Entry



Archives


Category


Search


Link

谷中キッテ通り 水玉市 開催!

DSC_0084.jpg

 

前回たいへんご好評をいただいた谷中キッテ通り水玉市谷中まつりに合わせて秋も開催いたします。ぜひぜひお越しくださいませ。

 

みなさん、谷中キッテ通りについてご存知でしょうか? 昨年の12月、classicoと同じ通り沿いでお店を営む店主さんたちが集まり・ねこたま会が発足今年3月には「名もない通り」の名前が決定!「谷中キッテ通り」となりました。ゴールデンウィークに合わせて、4/29(土)4/30(日)に初めてのイベント「谷中キッテ通り 水玉市」を開催。谷中キッテ通り内の10店舗&1社が参加。(classicoもお隣のdou douさんと共に参加!)おかげさまでたくさんのお客様にキッテ通りに来ていただき、大賑わいの2日間となりました。

 

みなさん、なんで「水玉市」って名前なの?と不思議に思うかも知れません。「水玉」は、通りの名前を募集した際、「水玉通り」としてある素敵な方から寄せられた候補名のひとつだったんです。候補を絞り込んでいく中でいい線までは残っていたんですが、「水玉市」っていうイベント名の方が可愛いかも...ということで、通りの名前ではなくイベント名としてなぜだか早い段階で決まりました。この通り沿いにお店がぽつっ、ぽつっ、と点在している感じがどことなく水玉のイメージと繫がるし、こうしたチラシを作る際にもデザインしやすいという点がポイントとなりました。前回に続いて今回のチラシもdou douの柴崎さん&ツバメハウスのタケワキさんがデザイン・作成いたしました。それぞれ大きさや形がちょっとずつ違う黄色い水玉の中に店舗ごとの参加内容が盛り込まれています。

 

東欧雑貨・民芸クリコ 東欧の刺繍布SALE & 掘り出し物あるかも?フリーマーケットを開催。くり山さんファンは必見ですよ

 

Antique Garbo アンティークジュエリー、ヴィンテージアクセサリーと西洋骨董。2日間限定10パーセントオフ。お買い得です

 

OshiOlive & アトリエ・サジ 10/7 : 12時〜16時 スペインに渡る包丁研師の研ぎ 1本 500~1000円 10/8 : コーヒーとタイ雑貨フリマ

 

ツバメハウス & Biscuit 合同企画 ツバメハウスの姉妹店との合同企画 2店舗店内でフリーマーケットとセールを開催 12時〜16時

 

DEN-WORKS & 谷中工作室 木で作るペンダントライト スタンドライト 置き時計などの木工教室を開催 13時〜18時 お子様もぜひ

 

スタイケントーキョー 日光写真 サイアノタイププリント(170年前の写真の古典技法)ワークショップを開催!  詳しくはこちら

 

Succession 2日間だけの限定ドリンクと片手で食べられるおつまみ & FOODを店先にて販売 詳しくはFacebook Pageをチェック

 

dou dou シャツ、ワンピースのサンプルセール 子供服のフリマ&秋野菜のスープとキーマカレーのテイクアウト イートインもOK

 

classico 「家族揃ってお店屋さん」と題して高橋家+アルバイトスタッフRuiの5人でガレージセールを開催する予定。お楽しみに!

 

革匠谷中by大谷商店 革匠谷中のアウトレットセールを開催 それから、店前にて餃子スープを販売! 10/8のみの開催となります。

 

ひるねこBOOKS 10/7は作家さんによる蚤の市を開催 10/8は結構人ミルクホールのケーキを(限定)販売します 13時〜16時

 

COUZT CAFE + SHOP 「キッテ通りで水玉 to go」〜「水玉」がモチーフの限定テイクアウトを片手に水玉市を楽しんで下さい

 

水玉市開催中は、このように各店それぞれ楽しみなイベントを企画しています。Antique GarboDEN-WORKS & 谷中工作室スタイケントーキョーSuccessionの4店舗は、初めての参加となります。僕も時間を見つけてちらっちらっとまわりたいけど、無理かなぁ〜? 今回の水玉市は、谷中まつりの日程に合わせて開催します! ぜひ谷中まつり〜キッテ通りへというコースで、お楽しみください。キッテ通り店主の皆さんと共に、家族と共にお待ちいたしております。谷中まつりについて、詳しくはこちらをご覧ください

 

第2回 谷中キッテ通り 水玉市 Date : 2017 / 10 / 7(Sat.)10 / 8 (Sun.) Time : 11:00 〜 16:00 Place : 谷中キッテ通り内12店舗 

