Entry



Archives


Category


Search


Link

classico 6th Anniversary Concert
1.jpg

昨夜はclassico 6th Anniversary Concert-- Goro Ito 《GLASHAUS》。大好評だったと思います。そして、打ち上げも楽しかったぁ!

伊藤ゴローさんとの出会いは、昨年10月21日。spiral recordsのディレクター山上さんにお誘いを受けて、クラシコ閉店後に駆け付けたSPIRAL RECORDS presents 夜の演奏会 vol.8 特別編「カフェ&ミュージック」にて。文筆家の甲斐みのりさん、手紙社の北島勲さんとのトークショーに続いてミニライブが行われました。イベント終了後、会場にて伊藤ゴローさんのCD "Cloud Happiness"を購入。山上さんのご紹介によりCDにサインをしていただき、お話をする機会がありました。山上さんからはspiral recordsで伊藤ゴローさんのCDをプロデュースするというお話を以前から聞いていて、一緒にブラジルにレコーディングに行った時のお話を聞いたり、rough mixの音源を聴かせていただいたりしていました。rough mixの音源を聴いて、もっとこうだったらさらに素敵だろうなぁ~とか思いを巡らせていたら、その思いが通じたのか、実際に完成したCDは僕の期待通りの出来映えとなっていました。そして、本日4月25日よりクラシコでも販売を開始。クラシコ閉店後に残って仕事をしていたら、”コンコン”とノックする音。誰かなぁ...と思ったら、山上さんの傍らには何と伊藤ゴローさん!CD発売開始のお忙しい日に、クラシコにお立ち寄りいただいたのです。嬉しいですねぇ~。発売を開始したGoro Ito《GLASHAUS》は大好評。(クラシコでもすでに30枚以上を販売しています。)ある日クラシコに山上さんがお立ち寄りいただいた時に、8月でクラシコも6周年を迎えるんですよぉ~という話題になり、何か一緒にできたらいいねぇ~と盛り上がりました。そして、山上さんからコンサートを開きませんか?と提案があり、クラシコが主宰するかたちでコンサートの開催が決まりました。僕が日頃から忙しくしているのを熟知している山上さんが、コンサートの準備に関わるほとんどの業務を引き受けてくださり、僕は山上さんから出された宿題を提出するだけといった感じで、どんどん進行していきました。ご出演いただけることになったのは、伊藤ゴローさんと徳澤青弦さん。ちょうど全国数カ所で《GLASHAUS》の楽曲を演奏するライブが開催される予定があり、そのライブとの繋がりでご出演いただけることとなりました。問題となったのが、コンサート会場をどこにするかということ。最初に思い描いていた場所は承諾をいただくことができず、暗唱に乗り上げたかと思いましたが...。山上さんが根津教会ではいかがでしょう...と提案。根津教会もコンサートの開催を承諾していただき、一件落着。一歩前進しました。まだまだ開催まで時間があると思っていたのに...気付いたら、いつの間にか間に8月11日がやってきていました。とっても楽しみではあるけれど、どきどき...どきどきするぅ。

8/11。クラシコは17:00で閉店でした。コンサートにご予約されていたお客様が夕方からたくさんご来店いただいた様です。また、閉店後にご来店いただいたお客様もいらした様です。みなさまには充分な対応をすることもできずに,申し訳ありませんでした。クラシコを後にして,根津教会に駆け付けると,すでにたくさんのお客様でいっぱい。今日は司会という大役を任されていたのにも関わらず,充分な準備をすることができませんでした。おまけに早朝に放送されたロンドンオリンピック・サッカー男子3位決定戦を観たりしたもので,かなりの寝不足。(ここ数日は寝不足の日々でした。)でも,それは自業自得。何とか頑張らねば。約5分遅れて、6:05いよいよ開演。どきどきしながら、ステージへと向かいました。クラシコの6周年について、このコンサートを開催するに至った経緯についてお話するものの、ガッチガチでボッロボロでした。(ご来場いただいたみなさん、申し訳ありませんでした。)そして、根津教会の牧師である鍋谷憲一さんをご紹介。鍋谷さんにお話をいただきました。対照的に落ち着いていて,素晴らしいスピーチでした。

1.jpg

そして拍手喝采の中、伊藤ゴローさん、徳澤青弦さんの入場です。僕はかなり後方へ下がって、2階へと上る階段に座って観ました。そして、いよいよコンサートが始まりました。クラシコでも絶賛販売中のアルバム Goro Ito《GLASHAUS》から、名曲の数々...。

2.jpg

(日本基督教団)根津教会は、もともと米国の福音派系の教団によって1919(大正」8)年に「本郷福音教会」としてこの地に建てられました。1923(大正12)年の関東大震災でも、1945(昭和20)年の東京大空襲でもこの礼拝堂は周囲の街並と共に生き残りました。1910年代の、しかも木造の西洋館が完全な形で東京に残っているのはとても珍しいとのこと。文化庁の登録有形文化財にも登録されたということです。そんなクラシックな根津教会の雰囲気とギター&チェロというシンプルな構成で奏でられる音楽の世界が絶妙なハーモニーを醸し出し、会場に集った約110人のみなさま・ひとりひとりの心の中に染み込んでくる様に感じられる程でした。

