Entry



Archives


Category


Search


Link

SAINT JAMES Ouessant

DSC_1034.jpg

 

SAINT JAMESのOuessant。ちょっと前にご紹介してご好評をいただいたシーズンカラーに続き、ベーシックカラーも入荷しました。

 

DSC_1040.jpg

 

SAINT JAMES(セント・ジェームス)は、1889年フランス北部ノルマンディー地方のセントジェームス市に創設されました。産業革命後の19世紀の中頃、それまでは手仕事で行なわれていた紡績・染糸業は当時のセント・ジェームス市長によって工業化され、地域の主要産業となる繊維業の一端を築きました。モン・サンミッシェルの牧草で育った羊からとれる良質の羊毛を使用して地元漁師や船乗り達の仕事着となるマリンセーターが生み出され、それが現在のセント・ジェームスを代表するモデルOuessant(ウエッソン)の原型となりました。ノルマンディー沖にある島の名前に由来するウエッソンは、海の暮らしから生まれた実用的なデザインであり、創設以来100年以上に渡ってほぼ原型のまま作られ続けています。改良する余地がない程に完成度の高い製品などです。ウエッソンに使用されているコットン素材は目が詰まっていてとても丈夫です。着込んで何度もお洗濯を繰り返すことによってだんだんと風合いも増して,着る人の身体に気持ちよくなじんでいきます。フランス国内にある本社工場では常に一定の高い品質をたもつことができる様に、糸の選定・紡績・染色・編み・縫製に至るすべての工程が細部まで厳密に管理されています。フランスのボーダーTシャツのメーカーのほとんどが、アジアやアフリカに生産拠点を移行している中で、セント・ジェームスはその姿勢を大切に守り続けています。

 

DSC_1045.jpg

 

SAINT JAMES Ouessant Price : ¥10.000 + Tax Neige × Gitane Size : (Unisex)  0 / 1 / 3 / 4 / 5  Cotton 100% Made in France.

 

DSC_1054.jpg

 

今回ご紹介するウェッソンは、SAINT JAMESらしい配色2種。Neige × Gitaneはホワイト×ロイヤルブルー。かのピカソが着ていたことで知られるNaval(ナヴァル)と同じ配色です。この配色。いつでもあるんでしょ...と思われがちですが、実はそうではないんです。ウェッソンでは数年ぶりの復活です。本当にたまにしか発売されないんです。だからこの配色を探していたんですよという方には、ナウ・ゲッツ・ザ・チャンス(これ、何のフレーズでしたっけ?)まぁそういうことです。はい。そして何と言っても永遠の定番 Ecru × Marineですよ! ボーダー好きなら誰もが1枚は持っていたい必需品。マストアイテムでしょ。20年前に買って、ずっと愛用しているという方も居るでしょう。でもあまりにも着過ぎて色が褪せ過ぎていませんか?2代目、3代目をお求めの方もぜひどうぞ。

 

DSC_1042.jpg

 

DSC_1052.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が着ているのはサイズ4。Tシャツとして着るなら3、シャツの上から着るなら4がちょうど良いサイズ。

 

DSC_1060.jpg

 

SAINT JAMES Ouessant Price : ¥10.000 + Tax Ecru × Marine Size : (Unisex)  0 / 1 / 3 / 4 / 5  Cotton 100% Made in France.

 

DSC_1059.jpg

 

SAINT JAMES Ouessant Size 0 ( Lady's S )   : 胸幅 41cm 裾幅 42cm 肩幅 38cm 前身丈 54cm 後身丈 56cm 袖丈 48cm
SAINT JAMES Ouessant Size 1 ( Lady's M )  : 胸幅 42cm 裾幅 43cm 肩幅 39cm 前身丈 55cm 後身丈 57cm 袖丈 49cm
SAINT JAMES Ouessant Size 3 ( Mens  S )   : 胸幅 47cm 裾幅 48cm 肩幅 45cm 前身丈 60cm 後身丈 63cm 袖丈 52cm
SAINT JAMES Ouessant Size 4 ( Mens  M )  : 胸幅 49cm 裾幅 50cm 肩幅 46cm 前身丈 63cm 後身丈 66cm 袖丈 53cm
SAINT JAMES Ouessant Size 5 ( Mens  L  )   : 胸幅 51cm 裾幅 52cm 肩幅 47cm 前身丈 65cm 後身丈 68cm 袖丈 55cm