 

チラシ最終 (1).jpg

| 22:00 |
couzt cafe 夏のなごりのかき氷

DSC_0118.jpg

 

今日の午後ちょっとclassicoを抜け出して、couzt cafeにて「夏のなごりのかき氷」をいただきました。去りゆく夏を惜しみながら...。

 

昨日キッテ通りのfacebookページを見ていて、夏季休暇中のcouzt cafeにて「夏のなごりのかき氷」というイベントを開催していることを知りました。昨日と今日の2日間限定らしい。ということで、今日の午後、classico営業中ではありますが、お客様が少ない時間帯を見計らい、アルバイトスタッフRuiと交代でcouzt cafeにおじゃましました。この「夏のなごりのかき氷」というのは、かつて三軒茶屋にあった紅茶・日本茶・中国茶などお茶専門のカフェ「旅とお茶」とのコラボレーション企画。当時好評だったというお茶専門店ならではの香り高い特製お茶シロップのかき氷が限定復活!加えてcouzt cafeオリジナルの自家製シロップ&フルーツやハーブのシロップが登場するとあって、楽しみにしていました。僕がおじゃました14:00過ぎには、いくつかのシロップがすでに完売。候補として考えていた中から、特製ジンジャーシロップ+自家製練乳のシロップをチョイス。燦々と陽が当たる窓辺のカウンター席にていただきました。ほのかな苦辛さとやわらかな甘みが絶妙にマッチしていて、とっても美味でした。来年の夏もぜひぜひお願いしま〜す

 

couzt cafeは、classicoから徒歩 2分ほどのところにあるカフェ。僕も家族も時折おじゃましています。classicoの顧客様の中にもcouzt cafeファンの方は多いようです。とっても居心地がいいカフェ。珈琲はもちろん美味しいし、ランチもスイーツタイムも夜のお食事も楽しむことができます。classicoにご来店の際にはぜひお立ち寄りください。(展示やイベントなども要チェック! ⇨  couzt.com )

 

COUZT CAFE + SHOP 台東区谷中2-1-11 Tel : 03-5815-4660 Open : 11:30〜23:00 Close : Thursday http://www.couzt.com

| 23:00 |
キッテ通り LIME LIGHT

DSC_1195.jpg

 

先日はキッテ通りにオープンしたばかりのSuccessionをご紹介しましたが、今度はキッテ通りの大先輩LIME LIGHTをご紹介します

 

DSC_1206.jpg

 

LIME LIGHT(ライムライト)は、キッテ通り会長・稲田和哉さんが営むお店。1999年開業ですから、創業から18年!創業10年の classicoにとっては大先輩です。流れ流れて谷中に辿り着いた僕とは違って、谷中が地元の稲田さんは顔がとっても広いです。物知りで、責任感が強くて、行動力もあり、おまけにスポーツマン。とっても頼りになるキッテ通りの「兄貴」的な存在なのであります。

 

DSC_1200.jpg

 

トライアスロンが趣味という稲田さん。タイトなスポーツウェアに身を包んで軽快にランニングしている姿をよく見かけます。正にフィットネスクラブやジムのトレーナー?と見間違うほどのスタイルの良さ、爽やかさ、そして清々しさ。そんな稲田さんが営むお店は意外や意外...。なんとジュエリーショップなんです。しかもオリジナルジュエリーというからびっくり。ホンマかいな?そうかいな?

 

DSC_1203.jpg

 

ということで、真相を確かめるためにキッテ通りfacebook pageの取材という口実を作ってお店におじゃましてみました。まずはお店の前で写真をパシャッ!ピンク色の半袖シャツを着ているのがその稲田さん。実は僕(50歳)よりずっと年上で、しかもお孫さんもいるそうなんですが、そうは見えませんよぉ。相当若いです。肩幅広くて、顔小さくて、すらっと背が高くて、ナイススタイル。羨ましぃ。ちょっと緊張しているのか硬い表情をしていますが、実際にはいつもニコニコしています。とっても気さくで話しやすいです。

 

DSC_1219.jpg

 

お店の前での撮影を終えると、お店の中に入れていただきました。ショップスペースは案外こじんまりとしていましたが、素敵な什器が幾つか並んでいて、品が良くてキレイ!その什器類は、最近までお近くにあった家具屋さん(先月両国に移転オープンしました)いろはに木工所の山下さんに特注して作っていただいたのだとか。そういう地元の繋がりを大切にしている稲田さん、カッコイイです。

 

DSC_1215.jpg

 

