Entry



Archives


Category


Search


Link

orange pekoe "Tribute to Elis Regina" 東京
1.jpg

今夜は、JZ Brat SOUND OF TOKYOで開催されたorange pekoe "Tribute to Elis Regina" 東京。 途中参加でしたが、楽しかったぁ!

2.jpg

3.jpg

今夜のイベントは、ブラジルを代表する国民的歌手であるElid Regina(エリス・レジーナ)の愛唱歌の数々をカバーしたトリビュートアルバム、"Tribute to Elis Regina"の発売を記念したリリース・パーティー。エリス・レジーナは36歳という若さで亡くなりましたが、彼女が残した音楽はブラジルのみならず日本でもたくさんの人々に愛され続けています。没後30周年にあたる昨年2012年、当時の機材を使ったアナログ・レコーディングにより、orange pekoe(オレンジ・ペコー)"Tribute to Elis Regina"をリリース(2012年12月5日)。エリス・レジーナの命日(1月19日)の翌日のあたる1月20日、そのリリースを記念したパーティーが催されました。

4.jpg

(たいへん失礼なお話ですが)orange pekoeという名前は聞き覚えがあったものの、実際にはよく知りませんでした。昨年12月、facebookでお友達になっているInspinfo あかほしじゅんいちさんが、facebook上で(orange pekoeでギターを担当している)藤本一馬さんのソロアルバム《Dialogues》をお薦めしていて、藤本一馬さんのホームページ上でそのアルバムの曲を聴いたのがきっかけでした。ちょうどその頃、いつもお世話になっているSpiral Recordsのライブ・イベント「夜の演奏会」Vol.18に藤本一馬さんが出演されることを知り、日程的にも問題無さそうだったので、行くことにしました。そして、演奏会当日・12/18(火)...「夜の演奏会」Vol.18にご出演されるのは、藤本一馬さんのほか、アルバム《Dialogues》のレコーディングにも参加されているバンドネオンの北村聡さん。一番乗りで入場したこともあり、一番いい席に就くことができました。そして、いよいよ開演。《Dialogues》に収録されている曲目の数々...。静けさと程よい緊張感の中、藤本さんがつま弾くギーターの音色と北村さんが奏でるバンドネオンのハーモニーは、何とも言えず美しく、優しく、穏やかで。それでいながら強くこころに響きました。夜の演奏会終了後には、Spiral Recordsディレクターの山上さんのご紹介により、CDにサインをいただき、お話もすることができました。その後、藤本一馬さんとはfacebookの中でお友達になったこともあり、ライブ・イベントのご案内を何度かいただきましたが、classico 営業曜日・時間の都合によりおうかがいすることができず。今回のリリース記念パーティーについては、開演時間(17:00)には間に合わないけれど、2回目のライブ時間 (20:00~)に近い時間には辿り着くことができそうだと思い、classico閉店後に急いで駆け付けることにしました。

5.jpg

地下鉄を乗り継ぎ、渋谷駅に到着。セルリアンタワー東急ホテル2階にあるJZ Brat SOUND OF TOKYOに到着したのは、20:10頃。今回のリリース記念パーティーでは、美味しいブラジル料理も楽しむことができるということだったので、お腹を空かして駆け付けたのですが、すでにその時間は終わっていた様です。残念!ライブはかなりの盛り上がり。観客のみなさん、けっこう堂々と写真を撮っていたので、会場のスタッフの方に写真撮影はOKですか?と尋ねると、今回は特に禁止されていません。フラッシュをたかなければ大丈夫だと思います...とのお答え。最初は遠慮気味にiPhoneで撮っていたのですが、iPhoneの方がピカッと光ってしまう様なので、デジタル一眼を取り出して、撮影しました。最前列中央にはかなり背の高いお兄様がおふたり。仕方がないので左脇の方に入って行って落ち着きました。左脇の最前列には坊主頭のお兄さん。軽快なステップで踊り続けていました。今回撮ったほとんどの写真にはそのお兄さんの坊主頭が写っていますね。ライブ演奏の曲は、"Tribute to Elis Regina"から。アップテンポのダンサブルな曲が多く、演奏しているみなさんの喜びが伝わってくる様で、僕も曲に合わせて踊ったり、歌ったり...かなり楽しみながら観ることができました。エリス・レジーナのアルバムは何枚か持っていますが、今までは特に思い入れもなく聴いていました。今回のライブを聴いたことで、また違った思いを感じながら聴くことができそうです。演奏の最後・アンコールでは、orange pekoeのオリジナル曲を演奏していただきました。その曲は僕にも聴き覚えのある曲。確かCMのバックで流れていた様な気がします。素晴らしい演奏でした。ライブ演奏が終了してから、会場内に設けられたDISC UNIONの売店で"Tribute to Elis Regina"のLP盤(限定商品だそうです)を購入。「サイン会は予定していないので、ご自身で捕まえてサインをもらってください。」とDISC UNIONのお兄さん。仕方がないので、ウォッカ・トニックを注文し、様子を見ながら、機会を待ちました。ヴォーカルのナガシマ・トモコさんがお知り合いの方に呼ばれて、控え室から表に現れて、お話を始めたり、サインをしたりするのが見えたので、僕もすかさず行ってサインをお願いしました。そして、藤本さんも呼んでいただき、サインをいただきました。藤本さんは僕のことも覚えていただいていて、何だかとっても嬉しかったです。今夜購入した"Tribute to Elis Regina"のLP盤は、classico店頭でも掛けようと思っています。みなさまにも是非聴いていただきたい!です。

6.jpg

あかほしじゅんいちさんがBARFOUT!WEBページで藤本一馬さんのソロアルバム・インタヴュー、orange pekoeのインタヴューを掲載しています。インタヴュアーはあかほし じゅんいちさん、カメラマンは亀山ののこさんが担当。こちらも是非!ご覧ください。
藤本一馬さんのソロアルバム《Dialogues》についてのインタヴューはこちらです。 ~ http://barfout.jp/dailybarfout/tv/dialogues.php
orange pekoeのインタヴューは、こちらになります。 ~  http://barfout.jp/dailybarfout/live/orange-pekoe-tribute-to-elis-regina.php

7.jpg
| 23:50 |
Entry: main  << >>