 

DSC_1035.jpg

| 23:00 |
SAINT JAMES Ouessant

DSC_1046.jpg

 

他の追随を許さないボーダーTシャツの傑作SAINT JAMES Ouessant。とっても春らしい新色が入荷しました。待ち遠しいね、春が。

 

DSC_1080.jpg

 

DSC_1082.jpg

 

SAINT JAMES Ouessant Price : ¥10.000 + Tax Reunion / Neige Size : (Unisex) 0 / 1 / 3 / 4 / 5  Cotton 100% Made in France.

 

DSC_1077.jpg

 

SAINT JAMES(セント・ジェームス)は、1889年フランス北部ノルマンディー地方のセントジェームス市に創設されました。産業革命後の19世紀の中頃、それまでは手仕事で行なわれていた紡績・染糸業は当時のセント・ジェームス市長によって工業化され、地域の主要産業となる繊維業の一端を築きました。モン・サンミッシェルの牧草で育った羊からとれる良質の羊毛を使用して地元漁師や船乗り達の仕事着となるマリンセーターが生み出され、それが現在のセント・ジェームスを代表するモデルOuessant(ウエッソン)の原型となりました。ノルマンディー沖にある島の名前に由来するウエッソンは、海の暮らしから生まれた実用的なデザインであり、創設以来100年以上に渡ってほぼ原型のまま作られ続けています。改良する余地がない程に完成度の高い製品などです。ウエッソンに使用されているコットン素材は目が詰まっていてとても丈夫です。着込んで何度もお洗濯を繰り返すことによってだんだんと風合いも増して,着る人の身体に気持ちよくなじんでいきます。フランス国内にある本社工場では常に一定の高い品質をたもつことができる様に、糸の選定・紡績・染色・編み・縫製に至るすべての工程が細部まで厳密に管理されています。フランスのボーダーTシャツのメーカーのほとんどが、アジアやアフリカに生産拠点を移行している中で、セント・ジェームスはその姿勢を大切に守り続けています。

 

DSC_1041.jpg

 

今回ご紹介するウェッソンは2017年春夏シーズンカラーのボーダー2色。Reunion / Neigeは水色 × ホワイト。とっても爽やかで春らしい色合い。Trianon / Ananasはグレイッシュなベージュ × ライトイエロー。新鮮さが感じられるとってもお洒落な色合いです。どちらも色褪せてきてまた味わいが深くなりそうです。シーズンカラーのボーダー柄はそのシーズンのみで展開が終わってしまうことが多く、後で手に入れようとしても買えなくなってしまう事が多いのです。ピピッ!と感じたらお早めにご購入・お問い合わせ下さい。

 

DSC_1085.jpg

 

DSC_1088.jpg

 

写真の中で僕(165cm、55kg)が着ているのはサイズ3。ちょうどいいサイズ感です。シャツの上から着る場合にはサイズ4を愛用。

 

DSC_1034.jpg

 

SAINT JAMES Ouessant Price : ¥10.000+Tax Trianon / Ananas Size : (Unisex) 0 / 1 / 3 / 4 / 5  Cotton 100% Made in France.

 

DSC_1089.jpg

 

SAINT JAMES Ouessant Size 0 ( Lady's S )   : 胸幅 41cm 裾幅 42cm 肩幅 38cm 前身丈 54cm 後身丈 56cm 袖丈 48cm
SAINT JAMES Ouessant Size 1 ( Lady's M )  : 胸幅 42cm 裾幅 43cm 肩幅 39cm 前身丈 55cm 後身丈 57cm 袖丈 49cm
SAINT JAMES Ouessant Size 3 ( Mens  S )   : 胸幅 47cm 裾幅 48cm 肩幅 45cm 前身丈 60cm 後身丈 63cm 袖丈 52cm
SAINT JAMES Ouessant Size 4 ( Mens  M )  : 胸幅 49cm 裾幅 50cm 肩幅 46cm 前身丈 63cm 後身丈 66cm 袖丈 53cm
SAINT JAMES Ouessant Size 5 ( Mens  L  )   : 胸幅 51cm 裾幅 52cm 肩幅 47cm 前身丈 65cm 後身丈 68cm 袖丈 55cm

