Entry



Archives


Category


Search


Link

ASEEDONCLOUD Sanpotai Socks
3.jpg

classicoでは発売以来大好評をいただいているASEEDONCLOUDのSocks。今シーズンも新たなる配色が4色も登場です。素敵ぃ!

1.jpg

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

14.jpg

12.jpg

ASEEDONCLOUD Sanpotai Socks ¥2.940 Color : Yellow Size : S / M  C-90%、Li-4%、E-5%、Pu-1% Made in Japan. 

5.jpg

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

11.jpg

13.jpg

ASEEDONCLOUD Sanpotai Socks ¥2.940 Color: Off Size : S / M  C-85%、Li-5%、E-5%、An-4%、Pu-1% Made in Japan.

6.jpg

4シーズン目の展開となるASEEDONCLOUDのSocks。毎シーズン、とっても好評です。今シーズン( workpermit07 )のテーマである"sanpotai"にちなんで、今回は"Sanpotai Socks"と名付けられています。軍手や足袋などを製造するファクトリーに特別に作っていただいているというASEEDONCLOUD完全オリジナルのソックス。僕も気に入って愛用しています。ほぼオール・シーズンご愛用いただくことができます。毎シーズン新しくなる配色も楽しみのひとつ。今シーズンの展開している4色も個性的で魅力的。今回は混率が違う配色もあります。イエロー、ネイビー、ピンクの3色はコットン( C ) 90%、リネン( Li ) 4%、ポリエステル( E ) 5%、ポリウレタン( Pu ) 1%。オフのみコットン( C ) 85%、リネン( Li ) 5%、ポリエステル( E ) 5%、アクリル( An ) 4%、ポリウレタン( Pu ) 1%。ユニセックスのツーサイズ展開。Sは女性~足が小さめな男性用、Mは男性用となっています。ASEEDONCLOUDのSocksには、専用の紙袋が付いています。手で揉まれて、ちょっとくしゃっとなった茶封筒的な紙袋。軍隊の支給品的な雰囲気が、何だかとてもカッコいいと思います。正直なところ、ソックスにしては値段が高いかなぁ~と思う気持ちもありますが、この素晴らしさを伝えずには居られません。自信を持ってお薦めすることができる逸品なのであります。とても人気のソックスなので,気になる方はお早めにどうぞ。

10.jpg

16.jpg

ASEEDONCLOUD Sanpotai Socks ¥2.940 Color : Navy Size : S / M  C-90%、Li-4%、E-5%、Pu-1% Made in Japan.

1.jpg

Designer Profile ~ 玉井 健太郎 
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

15.jpg

9.jpg

ASEEDONCLOUD Sanpotai Socks ¥2.940 Color : Pink Size : S / M  C-90%、Li-4%、E-5%、Pu-1% Made in Japan.

8.jpg

2.jpg

4.jpg
| 23:40 |
Entry: main  << >>