Entry



Archives


Category


Search


Link

宝島染工 切替シャツ

DSC_0030.jpg

 

classicoでは初めての展開となる宝島染工の切替シャツが入荷。ほぼオールシーズン着用可能なリネン素材。炭染めと藍染めの2色。

 

DSC_0033.jpg

 

DSC_0037.jpg

 

DSC_0034.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が来ているのはサイズ1。レディース、あるいはメンズXS〜Sです。サイズ2はメンズM〜Lとなります。

 

DSC_0017.jpg

 

宝島染工 切替シャツ リネン Price : ¥18.000 + Tax Color : L. Grey Size : (Unisex) 1 / Fabric : Linen100% Made in Japan.

 

DSC_0021.jpg

 

福岡県南西部・大木町にある宝島染工は、植物の葉や花、幹、根、皮、果実などをはじめ、泥や炭、お茶、珈琲、海藻など、100%天然の染料を用いて、手染めをしている染工場。「たしかに1枚1枚を手で染めていくのはたいへんに根気がいる作業です。でも。手間が掛かっても柄や濃淡を絶妙に仕上げていくには手染めじゃないとダメなんです。自然から色をいただいているという気持ちを大切にして、丁寧に染めています。」と、この道10余年の大籠千春さん。自然がもたらす美しさと奥ゆかしさを最大限に引き出す、行き届いた仕事。彼女たちが手掛ける商品の風合いの良さは、手に取るとよく分かる。そんな一着を求めて、世界に名の知れたアパレルメーカーもこぞって染めを依頼してくるそうです。(九州・福岡ちくご観光案内所 さがすちくご「宝島染工」のウェブぺージ」を参考にさせていただきました)宝島染工はもともと染工場ではありますが、現在は企画生産も行なっています。宝島染工との出会いは2016年9月のこと。classicoでもお取り扱いしているブランドSuno & Morrisonが出展していたある合同展示会に宝島染工も出展していました。個性豊かなブランド・メーカーが集う合同展の中でも独特な存在感を放っていて、魅了されました。2017年9月にまた別の合同展で再会。お取り扱いさせていただくことになりました。ゆっくりと、じっくりと、大切にお取り扱いさせていただきたいと思っています。

 

宝島染工の切替シャツは、胸元に大きくU字型の切替が入ったスタンドカラーのシャツ。ユニセックスのシャツで、classicoではサイズ1(レディースの普通サイズ、メンズのXS〜Sサイズ)、2(レディースのゆったりサイズ、メンズのM〜Lサイズ)の2サイズ展開となります。程よくゆったり、着丈短めなシルエット。フルオープン(前開き)タイプのシャツで、直径約1cm厚さ約 4mmと存在感抜群な本貝ボタンが付いています。天然染料による製品染め(Light Greyは炭染め、Navyは藍染め)を施したシャツで、薄い色合いのLight Greyはほとんど分かりませんが、濃い色合いのNavyはボタン、ボタン付けの糸も染まっていて、その染まった色合い・雰囲気もまた魅力的に感じられます。素材はリネン100%。程よい厚みがあるので、春夏に限らずほぼオールシーズンご愛用いただくことができますよ。それぞれの色合いが時間の経過と共ににどのような変化・味わいを見せてくれるのか。とても楽しみなシャツであります。

 

DSC_0040.jpg

 

DSC_0046.jpg

 

DSC_0043.jpg

 

宝島染工 切替シャツ リネン Price : ¥18.000 + Tax Color : Navy Size : (Unisex)/ 2  Fabric : Linen 100% Made in Japan.

 

DSC_0024.jpg

 

宝島染工  切替シャツ Size(Unisex)1 : 胸幅54cm 裾幅54cm 肩幅45cm 前身丈56cm 後身丈64cm 袖丈56cm 首回り39cm

宝島染工  切替シャツ Size(Unisex)2 : 胸幅59cm 裾幅59cm 肩幅49cm 前身丈66cm 後身丈74cm 袖丈58cm 首回り42cm

 

DSC_0027.jpg

| 23:30 |
Page: 1/1