 

DSC_1093.jpg

| 21:00 |
SAINT JAMES Wool/Cotton Series

DSC_1037.jpg

 

SAINT JAMESのウール&コットンのシリーズが久々の入荷。今回はSAINT JAMESらしくボーダーも登場店頭では既に人気沸騰

 

DSC_1108.jpg

 

DSC_1100.jpg

 

DSC_1103.jpg

 

写真の中でclassicoのアルバイトスタッフRui(158cm やや細め)が着ているのはサイズ1。標準的な女性に丁度いいサイズ感です。

 

DSC_1075.jpg

 

SAINT JAMES Wool / Cotton Pullover Price : ¥17.800 + Tax Color : Sable × Navy Size : (Unisex)1 / 3 / 4 / Made in France.

 

DSC_1097.jpg

 

SAINT JAMES(セント・ジェームス)は、1889年フランス北部ノルマンディー地方のセントジェームス市に創設されました。産業革命後の19世紀の中頃、それまでは手仕事で行なわれていた紡績・染糸業は当時のセント・ジェームス市長によって工業化され、地域の主要産業となる繊維業の一端を築きました。モン・サンミッシェルの牧草で育った羊からとれる良質の羊毛を使用して地元漁師や船乗り達の仕事着となるマリンセーターが生み出され、それが現在のセント・ジェームスを代表するモデルOuessant(ウエッソン)の原型となりました。ノルマンディー沖にある島の名前に由来するウエッソンは、海の暮らしから生まれた実用的なデザインであり、創設以来100年以上に渡ってほぼ原型のまま作られ続けています。改良する余地がない程に完成度の高い製品などです。ウエッソンに使用されているコットン素材は目が詰まっていてとても丈夫です。着込んで何度もお洗濯を繰り返すことによってだんだんと風合いも増して,着る人の身体に気持ちよくなじんでいきます。フランス国内にある本社工場では常に一定の高い品質をたもつことができる様に、糸の選定・紡績・染色・編み・縫製に至るすべての工程が細部まで厳密に管理されています。フランスのボーダーTシャツのメーカーのほとんどが、アジアやアフリカに生産拠点を移行している中で、セント・ジェームスはその姿勢を大切に守り続けています。

 

DSC_1091.jpg

 

DSC_1049.jpg

 

DSC_1054.jpg

 

SAINT JAMES Wool / Cotton Pullover Price : ¥16.500 + Tax Color : Allumino Size : (Unisex) 1 / 3 / 4 / 5 Made in France.

 

DSC_1039.jpg

 

SAINT JAMES Wool/Cotton Pullover Size(Unisex)1 : 胸幅45cm 裾幅46cm 肩幅44cm 前身丈59cm 後身丈62cm 袖丈52cm

SAINT JAMES Wool/Cotton Pullover Size(Unisex)3 : 胸幅51cm 裾幅52cm 肩幅48cm 前身丈63cm 後身丈66cm 袖丈54cm

SAINT JAMES Wool/Cotton Pullover Size(Unisex)4 : 胸幅53cm 裾幅54cm 肩幅50cm 前身丈65cm 後身丈68cm 袖丈56cm

SAINT JAMES Wool/Cotton Pullover Size(Unisex)5 : 胸幅55cm 裾幅56cm 肩幅52cm 前身丈67cm 後身丈70cm 袖丈58cm

ドライクリーニングの場合このままのサイズ感でご愛用いただけるでしょう。水洗い(不可)すると縮む可能性があります。要注意

 

DSC_1060.jpg

 

