Entry



Archives


Category


Search


Link

h.b b.d. shirts

DSC_0203.jpg

 

しばらく完売状態が続いていたh.b b.d. shirtsが、ようやく入荷してまいりました。この機会に是非是非!お買い求めくださいませ。

 

DSC_0082.jpg

 

h.b(エッチビー)は僕がはじめたブランドです。デザインしているなんて、大げさなことは言いません。企画していると言った程度です。 hbというのは、もともと僕が自分のお店を持ちたいと思った頃(17~18年程前)に、一番最初に浮かんだ店名です。昔見たとある雑誌に掲載されていた、とあるショップの看板犬の名前・HBからインスピレーションを得ました。わんこの名前にしては珍しい名前で、何だか可愛いなぁ~と印象に残っていたのです。もちろんHBと言えば思い浮かぶのは、鉛筆ですよね。Hard Blackの略語で、Bより硬くFより軟らかな鉛筆。硬さと柔らかさのバランスがちょうどよく、昔からそういう調和のとれた人になりたいと思い描いていました。お店を開く時にも、硬すぎず柔らかすぎず、調和のとれたバランスのいいお店にしたい!そんな風に思ったりしたものです。

 

そして、数年程前から気に入っている言葉「日日是好日」、「にちにちこれこうじつ」と読みます。中国唐時代の禅語なのだそうです。僕が以前よく読んでいた小説家・武者小路実篤が好んだ言葉だったこともあり、僕も知ることになりました。人々はみな「今日も好い1日であります様に!」と願うけれど、実際には毎日がその様にうまくいく訳ではありません。毎日が晴れの日だけではなく、雨の日もあれば、雪の日もあるし、時には嵐が吹き荒れる日もあります。例えどんな日であっても、今日という日は2度と訪れることのない日であり、掛け替えの無い1日。晴れの日だけではなく、雨の日には雨の日の過ごし方や楽しみがあり、嵐の日だからと言っても決して悪いことばかりとは限らないのです。雨が降ったら雨の日の喜びを考えながら過ごし、雪が降ったら冬という季節ならではの情緒を感じながら過ごし、台風が来たら水の恵みに感謝し、農作物の豊作を願いながら過ごし...。好日はただ願っているだけでは訪れず、自らの考え方や生き方によって主体的に見出すものであるということなのだと思います。「日日是好日」は「にちにち...」と読みますが、これも僕が好きな「日々」(ひび)という言葉と考え合わせました。晴れの日だけではなく、雨の日も雪の日も、風の強い日や嵐の日でも、このシャツと共に日々過ごしていただきたい!もともと最初に考えていた店名の言葉から繋がって、意味合いも膨らんでいきました。"hibi"という名前にしようか?とちらっと頭を横切りましたが、やはりもう20年近い年月思い続けたhbという名前を活かしたく、hとbの間にiの上の点だけ残して下にピリオドとして残したh.bとすることにしました。(余談ですが、僕の名字「高橋」を英語で表すとhigh bridge。略してhbとなるんですよ。)常に手放すことのできない相棒の様な存在になります様に、願っています。

 

DSC_0091.jpg

 

h.b b.d. shirtsは、ユニセックスのボタンダウン・シャツ。お若い方からご年配の方まで、男性女性あるいはその中間の方にも、幅広くご愛用いただいているシャツです。たいへんご好評をいただいておりまして、同じシャツを買い足したり、あるいは生地違いで何枚か揃えたりする方もすでにたくさんいらっしゃいます。程よくゆったり、程よく短めなシルエット。衿は小さめで、やや外側に開き気味の形のボタンダウン。(できれば、衿先のボタンは外さずに着ていただくと嬉しく思います)ネクタイをするのは無理だと思いますが、その分首が短い方でも気持ち良くご愛用いただけると思います。前立てはサイドギリギリの部分で縫製し、生地がびらびらと開かない仕様にしてあります。すっきりと上品な印象に。ボタンは、イタリアのドレスシャツに使われる様な肉厚の本貝ボタンを使用。袖口は、1捲り半、あるいは2捲り半で捲り上げた時に、袖が落ちて来ないバランスになっています。サイズ展開についてですが、昨年から00サイズの展開が始まりました。これまで小柄な女性にはゆったりしかご愛用いただけなかったのですが、00サイズは小柄な女性がちょうどよくご愛用いただけるサイズとなっています。オープン当初からご来店いただいている女性顧客様からのご要望にお応えて作りました。サイズ0は女性あるいは小柄な男性用。1は普段Sサイズを着る男性用。2はM、3はLサイズを着る男性用となります。

 

DSC_0205.jpg

 

今回入荷したのは、最初期から継続的に生産しているSupima CottonのOxfordの Pure White。コットンは、繊維長が長い程高級とされていますが、アメリカで最高級のコットンであるピマ・コットンの中でも特別に高級なものはスーピマ・コットン(日本では超長繊維綿花)と呼ばれています。通常織り目が粗めで、ごわっとした素材感が特徴的なオックスフォードですが、h.b b.d. shirtsはスーピマ・コットンを使用しているため、さらっとした心地いい肌触り。肉厚も比較的薄手なので、真夏以外のほぼオールシーズンご愛用いただくことができます。Pure Whiteは、青白くなく黄色みもない自然な色合いの白。着込むごとに、洗い込むごとに、やや生成りっぽく変化していきます。いわゆるワイシャツっぽさは感じられません。カジュアルにさらっとご愛用いただける白シャツです。classicoを始めて11年以上になりますが、こんなにも評判のいいシャツはありません。手前味噌ではありますが、classico1番のお薦めです。

 

DSC_0088.jpg

 

今回入荷のh.b b.d. shirtsにつきましては、classicoと長野県東御市にあるパンと日用品の店わざわざの2店舗だけの展開となります。

 

DSC_0085.jpg

 

classicoのアルバイトスタッフRui(158cm  やや細め)が着ているのはサイズ00。ちょうどいいサイズ感。小柄な女性にお薦めです。

 

DSC_0163.jpg

 

そして僕(165cm 55kg)が着ているのはサイズ1。ちょうどいいサイズ感。サイズ2はメンズのM、サイズ3はメンズのLになります。

 

DSC_0111.jpg

 

h.b b.d. shirts oxford Price : ¥13.800+Tax Color : Pure White Size : (Unisex) 00 / 0 / 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0198.jpg

 

h.b b.d. shirts oxford Size ( Unisex ) 00 : 胸幅45cm 裾幅45cm 肩幅40cm 前身丈56cm 後身丈67cm 袖丈57cm 首回り34cm

h.b b.d. shirts oxford Size ( Unisex )   0 : 胸幅47cm 裾幅47cm 肩幅42cm 前身丈58cm 後身丈69cm 袖丈59cm 首周り36cm
h.b b.d. shirts oxford Size ( Unisex )   1 : 胸幅51cm 裾幅51cm 肩幅44cm 前身丈60cm 後身丈71cm 袖丈61cm 首周り38cm
h.b b.d. shirts oxford Size ( Unisex )   2 : 胸幅55cm 裾幅55cm 肩幅46cm 前身丈62cm 後身丈73cm 袖丈63cm 首周り40cm
h.b b.d. shirts oxford Size ( Unisex )   3 : 胸幅59cm 裾幅59cm 肩幅48cm 前身丈64cm 後身丈75cm 袖丈65cm 首周り42cm

 

DSC_0200.jpg

| 23:00 |
h.b b.d. shirts

DSC_1034.jpg

 

h.b b.d. shirtsが再入荷。今回は小柄な女性顧客様からのご要望にお応えして00サイズが新登場です。新規様もリピーター様も続々!

