Entry



Archives


Category


Search


Link

谷中キッテ通り水玉市

20180407_2111555.jpg

 

すでにご存知の方もいらっしゃるかも知れませんね。今年も開催いたします谷中キッテ通り水玉市。楽しみいっぱいな2日間です。

| 18:00 |
谷中キッテ通り 第17回ねこたま会

DSC_0002.jpg

 

今夜は毎月恒例となった ねこたま会@Couzt Cafe。何ともう17回目となります。最近オープンのお店も加わり、盛り上がりました。

 

DSC_0003.jpg

| 23:30 |
ひるねこBOOKS 種村有希子 絵本原画展

DSC_0050.jpg

 

谷中キッテ通り ひるねこBOOKSにて、種村有希子さん「きょう、ともだちができたの」発売を記念して絵本原画展を開催中です。

 

種村有希子さんは絵本作家さん。うちの家族もみんな有希子さんの絵本のファンです。種村さんについては、2013年6月11日火曜日のclassico blogにて書いたことがありました。種村さんの初めての絵本「きいのいえで」が発売されたのを記念して開催された展覧会"WORK the SOIL TANEMURA TWINS EXHIBITION"について。双子のお姉さん・種村安希子さんが当時お勤めされていたBOX & NEEDLEの2階スペースにて開催された展示会。「きいのいえで」の原画や安希子さんと共同で描かれた作品、安希子さんデザインのペーパーを使ったボックスが展示されていました。あれから5年の月日が流れたんですね。ついこの間のことの様に感じられます。

 

DSC_0044.jpg

 

その5年の間に有希子さんは「ようちえんのおひめさま」(2014年6月 講談社より発売)「サンタクロースになるひ」(2015年11月 小学館より発売)「だれのおとしもの」(2016年10月 PHP研究所より発売)「かくれんぼ」(2017年12月 アリス館より発売)を出版。(我が家ではもちろんすべて購入して、家族みんなで愛読しています。)かなりお忙しい日々を送っていらっしゃる様です。

 

同じ谷中キッテ通り沿い、しかもclassicoから徒歩1〜2分程とほど近くにある本屋さん・ひるねこBOOKSは、小張隆さんが営むお店。童心社という出版社を退職・独立してひるねこBOOKSとして開業しました。谷中とは縁が深い猫にまつわる本のほか、絵本、児童書、衣食住など暮らしの本、アート、北欧関連の本、雑貨などをお取り扱いしています。古本のみならず新刊書も揃っています。本の買い取りも行っているようなので、ご不要な本がありましたらお気軽にご相談してみてください。https://www.hirunekobooks.com

 

種村さんのお住まいは谷中に隣接したエリアということもあって、時折ひるねこBOOKSを訪れることもあったようです。そして、今回小張さんが以前にお勤めしていた童心社から絵本が発売されるということで、ひるねこBOOKSでこの展覧会を開催することになりました。種村さんが絵本作家になる以前から顧客様として接していた僕としても、同じ谷中キッテ通りのご近所さんでこのような展覧会が開催されるということは嬉しい限りです。「きょう、ともだちができたの」 の原画展示のほか、書き下ろし作品の展示販売もしています。ぜひ会期中にひるねこBOOKSに足を運んでみてください。(種村さんのほかの絵本もひるねこBOOKSで販売中です!)

 

種村有希子 絵本原画展 Date : 2018年3月10日(土)〜 3月22日(木) Time : 11: 00 〜 20:00 ( 月曜定休 最終日は18:00まで )

2018年3月18日日曜日 18:30からはトークイベントがあるそうです。詳しくはひるねこBOOKSのホームページにてご確認ください

「きょう、ともだちができたの」 Price : ¥1.300+Tax Size : 20.7cm × 22.2cm(B5変型判)頁数:28頁 童心社より発売中です

 

DSC_0039.jpg

| 23:30 |
Yanaka Kitte dori Street Plate

DSC_0013.jpg

 

地元の皆さん、お気付きでしょうか?「谷中キッテ通り」が通りの名称として正式に認められ、プレートが設置されました。嬉しぃ

 

