Entry



Archives


Category


Search


Link

FinePix F601 & 6800Z
 
 僕の愛機をご紹介します。FUJI FILM FinePix F601 & 6800Z、こんなんやけど、やっぱ好っきゃねん!

 と言っても、FinePix 6800Z(下の写真のカメラ)は手に入れたばかり。ほとんど使用していません。これまでクラシコ・ブログに使用した写真は、ほとんどFinePix F601(上の写真のカメラ)を使用しています。確か、新宿のマップカメラにて5年程前に2万円前後で購入した中古のデジタルカメラです。縦長の斬新なデザインに惹かれました。それ以来ずっとこのカメラを愛用しています。今やコンパクト・デジカメでも1000万画素以上が主流になっている時代ですが、こちらは310万画素の時代遅れなデジカメなんです。
 「ブログの写真、きれいですけど、どんなカメラを使っているんですか?」って、クラシコ・ブログをご覧いただいているお客様から度々聞かれる様になりました。その度に申し訳なさそうに「こんなんですけど...。」ってこの F601を差し出します。聞いてくるお客様もご自身でブログをやっていたり、デザイン関係のお仕事をしていたりする方だったりするので、僕の写真が少しでも上手くなってきたのかな〜って、思わず嬉しくなってしまいます(写真に詳しい方なら、「言う程上手くわぁね〜よ!」って言われちゃいそうですが)。その F601がこのところ急激に不調になってきました。撮る写真のうち何枚かに1枚は真っ暗になってしまい、やがては液晶画面までもが暗くなってしまいました。いよいよ寿命かなと思い、後釜のデジカメの購入を考えていました。カメラ精通している浅草の加藤兄ィなど下町仲間がお薦めする某デジカメを購入しようかと思い何度も中古カメラ店に通っては、決断できずに帰ってきていました。目白の自由学園で行なわれていたFOR STOCKIST展に行ったのはそんな頃。新潟から出展していたF/Styleのおふたり(五十嵐さん&星野さん)と久し振りにお会いして、星野さんとFinePixのお話しになったのです。以前、僕と同じ F601を愛用していたのは知っていましたが、やはり機能しなくなり使えなくなってしまったということでした。どうしたのかと聞いてみると、迷わず同じ F601を手に入れたのだそうです。そんな星野さんのお話を聞いて、そっか〜と思わず納得してしまいました。
 そんな僕ですが、数日後に血迷ってフィルム・カメラを購入してしまいました(某情報機関からスクープされてしまったので、ご存知の方もいらっしゃると思いますが)。このフィルム・カメラについても、後日クラシコ・ブログにてご紹介する予定です(程々に使える様になってからかな...)。かなり格安で購入出来したのですが、意中のデジカメを購入するには更に気持ちが重くなってしまいました。そんな時に思い出したのは、星野さんの話。星野さんと同じ選択をする方が自分らしいのではないかと考え直したのです。実際に F601を手に入れようとあれこれ調べてみたところ、自分が大きな勘違いをしていた事に気付きました。ずっとポルシェ・デザインによるデジカメだと思い込んでいた F601は、本当はそうではなかったのです。僕が自分のデジカメを語る時に「こんなんだけど、ポルシェ・デザインなんですよね〜。」と幾度言ってきたことか。嘘つきでした。皆様ゴメンなさ〜い。そして、更に調べてみるとF601の流れを汲むデジカメの中にポルシェデザインによるモデルがあることが分かりました。そのひとつが FinePix 6800Zだったのです。正直なところ、F601のデザインの方が僕的には好みでしたが、性能が格段にアップしていることと、実際にポルシェ・デザインによるデジカメであることから、結局 6800Zをゲット!しました。 上の写真は 6800Zにて F601を、下の写真は F601にて6800Zを撮った写真です。同じ場所で同じ光で撮っても、微妙に色合いが違っています。F601も休ませながら愛用することで、写真を撮ることができる程に回復してきました。数年後に意中の某デジカメを手に入れるまでは、この6800Zをメイン機として愛用しながら F601も時々活用していこうと思っています。

 最新のデジカメの美しさも、携帯電話で撮る写メのお手軽さも魅力ですが、こんなちょい古なデジカメを味わってみてはいかが?

| 23:00 |
Comment








Trackback

Entry: main  << >>