 

DSC_1045.jpg

 

DSC_1048.jpg

 

h.b(エッチビー)は僕がはじめたブランドです。デザインしているなんて、大げさなことは言いません。企画していると言った程度です。 hbというのは、もともと僕が自分のお店を持ちたいと思った頃(17~18年程前)に、一番最初に浮かんだ店名です。昔見たとある雑誌に掲載されていた、とあるショップの看板犬の名前・HBからインスピレーションを得ました。わんこの名前にしては珍しい名前で、何だか可愛いなぁ~と印象に残っていたのです。もちろんHBと言えば思い浮かぶのは、鉛筆ですよね。Hard Blackの略語で、Bより硬くFより軟らかな鉛筆。硬さと柔らかさのバランスがちょうどよく、昔からそういう調和のとれた人になりたいと思い描いていました。お店を開く時にも、硬すぎず柔らかすぎず、調和のとれたバランスのいいお店にしたい!そんな風に思ったりしたものです。そして、数年程前から気に入っている言葉「日日是好日」、「にちにちこれこうじつ」と読みます。中国唐時代の禅語なのだそうです。僕が以前よく読んでいた小説家・武者小路実篤が好んだ言葉だったこともあり、僕も知ることになりました。人々はみな「今日も好い1日であります様に!」と願うけれど、実際には毎日がその様にうまくいく訳ではありません。毎日が晴れの日だけではなく、雨の日もあれば、雪の日もあるし、時には嵐が吹き荒れる日もあります。例えどんな日であっても、今日という日は2度と訪れることのない日であり、掛け替えの無い1日。晴れの日だけではなく、雨の日には雨の日の過ごし方や楽しみがあり、嵐の日だからと言っても決して悪いことばかりとは限らないのです。雨が降ったら雨の日の喜びを考えながら過ごし、雪が降ったら冬という季節ならではの情緒を感じながら過ごし、台風が来たら水の恵みに感謝し、農作物の豊作を願いながら過ごし...。好日はただ願っているだけでは訪れず、自らの考え方や生き方によって主体的に見出すものであるということなのだと思います。「日日是好日」は「にちにち...」と読みますが、これも僕が好きな「日々」(ひび)という言葉と考え合わせました。晴れの日だけではなく、雨の日も雪の日も、風の強い日や嵐の日でも、このシャツと共に日々過ごしていただきたい!もともと最初に考えていた店名の言葉から繋がって、意味合いも膨らんでいきました。"hibi"という名前にしようか?とちらっと頭を横切りましたが、やはりもう20年近い年月思い続けたhbという名前を活かしたく、hとbの間にiの上の点だけ残して下にピリオドとして残したh.bとすることにしました。(余談ですが、僕の名字「高橋」を英語で表すとhigh bridge。略してhbとなるんですよ。)常に手放すことのできない相棒の様な存在になります様に、願っています。

 

DSC_1046.jpg

 

h.b b.d. shirts oxford Price : ¥13.800+Tax Color : Pure White Size : (Unisex) 00 / 0 / 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1041.jpg

 

h.b b.d. shirtsは、ユニセックスのボタンダウン・シャツ。お若い方からご年配の方まで、男性女性あるいはその中間の方にも、幅広くご愛用いただいているシャツです。たいへんご好評をいただいておりまして、同じシャツを買い足したり、あるいは生地違いで何枚か揃えたりする方もすでにたくさんいらっしゃいます。程よくゆったり、程よく短めなシルエット。衿は小さめで、やや外側に開き気味の形のボタンダウン。(できれば、衿先のボタンは外さずに着ていただくと嬉しく思います)ネクタイをするのは無理だと思いますが、その分首が短い方でも気持ち良くご愛用いただけると思います。前立てはサイドギリギリの部分で縫製し、生地がびらびらと開かない仕様にしてあります。すっきりと上品な印象に。ボタンは、イタリアのドレスシャツに使われる様な肉厚の本貝ボタンを使用。袖口は、1捲り半、あるいは2捲り半で捲り上げた時に、袖が落ちて来ないバランスになっています。サイズ展開についてですが、今回から00サイズの展開が始まりました。これまで小柄な女性にはゆったりとしかご愛用いただけなかったのですが、00サイズは小柄な女性がちょうどよくご愛用いただけるサイズとなっています。オープン当初からご来店いただいている女性顧客様からのご要望にお応えしました。サイズ0は女性あるいは小柄な男性用。1は普段Sサイズを着る男性用。2はM、3はLサイズを着る男性用となります。

 

DSC_1052.jpg

 

DSC_1060.jpg

 

今回入荷したのは、最初期から継続的に生産しているSupima CottonのOxfordの Pure Whiteと昨年春から作り始めた同素材のPale Blue。コットンは、繊維長が長い程高級とされていますが、アメリカで最高級のコットンであるピマ・コットンの中でも特別に高級なものはスーピマ・コットン(日本では超長繊維綿花)と呼ばれています。通常織り目が粗めで、ごわっとした素材感が特徴的なオックスフォード素材ですが、h.b b.d. shirtsはスーピマ・コットンを使用しているため、さらっとした心地いい肌触り。肉厚も比較的薄手なので、真夏以外のほぼオールシーズン、ご愛用いただくことが可能です。Pure Whiteは、青白くなく黄色みもない自然な色合いの白です。着込むごとに、洗い込むごとに、やや生成りっぽく変化していきます。いわゆるワイシャツっぽさは感じられないので、カジュアルに、さらっとご愛用いただけるお薦めの白シャツです。Pale Blueは厳選した色合い。以前から要望が多かった色違いのBlueでしたが、どこのブランドでも作っている様なオックスフォードのブルーでは作りたくなかったのです。とっても淡くて美しい色合いのPale Blueは、まさに自分の思い描いていたイメージにぴったり。濃い色合いのジーンズやチノパンツ、ファティーグパンツなどとも相性は抜群!爽やかに品よくコーディネートすることが出来ますよ。手前味噌ではありますが、どちらも素晴らしい逸品であります。

 

DSC_1036.jpg

 

DSC_1062.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が着ているのはサイズ1。メンズのSサイズにあたります。ちょうど良いサイズ感。バランス良好です。

 

DSC_1221.jpg

 

h.b b.d. shirts oxford Price : ¥13.800 + Tax Color : Pale Blue Size : (Unisex) 00 / 0 / 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1055.jpg

 

h.b b.d. shirts Size ( Unisex ) 00 : 胸幅45cm 裾幅45cm 肩幅40cm 前身丈56cm 後身丈67cm 袖丈57cm 首回り34cm

h.b b.d. shirts Size ( Unisex )   0 : 胸幅47cm 裾幅47cm 肩幅42cm 前身丈58cm 後身丈69cm 袖丈59cm 首周り36cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )   1 : 胸幅51cm 裾幅51cm 肩幅44cm 前身丈60cm 後身丈71cm 袖丈61cm 首周り38cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )   2 : 胸幅55cm 裾幅55cm 肩幅46cm 前身丈62cm 後身丈73cm 袖丈63cm 首周り40cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )   3 : 胸幅59cm 裾幅59cm 肩幅48cm 前身丈64cm 後身丈75cm 袖丈65cm 首周り42cm

 

DSC_1056.jpg

| 23:00 |
h.b b.d. shirts

DSC_0731.jpg

 

長い間完売状態が続いていたh.b b.d. shirts Supima Cotton OxfordのNatural White & Pale Blueが再入荷しました。この機会に是非

 

DSC_0739.jpg

 

DSC_0730.jpg

 

h.b(エッチビー)は僕がはじめたブランドです。デザインしているなんて、大げさなことは言いません。企画していると言った程度です。 hbというのは、もともと僕が自分のお店を持ちたいと思った頃(17~18年程前)に、一番最初に浮かんだ店名です。昔見たとある雑誌に掲載されていた、とあるショップの看板犬の名前・HBからインスピレーションを得ました。わんこの名前にしては珍しい名前で、何だか可愛いなぁ~と印象に残っていたのです。もちろんHBと言えば思い浮かぶのは、鉛筆ですよね。Hard Blackの略語で、Bより硬くFより軟らかな鉛筆。硬さと柔らかさのバランスがちょうどよく、昔からそういう調和のとれた人になりたいと思い描いていました。お店を開く時にも、硬すぎず柔らかすぎず、調和のとれたバランスのいいお店にしたい!そんな風に思ったりしたものです。そして、数年程前から気に入っている言葉「日日是好日」、「にちにちこれこうじつ」と読みます。中国唐時代の禅語なのだそうです。僕が以前よく読んでいた小説家・武者小路実篤が好んだ言葉だったこともあり、僕も知ることになりました。人々はみな「今日も好い1日であります様に!」と願うけれど、実際には毎日がその様にうまくいく訳ではありません。毎日が晴れの日だけではなく、雨の日もあれば、雪の日もあるし、時には嵐が吹き荒れる日もあります。例えどんな日であっても、今日という日は2度と訪れることのない日であり、掛け替えの無い1日。晴れの日だけではなく、雨の日には雨の日の過ごし方や楽しみがあり、嵐の日だからと言っても決して悪いことばかりとは限らないのです。雨が降ったら雨の日の喜びを考えながら過ごし、雪が降ったら冬という季節ならではの情緒を感じながら過ごし、台風が来たら水の恵みに感謝し、農作物の豊作を願いながら過ごし...。好日はただ願っているだけでは訪れず、自らの考え方や生き方によって主体的に見出すものであるということなのだと思います。「日日是好日」は「にちにち...」と読みますが、これも僕が好きな「日々」(ひび)という言葉と考え合わせました。晴れの日だけではなく、雨の日も雪の日も、風の強い日や嵐の日でも、このシャツと共に日々過ごしていただきたい!もともと最初に考えていた店名の言葉から繋がって、意味合いも膨らんでいきました。"hibi"という名前にしようか?とちらっと頭を横切りましたが、やはりもう20年近い年月思い続けたhbという名前を活かしたく、hとbの間にiの上の点だけ残して下にピリオドとして残したh.bとすることにしました。(余談ですが、僕の名字「高橋」を英語で表すとhigh bridge。略してhbとなるんですよ。)常に手放すことのできない相棒の様な存在になります様に、願っています。

 

DSC_0737.jpg

 

DSC_0742.jpg

 

classicoの新しいスタッフ、ルイ(158cm、やや細め)が着ているのはサイズ0です。程よいゆったり感。ちょうどいいサイズです。

 

DSC_0716.jpg

 

h.b b.d. shirts Price : ¥13.800 + Tax Color : Natural White Size : ( Unisex ) 0 / 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Japan. 

