Entry



Archives


Category


Search


Link

ANDERSON'S Block Stripe Scarf
5.jpg

シェットランド諸島の島民の手に寄って作られているニット・EVERESTの展開色10色が並んだマフラー。贈り物にもお薦めです。

4.jpg

スコットランド北方に位置するシェットランド諸島は、100以上に及ぶ大小の島々で形成されています。その気象条件は大変厳しく、過酷な自然環境の中にあります。そんな中、500年以上も昔から島の人々が自らの生命を守るために、生産し愛用し続けてきたニットがこのシェットランド・セーターなのです。原料となる野生種に最も近いシェットランドシープのウールは、英国内で最も軽く柔らかいことで、特に珍重されています。純粋種のシェットランドシープからわずか20%~30%しか取れない最高品質のウール「Fine」の中でも更に上質なものだけを選んで使用しています。シェットランドシープは、厳しい寒さに耐えるため、非常に軽くて柔らかい毛で覆われています。そして、この島のウールのクオリティを保ち続けるために、それぞれの羊の純粋種が保存されています。シェットランドシープは、一種類で何色もの天然の色の毛を持つ珍しい品種です。White、Morit(赤)、Shaela(グレー×茶)、Fawn(薄茶)、Brown、Greyと大きく6色に別れており、EVERESTのセーターはこの天然の色を生かして作られています。最高の品質の糸を使った上で、熟練した職人が先祖伝来の技術を重ね、ハンドフレームにより1枚1枚丹念に編み上げており、これこそが本物のシェットランド・セーターと言えるでしょう。仕上げは全て手作業で行っており、最後にシェットランド島のピートウォーター(軟水)で洗うことにより、特徴である柔らかさを更に増しています。これ程までに品質にこだわる理由は「EVEREST」の名前の由来に現れています。1953年ヒマラヤ山脈のエヴェレスト初登頂に成功した、エドモンド・ヒラリー卿と彼の率いるヒマラヤ遠征隊が、過酷な気象条件に備えるために、軽くて強く、機能性に優れたセーターを特別に依頼して作らせました。登頂の際、遠征隊が着用したものは、サイズ42で300gと非常に軽量で暖かく、まさにヒラリー卿が求めていたものでした。これがEVERESTの始まりとなりました。そして当時と同じ品質と技術を今でも受け継いでいます。そのEVERESTのセーターの展開色・全10色を色見本の様につないで作られたのがこのスカーフ(マフラー)。10色遣いでありながらベーシックな色ばかりなので、けっこうコーディネートしやすいですよ。色々な巻き方を楽しみやすいサイズ感。巻き方に寄って、表情も変わるから楽しめるね。厚みも程よくあるから、温かいよぉん。お薦めです。

3.jpg

ANDERSON'S Everest Block Stripe Scarf ¥10.500 Color : 1 Color  Size : 170cm × 20cm Wool 100% Made in Scotland.

2.jpg

1.jpg

2.jpg

1.jpg
| 23:20 |
Entry: main  << >>