かねてから谷中キッテ通りでお店を営む店主たちの集まり「ねこたま会」会長、LIME LIGHT稲田さんが進めていた「谷中キッテ通り」の名称登録が受理され、台東区に正式に承認をいただきました。そしていよいよ谷中キッテ通りの数カ所に台東区公認のプレートが設置されました。パチパチパチ...。いや〜、嬉しいですね。ねこたま会が発足してわずか1年2ヶ月程で、ここまでたどり着くとは、なかなか凄いことではないでしょうか?LIME LIGHT稲田さん、谷中キッテ通りがまたがっている谷中三崎町会・谷中真島町会の皆様、それから担当していただいた台東区役所・承認していただいた台東区議会の皆さまのおかげです。本当にありがとうございました。これからもねこたま会と谷中キッテ通りの活動を見守って、応援していただけたら嬉しく思います。よろしくお願いいたします。

 

谷中キッテ通りは、台東区谷中2丁目をくの字型に横断している通りです。千駄木方面から三崎坂へと向かい、千代紙の老舗いせ辰の角を右に入ります。道なりに進んで、途中緩やかに左にカーブし、突き当たり(三浦坂下)まで。距離にして500mに満たないほどの通りです。道路は2車線なので、そう狭くはありませんが、どちらかというと住宅街という趣き。車の往来も少ない静かな通りです。

 

でもそんな谷中キッテ通りには、個性豊かなお店がたくさんあります。今回、台東区に設置していただいたプレートの位置をご紹介していきながら、ご案内していこうと思います。まず1枚目のプレート(写真1枚目)は、谷中キッテ通りを入ってすぐ左手の電信柱にあります。写真1枚目、プレートのすぐ横に黄色い車が写っていますが、その近くに東欧フォークロアと雑貨・古着のお店、クリコがあります。店主くり山さんはすらっと長身スレンダーで、とっても魅力的なお洒落さん。そのお人柄に惹かれ、通いつめるファンの方も多いようです。クリコ ホームページ : http://kuriko.info インスタグラム : kuriko_kuri facebook : 東欧民芸クリコ ご覧ください。

 

クリコの斜め向かいには、Antique Garboがあります。なんとGarboは25周年を迎えるそうで、ねこたま会に参加しているお店の中では一番歴史があるお店です。大先輩ということですね。昨年末に開催したねこたま会の忘年会で初めてお会いしましたが、とっても素敵なマダムでした。宝飾品やグラスなど、正統派アンティークという品揃えのようです。ご興味がある方は是非訪ねてみてください。

 

DSC_0015.jpg

 

通り沿いをちょっと進んだ左手の電信柱に2枚目のプレート(写真2枚目)があります。ちょうど向かい辺りにあるお店が、塩とオリーブの専門店 OshiOliveとアクセサリーのお店Atelier SAJI。同じ建物のお隣さん同志です。 OshiOliveの店舗は上野桜木あたりの中にあります。谷中キッテ通り沿いにあるのはOshiOliveを運営するオフィスとファクトリーショップ。こじんまりとしたショップコーナーでお買い物をすることができるんですよ。僕も何度かオリーブオイルを購入したことがあります。たいへん分かりやすく丁寧に説明していただきました。OshiOlive ホームページ : http://oshiolive.jp facebook : おしおりーぶ Twitter : おしおりーぶ@上野桜木あたり

 

Atelier SAJIは、古代発掘銀貨ガラス(ローマングラス)や古代水晶、古代縞瑪瑙などの 時空を超えた素材と現代の石やパールなどを組み合せ 1点1点個性あふれる手作りアクセサリーのお店です。facebookページにて、作品や展示・イベントのご案内などが詳しく紹介してあります。チェックしてみてください。Atelier SAJI ホームページ : https://sajiyanaka.stores.jp facebook : アトリエ・サジ

 

2枚目の写真、右手に見えるブルーのテントのお店が オリジナルジュエリーのお店 LIME LIGHT。ねこたま会会長、稲田さんが営んでいます。LIME LIGHTは20周年を迎えるそうで、こちらも大先輩となりますね。LIME LIGHTについては、以前 classico blogでも紹介させていただきました。(http://classico-life.jugem.jp/?eid=2778)それからこんな素敵なインタビュー記事もありますので、ぜひご覧になってみてください。(http://www.human-records.com/2018/01/18/inada/)先日、classicoにご来店いただいた顧客様が、「古くなったジュエリーを(稲田さんに)リフォームしていただいたんですよ。」と見せてくださいました。たいへん喜んでいらっしゃったので、ご紹介させていただいて本当に良かったなぁ〜って、僕も嬉しくなっちゃいました。みなさんもジュエリーのご購入、リフォームをご検討の際には、ぜひ相談してみてください。LIME LIGHTホームページ : http://www.lime-light.bz facebook : Yanana LIME LIGHT