 

DSC_0736.jpg

 

h.b b.d. shirtsは、ユニセックスのボタンダウン・シャツ。お若い方からご年配の方まで、男性女性あるいはその中間の方にも、幅広くご愛用いただいているシャツです。たいへんご好評をいただいておりまして、同じシャツを買い足したり、あるいは生地違いで何枚か揃えたりする方もすでにたくさんいらっしゃいます。程よくゆったり、程よく短めなシルエット。衿は小さめで、やや外側に開き気味の形のボタンダウン。(できれば、衿先のボタンは外さずに着ていただくと嬉しく思います)ネクタイをするのは無理だと思いますが、その分首が短い方でも気持ち良くご愛用いただけると思います。前立てはサイドギリギリの部分で縫製し、生地がびらびらと開かない仕様にしてあります。すっきりと上品な印象に。ボタンは、イタリアのドレスシャツに使われる様な肉厚の本貝ボタンを使用。袖口は、1捲り半、あるいは2捲り半で捲り上げた時に、袖が落ちて来ないバランスになっています。サイズは、0から3までの4サイズ。0だったら標準サイズの女性から小柄な男性用。1だったら普段Sサイズを着る男性用。2はM、3はLサイズを着る男性用となります。

 

DSC_0726.jpg

 

DSC_0750.jpg

 

今回入荷したのは、最初期から継続的に生産しているSupima CottonのOxfordの Pure Whiteと昨年春から作り始めた同素材のPale Blue。コットンは、繊維長が長い程高級とされていますが、アメリカで最高級のコットンであるピマ・コットンの中でも特別に高級なものはスーピマ・コットン(日本では超長繊維綿花)と呼ばれています。通常織り目が粗めで、ごわっとした素材感が特徴的なオックスフォード素材ですが、h.b b.d. shirtsはスーピマ・コットンを使用しているため、さらっとした心地いい肌触り。肉厚も比較的薄手なので、真夏以外のほぼオールシーズン、ご愛用いただくことが可能です。Pure Whiteは、青白くなく黄色みもない自然な色合いの白です。着込むごとに、洗い込むごとに、やや生成りっぽく変化していきます。いわゆるワイシャツっぽさは感じられないので、カジュアルに、さらっとご愛用いただけるお薦めの白シャツです。Pale Blueは厳選した色合い。以前から要望が多かった色違いのBlueでしたが、どこのブランドでも作っている様なオックスフォードのブルーでは作りたくなかったのです。とっても淡くて美しい色合いのPale Blueは、まさに自分の思い描いていたイメージにぴったり。濃い色合いのジーンズやチノパンツ、ファティーグパンツなどとも相性は抜群!爽やかに品よくコーディネートすることが出来ますよ。手前味噌ではありますが、どちらも素晴らしい逸品であります。

 

DSC_0742 (1).jpg

 

DSC_0744.jpg

 

今回入荷分から青森県弘前市にあるTHE STABLESでもお取り扱いいただくことになりました。THE STABLESでもご購入可能です。

 

DSC_0746 (1).jpg

 

DSC_0753.jpg

 

僕(165cm、55kg)が着ているのはサイズ1。ちょうどいいサイズ感。サイズ2はメンズM、サイズ3はメンズLが目安となります。

 

DSC_0763.jpg

 

h.b b.d. shirts Price : ¥13.800 + Tax Color : Pale Blue Size : ( Unisex ) 0 / 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Japan. 

 

DSC_0745.jpg

 

h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  0 : 胸幅47cm 裾幅47cm 肩幅42cm 前身丈58cm 後身丈69cm 袖丈59cm 首周り36cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  1 : 胸幅51cm 裾幅51cm 肩幅44cm 前身丈60cm 後身丈71cm 袖丈61cm 首周り38cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  2 : 胸幅55cm 裾幅55cm 肩幅46cm 前身丈62cm 後身丈73cm 袖丈63cm 首周り40cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  3 : 胸幅59cm 裾幅59cm 肩幅48cm 前身丈64cm 後身丈75cm 袖丈65cm 首周り42cm

 

DSC_0746.jpg

| 23:00 |
h.b b.d. shirts

1.jpg

みなさま、お待ち遠様でした。h.b b.d. shirtsの新作が登場です。ふんわりやわらかで風通しの良いダブルガーゼ。着心地最高っす!

8.jpg

1.jpg

h.b(エッチビー)は僕がはじめたブランドです。デザインしているなんて、大げさなことは言いません。企画していると言った程度です。 hbというのは、もともと僕が自分のお店を持ちたいと思った頃(17~18年程前)に、一番最初に浮かんだ店名です。昔見たとある雑誌に掲載されていた、とあるショップの看板犬の名前・HBからインスピレーションを得ました。わんこの名前にしては珍しい名前で、何だか可愛いなぁ~と印象に残っていたのです。もちろんHBと言えば思い浮かぶのは、鉛筆ですよね。Hard Blackの略語で、Bより硬くFより軟らかな鉛筆。硬さと柔らかさのバランスがちょうどよく、昔からそういう調和のとれた人になりたいと思い描いていました。お店を開く時にも、硬すぎず柔らかすぎず、調和のとれたバランスのいいお店にしたい!そんな風に思ったりしたものです。そして、数年程前から気に入っている言葉「日日是好日」、「にちにちこれこうじつ」と読みます。中国唐時代の禅語なのだそうです。僕が以前よく読んでいた小説家・武者小路実篤が好んだ言葉だったこともあり、僕も知ることになりました。人々はみな「今日も好い1日であります様に!」と願うけれど、実際には毎日がその様にうまくいく訳ではありません。毎日が晴れの日だけではなく、雨の日もあれば、雪の日もあるし、時には嵐が吹き荒れる日もあります。例えどんな日であっても、今日という日は2度と訪れることのない日であり、掛け替えの無い1日。晴れの日だけではなく、雨の日には雨の日の過ごし方や楽しみがあり、嵐の日だからと言っても決して悪いことばかりとは限らないのです。雨が降ったら雨の日の喜びを考えながら過ごし、雪が降ったら冬という季節ならではの情緒を感じながら過ごし、台風が来たら水の恵みに感謝し、農作物の豊作を願いながら過ごし...。好日はただ願っているだけでは訪れず、自らの考え方や生き方によって主体的に見出すものであるということなのだと思います。「日日是好日」は「にちにち...」と読みますが、これも僕が好きな「日々」(ひび)という言葉と考え合わせました。晴れの日だけではなく、雨の日も雪の日も、風の強い日や嵐の日でも、このシャツと共に日々過ごしていただきたい!もともと最初に考えていた店名の言葉から繋がって、意味合いも膨らんでいきました。"hibi"という名前にしようか?とちらっと頭を横切りましたが、やはりもう20年近い年月思い続けたhbという名前を活かしたく、hとbの間にiの上の点だけ残して下にピリオドとして残したh.bとすることにしました。(余談ですが、僕の名字「高橋」を英語で表すとhigh bridge。略してhbとなるんですよ。)常に手放すことのできない相棒の様な存在になります様に、願っています。

2.jpg

9.jpg

下の写真の中でうちのカミさん・チグ(標準的な身長、9号サイズ)が着ているのはサイズ0。小柄な男性にもお薦めのサイズです。

1.jpg

h.b b.d. shirts Price : ¥16.800 + Tax Color : Natural White Size : (Unisex) 0 / 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in East Tokyo.

