Entry



Archives


Category


Search


Link

お食事会@涁
3.jpg

今日のclassico閉店後、千駄木にある魚料理のお店・涁にて斉藤さんのご家族と一緒にお食事会。楽しいひとときを過ごしました。

4.jpg

斉藤さんのご家族は千駄木在住。classicoからも程近いところにお住まいなので、奥様がよくclassicoにご来店になっていました。一昨年の8月に女の子をご出産。我が家でもやく20日遅れで愛娘が産まれたりしたこともあって、赤ちゃんについてのお話や情報交換をするようになりました。昨年の8月に開催されたclassico 6th.Anniversary Concertにもご家族でご来場いただきました。家も近いし、赤ちゃんも同性で誕生日も近いので、赤ちゃん同士もお友達になれたらいいですねぇ~とお話ししたりしていたんです。斉藤さんの奥様がお仕事を再開され、お住まいに程近いザ・ハッピー・ナーサリー・スクールに赤ちゃんを預けていることを聞いていました。我が家では僕が仕事のため日中はほとんど家に居ることが無く、休日も半日程仕事になることが多いので、育児はほとんどカミサんに任せっきり。ほぼ100%カミサんと愛娘がべったりな生活です。もちろんそれは幸せなことではあるけれど、たまには息抜きをしたり、自分自身がやりたいことをしたり、ずっとできずに居ることをしたり...そういう時間が欲しいと思っている様でした。そんなある日の出勤前、ザ・ハッピー・ナーサリー・スクールの看板に貼ってある貼り紙を見ていたら、短時間だけ子供を預けたりすることもできる様でした。カミサんと相談して、一度見学に行くことになった訳です。昨年12月に見学。幅広い年代の子供たちが一緒になって、生き生きと遊んでいて、とっても楽しそう。斉藤さんのお子さんもその中に居て、僕たちに近寄ってくれたりしました。我が家の状況と見学に行ったことを斉藤さんにお伝えし、相談してみたところ、とってもいいスクールでお薦めですよ。ということだったので、事前に予約を入れて12月のある日、愛娘を3時間だけ預けてみることにしました。愛娘にとってもカミサんにとっても初めての経験。愛娘はこれまで家族や親族以外の方と接する機会が少なく、子供たちと一緒になって、思いっきり遊んだりすることも少なかったので、とっても楽しかった様です。生き生き遊んでいたとのこと。今日スクールに預けていた3時間内の愛娘の様子をこと細かく書いた報告をいただくことができるのが、嬉しいかぎり。本当にひとりひとりの子供の様子を良く観察して、気遣っていてくれるのがその報告を読むとよく分かります。ザ・ハッピー・ナースリー・スクールは、同じ年の子だけではなく年齢の幅が少しあるので、年上の子供が年下の面倒もよく見てくれたり、遊んでくれたりするので、それもいい経験になるのだと思います。カミさんも3時間だけですが、愛娘と離れる時間を持つことで、より愛娘を愛おしく感じることができたみたい。お互いにとっていい経験になった様です。我が家でザ・ハッピー・ナースリー・スクールにお世話になったのはまだその1回切りですが、前回会員登録はしているので、また近いうちにお世話になることと思います。(ザ・ハッピー・ナースリー・スクールでは 3/31(日)ハッピーバザーを開催予定。みなさまも是非!)

ザ・ハッピー・ナーサリー・スクール 〠113-0022 東京都文京区千駄木2−13−1ルネ千駄木プラザ2階 Tel : 03-3827-5830
blog : http://blog.goo.ne.jp/happynurseryschool ザ・ハッピー・ナースリー・スクールではただいま園児を募集しているそうです。

1.jpg

斉藤さんご夫妻と一緒にご飯を食べに行きましょうというお話しになり、連絡を取り合いながら日時と場所が決定。今日の20:00、我が家もいつもお世話になっている魚屋さん・山長が営むお店・涁(あきら)に集まることになりました。僕はclassico閉店後に閉店準備ご直行。家族は自宅から涁へ...。僕が涁に到着し、2階に上がって行くとすでに家族は到着していました。(涁は1階はカウンターだけですが、2階は広々としたフローリングの座敷になっており、赤ちゃんや子供が一緒でも大丈夫、そうです。)ちょっと遅れて斉藤さんご家族も到着。初めての食事会でしたが、すぐに馴染んで打ち解けていきました。赤ちゃん同士、最初は恥ずかしがっていましたが、徐々に慣れて、時折一緒に遊んだり。お料理はお刺身の盛り合わせや焼き魚、サラダ、さつま揚げ、おにぎりなどなど。もちろん、とっても美味しかったです。斉藤さんはご自身のお仕事とは別に、地域再生の活動や支援をしているそうです。今力を入れているのは、宮城県亘理郡山元町の山元イチゴ全国化プロジェクト。NPO法人GRAがプロデュースしたミガキイチゴというブランドを広めていき、山元町の地域再生の柱にしていきたいとのこと。ほかにも将来的にやっていきたことなどお話を聞き、興味深く思いました。斉藤さん、また美味しいものを食べながら、いろいろとお話ししましょう。これからも家族共々末永くよろしくお願いいたします。

2.jpg
| 23:50 |
Entry: main  << >>