お店の奥には作業場が...。図々しくも作業場を見せていただきました。作業机の上(写真2枚目)には、工具がずらり。彫刻刀、鏨(たがね)クレーバーなどなど...。中には稲田さん自ら作った工具もあるそうです。基本的にはお客様から注文を受けて作るオーダーメードのお仕事が多いらしく、注文を受けてから完成するまでの流れを、事細かに丁寧にご説明いただいたのですが、専門的なお話なので僕にはちんぷんかんぷんでした。稲田さん、肝心なところで木賃と説明することができずに申し訳ありませ〜ん。ほとんどの工程を稲田さん自ら手作業で作られているそうで、その細やかな手仕事の素晴らしさにただただ圧倒され、また感動するばかりでした。

 

DSC_1209.jpg

 

店内には稲田さんがデザインしたオリジナルジュエリーも並んでいます。お気軽にジュエリーを楽しんでいただきたいということで、比較的買いやすい価格のジュエリーのコーナー(写真6枚目)もあります。ショーケースの中には原石も幾つか並んでいるので、その原石を使ったジュエリーの注文を受けることもできます。また時には原石を探すところからご注文をいただくこともあるそうです。

 

DSC_1213.jpg

 

またジュエリーのリフォームも受けているということ。眠っているジュエリーが稲田さんの手によって蘇るかも知れませんよ。ご相談してみてはいかがでしょうか。普段お気軽に接している稲田さんが、こんな繊細で優美なお仕事をされていたとは!取材中は驚きの連続でした。稲田さんを見る目が尊敬の眼差しに変わったのは言うまでもありません。いつの日にか稲田さんにジュエリーを作っていただきたい!いや作っていただこう!そう決意しながら、LIME LIGHTを後にしました。皆さまも勇気を出して扉を開けてみて下さい。

 

LIME LIGHT 東京都台東区谷中2-15-22 Tel : 03-3821-3028 Open : 13:00〜19:00 日曜日・月曜日定休 http://www.lime-light.bz

 

DSC_1221.jpg

| 23:30 |
Succession、本日オープン!

DSC_1194.jpg

 

本日6月9日、キッテ通りに焼き菓子のお店・Successionがオープンしました。キッテ通りの各店と共によろしくお願いいたします。

 

succession(サクセッション)というのは、続くこと、連続、継起、度重なり、そして継承などの意味を持つ言葉。そして今日、そのSuccessionという言葉を店名に掲げたお店が、classicoのすぐ近く、徒歩1分程のところにオープン! しました。 店主は岩本進さん。

 

岩本さんは、大手パン屋さんに入社後、新ブランドの店舗立ち上げを経験。3年後にはパンの聖地・神戸に移住。フランス菓子店で働き、そこでパン屋さんを立ち上げ、パンについてさらに深く勉強するようになりました。講習会に頻繁に参加したりしながら、それぞれのシェフが様々な考え方でパンを追求していることに感化され、ようやく自分が目指すパンの道を見つけて開業を決意しました。

 

2008年に独立開業。約5年間、茨城県つくばみらい市で「ヌクモリパンヤ」というパン屋さんを営んでいました。地元のみなさんからも愛され、お得意様も増えていきました。さらには遠方から車に乗ってわざわざパンを買いにくるお客様も少なくなかった様です。

 

東日本大震災。この出来事が大きな転機となりました。多くのお得意様に愛されていたとは言え、「こだわりのパンを楽しむ」心の余裕がなくなってしまった様です。お客様は少なくなり、経営していくのが難しくなっていきました。そんな状況の中、岩本さんの体調に変化が...。そして心臓の病気になってしまいました。考え悩んだ結果、お店を閉めることを決断。病気の治療をしながら、体調を整える日々の中で、「今まで自分が受け継いできた、身につけた技術を、後に続く人たちに伝えたい」そういう思いに至ったそうです。

 

岩本さんの体調は順調に回復。茨城県笠間市で「森の石窯パン屋さん」というお店のオープンからお店づくりに関わりました。そのお店に働くパン職人さんたちにパン粉の扱い方から発酵のさせ方、焼き方などを指導。数年間そうした仕事に従事しながら、自分の体調を整え、自分の気持ちを整理し、いよいよ新しいチャレンジに歩みだしました。目指したのはパン屋さんではなく、新しい表現となる「ベイクショップ」。パンだけに限らず、焼き菓子も含めて自分が培ってきた技術をそこで働く職人さんたちに受け継いでいきたい。

 

こうしてオープンしたのがYANAKA BAKESHOP Succession。キッテ通りを訪れるのがさらに楽しくなる!そんなお店の誕生です

 