3.jpg

h.b b.d. shirtsは、ユニセックスのボタンダウン・シャツ。お若い方からご年配の方まで、男性女性あるいはその中間の方にも、幅広くご愛用いただいているシャツです。たいへんご好評をいただいておりまして、同じシャツを買い足したり、あるいは生地違いで何枚か揃えたりする方もすでにたくさんいらっしゃいます。程よくゆったり、程よく短めなシルエット。衿は小さめで、やや外側に開き気味の形のボタンダウン。(できれば、衿先のボタンは外さずに着ていただくと嬉しく思います)ネクタイをするのは無理だと思いますが、その分首が短い方でも気持ち良くご愛用いただけると思います。前立てはサイドギリギリの部分で縫製し、生地がびらびらと開かない仕様にしてあります。すっきりと上品な印象に。ボタンは、イタリアのドレスシャツに使われる様な肉厚の本貝ボタンを使用。袖口は、1捲り半、あるいは2捲り半で捲り上げた時に、袖が落ちて来ないバランスになっています。サイズは、0から3までの4サイズ。0だったら標準サイズの女性から小柄な男性用。1だったら普段Sサイズを着る男性用。2はM、3はLサイズを着る男性用となります。

2.jpg

今回入荷したh.b b.d. shirtsは新しい素材、コットン100%のダブルガーゼになります。以前に展開したダブルガーセよりもふんわりと柔らかくて風通しの良い素材です。比較的長いシーズンに渡ってご愛用いただくことが出来ますよ。お洗濯の際には、洗濯用ネットに入れて洗う様にしてください。またMarine Navyの方は色落ちする可能性もありますので、色分けして洗うことをお薦めします。

5.jpg

3.jpg

福岡県久留米市にあるPERSICAさん長野県東御市にあるわざわざさんでもお取り扱いしております。どちらも素敵なお店ですよぉ

4.jpg

5.jpg

6.jpg

下の写真の中で僕(165cm、58kg)が着ているのは、サイズ1。程よいゆったり感でちょうど良いバランスです。気持良過ぎですわ!

1.jpg

h.b b.d. shirts Price : ¥16.800 + Tax Color : Marine Navy Size : (Unisex) 0 / 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in East Tokyo.

4.jpg

h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  0 : 胸幅47cm 裾幅47cm 肩幅42cm 前身丈58cm 後身丈69cm 袖丈59cm 首周り36cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  1 : 胸幅51cm 裾幅51cm 肩幅44cm 前身丈60cm 後身丈71cm 袖丈61cm 首周り38cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  2 : 胸幅55cm 裾幅55cm 肩幅46cm 前身丈62cm 後身丈73cm 袖丈63cm 首周り40cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  3 : 胸幅59cm 裾幅59cm 肩幅48cm 前身丈64cm 後身丈75cm 袖丈65cm 首周り42cm

7.jpg

| 23:30 |
h.b b.d. shirts
1.jpg

h.b b.d. shirtsのsupima cotton oxford。サイズに寄っては在庫があります。2枚目、3毎目というリピーターさんが続々と...。嬉し!
 
2.jpg
 
2.jpg
 
h.b(エッチビー)は僕がはじめたブランドです。デザインしているなんて、大げさなことは言いません。企画していると言った程度です。 hbというのは、もともと僕が自分のお店を持ちたいと思った頃(17~18年程前)に、一番最初に浮かんだ店名です。昔見たとある雑誌に掲載されていた、とあるショップの看板犬の名前・HBからインスピレーションを得ました。わんこの名前にしては珍しい名前で、何だか可愛いなぁ~と印象に残っていたのです。もちろんHBと言えば思い浮かぶのは、鉛筆ですよね。Hard Blackの略語で、Bより硬くFより軟らかな鉛筆。硬さと柔らかさのバランスがちょうどよく、昔からそういう調和のとれた人になりたいと思い描いていました。お店を開く時にも、硬すぎず柔らかすぎず、調和のとれたバランスのいいお店にしたい!そんな風に思ったりしたものです。そして、数年程前から気に入っている言葉「日日是好日」、「にちにちこれこうじつ」と読みます。中国唐時代の禅語なのだそうです。僕が以前よく読んでいた小説家・武者小路実篤が好んだ言葉だったこともあり、僕も知ることになりました。人々はみな「今日も好い1日であります様に!」と願うけれど、実際には毎日がその様にうまくいく訳ではありません。毎日が晴れの日だけではなく、雨の日もあれば、雪の日もあるし、時には嵐が吹き荒れる日もあります。例えどんな日であっても、今日という日は2度と訪れることのない日であり、掛け替えの無い1日。晴れの日だけではなく、雨の日には雨の日の過ごし方や楽しみがあり、嵐の日だからと言っても決して悪いことばかりとは限らないのです。雨が降ったら雨の日の喜びを考えながら過ごし、雪が降ったら冬という季節ならではの情緒を感じながら過ごし、台風が来たら水の恵みに感謝し、農作物の豊作を願いながら過ごし...。好日はただ願っているだけでは訪れず、自らの考え方や生き方によって主体的に見出すものであるということなのだと思います。「日日是好日」は「にちにち...」と読みますが、これも僕が好きな「日々」(ひび)という言葉と考え合わせました。晴れの日だけではなく、雨の日も雪の日も、風の強い日や嵐の日でも、このシャツと共に日々過ごしていただきたい!もともと最初に考えていた店名の言葉から繋がって、意味合いも膨らんでいきました。"hibi"という名前にしようか?とちらっと頭を横切りましたが、やはりもう20年近い年月思い続けたhbという名前を活かしたく、hとbの間にiの上の点だけ残して下にピリオドとして残したh.bとすることにしました。(余談ですが、僕の名字「高橋」を英語で表すとhigh bridge。略してhbとなるんですよ。)常に手放すことのできない相棒の様な存在になります様に、願っています。
 
3.jpg
 
1.jpg
 
1.jpg
 
h.b b.d. shirtsは、ユニセックスのボタンダウン・シャツ。お若い方からご年配の方まで、男性女性あるいはその中間の方にも、幅広くご愛用いただいているシャツです。たいへんご好評をいただいておりまして、同じシャツを買い足したり、あるいは生地違いで何枚か揃えたりする方もすでにたくさんいらっしゃいます。程よくゆったり、程よく短めなシルエット。衿は小さめで、やや外側に開き気味の形のボタンダウン。(できれば、衿先のボタンは外さずに着ていただくと嬉しく思います)ネクタイをするのは無理だと思いますが、その分首が短い方でも気持ち良くご愛用いただけると思います。前立てはサイドギリギリの部分で縫製し、生地がびらびらと開かない仕様にしてあります。すっきりと上品な印象に。ボタンは、イタリアのドレスシャツに使われる様な肉厚の本貝ボタンを使用。袖口は、1捲り半、あるいは2捲り半で捲り上げた時に、袖が落ちて来ないバランスになっています。サイズは、0から3までの4サイズ。0だったら標準サイズの女性から小柄な男性用。1だったら普段Sサイズを着る男性用。2はM、3はLサイズを着る男性用となります。
 
1.jpg
 
h.b b.d. shirts supima cotton oxford ¥13.800+Tax Color : Pure White Size : (♀♂) 0 / 1 / 2  Cotton 100% Made in Tokyo.
 
2.jpg
 
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  0 : 胸幅47cm 裾幅47cm 肩幅42cm 前身丈58cm 後身丈69cm 袖丈59cm 首周り36cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  1 : 胸幅51cm 裾幅51cm 肩幅44cm 前身丈60cm 後身丈71cm 袖丈61cm 首周り38cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  2 : 胸幅55cm 裾幅55cm 肩幅46cm 前身丈62cm 後身丈73cm 袖丈63cm 首周り40cm
 