 

LIME LIGHTのちょっと先右手には、同じビル1FにDEN WORKS谷中工作室(1F)、2Fにツバメハウスが、またその先左手半地下にはスタイケントーキョーがあります。こちらの3件については、後ほど復路にてご紹介させていただきます。もう少々お待ちくださいませ。そして、3番目のプレートは、谷中キッテ通りが緩やかに左側へとカーブする曲がり角(写真3枚目)の手前側にあります。

 

DSC_0018.jpg

 

その緩やかな曲がり角を左に曲がり、少々進むと右手にSuccessionがあります。こちらも後ほど復路にてお紹介させていただきます。

 

そして4番目のプレートはSuccessionの斜め向かい側の電信柱(写真4枚目)にあります。そのすぐ左手には、tokyobikeのオフィスがあります。今や谷中から世界へと躍進を続けているtokyobike。谷中には三崎坂上にTokyobike Rentals、Tokyobike Rentalsのちょっと先に進んで右手に入ったところにtokyobike shopがあります。Tokyobike Rentalsは、昨年オープンの際にclassico blogでも紹介させていただきましたtokyobikeレンタルバイクはもちろんのこと、お酒やコーヒーを飲んだり、雑貨や生活道具を購入することができるランドマーク的なお店です。tokyobike shopの方は、tokyobikeと自転車のパーツ類のお店。僕のtokyobikeのパーツもほぼこちらで揃えました。タイヤの交換をしていただいたり、不具合があった時に相談したり。とっても頼りになるお店です。Tokyobike Rentals、tokyobike shopともにみなさまも是非ご利用ください。tokyobike ホームページ : https://tokyobike.com facebook :  トーキョーバイク

 

tokyobike オフィスの斜め向かいには、classicoとdou dou(ドゥー・ドゥー)があります。dou douはデザイナー・柴崎葉子さんが営むセミオーダーのシャツのお店です。レディースのイメージが強いかも知れませんが、メンズのシャツも作れるんですよ。それからシャツ以外にワンピースやスカートもオーダー可能。ソックスや雑貨などセレクト商品にも柴崎さんのセンスの良さが光っています。dou dou ホームページ : http://doudou.chips.jp facebook : Dou douセミオーダーのシャツのおみせ classicoにお越しの際には是非

 

DSC_0022.jpg

 

谷中キッテ通りをさらに進むと、右手に谷中郵便局(4枚目の写真、右手)があります。もともと谷中キッテ通りの名前の由来にもなった郵便局。お子様からおじいちゃん、おばあちゃんまでが足を運ぶ地元の皆さんのランドマーク的な存在です。近くには多くの外国人旅行者が宿泊する澤の屋旅館もあるので、外国人の方が荷物を送ったりしているのも見かけます。僕もよくお世話になっています。

 

谷中郵便局のすぐ先には、革匠谷中 があります。40年以上も続く革小物の製造会社です。オフィスの一角にはショップも併設されていて、オリジナルのお財布や革小物などを購入することができるんですよ。ショップの営業は平日が中心となっておりますので、興味がある方は平日に訪ねてみてください。革匠谷中 ホームページ : http://www.kawasyo-yanaka-tokyo.com  ウェブショップ 革匠谷中 Yahoo!店 : http://store.shopping.yahoo.co.jp/kawasyo-yanaka/ 革匠谷中 楽天市場店 : http://www.rakuten.co.jp/kawasyo-yanaka/

 

DSC_0025.jpg

 

5番目のプレートは、革匠谷中 の向かい側の電信柱(写真5枚目)にあります。その先で、藍染大通りからあかじ坂へと続く道と交差します。交差点の右角には先程ちらっとご紹介した澤の屋旅館があります。この辺は、かつて谷中真島町と呼ばれていたエリアです。

 

交差点を過ぎて、谷中キッテ通りをさらに進むと、左手にひるねこBOOKSがあります。イケメン店主小張隆さんが営む本屋さん。猫の本、絵本や児童書をはじめとして、衣食住をテーマとした暮らしの本、アートや北欧関連の本が揃っています。古本が中心ですが、新刊書もセレクトされています。お取り扱いしている本と関連した北欧雑貨や作家さんのものも充実。絵本作家さんの原画展やイベントの催しも多く、classicoの顧客様にも人気があるお店です。classicoにお越しの際には、是非お立ち寄りください。お薦めですよ ひるねこBOOKS ホームページ : https://www.hirunekobooks.com facebook : ひるねこBOOKS Twitter : 谷中・ひるねこBOOKS