Succession 〒110-0001 東京都台東区谷中2-5-19 Tel : 090-5793-1401 Open : 11:00 〜 17:00 店休日についてはご確認下さい。

追記 : 定休日が火曜日に決まったそうです。営業時間も11:00〜18:00 に変更になりました。お間違えのないようにお願いいたします。

facebook page : https://www.facebook.com/Succession.YANAKA/?fref=ts Instagram : https://www.instagram.com/succession_yanaka/

 

今回のブログの文章を書くにあたり、こちらのサイトを参考にさせていただきました。〜 https://readyfor.jp/projects/bakeshopyanaka

 

DSC_1200.jpg

 

早速、今日の3時のおやつ用にフランというケーキを買ってきました。見た目はちょっとチーズケーキ風ですが、味わいはかなり違います。ベースとなるパイはしかりとしていながらもサクサク。中心部分は濃厚ながらも甘過ぎず、しつこ過ぎずちょうど良い味加減。表面はややカリッという感じ。異なる食感を味わいながら楽しくいただくことができました。とっても美味しかったです。ボリュームもたっぷりで大満足。実は今日のオープンに先駆けて数日プレオープンをしていたので、お裾分けしていただきほかの焼き菓子も食べたのですが、どれも当たりでした。こんなに近くに、こんなに美味しいお店ができるなんておやつタイムが楽しみになりました。

 

DSC_1235.jpg

| 23:00 |
谷中キッテ通り facebook page

DSC_1269.jpg

 

すでに皆さまはご存知ですよね。classicoの前の通りは「キッテ通り」と言います。そのキッテ通りのfacebook pageができました

 

3月17日のclassico bloghttp://classico-life.jugem.jp/?eid=2705)でお伝えいたしました様に、classicoの前にある「名前のない通り」の名前が「キッテ通り」に決まりました。同じ通りでお店を営む店主たちの集まり・ねこたま会が名付け親となり、この通りが股がる三崎町会、真島町会の了承を得て、正式に決定しました。4月30日には、キッテ通りの初めてのイベント・水玉市を開催。たいへんご好評をいただきました。足を運んでいただいた皆さま、ありがとうございました。そしてキッテ通りは、さらに歩みを進めています。SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)にて情報を発信していきます!まずはキッテ通りのfacebook pageができました。作っていただいたのは、キッテ通りの広報担当・ひるねこBOOKS小張さん。ちなみにキッテ通りのイメージキャラクターとイメージイラストを描いていただいたのは、classico blogでもおなじみのイラストレーター落合 恵さん。皆さまにも「いいね!」ボタンを押していただき、キッテ通りを応援していただけたら嬉しいです。facebookだけではありませんよ! TwitterInstagramもできました。Twitterはこちらも小張さんを中心に、Instagramクリコ くり山さんを中心に発信こちらも是非よろしくお願いいたします。

 

谷中キッテ通り facebook page https://www.facebook.com/谷中キッテ通り-679351868914347/ 皆さまも「いいね!」を是非

谷中キッテ通り Twitter https://twitter.com/kittedori2017 谷中キッテ通りのTwitterもできました。是非フォローをお願いしま〜す

谷中キッテ通り Instagram http://www.instaphotos.co/tag-photos-videos/キッテ通り なんとInstagramでも情報を発信中ですよぉ。

 

DSC_1275.jpg

| 18:00 |
谷中キッテ通り 水玉市

DSC_1302.jpg

 

4/29(土)4/30(日)の両日、谷中キッテ通り水玉市が開催されました。お天気にも恵まれて、たくさんのお客様で賑わいました。

 

谷中キッテ通り水玉市はclassicoと同じ通り沿いにあるお店の店主たちの集まりねこたま会が初めて開催したイベントです。名前がなかったこの通りにねこたま会がキッテ通りという名前を名付け、そのキッテ通りの名前を広くみなさまに知っていただくため、そしてキッテ通りを盛り上げていくために考えました。通り沿いにあるお店や会社が、4/29(土)4/30(日)の2日間それぞれ思い思いの企画で参加。classicoでは「家族そろってお店屋さん」と題して僕の家族とclassicoのアルバイトスタッフRuiがお店屋さんをしました。

 

classicoが入っている山岡ビル1階左側、セミオーダーのブラウスのお店dou dou前の駐車場スペースを借りて、dou douとシェア。dou douは、ガレージセールとキッシュ、スープ、おにぎり、キーマカレーなどのテイクアウトとデザイン書、お洋服などのガレージセール。classicoは高橋家 & Ruiのフリーマーケット。2日間とも(ほぼ)お天気が良く、たくさんのお客様にお立ち寄りいただきました。