3.jpg
| 23:00 |
h.b b.d. shirts
1.jpg

このところ海外からのお客様からの評価が高いh.b b.d. shirts。ニューヨークで、ロンドンで、このシャツが大活躍している様です。

2.jpg

h.b(エッチビー)は私がはじめたブランドです。デザインしているなんて、大げさなことは言いません。企画していると言った程度です。 hbというのは、もともと僕が自分のお店を持ちたいと思った頃(17~18年程前)に、一番最初に浮かんだ店名です。昔見たとある雑誌に掲載されていた、とあるショップの看板犬の名前・HBからインスピレーションを得ました。わんこの名前にしては珍しい名前で、何だか可愛いなぁ~と印象に残っていたのです。もちろんHBと言えば思い浮かぶのは、鉛筆ですよね。Hard Blackの略語で、Bより硬くFより軟らかな鉛筆。硬さと柔らかさのバランスがちょうどよく、昔からそういう調和のとれた人になりたいと思い描いていました。お店を開く時にも、硬すぎず柔らかすぎず、調和のとれたバランスのいいお店にしたい!そんな風に思ったりしたものです。そして、数年程前から気に入っている言葉「日日是好日」、「にちにちこれこうじつ」と読みます。中国唐時代の禅語なのだそうです。僕が以前よく読んでいた小説家・武者小路実篤が好んだ言葉だったこともあり、僕も知ることになりました。人々はみな「今日も好い1日であります様に!」と願うけれど、実際には毎日がその様にうまくいく訳ではありません。毎日が晴れの日だけではなく、雨の日もあれば、雪の日もあるし、時には嵐が吹き荒れる日もあります。例えどんな日であっても、今日という日は2度と訪れることのない日であり、掛け替えの無い1日。晴れの日だけではなく、雨の日には雨の日の過ごし方や楽しみがあり、嵐の日だからと言っても決して悪いことばかりとは限らないのです。雨が降ったら雨の日の喜びを考えながら過ごし、雪が降ったら冬という季節ならではの情緒を感じながら過ごし、台風が来たら水の恵みに感謝し、農作物の豊作を願いながら過ごし...。好日はただ願っているだけでは訪れず、自らの考え方や生き方によって主体的に見出すものであるということなのだと思います。「日日是好日」は「にちにち...」と読みますが、これも僕が好きな「日々」(ひび)という言葉と考え合わせました。晴れの日だけではなく、雨の日も雪の日も、風の強い日や嵐の日でも、このシャツと共に日々過ごしていただきたい!もともと最初に考えていた店名の言葉から繋がって、意味合いも膨らんでいきました。"hibi"という名前にしようか?とちらっと頭を横切りましたが、やはりもう20年近い年月思い続けたhbという名前を活かしたく、hとbの間にiの上の点だけ残して下にピリオドとして残したh.bとすることにしました。(余談ですが、僕の名字「高橋」を英語で表すとhigh bridge。略してhbとなるんですよ。)常に手放すことのできない相棒の様な存在になります様に、願っています。

1.jpg

h.b b.d. shirts S.Oxford Price : ¥13.800+Tax Color : Pure White Size : (Unisex)  0 / 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Tokyo.

1.jpg

h.b b.d. shirtsは、ユニセックスのボタンダウン・シャツ。お若い方からご年配の方まで、男性女性あるいはその中間の方にも、幅広くご愛用いただいているシャツです。たいへんご好評をいただいておりまして、同じシャツを買い足したり、あるいは生地違いで何枚か揃えたりする方もすでにたくさんいらっしゃいます。程よくゆったり、程よく短めなシルエット。衿は小さめで、やや外側に開き気味の形のボタンダウン。(できれば、衿先のボタンは外さずに着ていただくと嬉しく思います)ネクタイをするのは無理だと思いますが、その分首が短い方でも気持ち良くご愛用いただけると思います。前立てはサイドギリギリの部分で縫製し、生地がびらびらと開かない仕様にしてあります。すっきりと上品な印象に。ボタンは、イタリアのドレスシャツに使われる様な肉厚の本貝ボタンを使用。袖口は、1捲り半、あるいは2捲り半で捲り上げた時に、袖が落ちて来ないバランスになっています。サイズは、0から3までの4サイズ。0だったら標準サイズの女性から小柄な男性用。1だったら普段Sサイズを着る男性用。2はM、3はLサイズを着る男性用となります。

3.jpg

今年の春から福岡県久留米市にあるPERSICAさんでもお取り扱いいただく様になりました。そして、今回入荷分から長野県東御市御牧原にあるパンと日用品のお店わざわざさんでもお取り扱いが始まりました。どちらも素敵なお店です。よろしくお願いいたします。

1.jpg

h.b b.d. shirts S.Oxford Price : ¥13.800+Tax Color : Pale Blue Size : (Unisex)  0 / 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Tokyo.

1.jpg

h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  0 : 胸幅47cm 裾幅47cm 肩幅42cm 前身丈58cm 後身丈69cm 袖丈59cm 首周り36cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  1 : 胸幅51cm 裾幅51cm 肩幅44cm 前身丈60cm 後身丈71cm 袖丈61cm 首周り38cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  2 : 胸幅55cm 裾幅55cm 肩幅46cm 前身丈62cm 後身丈73cm 袖丈63cm 首周り40cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  3 : 胸幅59cm 裾幅59cm 肩幅48cm 前身丈64cm 後身丈75cm 袖丈65cm 首周り42cm

2.jpg

今回入荷したのは、最初期から継続的に生産しているSupima CottonのOxfordの Pure Whiteと同素材新色のPale Blue。コットンは、繊維長が長い程高級とされていますが、アメリカで最高級のコットンであるピマ・コットンの中でも特別に高級なものはスーピマ・コットン(日本では超長繊維綿花)と呼ばれています。通常織り目が粗めで、ごわっとした素材感が特徴的なオックスフォード素材ですが、h.b b.d. shirtsはスーピマ・コットンを使用しているため、さらっとした心地いい肌触り。肉厚も比較的薄手なので、真夏以外のほぼオールシーズン、ご愛用いただくことが可能です。Pure Whiteは、青白くなく黄色みもない自然な色合いの白です。着込むごとに、洗い込むごとに、やや生成りっぽく変化していきます。いわゆるワイシャツっぽさは感じられないので、カジュアルに、さらっとご愛用いただけるお薦めの白シャツです。Pale Blueは、今春、満を持して作りました。以前から要望が多かった色違いのBlueでしたが、どこのブランドでも作っている様なオックスフォードのブルーでは作りたくなかったのです。とっても淡くて美しい色合いのPale Blueは、まさに自分の思い描いていたイメージにぴったり。濃い色合いのジーンズやチノパンツ、ファティーグパンツなどとも相性は抜群!爽やかに品よくコーディネートすることが出来ますよ。手前味噌ではありますが、どちらも素晴らしい名品であります。

2.jpg
| 23:00 |
h.b b.d. shirts
1.jpg

すでにたくさんの皆様にご愛用いただいております h.b b.d. shirts Supima Cotton Oxford。いよいよ新色が登場です。Pale Blue!

5.jpg

10.jpg

9.jpg

h.b(エッチビー)は私がはじめたブランドです。デザインしているなんて、大げさなことは言いません。企画していると言った程度です。 hbというのは、もともと僕が自分のお店を持ちたいと思った頃(17~18年程前)に、一番最初に浮かんだ店名です。昔見たとある雑誌に掲載されていた、とあるショップの看板犬の名前・HBからインスピレーションを得ました。わんこの名前にしては珍しい名前で、何だか可愛いなぁ~と印象に残っていたのです。もちろんHBと言えば思い浮かぶのは、鉛筆ですよね。Hard Blackの略語で、Bより硬くFより軟らかな鉛筆。硬さと柔らかさのバランスがちょうどよく、昔からそういう調和のとれた人になりたいと思い描いていました。お店を開く時にも、硬すぎず柔らかすぎず、調和のとれたバランスのいいお店にしたい!そんな風に思ったりしたものです。そして、数年程前から気に入っている言葉「日日是好日」、「にちにちこれこうじつ」と読みます。中国唐時代の禅語なのだそうです。僕が以前よく読んでいた小説家・武者小路実篤が好んだ言葉だったこともあり、僕も知ることになりました。人々はみな「今日も好い1日であります様に!」と願うけれど、実際には毎日がその様にうまくいく訳ではありません。毎日が晴れの日だけではなく、雨の日もあれば、雪の日もあるし、時には嵐が吹き荒れる日もあります。例えどんな日であっても、今日という日は2度と訪れることのない日であり、掛け替えの無い1日。晴れの日だけではなく、雨の日には雨の日の過ごし方や楽しみがあり、嵐の日だからと言っても決して悪いことばかりとは限らないのです。雨が降ったら雨の日の喜びを考えながら過ごし、雪が降ったら冬という季節ならではの情緒を感じながら過ごし、台風が来たら水の恵みに感謝し、農作物の豊作を願いながら過ごし...。好日はただ願っているだけでは訪れず、自らの考え方や生き方によって主体的に見出すものであるということなのだと思います。「日日是好日」は「にちにち...」と読みますが、これも僕が好きな「日々」(ひび)という言葉と考え合わせました。晴れの日だけではなく、雨の日も雪の日も、風の強い日や嵐の日でも、このシャツと共に日々過ごしていただきたい!もともと最初に考えていた店名の言葉から繋がって、意味合いも膨らんでいきました。"hibi"という名前にしようか?とちらっと頭を横切りましたが、やはりもう20年近い年月思い続けたhbという名前を活かしたく、hとbの間にiの上の点だけ残して下にピリオドとして残したh.bとすることにしました。(余談ですが、僕の名字「高橋」を英語で表すとhigh bridge。略してhbとなるんですよ。)常に手放すことのできない相棒の様な存在になります様に、願っています。

1.jpg

h.b b.d. shirts Price : ¥13.800 + Tax Color : Pure White Size : ( Unisex ) 0 / 1 / 2 / Cotton 100% Made in East Tokyo.