 

ひるねこBOOKSの先には、右にBistro TOM、左にCouzt Cafeがあります。三浦坂と交わる突き当たりまで行って、折り返します。

 

DSC_0036.jpg

 

6枚目(最後)のプレートは、突き当たりの手前の電信柱(写真6枚目)にあります。6枚目の写真は、一度突き当たりまで行って折り返した向きで撮っているので、これまでとは違い写真右手側にプレートが見えます。6本全ての電信柱に前後2枚のプレートが付いており、復路でもプレートを確認しやすくなっています。さぁ、今度は復路を進みながら谷中キッテ通りのお店を紹介していきましょう。

 

6枚目の写真、右手に見えるブルーのテントのところが、Couzt Cafe。いつもねこたま会がお世話になっている谷中2丁目の人気カフェ。若手女性店主・椿ひとみさんが営んでいます。広々とした店内には、いつも心地よい空気が流れています。ランチはもちろんのこと、夜も遅い時間(23:00)まで通して営業しているので、通いつめる常連さんも多いようです。日曜日は朝食営業もあるようですよ。(その代わり21:00までの営業となります)谷根千散策の休憩に、ゆったりとしたお食事に、ぜひご利用ください。Couzt Cafe ホームページ : http://www.couzt.com facebook : コーツトカフェ(COUZT CAFE+SHOP) Twitter : コーツトカフェ+ショップ

 

Couzt Cafeの斜め向かいには、Bistro TOMがあります。こじんまりとしていますが、実は知る人ぞ知る隠れ家的なフランス料理のお店なんです。店名からも想像できると思いますが、こちらのシェフはTOMさん。1958年香川県の生まれで、香川栄養専門学校を卒業後、フランス料理のお店に5年間勤務。28歳の時にフランスに渡りました。三ツ星レストランのコートドール、エスペランスでそれぞれ1年間勤務。計4年半の修業の後、日本に戻り、渋谷区にあるレストランでシェフを務めました。1993年、中央区築地にブラッスリートムを開店。2014年、現在の台東区谷中にBistro TOMを開店しました。実はclassicoと同じ通りにありながら、約3年半の間うかがったことがなかったんですが、昨年9月に友人3人と一緒に予約。ディナーをいただきました。とっても品が良く、美しいお料理の数々。もちろんたいへん美味しくいただきました。(それから昨年12月には、ねこたま会の忘年会ということで大変お世話になりました)こんなお値段でいいんですか?と思うほど。お手頃価格なお店なんです。ミシュランガイドでもビブグルマン(5.000円以下で食事ができるおすすめのレストラン)として紹介されているそうですよ。ぜひみなさんもお食事しに行ってみてください。(あらかじめ予約をしていただいた方が良いでしょう)Bistro TOM ホームページ : http://bistro-tom.com ブログ : http://maison106.jugem.jp

 

DSC_0032.jpg

 

7枚目の写真に写っているのは、5枚目の写真に写っている5番目のプレートの背面。根津方面から来るとこのプレートが目に入ります。道路を隔てた向かいに革匠谷中、その先に谷中郵便局dou douclassicoと続き、斜め向かいにtokyobikeオフィスがあります。

 

DSC_0038.jpg

 

8枚目の写真に写っているのは、4枚目の写真に写っている4番目のプレートの背面。そして左手に写っているガラス張りのお店が、昨年オープンしたYANAKA BAKESHOP Succession。素材にこだわった焼き菓子とパンのお店です。オープンの際には、classico blogでもご紹介しましたし、classicoの顧客さんの中にも足繁く通っていらっしゃる方も多いようです。名物のシナモンロールをはじめとして、キッシュ、サンドイッチ、フィナンシェ、クッキーなどなど、何を食べても美味しいそれでいて、結構ボリュームもあって、お手頃価格という嬉しい限り。ギフトやお使い物にも喜ばれると思いますよ。イートインスペース、ランチメニュー、ドリンクメニューもあります。classicoのすぐ近くなので、classicoにご来店の際には、ぜひお立ち寄りください。 facebook : Succession.YANAKA

 

DSC_0044.jpg

 

9枚目の写真に写っているのは、3枚目の写真に写っている3番目のプレートの背面。谷中キッテ通りの緩やかな曲がり角にあります。

 

