Entry



Archives


Category


Search


Link

2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL
2.jpg

残念ながら本日、日本代表の2014 FIFA WORLD CUP BRAZILの闘いの幕が閉じた。日本 1 - 4 コロンビア。日本代表の選手達、お疲れ様でした。コロンビアの試合運びはあまりにも巧みで、逆に我が日本代表を率いる監督の無力さが情けなく感じられた程。コートジボワール戦、ギリシャ戦もしかり。前回ワールドカップではベスト16入りし、決勝トーナメント一回戦のパラグアイ戦で惜しくもPK負け。ベスト8目前まで辿り着いたのです。でも、その守備的な戦いに選手達は納得がいかず。その先へ進むため、攻撃的なサッカーを目指すための監督選びは難航し、後手を踏み、決まったのはザッケローニ監督。選考の際には、今回コロンビアを率いていたペケルマン監督も候補として上がっていたものの、後手を踏んだたため逃してしまったのだとか。あぁ、我が国の監督がペケルマンだったら...。そんな「たられば」の話をしても仕方が無いのですが、肝心なのはこれからですね。1分け2敗、グループリーグ最下位という屈辱的な結果を経て、さぁ、日本サッカーの進むべき道は?どんな戦い方なのか?そして監督選びは?すでに各国では次期監督選びが進行しており、日本代表の監督もほぼ内定の状況と言われていますが、果たしてその監督で本当に良いのだろうか?次回のワールドカップで,同じ様な失敗を繰り返さないために、日本サッカー協会には考えていただきたいものです。もちろん実際にプレーをするのは監督ではありませんから、各選手にはそれぞれの所属クラブに戻り、次回ワールドカップを目標に頑張っていただきたい。特にビッグ3と呼ばれる本田選手、香川選手、長友選手には、奮起を期待したいです。そして、選手達にはJリーグからヨーロッパへと次々と羽ばたいて、揉まれて,経験を積んで、大きく成長していただきたい。もちろん日本代表の基盤となるJリーグと各クラブの発展があってこそだと思いますが...。「ワールドカップ優勝!」という目標を現実とするために、前を向いて進んでいきましょう。(僕の様な者がこんな偉そうなことをあれこれ書きまして、申し訳ございません。日本代表を愛するが故。お許しいただけたら幸いです。)

1.jpg
| 23:20 |
Entry: main  << >>