Entry



Archives


Category


Search


Link

神戸ザック ディパック
1.jpg

昨年展開時は、classico blogでご紹介するまでもなく完売してしまった神戸ザックのディパック。久々の入荷です。お早めにどうぞ。

2.jpg

神戸ザック ディパック Price : ¥15.900 + Tax Color : White  Size : W30 × D15 × H48cm Cotton / Leather Made in Japan.

2.jpg

関西の企業とクリエイターがいっしょになって取り組む、あたらしいモノづくりのカタチ。「made in west」。関西は日本を代表するモノづくりの発信地。他にマネのできない、独創的で高い技術を使って、画期的な製品を数多く生み出してきました。大量生産ではないけど、元気で丁寧でこだわりのある製品づくり。そんな関西の企業と、クリエイターが一緒になってブランドをスタートさせました。両者が同じ立場で、それぞれの強みを活かし、色々なジャンルのオリジナルプロダクツを開発していきます。「ひらめいたらやってみる」という、関西独特の方法とクリエイターの感性を繋ぎ合わせるデザイン。made in westは、企業プランディングやコラボレーションといった枠域を超えて、モノづくりのプロセスを変えるあたらしい試みです。made in westホームページ 内 aboutより。

9.jpg

8.jpg

7.jpg

6.jpg

3.jpg

神戸ザック ディパック Price : ¥15.900 + Tax Color : Red  Size : W30 × D15 × H48cm Cotton / Leather Made in Japan.

3.jpg

神戸ザックは、1971年星加弘之(ほしか ひろゆき)さんにより創業されました。企業の山岳クラブに所属し、登山を楽しんでいた20代の頃、ザック・テント縫製の名匠に出会い、そのものづくりに魅せられ、弟子入り。腕を磨いたそうです。1970年代初め、海外製の登山用ザックが輸入されてきて、登山愛好家の愛好家の間で広まりましたが、それらは機能性は備えているものの,日本人の身体にはフィットせず、さらに長丁場の登山に適したものではありませんでした。それならば、日本人の身体に合う、長時間重い荷物を背負い続けても疲れないザックを、自分が作ろう!と一念発起。独立して、神戸ザックを立ち上げました。以来、豊富な登山の経験を活かし、あらゆるシーンに対応する様々なザックを作り続けています。登山に挑むすべての人々への気持ちが伝わってくる仕事ぶりです。

1.jpg

神戸ザック ディパック Price : ¥15.900 + Tax Color : Grey  Size : W30 × D15 × H48cm Cotton / Leather Made in Japan.

4.jpg

5.jpg

今回ご紹介する神戸ザックのディパックは、made in westとの共同作業によって生み出されたザック。アウトドアシーンでなくとも、女性がタウンユースとして愛用できる様にと考えられました。商品づくりは、神戸ザックの人気オリジナルザックのフォルムを活かしながら、サインプル製作を積み重ねながら生み出されました。数々の経験やノウハウが、たくさん活かされて完成したザックは、長時間背負ってみてこそ、その良さを体感することができます。軽くてシンプルな「奇跡的な背負い心地」のザック。お薦めです。

神戸ザックのディパック、ベースとなっている素材は、神戸ザックが創業当初より取り扱う帆布製のフレンチ・タイプ。経年変化を楽しめる様に、ヌメ革と組み合わせて作られています。フォルムを縦長に、底マチを斜めにすることにより、たくさん荷物を入れても重みを感じず、また胴背部分の立体裁断によって、抜群のフィット感と安定感をもたらします。染めた帆布は、汗をかいた時などに色移りする可能性があるため、帆布の色はナチュラルのままに、ふたの部分をホワイト、レッド、グレーのテープでパイピングすることにより、バリエーションと彩りを加えています。本体上部は、紐で絞ることができます。内部にはナイロン製のポケット付き。ジッパーが付いているので、細々としたものも収納可能。本体左サイドには、縦にジッパーが付いており、上のふたを開けなくても内部からモノを取り出せる様になっています。さらにそのジッパー脇にもマジックテープ付きのポケット有り。定期券やsuica、携帯電話など、さっと取り出したいものは、こちらに収納しておくと便利ですよ。ナイロン素材のリュックと違って、お洋服に馴染みやすく、シンプルなデザイン。男性にももちろんですが、女性には特に人気があるディパック。気になる方は,是非classico店頭にて,ご覧下さい。

1.jpg

この上下の写真手前に移っているのは,僕の私物。約2年愛用。革部分は飴色に変わり、キャンバス素材はベージュっぽくなります。

2.jpg
| 23:20 |
Entry: main  << >>