 

僕はほぼひとりでclassicoの通常営業を担当。てんてこ舞いで、十分に対応できなかったお客様も多かったかも知れませんね。申し訳ございません...。本当は合間を見つけて、水玉市開催中のキッテ通りを見てまわりたかったのですが、まぁ予想していた通りそんな余裕はあるはずもなく、残念でした。classicoの斜め前にあるtokyobikeオフィスではガレージセールと共に香川県丸亀市より旅ベーグルが出張参加。かつてへび道にあって伝説的な人気店だったこともあり、多くのお客様が行列を作ってベーグルを買い求めていました。僕は当然並ぶことができず、本日販売されていた旅ベーグルオリジナルのラスクRUSTIKを購入。かなりカチンコチンのハードラスクでしたが、とっても美味しかったぁ。旅ベーグルのマツジュンは29日のみの参加でしたが、お話しすることができて、嬉かったです。

 

谷中キッテ通り水玉市は、谷中まつりに合わせた日程で今年の秋にも開催しようと計画しています。今回は初めてということもあり、不慣れで、反省すべき点が幾つかありました。秋の水玉市にはその反省を生かしてまた参加しようと思っています。詳しくはまたclassico blogにてお知らせいたします。またキッテ通りのfacebookページ、twitter、Instagramも準備中です。楽しみにお待ち下さい。

 

DSC_1311.jpg

| 23:00 |
谷中キッテ通り 水玉市 開催!

チラシ.jpg

 

キッテ通り初のイベント、水玉市 がいよいよ明日・明後日開催となりました。お天気も良さそうです。ぜひキッテ通りにキッテね

 

皆さん、3/17(金)のclassico blog はご覧いただいきましたでしょうか? classicoと同じ通り沿いでお店を営む店主さんたちの集まり・ねこたま会により、「名もない通り」の名前が決定!「キッテ通り」となりました。これまでねこたま会の報告をしてきたclassico blogでも何となく予告していたイベントについて詳細が決まり、そしてチラシまで出来ました。classico店頭ではもちろんのこと、キッテ通りに参加している店舗・オフィス及び系列店などで配布しています。ぜひ見かけたら遠慮なくお持ちくださいませ。

 

みなさん、なんで「水玉市」って名前なの?と不思議に思うかも知れません。「水玉」は、通りの名前を募集した際、「水玉通り」としてある方から寄せられた候補名のひとつだったんです。候補を絞り込んでいく中でいい線までは残っていたんですが、「水玉市」っていうイベント名の方が可愛いかも...ということで、通りの名前ではなくイベント名としてなぜだか早い段階で決まりました。この通り沿いにお店がぽつっ、ぽつっ、と点在している感じがどことなく水玉のイメージと繫がるし、こうしたチラシを作る際にもデザインしやすいという点がポイントとなりました。ちなみに今回完成したこのチラシは、dou douの柴崎さん&ツバメハウスのタケワキさんがデザイン・作成いたしました。それぞれに大きさや形がちょっとずつ違う水玉の中に店舗ごとのお知らせが盛り込まれています。

 

東欧雑貨・民芸クリコ 旅のカケラ色々放出SALE!さらに民族衣装で、旅気分でご来店の方には東欧の古切手をプレゼントします!

 

OshiOlive & アトリエ・サジ 魅惑のトリュフ味ポップコーン&塩サイダーのテイクアウト。両店舗合同ガレージセールを開催予定!

 

ライムライト フルーツカラーのパールジュエリーを販売。さんさき坂カフェも参加して手作りマフィン&飲み物も楽しめますよっ!

 

ツバメハウス 姉妹店Biscuitとの合同企画〜水玉模様を集めた「水玉フェア」を開催する予定。一部商品をセールプライスにて販売!

 

tokyobike(office) へび道で愛されていた旅ベーグルが限定復活!そのほか1時間のフリーレンタル&ガレージセールを開催予定。

 

dou dou デザイン書中心の古本市、オリジナルシャツのサンプルセール、有機野菜のトマトスープ&キッシュのテイクアウト販売。

 

classico 「家族揃ってお店屋さん」と題して高橋家+アルバイトスタッフRuiの5人でガレージセールを開催する予定。お楽しみに!

