Entry



Archives


Category


Search


Link

猿山修 領収書


 これは...意表をついたクラシコの人気者なんです。うひょ〜っ!

 「へぇ〜っ」「ふぅ〜ん」「いが〜い!」「欲しい〜ぃ!」「カッコいいじゃん!」「 素敵っ!」クラシコにいらした魅力的な女性達が思わず漏らすこうした言葉の数々...。えっ、そ〜お?  それ程でも...って、「ざんね〜ん!」僕のことじゃなかったんですね。魅力的な女性達のこゝろを惹き付けている羨ましい存在、それは意外や意外、この領収書なんです。
 この領収書は、2009/12/27 クラシコ・ブログ guillemets layout studioでもご紹介させていただいた猿山修さんがデザインしてます。猿山さんは麻布十番で「さる山」を営む傍らプロダクト・デザイナーとして、グラフィック・デザイナーとして、音楽家として、時には役者としても活動する才能豊かな素敵な男性です。僕と同い年なのですが、何の才能もない僕とはえらい違いですよね...。その猿山さんが、ご自身のお店で使うために作った領収書が元になり、この2種類の領収書が生まれました。和文は領収書としては珍しく縦書きになっています。僕は下の写真の様に漢字で金額を書いて本来の領収書の様に使用しています。欧文は横書きになっており、こちらの方が書きやすく実用的で人気もあります。この領収書には、竹バルキーという竹材により作られた用紙を使用しています。木材を使わない環境に優しい紙と言われており、やわらかな白色で画用紙に似た風合いが特徴です。書き心地は良好。ボールペン・万年筆・筆ペンなど、どんな筆記具でも滲みもありません。難点はと言えば、複写ではないので切り取り線の内側部分にも控えとして書き込まなければならないこと。気持ちに余裕があるお店での使用をお薦めします。
 領収書と言えば、大手文具メーカー製のものが大半。こんなクールな領収書って意外でカッコいいですよね。意外性のある男ってな感じで、この領収書もモテモテなんです。僕もあやかりたいな〜っ!

 猿山修 領収書 和文 / 欧文 ¥315 1冊50枚綴り 本体寸法 : 21cm×5cm Made in Japan.


| 18:00 |
Comment








Trackback

Entry: main  << >>