その先、右手半地下にあるのが、スタイケントーキョー。国内外のバレエカンパニー、劇団、オーケストラ、全国各地のバレエスタジオの撮影など幅広く活躍しているカメラマン、飯田耕治さんが営むギャラリーです。写真展、イラスト展などの展示会のほか、サイアノタイププリントヨガなど様々なワークショップも開催しています。ギャラリーとしての貸し出しもしているようなので、気になる方はお気軽に相談してみてください。スタイケントーキョー ホームページ : http://www.steichentokyo.com facebook : Steichen Tokyo

 

さらに先に進むと左手にあるのが、DEN-WORKSDEN-WORKSは田崎史明さんの工房。木を使った家具や什器、プロダクツの作成、住居や店舗のリフォームなど、幅広いお仕事をしています。昨年はclassicoの顧客様でもあるサカエ不動産木村さんにご紹介させていただき、サカエ不動産の改装を引き受けていただきました。昔ながらの不動産屋さんが、「あらびっくり!」というほど素敵に生まれ変わってリニューアルオープンすることができたんですよ。谷中キッテ通りのショップ店主たちからも頼りにされている存在。什器の作成などを依頼しているようです。みなさんもお家のリフォームや家具、什器の製作など相談してみてはいかがでしょうか?(タイミングによっては時間が掛かってしまうこともあるようです。ご了承ください)DEN-WORKSホームページ : http://den-works.com

 

谷中工作室は、DEN-WORKSのスペースを利用して開かれる週末限定のお店。「作るだけの場所だったアトリエを、みなさんと一緒に楽しめる場所に作っていけたらと願って開放しているそうです。「手軽」だけど「本格的」な作品を作れるワークショップを催したり、自宅で楽しめる工作キットを販売したりしているそうです。みなさんもぜひ参加してみてください。楽しそうですよぉ。木材やDIYグッズプロダクツの販売も行っています。詳しくはこちらをご覧ください。谷中工作室ホームページ : https://kousakushitsu.jp

 

DEN-WORKSと同じ建物の2階には、ツバメハウスがあります。後ほどご紹介するBISCUITたけわきまゆみさんが営むお店です。谷中キッテ通りの中では、一番 classicoと近い内容のお店。国内外からセレクトしたブランド、ヴィンテージ、雑貨類が揃っています。classicoの顧客様の中にも通っていらっしゃる方が多いようですよ。 facebook : ツバメハウス Twitter : ツバメハウス東京谷中

 

DSC_0060.jpg

 

DEN-WORKS、ツバメハウスの先左手にはLIME LIGHTがあり、さらに先にはOshiOliveとAtelier SAJIがあります。10枚目の写真に写っているのは、唯一町名表示と共に谷中キッテ通りと入っている電信柱。OshiOliveの向かい辺り、真島坂の入り口角地にあります。

 

いよいよ最後、11枚目の写真に写っているのは、2枚目の写真に写っている2番目のプレートの背面。この向かい辺りにAtelier SAJIがあり、そのちょっと先右手にはクリコがあります。まっすぐ進むと左手にいせ辰、右手に乱歩。谷中キッテ通りの入り口に戻ります。

 

本来、谷中キッテ通りはここまでなんですが、ねこたま会にはさらに2店舗が参加しています。11枚目の写真突き当たりにあるビルの地下にある箱義桐箱店谷中店。明治元年創業、東上野にある老舗桐箱店が出した小物のお店です。僕も骨董を収める箱を古民具骨董市や東上野のお店で購入していたことがありました。長年桐箱屋さんを営みながらお付き合いがあるお取引先さんの小物をお取り扱いするお店を始めたのだとか。実は谷中店はまだ入ったことがないですが、興味津々です。箱義桐箱ホームページ : http://hakoyoshi.com

 

最後にご紹介するのは、谷中キッテ通りの入り口左手にある乱歩お隣にあるアンティークと雑貨のお店・BISCUIT(ビスケット)。イラストレーターとして活躍しながらもアンティークバイヤーとしても知られているたけわきまさみさんが営むお店です。最初のお店は、六本木でオープン。谷中に移転し、今年の3月には17年になるそうです。女の子が好きそうなアンティークや雑貨が盛りだくさん! 我が家の女子3人(チグ、チハ、チオ)もBISCUITに行くと必ず何かしらお買い物をして帰ってくるんですよぉ。百貨店や骨董市などのイベントにも出店している様です。気になる方はこちらのホームページ、SNSをチェックしてみてください。BISCUIT ホームページ : http://biscuit.co.jp/webshop/ facebook : Biscuit Twitter : ビスケット/ツバメハウス Instagram : Biscuit(ビスケット)

