Entry



Archives


Category


Search


Link

復興のために。8
1.jpg

2011年3月11日東北関東大震災。あの日から今日でちょうど1年を迎えました。今日もクラシコは通常営業いたしました。いつもと変わらない穏やかな日常。でも、1年前とは明らかに違った気持ちで今日という日を迎えました。今こうしてふつうに暮らしていられることの幸せを噛み締めています。この1年あっという間だった様な気もするし、長かった様な気もします。1年の間にいろいろなことがありました。ひとりのお客様を接客中、お客様と共に地震に遭遇。特に被害はありませんでしたが、度重なる余震に不安な気持ちで数時間を過ごしました。閉店後、歩いて家に帰ると家の器がひとつ破損、荷物が散乱していたものの大きな被害はありませんでした。報道で東北地方沿岸を中心に大きな津波の被害を受けたことを知り、あまりの被害の大きさに呆然とするばかりでした。出勤していたカミさんは夜中に同僚に送られ帰宅。翌日からも通常どおりクラシコは営業するものの、地下鉄は不通だったし、閉店しているお店が多く、地元の顧客様が数名ご来店になっただけでした。福島原発の爆発が明らかになり、その後降った雨の影響で東京の水質汚染が発表される。ミネラル・ウォーターは買い占められ、手に入らない状況になる。妊娠中のカミさんのことを思い、苦慮する日々が続きました。その後、買い占めはさらに進み、お米や牛乳、納豆なども手に入らなくなる異常事態。雨が降る度に放射能に怯えたり...。クラシコは通常営業を続けるもののさすがにお客様は少なく、精神的にも辛い日々。東北地方の復興のための募金と共に、売上げの一部を義援金として寄付することに決め、動き始める。顧客様を中心に募金や売上げへのご協力・ご支援をいただきながら、クラシコも通常の状態まで息を吹き返していきました。カミさんは出産準備のために仕事を退職。やがて群馬に里帰りして、出産に備えました。僕も隔週火曜日ごとに群馬に向かい、できる限り一緒に過ごしました。ほぼ毎月、集まった募金を日本赤十字社へ送金。合計金額は¥51.519になります。売上げの一部から僕の釜石南高校(現釜石高校)時代の同級生である藤原綾子さんが主宰しているKAMAISHI SUPPORT PROJECTへ送金させていただきました。合計金額は¥409.418になります。今回の震災をきっかけとして、高校時代の同級生とFacebookを通じて交流する様になり、たくさんの同級生と再会することができました。みなそれぞれが生き生きと頑張っていることが分かり、僕も元気と勇気をいただきました。そして8月29日、我が家についに女の子が誕生。出産には僕も立ち合うことができました。言葉に言い表すことができない程の大きな感動を味わいました。その後も隔週火曜日ごとに群馬に向かい、カミさんと愛娘とのふれあいの時間を楽しみました。11月下旬、カミさんと愛娘は東京の我が家に戻り、一緒に暮らしています。おかげ様ですくすくと成長しています。(昨日、ついに寝返りをできる様になりました。これからの成長も大切に見守って行きたいと思っています。)

売上げの一部からの寄付を昨年夏までで終了し、店頭での募金をKAMAISHI SUPPORT PROJECTに送金することにしました。昨年中に¥26.431が集まり、送金させていただきました。今年になってから本日までにクラシコ店頭(通信販売のお客様からも募金をいただいております。)にて集まった募金を明日送金させていただきます。今回は¥21.487になりました。決して大きな金額ではないかも知れませんが、クラシコの顧客様のあたたかな心のこもった募金です。ご協力いただきましたみなさまに感謝の気持ちをお伝えすると共に、こゝろから御礼申し上げます。ありがとうございました。今日で東北関東大震災から1年を迎えましたが、未だに僕は被災地へ、故郷である釜石へ赴いてはいません。とても心苦しく思っています。まずは今、僕がここに居て、日々できる支援である募金を続けていこうと思っています。そして、自分自身ができる更なる支援について考えていこうと思います。被害に遭われたみなさま、避難しているみなさま、ご家族や友人を亡くされたみなさまに、いつの日にか穏やかな日常が戻る日が来ることを心から願っています。

2.jpg
| 23:00 |
Entry: main  << >>