中頃、それまでは手仕事で行なわれていた紡績・染糸業は当時のセント・ジェームス市長によって工業化され、地域の主要産業となる繊維業の一端を築きました。モン・サンミッシェルの牧草で育った羊からとれる良質の羊毛を使用して地元漁師や船乗り達の仕事着となるマリンセーターが生み出され、それが現在のセント・ジェームスを代表するモデルOuessant(ウエッソン)の原型となりました。ノルマンディー沖にある島の名前に由来するウエッソンは、海の暮らしから生まれた実用的なデザインであり、創設以来100年以上に渡ってほぼ原型のまま作られ続けています。改良する余地がない程に完成度の高い製品などです。ウエッソンに使用されているコットン素材は目が詰まっていてとても丈夫です。着込んで何度もお洗濯を繰り返すことによってだんだんと風合いも増して,着る人の身体に気持ちよくなじんでいきます。フランス国内にある本社工場では常に一定の高い品質をたもつことができる様に、糸の選定・紡績・染色・編み・縫製に至るすべての工程が細部まで厳密に管理されています。フランスのボーダーTシャツのメーカーのほとんどが、アジアやアフリカに生産拠点を移行している中で、セント・ジェームスはその姿勢を大切に守り続けています。

3.jpg

今シーズンclassicoがセレクトしたウェッソンは前回ご紹介した霜降りグレーの無地、ロイヤル・ブルー×ネイビーとネイビー×ブラウンとシックな配色のボーダー2柄。そして、今回遅れて入荷したホワイトの無地です。ホワイトの無地は僕も愛用しており、とても気に入っています。春や秋には半袖Tシャツの上に重ね着したり、冬の時期には、さらにその上にシャツを羽織って中間のインナーとして着たり。とってもコーディネートもしやすいですよ。ホワイトは、汚れが目立ちやすいから敬遠されがちですが、まぁちょっと汚れたっていいじゃないですか。汚れた箇所は洗濯用石鹸で手洗い。それから洗濯機で洗って下さい。手間が掛かる子程、可愛いさねぇ。

SAINT JAMES Ouessant Price : ¥10.800 Color : Neige Size : ( Unisex ) 0 / 1 // 4 / 5  Cotton 100% Made in France.

1.jpg

SAINT JAMES Ouessant Size 0 ( Lady's S )  : 胸幅41cm 裾幅42cm 肩幅38cm 前身丈54cm 後身丈56cm 袖丈48cm
SAINT JAMES Ouessant Size 1 ( Lady's M )  : 胸幅42cm 裾幅43cm 肩幅39cm 前身丈55cm 後身丈57cm 袖丈49cm
SAINT JAMES Ouessant Size 3 ( Unisex S )  : 胸幅47cm 裾幅48cm 肩幅45cm 前身丈60cm 後身丈63cm 袖丈52cm
SAINT JAMES Ouessant Size 4 ( Unisex M )  : 胸幅49cm 裾幅50cm 肩幅46cm 前身丈63cm 後身丈66cm 袖丈53cm
SAINT JAMES Ouessant Size 5 ( Unisex L  )  : 胸幅51cm 裾幅52cm 肩幅47cm 前身丈65cm 後身丈68cm 袖丈55cm

写真の中で僕(165cm、58kg)が着ているのは、サイズ3。ちょうどいいサイズです。シャツの上に着たりする時はサイズ4を着用。

1.jpg
| 23:40 |
Entry: main  << >>