 

DSC_0050.jpg

| 22:00 |
谷中キッテ通り ねこたま会

DSC_0002.jpg

 

今宵、毎月恒例となった谷中キッテ通り店主会ねこたま会が開催されました。谷中キッテ通り、これからますます面白くなりますよ

 

今回が15回目のねこたま会となりました。初めてのねこたま会を開催したのが一昨年の12月11日なので、毎月1回以上集まっているということになりますね。毎回店主全員が集まる訳ではありません。用事があって参加できない方も居りますしね。今回は10名の参加となりました。場所は谷中キッテ通りにある人気のカフェCouzt Cafe。ねこたま会はCouzt Cafeの店主・椿さんのご好意により、店休日の木曜日に場所をお借りして開催しています。集合時間の20時をちょっと過ぎた頃、参加予定のメンバーがみんな揃いました。

 

いつもならば、最初からビール(など)を飲みながら、食べ物をつまみながら、ミーティングを始めるのですが、今回からはメリハリをつけるために会議中はお茶のみということになりました。(一応ね、いつも吞んでばっかりという訳じゃないんです...。)稲田会長から議題として挙がっていたのは、「今年一年の展望」それから「みんなで共有できるヴィジョン」ということでした。なかなか難しい議題ということもあり、次回へ向けての宿題ということになりましたが、その代わりに、今年中あるいは近いうちにやってみよう!というアイデアが幾つも挙がり、たいへん有意義なミーティングとなりました。具体的に進行し、予定が決まったらご報告しますね。

 

約1時間が経過し、ミーティングが一段落。ここからはいよいよ飲みニケーションタイムとなりました。ねこたま会では、ドリンクだけ注文をさせていただき、食べ物は持ち込みOKということになっています。実は今日の日中、classicoをちょこっと抜け出して、谷中にあるお惣菜屋さんTAYORIで3種類のお惣菜を買いこんでいたんです。椿さんにお願いして、レンジでチンしていただき、テーブルに広げました。いや〜、今回もいろんな話が飛び出てきました。面白いの何のって! 大盛り上がりでした。やっぱりねこたま会、最高ですわ。特に稲田会長の引き出しは凄い、 凄過ぎます。みなさんにも聞かせたい。聞いて欲しい。 みなさんも聞いてみたいでしょ。でしょ。ミーティング中に提案されたアイデアのひとつに繋がっていきます。うわ〜、実現させたい。実現したい。実現します!

 

第15回 ねこたま会 参加メンバー(写真左から) クリコ くり山さん、Couzt Cafe 椿さん、oshiolive 金森さん、箱義 張替さん 

Succession 岩本さん、アトリエサジ 篠原さん、LIME LIGHT 稲田さん、tokyobike 見城さん、革匠大谷商店 山口さん、classico 高橋

| 23:50 |
ねこたま会忘年会 @ Bistro TOM

DSC_0024.jpg

 

昨夜は谷中キッテ通りでお店を営む店主さんの集まり・ねこたま会の忘年会が谷中キッテ通りの名店 Bistro TOMで開催されました。

| 12:00 |
キッテ通りの小さな茶室めぐり

DSC_0033.jpg

 

2週にわたり土日に開催したキッテ通りの小さな茶室めぐりは終了しました。お茶していただいた皆さま、ありがとうございました。

 

11/11(土)12(日)18(土)19(日)の4日間、「キッテ通りの小さな茶室めぐり」と題して、谷中キッテ通りの個性豊かな店主たちが、小さなオリジナル茶室を店頭や店内に作りました。それぞれのお店ごとに独自の趣向を凝らして、お茶と駄菓子のセットを何と!100円でご提供させていただきました。それぞれの日によって、参加店が多い日、少ない日とありましたが、実際にキッテ通りの小さな茶室を数か所めぐっていただいたお客様も多かったようです。classicoは11/12、そして今日(11/19)の2日間参加しました。