4.jpg

h.b b.d. shirtsは、ユニセックスのボタンダウン・シャツ。お若い方からご年配の方まで、男性女性あるいはその中間の方にも、幅広くご愛用いただいているシャツです。たいへんご好評をいただいておりまして、同じシャツを買い足したり、あるいは生地違いで何枚か揃えたりする方もすでにたくさんいらっしゃいます。程よくゆったり、程よく短めなシルエット。衿は小さめで、やや外側に開き気味の形のボタンダウン。(できれば、衿先のボタンは外さずに着ていただくと嬉しく思います)ネクタイをするのは無理だと思いますが、その分首が短い方でも気持ち良くご愛用いただけると思います。前立てはサイドギリギリの部分で縫製し、生地がびらびらと開かない仕様にしてあります。すっきりと上品な印象に。ボタンは、イタリアのドレスシャツに使われる様な肉厚の本貝ボタンを使用。袖口は、1捲り半、あるいは2捲り半で捲り上げた時に、袖が落ちて来ないバランスになっています。サイズは、0から3までの4サイズ。0だったら標準サイズの女性から小柄な男性用。1だったら普段Sサイズを着る男性用。2はM、3はLサイズを着る男性用となります。

2.jpg

6.jpg

8.jpg

7.jpg

今回入荷したのは、最初期から継続的に生産しているSupima CottonのOxfordの Pure Whiteと同素材新色のPale Blue。コットンは、繊維長が長い程高級とされていますが、アメリカで最高級のコットンであるピマ・コットンの中でも特別に高級なものはスーピマ・コットン(日本では超長繊維綿花)と呼ばれています。通常織り目が粗めで、ごわっとした素材感が特徴的なオックスフォード素材ですが、h.b b.d. shirtsはスーピマ・コットンを使用しているため、さらっとした心地いい肌触り。肉厚も比較的薄手なので、真夏以外のほぼオールシーズン、ご愛用いただくことが可能です。Pure Whiteは、青白くなく黄色みもない自然な色合いの白です。着込むごとに、洗い込むごとに、やや生成りっぽく変化していきます。いわゆるワイシャツっぽさは感じられないので、カジュアルに、さらっとご愛用いただけるお薦めの白シャツです。新色のPale Blueは、満を持して作りました。以前から要望が多かった色違いのBlueでしたが、どこのブランドでも作っている様なオックスフォードのブルーでは作りたくなかったのです。とっても淡くて美しい色合いのPale Blueは、まさに自分の思い描いていたイメージにぴったり。濃い色合いのジーンズやチノパンツ、ファティーグパンツなどとも相性は抜群!爽やかに品よくコーディネートすることが出来ますよ。手前味噌ではありますが、どちらも素晴らしい名品であります。

1.jpg

h.b b.d. shirts Price : ¥13.800 + Tax Color : Pale Blue Size : ( Unisex ) 0 / 1 // 3  Cotton 100% Made in East Tokyo.

2.jpg

h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  0 : 胸幅47cm 裾幅47cm 肩幅42cm 前身丈58cm 後身丈69cm 袖丈59cm 首周り36cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  1 : 胸幅51cm 裾幅51cm 肩幅44cm 前身丈60cm 後身丈71cm 袖丈61cm 首周り38cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  2 : 胸幅55cm 裾幅55cm 肩幅46cm 前身丈62cm 後身丈73cm 袖丈63cm 首周り40cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  3 : 胸幅59cm 裾幅59cm 肩幅48cm 前身丈64cm 後身丈75cm 袖丈65cm 首周り42cm

3.jpg
| 18:00 |
h.b b.d. shirts
1.jpg

お待ち遠様でした。h.b b.d. shirtsが再入荷です。Supima Cotton Oxford WhiteとW Gauze Blue。お喜びの声をいただいています!

6.jpg

4.jpg

h.b(エッチビー)は僕がはじめたブランドです。デザインしているなんて、大げさなことは言いません。企画していると言った程度です。 hbというのは、もともと僕が自分のお店を持ちたいと思った頃(17~18年程前)に、一番最初に浮かんだ店名です。昔見たとある雑誌に掲載されていた、とあるショップの看板犬の名前・HBからインスピレーションを得ました。わんこの名前にしては珍しい名前で、何だか可愛いなぁ~と印象に残っていたのです。もちろんHBと言えば思い浮かぶのは、鉛筆ですよね。Hard Blackの略語で、Bより硬くFより軟らかな鉛筆。硬さと柔らかさのバランスがちょうどよく、昔からそういう調和のとれた人になりたいと思い描いていました。お店を開く時にも、硬すぎず柔らかすぎず、調和のとれたバランスのいいお店にしたい!そんな風に思ったりしたものです。そして、数年程前から気に入っている言葉「日日是好日」、「にちにちこれこうじつ」と読みます。中国唐時代の禅語なのだそうです。僕が以前よく読んでいた小説家・武者小路実篤が好んだ言葉だったこともあり、僕も知ることになりました。人々はみな「今日も好い1日であります様に!」と願うけれど、実際には毎日がその様にうまくいく訳ではありません。毎日が晴れの日だけではなく、雨の日もあれば、雪の日もあるし、時には嵐が吹き荒れる日もあります。例えどんな日であっても、今日という日は2度と訪れることのない日であり、掛け替えの無い1日。晴れの日だけではなく、雨の日には雨の日の過ごし方や楽しみがあり、嵐の日だからと言っても決して悪いことばかりとは限らないのです。雨が降ったら雨の日の喜びを考えながら過ごし、雪が降ったら冬という季節ならではの情緒を感じながら過ごし、台風が来たら水の恵みに感謝し、農作物の豊作を願いながら過ごし...。好日はただ願っているだけでは訪れず、自らの考え方や生き方によって主体的に見出すものであるということなのだと思います。「日日是好日」は「にちにち...」と読みますが、これも僕が好きな「日々」(ひび)という言葉と考え合わせました。晴れの日だけではなく、雨の日も雪の日も、風の強い日や嵐の日でも、このシャツと共に日々過ごしていただきたい!もともと最初に考えていた店名の言葉から繋がって、意味合いも膨らんでいきました。"hibi"という名前にしようか?とちらっと頭を横切りましたが、やはりもう20年近い年月思い続けたhbという名前を活かしたく、hとbの間にiの上の点だけ残して下にピリオドとして残したh.bとすることにしました。(余談ですが、僕の名字「高橋」を英語で表すとhigh bridge。略してhbとなるんですよ。)常に手放すことのできない相棒の様な存在になります様に、願っています。

5.jpg

1.jpg

h.b b.d. shirts Supima Ox Price : ¥13.800 + Tax Color : White Size : ( Unisex ) 0 / 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Japan.

1.jpg

2.jpg

h.b b.d. shirtsは、ユニセックスのボタンダウン・シャツ。お若い方からご年配の方まで、男性女性あるいはその中間の方にも、幅広くご愛用いただいているシャツです。たいへんご好評をいただいておりまして、同じシャツを買い足したり、あるいは生地違いで何枚か揃えたりする方もすでにたくさんいらっしゃいます。程よくゆったり、程よく短めなシルエット。衿は小さめで、やや外側に開き気味の形のボタンダウン。(できれば、衿先のボタンは外さずに着ていただくと嬉しく思います)ネクタイをするのは無理だと思いますが、その分首が短い方でも気持ち良くご愛用いただけると思います。前立てはサイドギリギリの部分で縫製し、生地がびらびらと開かない仕様にしてあります。すっきりと上品な印象に。ボタンは、イタリアのドレスシャツに使われる様な肉厚の本貝ボタンを使用。袖口は、1捲り半、あるいは2捲り半で捲り上げた時に、袖が落ちて来ないバランスになっています。サイズは、0から3までの4サイズ。0だったら標準サイズの女性から小柄な男性用。1だったら普段Sサイズを着る男性用。2はM、3はLサイズを着る男性用となります。

今回入荷したのは、Supima CottonのOxford WhiteとW Gauze Blueの2素材各1色ずつ。本当は、W GauzeのWhiteとBlueを再生産するつもりだったのですが、W GauzeのWhiteは生地が無くなってしまったとのこと。生産終了となりました。ということで、これまでずっと定番的に作ってきたSupima Cotton のOxford素材が復活となりました。Supima CottonのOxfordは、いわゆるふつうのOxfordの様なごわごわ感がありません。さらっとした柔らかな素材感。幅広い時期に渡ってご愛用いただけて、着心地も快適です。W Gauzeの方は、もう少しふっくら・ふわっとした素材感。夏以外のスリーシーズン、ご愛用いただくことができますよ。こちらも肌触り柔らかで、絶品!堪りませぬ。どちらのシャツも、気になる方はお早めにご来店・ご試着、あるいはお問い合わせ下さいませ。

5.jpg

3.jpg

6.jpg

2.jpg

1.jpg

h.b b.d. shirts W Gauze Price : ¥15.800 + Tax Color : Blue Size : ( Unisex ) 0 / 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Japan.