 

革匠谷中by大谷商店 ガレージセール(レコード、おもちゃ、古本、古着など)+ 革匠谷中のアウトレットセール!(4/30のみ開催)

 

ひるねこBOOKS 「言葉に添えて、想いを包んで」〜 外国や日本の珍しい切手や素敵な封筒たちとともにお待ちいたしております。

 

COUZT CAFE + SHOP 「キッテ通りで水玉 to go」〜 焼き菓子やドリンクなど、水玉をモチーフとした限定テイクアウトを用意!

 

水玉市開催中は、このように各店それぞれ楽しみなイベントを企画しています。僕も時間を見つけてちらっちらっとまわりたいけど、無理かなぁ〜?ちょうどその頃は根津神社でつつじ祭りが真っ盛り。4 /30は不忍ブックストリートの一箱古本市も谷根千各地で予定しています。ぜひ谷根千へ、キッテ通りへお越しください。キッテ通り店主の皆さんと共に、家族と共にお待ちいたしております。

 

谷中 キッテ通り 水玉市 Date : 2017 / 4/ 29(Sat.)4 /30 (Sun.) Time : 11:00 〜 16:00 Place : 谷中キッテ通り内10店舗 & 1社

| 19:30 |
谷中キッテ通り 水玉市 開催!

チラシ.jpg

 

classico blogをご覧の皆さん、キッテ通りについては既にご存知のことと思います。そのキッテ通りの初めてのイベント水玉市 開催!

 

皆さん、3/17(金)のclassico blog はご覧いただいきましたでしょうか? classicoと同じ通り沿いでお店を営む店主さんたちの集まり・ねこたま会により、「名もない通り」の名前が決定!「キッテ通り」となりました。これまでねこたま会の報告をしてきたclassico blogでも何となく予告していたイベントについて詳細が決まり、そしてチラシまで出来ました。classico店頭ではもちろんのこと、キッテ通りに参加している店舗・オフィス及び系列店などで配布しています。ぜひ見かけたら遠慮なくお持ちくださいませ。

 

みなさん、なんで「水玉市」って名前なの?と不思議に思うかも知れません。「水玉」は、通りの名前を募集した際、「水玉通り」としてある方から寄せられた候補名のひとつだったんです。候補を絞り込んでいく中でいい線までは残っていたんですが、「水玉市」っていうイベント名の方が可愛いかも...ということで、通りの名前ではなくイベント名としてなぜだか早い段階で決まりました。この通り沿いにお店がぽつっ、ぽつっ、と点在している感じがどことなく水玉のイメージと繫がるし、こうしたチラシを作る際にもデザインしやすいという点がポイントとなりました。ちなみに今回完成したこのチラシは、dou douの柴崎さん&ツバメハウスのタケワキさんがデザイン・作成いたしました。それぞれに大きさや形がちょっとずつ違う水玉の中に店舗ごとのお知らせが盛り込まれています。

 

東欧雑貨・民芸クリコ 旅のカケラ色々放出SALE!さらに民族衣装で、旅気分でご来店の方には東欧の古切手をプレゼントします!

 

OshiOlive & アトリエ・サジ 魅惑のトリュフ味ポップコーン&塩サイダーのテイクアウト。両店舗合同ガレージセールを開催予定!

 

ライムライト フルーツカラーのパールジュエリーを販売。さんさき坂カフェも参加して手作りマフィン&飲み物も楽しめますよっ!

 

ツバメハウス 姉妹店Biscuitとの合同企画〜水玉模様を集めた「水玉フェア」を開催する予定。一部商品をセールプライスにて販売!

 

tokyobike(office) へび道で愛されていた旅ベーグルが限定復活!そのほか1時間のフリーレンタル&ガレージセールを開催予定。

 

dou dou デザイン書中心の古本市、オリジナルシャツのサンプルセール、有機野菜のトマトスープ&キッシュのテイクアウト販売。

 

classico 「家族揃ってお店屋さん」と題して高橋家+アルバイトスタッフRuiの5人でガレージセールを開催する予定。お楽しみに!

 

革匠谷中by大谷商店 ガレージセール(レコード、おもちゃ、古本、古着など)+ 革匠谷中のアウトレットセール!(4/30のみ開催)

 

ひるねこBOOKS 「言葉に添えて、想いを包んで」〜 外国や日本の珍しい切手や素敵な封筒たちとともにお待ちいたしております。

 

COUZT CAFE + SHOP 「キッテ通りで水玉 to go」〜 焼き菓子やドリンクなど、水玉をモチーフとした限定テイクアウトを用意!