 

classicoでは「小さな茶室」とまではいきませんでしたが、独自の趣向を凝らしておもてなしをさせていただきました。まずはお客様にお茶を飲んでいただく器を選んでいただきました。(よく飲み屋さんでお猪口を選ぶようなイメージです)classicoでお取り扱いしている益子濱田窯の猪口や湯呑み益子の石川雅一さんの猪口や汲み出し、古伊万里の猪口、私物の作家さんの湯呑みなどなど...。

 

そして、お菓子もちょっとひとひねり。僕が大好きな谷根千界隈のお菓子をプレヴュー的に4種類集めました。谷根千お菓子めぐりという感じです。千駄木菊美せんべい総本舗の小さなお花型のお煎餅、谷中と根津にある菓寮花小路の焼きかりんとう2種、向丘一炉庵の甘納豆4種、谷中アトリエドフロレンティーナのフロランタン。皆さま、楽しんでいただけましたでしょうか?今回classicoの茶室を担当してもらったのは、classicoアルバイトスタッフのRui。お店の前のスペースということもあり、けっこう寒かっただろうと思いますが、とても良く頑張ってくれました。お客様・皆さまも寒い中classicoの茶室にてお茶を飲んでいただき、ありがとうございました。これからもclassicoを、谷中キッテ通り各店をご愛顧いただけましたら嬉しく思います。末永くよろしくお願いいたします。

 

DSC_0046.jpg

| 23:00 |
キッテ通りの小さな茶室めぐり

DSC_0015.jpg

 

キッテ通りの小さな茶室めぐり、いよいよ明日が最終日となります。明日はclassicoも参加しますよ。ぜひ明日も谷中キッテ通りへ

 

キッテ通りの小さな茶室めぐり : 谷中キッテ通りの個性豊かな店主たちが、小さなオリジナル茶室を店頭や店内に作ります。お茶と駄菓子を楽しみながらキッテ通りを隅から隅まで、茶室のはしごはいかがですか。1か所につき100円(お茶と世界の駄菓子つきです)

 

classicoでは「小さな茶室」とまではいきませんが、独自の趣向を凝らしておもてなしをしたいと思っています。まずは、みなさまにお茶を飲んでいただく際の器を選んでいただきます。1枚目の写真のような感じです。classicoでお取り扱いしている益子濱田窯の猪口や湯呑み、益子の石川雅一さんの猪口や汲み出し、古伊万里の猪口、私物の作家さんの湯呑みなど...。さて、どの器にしますか?

 

そして、お菓子もちょっとひとひねり。僕が大好きな谷根千界隈のお菓子をプレヴュー的に4種類集めました。谷根千お菓子めぐりという感じです。千駄木菊美せんべい総本舗の小さなお花型のお煎餅、谷中と根津にある菓寮花小路の焼きかりんとう2種、向丘一炉庵の甘納豆4種、谷中アトリエドフロレンティーナのフロランタン。いずれもちょっとずつですが、楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

今回、お菓子を選ぶ際に谷中キッテ通りのお店から選ぶのは遠慮いたしました。couzt cafeSuccession両店共にオススメのお店です。classicoからもとても近いお店なので、谷中キッテ通りにお越しの際にはぜひお立ち寄り、お食事 or お買い物くださいませ。

 

11/19(日)クリコ   アトリエサジ & Oshi Olive   谷中工作室   ツバメハウス  スタイケントーキョー   Succession   classicoにて開催 

 

店舗により参加形態、時間帯等が異なります。また屋外参加店舗については、天候や気温の変化により早終いする可能性もあります。

 

DSC_0023.jpg

| 23:30 |
キッテ通りの小さな茶室めぐり

DSC_0015.jpg

 

「キッテ通りの小さな茶室めぐり」今日からスタートしました。そして明日はclassicoも参加します。ぜひ明日も谷中キッテ通りへ

 

キッテ通りの小さな茶室めぐり : 谷中キッテ通りの個性豊かな店主たちが、小さなオリジナル茶室を店頭や店内に作ります。お茶と駄菓子を楽しみながらキッテ通りを隅から隅まで、茶室のはしごはいかがですか。1か所につき100円(お茶と世界の駄菓子つきです)

 

classicoでは「小さな茶室」とまではいきませんが、独自の趣向を凝らしておもてなしをしたいと思っています。まずは、みなさまにお茶を飲んでいただく際の器を選んでいただきます。1枚目の写真のような感じです。classicoでお取り扱いしている益子濱田窯の猪口や湯呑み、益子の石川雅一さんの猪口や汲み出し、古伊万里の猪口、私物の作家さんの湯呑みなど...。さて、どの器にしますか?