1.jpg

h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  0 : 胸幅47cm 裾幅47cm 肩幅42cm 前身丈58cm 後身丈69cm 袖丈59cm 首周り36cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  1 : 胸幅51cm 裾幅51cm 肩幅44cm 前身丈60cm 後身丈71cm 袖丈61cm 首周り38cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  2 : 胸幅55cm 裾幅55cm 肩幅46cm 前身丈62cm 後身丈73cm 袖丈63cm 首周り40cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  3 : 胸幅59cm 裾幅59cm 肩幅48cm 前身丈64cm 後身丈75cm 袖丈65cm 首周り42cm

2.jpg
| 23:00 |
h.b b.d. shirts
5.jpg

かねてから検討を重ねていたh.b b.d. shirtsのWガーゼ・バージョン、ようやく完成しました。ふっくら柔らか、着心地は快適です。

1.jpg

僕が一番最初に自分のお店を持ちたいと夢見た頃(確か20代後半~30代前前半頃)考えていた店名は...hb (エッチ・ビー)。僕が高校3年か大学1~2年頃、当時愛読していた雑誌"Olive"の「プレス特集号」を見ていたら、BASSOというショップの「プレス担当の1日の過ごし方」的なページの片隅に、ショップの看板犬(アメリカン・コッカー・スパニエルだったか、イングリッシュ・コッカー・スパニエルだったか...)の名前が、"hb"だと紹介されていて、「"hb"っていう名前、可愛いなぁ~。」って、思ったのが始まりでした。その"hb"っていう名前の記憶が、何故だか頭の片隅からずっと離れずにいて、自分のショップを夢見た時に、店名として浮かんで来たという訳です。僕はどちらかと言うと生真面目で、堅物で、でもそんな自分があまり好きじゃなくて、堅さと柔らかさをバランス良く併せ持ちたいという願望から、"hb"という言葉に惹かれていたのかも知れません。歳を経るごとに柔軟になって、今では「大丈夫かいな?」って思う程、ゆるゆるになってしまいましたが。(結局は、その後に出会った言葉"classico"が、店名の座に就きました。)

2.jpg

日々是好日(にちにちこれこうじつ)は、僕の好きな言葉のひとつ。中国唐時代の禅語なのだそうです。僕が好きな小説家・武者小路実篤が好んだ言葉ということもあり、僕もこの言葉を知りました。実篤が実際に書いた書「日々(是)好日」の掛け軸を購入したこともあり、僕の宝物のひとつとなっています。人々はみな「今日もよい1日であります様に」と願うけれど、実際には毎日がその様にはいきません。毎日が晴れの日だったらいいけれど、雨の日も雪の日も、時には嵐が吹き荒れる日もあります。たとえどんな1日であっても、今日と言う1日は2度と来ない1日であり、掛け替えの無い1日。晴れの日が嬉しいのはもちろんだけど、雨の日には雨の日の楽しさや喜びがあり、嵐の日だからといって悪いことばかりとは言えないのです。雨が降ったら雨の日の喜びを考えながら過ごし、雪が降ったら冬という季節の情緒を感じながら過ごし、台風が来たら水の恵みに感謝し、農作物の豊作を願いながら過ごし...。好日はただ願っていても訪れず、自らの考え方や生き方によって主体的に見いだすものであるということでしょう。そうありたいと思います。

1.jpg

h.b b.d. shirts W Gauze Price : ¥15.800 + Tax Color : White Size : ( Unisex ) 0 / 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Japan.

1.jpg

日々(ひび)という言葉も、僕の好きな言葉。単純だけど、何だかね、好きなんです。「日々の営み」とか...。「毎日」とほぼ同じ意味を表す言葉だけれど、僕の中ではちょっと違ったニュアンス。(「日々」という雑誌をclassicoでもお取り扱いしていたことがありました。)晴れの日も、雨の日も、嵐の日も...日々を共に過ごしていただきたい。日々是好日。気持よく、心地よく。そんな風に暮らすための道具としての洋服を作って行きたいと思っています。"hibi wo tomo ni" hibi を略してhb。略す必要のないほど短いhibi ですが、あえて略して i(愛)の上に付いている"・"だけを真ん中下に残して、h.b 。そして、僕が自分のお店を持ちたいと最初に夢見た時に考えていた店名"hb"と繋がりました。ちなみに、僕の名前(名字)を英語にすると"high bridge"。省略すると"hb"。余談でした。

4.jpg

h.b のスタートが当初より遅れてしまったのは、織りネームの進行が遅れたから。始まりは2012年7月3日から。あらかじめアポイントを取り、趣旨をお伝えした上で、山梨県富士吉田市にある有限会社テンジンを訪ねました。テンジンはclassicoでもお取引している会社。リネンのクロス類やタオルでお馴染みのALDINは、テンジンのブランドです。山梨県富士吉田市は、古くから織物で栄えた街。テンジンも自社の織物工場を持っており、ALDINのリネン類の素材は、自社の織物工場で製造しています。ALDINのリネン類は、もともとアンティークのリネン・クロスとの出会いから始まりました。アンティーク・リネンに魅了され、この様なクロスを作りたいと志し、クロスに使用している糸や織り方など組織について研究。試作を重ねながら、やがてALDINのクロスが産み出されました。ALDINがスタートしてからは10年以上の月日が流れ、今では多くのファンのみなさんに愛されるブランドとなりました。classicoにおいてももはや欠かすことのできない大切なブランドのひとつです。ALDINのクロスの中には、クロスステッチ刺繍が施されたものが数多く、アンティーク・リネンの雰囲気をより深く感じることが出来ます。このクロスステッチ刺繍によってh.b の織りネームを作りたい!そう思ったことから、テンジンの小林専務に相談。ご協力いただけるというお返事をいただき、富士吉田のテンジンへと向かいました

4.jpg

テンジンにあるクロスステッチの資料の中から、織りネームのイメージに合うデザインを選び出し、刺繍糸の色を選ばせていただき、刺繍サンプルを依頼。後日、僕の方から織りネームに使用する生地をお送りしました。ALDINの刺繍は、富士吉田市内にある刺繍屋さんが担当しています。クロスステッチと言っても手刺繍ではなく、機械による刺繍です。最初に送っていただいた刺繍サンプルは、僕がイメージしていたよりもきれい過ぎて、進行することが出来ませんでした。ちょうどその頃、クロスステッチ刺繍を習い始め、練習していたカミさんに相談。手刺繍だと細かいデザイン修正などがしやすいのです。カミさんに幾つかのデザインで、大きさも変えながら手刺繍をしてもらいました。その中でイメージ通りにできた刺繍サンプルをテンジンに送り、機械で刺繍し直していただきました。納得できる仕上がりになったため、実際に織りネーム用の刺繍を発注。このh.b b.d.shirtsに付いている織りネームが完成しました。時間は掛かったけど、気に入る織りネームができてよかったです。左上にブランド名 h.b の刺繍が入り、右下にはそれぞれのサイズの刺繍が入っています。刺繍機による刺繍ではありますが、手刺繍によるクロステッチの様に1枚1枚微妙に表情が異なります。同じサイズの在庫が複数枚ある場合、店頭ではお好みの織りネームで選んでいただくこともできますので、ご希望の方はご要望ください。