今回ご紹介するのは、SAINT JAMES ウール&コットンのプルオーバー。デザインはOuessant(ウェッソン)と同じく長袖(袖丈短め)ボートネックのTシャツのモデル。表側はウールのセーターの様な素材感でとってもあたたか。裏側はふわっと柔らかで肌触りが気持ち良いんです。素材はボーダーと無地で異なります。ボーダーの方はウール55% コットン30% ナイロン15%、無地の方はウール50% コットン50%となっています。通常ウェッソンは洗濯&乾燥させてから店頭に出しているのですが、こちらは未洗いの状態で品出しています。水洗いした場合は縮んでしまう可能性もあります。ご了解下さいます様お願いします。(洗濯表示は水洗い❌)Tシャツの上に着ても良し。ちょっとゆったりなサイズを選んでシャツの上に着ても良し。きっと大活躍することでしょう。お薦めです。

 

DSC_1086.jpg

 

DSC_1044.jpg

 

DSC_1046.jpg

 

SAINT JAMES Wool / Cotton Pullover Price : ¥16.500 + Tax Color : Navy Size : (Unisex) 1 / 3 / 4 / 5 Made in France.

 

DSC_1041.jpg

| 23:00 |
SAINT JAMES Ouessant Chine

DSC_0722.jpg

 

毎シーズン完売を続けるSAINT JAMESのOuessant Chine=霜降りバージョン。ニットの様な柔らかな肌触り。着回しやすさ抜群

 

DSC_0717.jpg

 

SAINT JAMES(セント・ジェームス)は、1889年フランス北部ノルマンディー地方のセントジェームス市に創設されました。産業革命後の19世紀の中頃、それまでは手仕事で行なわれていた紡績・染糸業は当時のセント・ジェームス市長によって工業化され、地域の主要産業となる繊維業の一端を築きました。モン・サンミッシェルの牧草で育った羊からとれる良質の羊毛を使用して地元漁師や船乗り達の仕事着となるマリンセーターが生み出され、それが現在のセント・ジェームスを代表するモデルOuessant(ウエッソン)の原型となりました。ノルマンディー沖にある島の名前に由来するウエッソンは、海の暮らしから生まれた実用的なデザインであり、創設以来100年以上に渡ってほぼ原型のまま作られ続けています。改良する余地がない程に完成度の高い製品などです。ウエッソンに使用されているコットン素材は目が詰まっていてとても丈夫です。着込んで何度もお洗濯を繰り返すことによってだんだんと風合いも増して,着る人の身体に気持ちよくなじんでいきます。フランス国内にある本社工場では常に一定の高い品質をたもつことができる様に、糸の選定・紡績・染色・編み・縫製に至るすべての工程が細部まで厳密に管理されています。フランスのボーダーTシャツのメーカーのほとんどが、アジアやアフリカに生産拠点を移行している中で、セント・ジェームスはその姿勢を大切に守り続けています。

 

DSC_0718.jpg

 

今回ご紹介するSAINT JAMES Ouessant Chineは、霜降り柄のウェッソン。通常のウェッソンほど目が詰まった感じでは無く、どちらかと言うとニットに似たざっくりとした風合いとなっています。でも着心地は柔らかくて優しいのです。配色はNoir(ホワイト×ブラック)1色のみ。セーターの様にシャツの上から着ていただいてもいいし、Tシャツの上から着てもこれ1枚でもok。コーディネートしやすくて着心地は上々ですよ。各サイズごと少量ずつの入荷となっております。気になる方はお早めにご来店・お問い合わせ下さい。

 

写真の中でチグ(158cm、ややスリム体型)が着ているのはサイズ1。洗濯乾燥により縮んだ状態です。程よい余裕がある感じです。

 

DSC_0722.jpg

 

SAINT JAMES Ouessant Chine ¥11.000 + Tax Color : Noir Size : (Unisex) 0 / 1 / 3 / 4 / 5  Cotton 100%  Made in France.