4.jpg

Twitterにも多くの方からの感想がつぶやかれていた様です。山上さんのTwitterにて、そのうちの一部を拝見することができました。それから、C.A.G. 内山グリさんのブログCANVAS & CLOTH 木下すがこさんのブログでもご紹介いただきました。みなさまにとっても喜んでいただいた様です。嬉しいですねぇ。伊藤ゴローさんの素晴らしいギターの音色についてはもちろんですが、普段ふれる機会が少ないチェロの魅力に惹き付けられた方も多かった様です。青弦さんが奏でるチェロの音色も美しく、とっても魅力的でしたぁ。
演奏が終了後、たくさんの拍手の仲、伊藤ゴローさんと徳澤青弦さんがふたたび登場。アンコールに応えてくださいました。アンコール曲は《GLASHAUS》からではなく、伊藤ゴローさんがmoose hillというユニット名で発表した曲"snowy land"。僕は初めて聴いた曲なのですが、伊藤ゴローさんのファンの方にとても愛されている曲の様です。僕も大好きになってしまいました。moose hillのアルバムも聴いてみようと思っています。アンコールが終了し、伊藤ゴローさんと徳澤青弦さんが退場。僕が最後の挨拶をして、コンサートを締めくくりました。そして、Spiral RecordsによるGoro Ito《GLASHAUS》CDの販売と伊藤ゴローさんのサイン会が行われ、たくさんのお客様が並んでいました。サインをいただきながら、伊藤ゴローさんとお話をしたり、握手をしたり...みなさんの嬉しそうな表情が印象的でした。僕はお客様ひとりひとりにクラシコからのささやかなお土産をお渡ししていたのですが、段々と体調が悪くなってしまい、我慢することができずにトイレに駆け込んでしまいました。寝不足と疲労に極度の緊張が重なって、貧血状態になってしまった様です。Spiral Recordsのみなさんにお手伝いいただきましたが、直接お土産を渡して、ご挨拶できなかったお客様には、たいへん申し訳ありませんでした。少しの間、休憩をさせていただいたら、何とか体調も回復してきたので、撤収のお手伝いをしたり...。その後、コンサートの打ち上げのため、伊藤ゴローさん、徳澤青弦さん、関係者のみなさまをご案内して、会場へと移動しました。

3.jpg

打ち上げの会場となったのは、クラシコからも程近いBistro chat noir(ビストロ・シャノワール)。貸し切り予約はしていたものの、最大でも席数19名という小じんまりとしたビストロが会場とあって、関係者のみなさまのほかには限られた方しかお誘いすることができませんでした。たいへん申し訳ございません。最終的には22名程となったので、クラシコから丸椅子を持ち込んで、何とかみなさん席を確保することができました。集ったみんなで今日のコンサートの成功を祝して、乾杯!僕も体調が回復して飲み始めました。

1.jpg

今日のメニューは打ち上げの為に考えていただいたスペシャル・メニュー。1名ごとに小さな器に取り分けたお料理が配られました。

2.jpg

前菜、スープ、主菜、パスタ、デザートなど...その数なんと10種類以上。たくさんのお料理を少しずつ食べることができるので、みなさん楽しみながらいただいていました。暑い季節でも食べやすいさっぱりと爽やかなメニューが多かった様に思います。嬉しい!

3.jpg

本当に美味しいお料理ばかりで、みなさん大満足の様子。美味しいお酒も手伝って、あちこちで素敵な笑顔の輪が広がっていました。

4.jpg

伊藤ゴローさんは現在大忙しな毎日。この打ち上げにも参加できるかどうか微妙な状況でしたが、ご参加いただけて嬉しかったです。

6.jpg

この打ち上げの会の中で、新たなイベントのお話がポツッ、ポツッと芽生えたりして、実現されたら、素敵だろうなぁ~と思います。

7.jpg

23:00に打ち上げはお開きになりましたが、まだ時間がある方々だけでbooks & cafe BOUSINGOTにて2次会。アイスカフェオレなどを飲みながら、和やかにお話をしました。アイスカフェオレの新しい味わい方をtico moonの影山さんから伝授されたり...。なかなか面白くて、盛り上がりました。そのうちに僕はウトウト...。もう限界となってしまい、先に失礼いたしました。みなさんも間もなく帰られた様です。日常の業務に加えて、コンサートの準備も重なり、たいへんな部分もありましたが、classico 6th Anniversary Concert--Goro Ito《GLASHAUS》を開催することができて、本当によかったと思います。ご出演いただいた伊藤ゴローさん、徳澤青弦さん、関係者のみなさま、Spiral Recordsの山上さんはじめスタッフのみなさま、会場を提供していただいた根津教会のみなさま、Bistro chat noirのみなさま、そしてコンサートにご来場いただいたみなさまにも感謝の気持ちでいっぱいであります。ありがとうございました。クラシコはすでに7年目の歩みを進めておりますが、今後とも末永くご愛顧いただけます様、よろしくお願いいたします。

5.jpg
この写真は、Bistro chat noirの写真です。どれも美味しかったメニューの中でも特に絶賛されていたメニューです。素晴らしいぃ...。
| 23:00 |
Entry: main  << >>