 

そして、お菓子もちょっとひとひねり。僕が大好きな谷根千界隈のお菓子をプレヴュー的に4種類集めました。谷根千お菓子めぐりという感じです。千駄木菊美せんべい総本舗の小さなお花型のお煎餅、谷中と根津にある菓寮花小路の焼きかりんとう2種、向丘一炉庵の甘納豆3種、谷中アトリエドフロレンティーナのフロランタン。いずれもちょっとずつですが、楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

今回、お菓子を選ぶ際に谷中キッテ通りのお店から選ぶのは遠慮させていただきました。couzt cafeSuccession共にオススメのお店です。classicoからもとても近いお店なので、谷中キッテ通りにお越しの際にはぜひお立ち寄り、お食事 or お買い物くださいませ。

 

11/12(日)クリコ  アトリエサジ & Oshi Olive  ツバメハウス  スタイケントーキョー  Succession classico ひるねこBOOKS

店舗により参加形態、時間帯等が異なります。また屋外参加店舗については、天候や気温の変化により早終いする可能性もあります。

キッテ通りの小さな茶室めぐり Date : 11/11(土)12(日)18(土)19(日) Time : 12:00 - 18:00 Place : 谷中キッテ通り各店舗

 

DSC_0023.jpg

| 18:00 |
キッテ通りの小さな茶室めぐり

DSC_0184.jpg

 

昨日のclassico blogに続いて「キッテ通りの小さな茶室めぐり」のご紹介。いよいよ明日から始まりますよ。今週末はキッテ通り

 

上野文化の森TOKYO数寄フェス2017と同時開催される<art-Link上野-谷中2017>「茶ヌーボー」。その「茶ヌーボー」もさらにこの様に分かれています 1 : 八女の谷中茶会 (10/27、28) 2 : 木下史青「ドクロ茶会」シリーズ「どくろ数寄茶会」(11/12) 3 : 谷中de茶ヌーボー(11/10 - 19)。谷中キッテ通りは「キッテ通りの小さな茶室めぐり」と題して谷中de茶ヌーボーに参加します。

 

<art-Link上野-谷中2017>「茶ヌーボー」: 新茶を詰めた茶壺の口を開ける「口切の茶事」にちなみ、好き者たちによる「新しい茶の湯」を展開する企画参加型の新しいアートプログラムを「茶ヌーボー」と名付けました。谷中界隈に暮らす人々や、地域で活動する人たちが、訪れたみなさんを独自の茶の湯企画でおもてなしをします。お気軽にドアを開けて一期一会をお楽しみください。facebook

 

谷中de茶ヌーボー : 11/10(金)-11/19(日)の期間中、谷中界隈のギャラリー、店舗、個人宅にて開催。Gallery ULALAも開催予定

 

キッテ通りの小さな茶室めぐり : 谷中キッテ通りの個性豊かな店主たちが、小さなオリジナル茶室を店頭や店内に作ります。お茶と駄菓子を楽しみながらキッテ通りを隅から隅まで、茶室のはしごはいかがですか。1か所につき100円(お茶と世界の駄菓子つきです)

 

11/11(土)クリコ アトリエサジ & Oshi Olive ツバメハウス スタイケントーキョー Succession 革匠谷中 明日は6か所開催

11/12(日)クリコ アトリエサジ & Oshi Olive ツバメハウス スタイケントーキョー Succession classico ひるねこBOOKS

11/18(土)クリコ LIME LIGHT 谷中工作室 ツバメハウス Succession 革匠谷中スタイケントーキョー18、19可能性あり)

11/19(日)クリコ アトリエサジ & Oshi Olive 谷中工作室 ツバメハウス Succession classico 最終日も6か所開催です

 

クリコ : 雨天中止  アトリエサジ & Oshi Olive : 雨天決行  LIME LIGHT : 雨天中止  谷中工作室 : 雨天決行  ツバメハウス : 店内

スタイケントーキョー : 店内 Succession : 雨天時店内 classico : 雨天決行 革匠谷中 : 雨天決行 ひるねこBOOKS : 店内17時まで

 

キッテ通りの小さな茶室めぐり Date : 11/11(土)12(日)18(土)19(日)Time : 12:00 - 18:00 Place : 谷中キッテ通り各店舗

 

DSC_0191.jpgDSC_0188 (1).jpg

 

| 22:00 |
Page: 1/3   >>