 

DSC_0710.jpg

 

SAINT JAMES Ouessant Size 0 ( Lady's S )  : 胸幅 41cm 裾幅 42cm 肩幅 38cm 前身丈 54cm 後身丈 56cm 袖丈 48cm

SAINT JAMES Ouessant Size 1 ( Lady's M )  : 胸幅 42cm 裾幅 43cm 肩幅 39cm 前身丈 55cm 後身丈 57cm 袖丈 49cm

SAINT JAMES Ouessant Size 3 ( Mens  S )  : 胸幅 47cm 裾幅 48cm 肩幅 45cm 前身丈 60cm 後身丈 63cm 袖丈 52cm

SAINT JAMES Ouessant Size 4 ( Mens  M )  : 胸幅 49cm 裾幅 50cm 肩幅 46cm 前身丈 63cm 後身丈 66cm 袖丈 53cm

SAINT JAMES Ouessant Size 5 ( Mens  L  )  : 胸幅 51cm 裾幅 52cm 肩幅 47cm 前身丈 65cm 後身丈 68cm 袖丈 55cm

 

DSC_0714.jpg

 

| 19:00 |
SAINT JAMES Cardigan

DSC_0494.jpg

 

毎シーズンご好評を頂いているSAINT JAMESのレディースカーディガン。カットソー素材だから気軽に羽織れて、洗えて嬉しいね。

 

DSC_0489.jpg

 

1.jpg

 

SAINT JAMES(セント・ジェームス)は、1889年フランス北部ノルマンディー地方のセントジェームス市に創設されました。産業革命後の19世紀の中頃、それまでは手仕事で行なわれていた紡績・染糸業は当時のセント・ジェームス市長によって工業化され、地域の主要産業となる繊維業の一端を築きました。モン・サンミッシェルの牧草で育った羊からとれる良質の羊毛を使用して地元漁師や船乗り達の仕事着となるマリンセーターが生み出され、それが現在のセント・ジェームスを代表するモデルOuessant(ウエッソン)の原型となりました。ノルマンディー沖にある島の名前に由来するウエッソンは、海の暮らしから生まれた実用的なデザインであり、創設以来100年以上に渡ってほぼ原型のまま作られ続けています。改良する余地がない程に完成度の高い製品などです。ウエッソンに使用されているコットン素材は目が詰まっていてとても丈夫です。着込んで何度もお洗濯を繰り返すことによってだんだんと風合いも増して,着る人の身体に気持ちよくなじんでいきます。フランス国内にある本社工場では常に一定の高い品質をたもつことができる様に、糸の選定・紡績・染色・編み・縫製に至るすべての工程が細部まで厳密に管理されています。フランスのボーダーTシャツのメーカーのほとんどが、アジアやアフリカに生産拠点を移行している中で、セント・ジェームスはその姿勢を大切に守り続けています。

 

2.jpg

 

DSC_0491.jpg

 

SAINT JAMES (Lady‘s)Cardigan Price : ¥11.000 + Tax Color : Acier Size : (Lady‘s)F  Cotton 100% Made in France.

 

DSC_0478.jpg

 

classicoでは、先に述べたウェッソンを中心にSAINT JAMESを展開していますが、ほかのモデルも幾つか作られています。今回セレクトしたのは、レディースのクルーネック・カーディガン。昨年から展開しており、お買い上げいただいたお客様からご好評をいただいています。ウェッソンよりややソフトな風合いのカットソー素材を使用。サイズはフリーサイズ。ふつうサイズの女性がちょうどよくご愛用いただけるバランスになっています。ウェッソンの上に羽織っても良いし、ブラウスやワンピースに合わせたり、重宝すると思います。色は霜降りグレーとネイビーの2色。どちらもベーシックな色合いなのでコーディネートもしやすいし、飽きもきません。洗濯機でお洗濯出来るのは嬉しいことですね。そんなに厚過ぎない素材感、幅広い時期にわたってきっと活躍してくれることでしょう。

 

DSC_0486.jpg

 

2.jpg

 

3.jpg

 

DSC_0488.jpg

 

SAINT JAMES (Lady‘s)Cardigan Price : ¥11.000 + Tax Color : Marine Size : (Lady‘s)F  Cotton 100% Made in France.