 

水玉市開催中は、このように各店それぞれ楽しみなイベントを企画しています。僕も時間を見つけてちらっちらっとまわりたいけど、無理かなぁ〜?ちょうどその頃は根津神社でつつじ祭りが真っ盛り。4 /30は不忍ブックストリートの一箱古本市も谷根千各地で予定しています。ぜひ谷根千へ、キッテ通りへお越しください。キッテ通り店主の皆さんと共に、家族と共にお待ちいたしております。

 

谷中 キッテ通り 水玉市 Date : 2017 / 4/ 29(Sat.)4 /30 (Sun.) Time : 11:00 〜 16:00 Place : 谷中キッテ通り内10店舗 & 1社

| 23:00 |
通りの名前 はキッテ通りに決定!

DSC_1036.jpg

 

昨夜のこと。classicoと同じ通り沿いにあるcouzt cafeにて第4回ねこたま会が開かれました。そしてついに通りの名前を発表します。

 

きっかけは、“couzt SHINBUN vol.2”(フリーペーパー)。classicoと同じ通りにあるcouzt cafe(コーツトカフェ)が発行している新聞の2号目に当たります。couzt cafeが “couzt SHINBUN vol.2”を作るに当たってある提案をしました。「スポンサーになりませんか?」ということ。couzt cafe店主の椿さんが、同じ通りでお店を営む店主さん達にお声を掛けて回り、スポンサーを募ったのです。

 

そして出来上がった“couzt SHINBUN vol.2”は、「へび道のとなり、のT字路に閉じられた谷根千の名もない通り」の特集号となりました。表紙の裏面には見開きで、この通りの地図と共にそれぞれのお店の紹介文が掲載されています。couzt cafeではもちろんのこと、classico店頭でも、同じ通り沿いの各スポンサー店さんでも置いてあると思いますので、見つけたら是非!手に取ってご覧ください。

 

「へび道のとなり、のT字路に閉じられた谷根千の名もない通り」の特集が火付け役になったのでしょう。やはり同じ通り沿いでツバメハウスを営むたけわきさんとclassicoのお隣さんdou dou柴崎さんから「この通りの名前を決めませんか?」とお誘いいただいたのです。“couzt SHINBUN vol.2”を通じてこの通りの店主達と交流があるcouzt cafe店主 椿さんに連絡係を担当していただき、この通りでお店を営む店主達による初めての店主会を開催する運びとなった訳です。そして昨年12月11日第1回ねこたま会が開催されました。

 

集まったのはこちらのメンバー。アトリエサジ 篠原さん、大谷商店 山口さん、Oshi Olive 金森さん、クリコ くり山さん、couzt cafe 椿さん、ツバメハウス(Biscuit)たけわきさん、dou dou 柴崎さん、ひるねこBOOKS 小張さん、ライムライト稲田さん(店名かな表記時のあいうえお順に並べました)。そして僕classico 高橋です。同じ通りで商売をしていても、繋がっていない場合もありますので、まずは挨拶&自己紹介。そして議長役となったライムライト稲田さんを中心に店主会は進みました。店主会の趣旨、意義や目的などなど。そしてそれぞれの店主が考えた通りの名前とその名前を考えた理由を発表しあいました。幾つか候補となる名前が絞り込まれはしたのですが、公募してみてはどうかという意見が上がり、僕も賛同。皆さんから広く募集することになりました。(昨年末に締め切りました)ちなみに「ねこたま会」というのは通りの名前のアイデアとして浮かんだキーワードを幾つか文字って決めた名前です。

 

 

年が明けて1月8日、第2回ねこたま会が開催されました。初回のメンバーに加えて、三崎坂上にショップを営みclassicoの斜め前にオフィスを構えるtokyobikenの金井さんも参加。最初のねこたま会に参加したメンバーそれぞれでこの通りの名前を募集しておりましたので、ご応募いただいた皆様からの案を持ち寄り集まったのです。僕はメールを通じてclassicoに応募いただいた案を発表しました。

 

皆さんからご応募いただいた案と前回話し合いの中で候補として残った案をもとにディスカッション。あれこれお話ししている内に新たな案が浮上。多数決によって絞り込み、最終的に5案が残りました。途中から町内会の青年部長 斎藤さんにもご参加いただき、これまでの経緯と状況を説明。最終的に絞り込まれた5案をもとに町内会の皆様とお話し合いを持ち、最終決定となる運びとなりました。

 