3.jpg

程よくゆったり、着丈は短め。パンツの中にインしても着ることが出来るけど、出して着た時にちょうどいいバランス感を一番大切にしました。2番目に大切にしたのは、素材感。まず最初はオーソドックスなオックスフォードで作りたいと考えていましたが、せっかく作るなら着心地の良いものがいいし、肌触りの心地いいものがいいからと、生地を変更しました。結局実際に採用した生地は、スーピマ(スーパー・ピマ)コットンのオックスフォード。もう何度も生産・販売しており、皆様にたいへんご好評をいただいています。2番目に採用したのは、コットン・リネンのセルヴィッチ・シャンブレー。こちらもたいへん気に入っている素材で、また今年の春から夏に掛けて再生産したいと考えています。そして今回3番目の生地として採用したのが、コットンのWガーゼ素材。この生地に辿り着くまでに実は試行錯誤していました。ふわっとしたコットンのWガーゼで作ってみたいとずっと考えていたのですが、Wガーゼの場合お洗濯した時にどうしても縦に強く皺が入ってしまうのです。幾つか候補の生地でサンプルを作ってもらったのですが、どうしても婦人服っぽさが感じられる出来になってしまい、実現には至りませんでした。そうこうしている内に出会ったのが、このWガーゼの生地。サンプルが出来上がった後、我が家に持ち帰って洗濯をしてみました。するとほとんど縦皺が入らず、思い通りの出来上がりとなりました。ふっくらと柔らか。肌触りも冷たくはなく、着心地も快適。やわらかな雰囲気のオフホワイトとシャンブレー風の色合いのブルー。どちらもコーディネートがしやすい色合いです。夏以外の時期にはご愛用いただくことができます。スーピマ・オックスやシャンブレーのh.b b.d. shirtsをご愛用いただいている皆様には是非お薦めしたいシャツなのであります。3番目に大切にしたのは、ファクトリー。シャツを縫製していただく工場は、東東京にあるシャツ専門の町工場にお願いしました。現場はどうしても見ておきたかったので、先日見学にうかがいました。家族経営の小さな町工場ですが、丁寧なお仕事ぶりが伝わる信頼できる工場です。こだわりの強いとあるメンズ・ブランドからシャツの製作を依頼されていることからも、そのお仕事の確かさをうかがうことができました。こうした技術力の高い小さな町工場にお仕事をお願いし続けることは、とっても大切なことだと思っています。大量生産・大量消費により、使い捨てられ、生み出されるゴミとなる洋服たち。ファスト・ファッションへのアンチテーゼ。h.b の目指すところであります。

1.jpg

h.b b.d. shirts W Gauze Price : ¥15.800 + Tax Color : Blue Size : ( Unisex )/ 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Japan.

2.jpg

h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  0 : 胸幅47cm 裾幅47cm 肩幅42cm 前身丈58cm 後身丈69cm 袖丈59cm 首周り36cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  1 : 胸幅51cm 裾幅51cm 肩幅44cm 前身丈60cm 後身丈71cm 袖丈61cm 首周り38cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  2 : 胸幅55cm 裾幅55cm 肩幅46cm 前身丈62cm 後身丈73cm 袖丈63cm 首周り40cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  3 : 胸幅59cm 裾幅59cm 肩幅48cm 前身丈64cm 後身丈75cm 袖丈65cm 首周り42cm

3.jpg
| 23:30 |
h.b b.d. shirts
3.jpg

ご愛用いただいている皆様からお喜びの声をいただいております。全て完売状態となっていたh.b b.d. shirtsがいよいよ入荷です!

5.jpg

僕が一番最初に自分のお店を持ちたいと夢見た頃(確か20代後半~30代前前半頃)考えていた店名は...hb (エッチ・ビー)。僕が高校3年か大学1~2年頃、当時愛読していた雑誌"Olive"の「プレス特集号」を見ていたら、BASSOというショップの「プレス担当の1日の過ごし方」的なページの片隅に、ショップの看板犬(アメリカン・コッカー・スパニエルだったか、イングリッシュ・コッカー・スパニエルだったか...)の名前が、"hb"だと紹介されていて、「"hb"っていう名前、可愛いなぁ~。」って、思ったのが始まりでした。その"hb"っていう名前の記憶が、何故だか頭の片隅からずっと離れずにいて、自分のショップを夢見た時に、店名として浮かんで来たという訳です。僕はどちらかと言うと生真面目で、堅物で、でもそんな自分があまり好きじゃなくて、堅さと柔らかさをバランス良く併せ持ちたいという願望から、"hb"という言葉に惹かれていたのかも知れません。歳を経るごとに柔軟になって、今では「大丈夫かいな?」って思う程、ゆるゆるになってしまいましたが。(結局は、その後に出会った言葉"classico"が、店名の座に就きました。)

2.jpg

日々是好日(にちにちこれこうじつ)は、僕の好きな言葉のひとつ。中国唐時代の禅語なのだそうです。僕が好きな小説家・武者小路実篤が好んだ言葉ということもあり、僕もこの言葉を知りました。実篤が実際に書いた書「日々(是)好日」の掛け軸を購入したこともあり、僕の宝物のひとつとなっています。人々はみな「今日もよい1日であります様に」と願うけれど、実際には毎日がその様にはいきません。毎日が晴れの日だったらいいけれど、雨の日も雪の日も、時には嵐が吹き荒れる日もあります。たとえどんな1日であっても、今日と言う1日は2度と来ない1日であり、掛け替えの無い1日。晴れの日が嬉しいのはもちろんだけど、雨の日には雨の日の楽しさや喜びがあり、嵐の日だからといって悪いことばかりとは言えないのです。雨が降ったら雨の日の喜びを考えながら過ごし、雪が降ったら冬という季節の情緒を感じながら過ごし、台風が来たら水の恵みに感謝し、農作物の豊作を願いながら過ごし...。好日はただ願っていても訪れず、自らの考え方や生き方によって主体的に見いだすものであるということでしょう。そうありたいと思います。

4.jpg

日々(ひび)という言葉も、僕の好きな言葉。単純だけど、何だかね、好きなんです。「日々の営み」とか...。「毎日」とほぼ同じ意味を表す言葉だけれど、僕の中ではちょっと違ったニュアンス。(「日々」という雑誌をclassicoでもお取り扱いしていたことがありました。)晴れの日も、雨の日も、嵐の日も...日々を共に過ごしていただきたい。日々是好日。気持よく、心地よく。そんな風に暮らすための道具としての洋服を作って行きたいと思っています。"hibi wo tomo ni" hibi を略してhb。略す必要のないほど短いhibi ですが、あえて略して i(愛)の上に付いている"・"だけを真ん中下に残して、h.b 。そして、僕が自分のお店を持ちたいと最初に夢見た時に考えていた店名"hb"と繋がりました。ちなみに、僕の名前(名字)を英語にすると"high bridge"。省略すると"hb"。余談でした。

3.jpg

程よくゆったり、着丈は短め。パンツの中にインしても着ることが出来るけど、出して着た時にちょうどいいバランス感を一番大切にしました。2番目に大切にしたのは、素材感。オックスフォードの生地に付いては、最初はオーソドックスな生地で考えていましたが、せっかく作るなら着心地の良いものがいいし、肌触りの心地いいものがいいからと、生地を変更しました。実際に使用した生地は、スーピマ(スーパー・ピマ)コットンのオックスフォード。コットンは、繊維長が長い程高級とされていますが、アメリカで最高級のコットンであるピマ・コットンの中でも特別に高級なものをスーピマ・コットン(日本では超長繊維綿花)と呼んでいます。通常織り目が荒めで、ごわっとした素材感が特徴的なオックスフォード素材ですが、スーピマ・コットンを使用しているため、さらっとした心地いい肌触り。肉厚も比較的薄手なので、真夏以外のほぼオールシーズン、ご愛用いただくことが可能です。3番目に大切にしたのは、ファクトリー。シャツを縫製していただく工場は、東東京にあるシャツ専門の町工場にお願いしました。現場はどうしても見ておきたかったので、先日見学にうかがいました。家族経営の小さな町工場ですが、丁寧なお仕事ぶりが伝わる信頼できる工場です。こだわりの強いとあるブランドからシャツの製作を依頼されていることからも、そのお仕事の確かさをうかがうことができました。こうした技術力の高い小さな町工場にお仕事をお願いし続けることは、とっても大切なことだと思っています。大量生産・大量消費により、使い捨てられ、生み出されるゴミとなる洋服たち。ファスト・ファッションへのアンチテーゼ。h.b の目指すところであります。

1.jpg

h.b b.d. shirts supima cotton oxford Price : ¥14.904 Color : White Size : (Unisex) 0 / 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Tokyo.

1.jpg

h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  0 : 胸幅47cm 裾幅47cm 肩幅42cm 前身丈58cm 後身丈69cm 袖丈59cm 首周り36cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  1 : 胸幅51cm 裾幅51cm 肩幅44cm 前身丈60cm 後身丈71cm 袖丈61cm 首周り38cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  2 : 胸幅55cm 裾幅55cm 肩幅46cm 前身丈62cm 後身丈73cm 袖丈63cm 首周り40cm
h.b b.d. shirts Size ( Unisex )  3 : 胸幅59cm 裾幅59cm 肩幅48cm 前身丈64cm 後身丈75cm 袖丈65cm 首周り42cm

2.jpg
| 23:30 |
Page: 1/2   >>