3回目のねこたま会は1月19日。主な目的なそれぞれの役割、担当の決定です。会長はこれまで中心になって進めていただいたライムライト稲田さんに決まりました。古くからこの通りにお住まいになっており、三崎町会の皆様とも親交が深いですし、リーダーシップも強く適任であると思います。そのほか三崎町会窓口、真島町会窓口(この通りは2つの町にまたがっているので両町会担当が必要なのです)会計、広告デザイン、広報など役割がスムースに決まりました。僕は真島町会窓口となりました。そのほかにもイベント開催日、イベント名、イベントの大まかな内容なども決定。イベントの告知も兼ねて通り沿いのマップも作成することになったんですよ。

 

そして、今回4回目のねこたま会となります。この間に三崎町会、真島町会、それぞれの役員会がありました。最終的に絞り込まれた5案の中で最有力候補と考えていた名前が承認され、通りの名前が決定しました。昨夜のねこたま会で本日正式に発表することなった訳です。千代紙の老舗 いせ辰と喫茶店 乱歩の間を入り、classicoの前を過ぎて突き当る通りの名前は「キッテ通り」となりました!

 

 

 

“谷根千“の愛称で知られる、東京の台東区谷中。「キッテ通り」はこの町にあります。三崎坂と三浦坂という二つの坂に挟まれた通りには、個性的なお店が集まっています。世界の雑貨、手作りのアクセサリーやオリジナルのジュエリー、洋服屋さん、本屋さん、カフェやレストラン、こだわりのセレクトショップ、ギャラリー......。熟練の技、熱い想い、確かな目とセンスが光る、素敵な空間ばかりです。地域の暮らしに密着した“町のシンボル“谷中郵便局では、毎日大勢の人が行き交います。長らく営業してきた切手屋さんは、レトロナ佇まいのまま今も通りの歴史を見つめます。この通りの魅力をもっとたくさんの方に届けて、遊びに来て(kitte)いただきたい。人と人、人とモノ、言葉と言葉を結ぶ切手(kitte)のように、地域や訊ねて来てくださる方と幸せなつながりを作っていきたい。そんな思いから「キッテ通り」は生まれました。(キッテ通りの由来について ひるねこBOOKS 小張 隆さん執筆による文章です)

 

キッテ通り、そこには魅力的なお店の数々が、まるで水玉のように点在しています。スマホ片手に効率良く歩きまわるのもいいけれど、たまには時の流れに身を任せ、あちらに寄ったり、こちらを覗いたり。時間をかけて、人やモノ、言葉を結ぶ切手のように、ゆらゆらとそんな繋がりを楽しんでみませんか。そこにはきっと、素敵な出会いが待ち受けているはず。どうぞふらっと遊びに来てください。ようこそ、キッテ通りへ...。(キッテ通りからのごあいさつ こちらも ひるねこBOOKS 小張 隆さん執筆による文章です)

| 12:00 |
ちょっと前の話 〜 ねこたま会編

IMG_2060.jpg

 

ちょっと前の話になります。1月19日木曜日、第3回ねこたま会が開かれました。ねこたま会、順調に歩んでいます。楽しみ色いろ。

 

先日、3回目のねこたま会が開かれました。ねこたま会というのは、classicoと同じ「名もない通り」沿いでお店を営む店主の集まりです。私達が名もない通りに名前を付け、協力して盛り上げていこうということで始まりました。初めてのねこたま会は昨年12月11日に開催。初回ということで集まった店主それぞれが自己紹介。そしてその目的・趣旨などを意思統一。通りの名前の候補をそれぞれ出し合い絞り込み。そして通りの名前を募集することに決まりました。後日それぞれの店主から通りの名前を募集することを告知。

 

2回目のねこたま会は1月8日に開催。それぞれの店舗に応募していただいた通りの名前のアイデアを持ち寄りました。前回絞り込まれた候補と共に比較検討・ディスカッション。そして最終候補が決まりました。後はこの通りが股がる三崎町会・真島町会の承認を得て最終決定となります。ねこたま会だけの名前ということではなく、通り沿いに住む住民の皆様にも呼んでいただきたいですからね。

 

そして今回3回目のねこたま会です。主な目的なそれぞれの役割、担当の決定です。会長はこれまで中心になって進めていただいたライムライト稲田さんに決定いたしました。古くからこの通りにお住まいになっており、三崎町会の皆様とも親交が深いですし、リーダーシップも強く適任であると思います。そのほか三崎町会窓口、真島町会窓口、会計、広告デザイン、広報など役割がスムースに決まりました。そのほかにもイベント開催日、イベント名、イベントの大まかな内容なども決定イベントの告知も兼ねて通り沿いのマップも作成することになりましたよ。通りの名前については2月中には発表することができると思います。楽しみにお待ちください。

| 23:00 |
Page: 1/1