 

DSC_0482.jpg

 

SAINT JAMES Cardigan Size (Lady‘s) : 胸幅37cm 裾幅38c 肩幅31cm 前身丈46cm 後身丈56cm 袖丈58cm 伸縮します。

 

DSC_0483.jpg

| 23:30 |
SAINT JAMES Ouessant

DSC_0513.jpg

 

他の追随を許さないボーダーTシャツの傑作、SAINT JAMES Ouessant。定番カラーとシーズンカラーが入荷しました。この機会に!

 

DSC_0508.jpg

 

DSC_0510.jpg

 

SAINT JAMES Ouessant Price : ¥10.000 + Tax Ecru/Marine Size : (Unisex) 0 / 1 / 3 / 4 / 5  Cotton 100% Made in France.

 

DSC_0484.jpg

 

SAINT JAMES(セント・ジェームス)は、1889年フランス北部ノルマンディー地方のセントジェームス市に創設されました。産業革命後の19世紀の中頃、それまでは手仕事で行なわれていた紡績・染糸業は当時のセント・ジェームス市長によって工業化され、地域の主要産業となる繊維業の一端を築きました。モン・サンミッシェルの牧草で育った羊からとれる良質の羊毛を使用して地元漁師や船乗り達の仕事着となるマリンセーターが生み出され、それが現在のセント・ジェームスを代表するモデルOuessant(ウエッソン)の原型となりました。ノルマンディー沖にある島の名前に由来するウエッソンは、海の暮らしから生まれた実用的なデザインであり、創設以来100年以上に渡ってほぼ原型のまま作られ続けています。改良する余地がない程に完成度の高い製品などです。ウエッソンに使用されているコットン素材は目が詰まっていてとても丈夫です。着込んで何度もお洗濯を繰り返すことによってだんだんと風合いも増して,着る人の身体に気持ちよくなじんでいきます。フランス国内にある本社工場では常に一定の高い品質をたもつことができる様に、糸の選定・紡績・染色・編み・縫製に至るすべての工程が細部まで厳密に管理されています。フランスのボーダーTシャツのメーカーのほとんどが、アジアやアフリカに生産拠点を移行している中で、セント・ジェームスはその姿勢を大切に守り続けています。

 

DSC_0504.jpg

 

DSC_0506.jpg

 

写真の中で僕(165cm、58kg)が着ているのはサイズ3。ちょうどいいサイズ感です。シャツの上から着る場合にはサイズ4を愛用。

 

DSC_0516 (1).jpg

 

SAINT JAMES Ouessant Price : ¥10.000 + Tax Ecru/Acier Size : (Unisex) 0 / 1 / 3 / 4 / 5  Cotton 100% Made in France.

 

DSC_0486.jpg

 

今回ご紹介するウェッソンは、永遠の定番 Ecru × Marineとシーズンカラーのボーダー2色。Ecru ×Marineはボーダー好きなら誰もが1枚は持っていたい必需品。マストアイテムでしょ。シーズンカラーの2色はEcru ×Acier(生成り×グレー)、Chrome/Cobalt(グレー・ベージュ×コバルト・ブルー)。Ecru ×Acierは、Ecru × Marineと感じは似ているけれど、Ecru × Marine程は強すぎないちょっと落ち着いた雰囲気。コーディネートもしやすいです。Chrome/Cobaltはとてもシックな印象。秋らしくてオシャレだと思いますよ。色褪せてきてもまた味わいが深くなりそうです。シーズンカラーのボーダー柄はそのシーズンのみで展開が終わってしまうことが多く、後で手に入れようとしても買えなくなってしまう事が多いのです。ピピッ!と感じたら、お早めにご購入・お問い合わせ下さいませ。

 

DSC_0501.jpg

 

DSC_0502.jpg

 

DSC_0567.jpg

 

SAINT JAMES Ouessant Price : ¥10.000 + Tax Chrome/Cobalt Size : (Unisex) 0 / 1 / 3 / 4 / 5  Cotton 100% Made in France.

 

DSC_0490.jpg

 

SAINT JAMES Ouessant Size 0 ( Lady's S )   : 胸幅 41cm 裾幅 42cm 肩幅 38cm 前身丈 54cm 後身丈 56cm 袖丈 48cm
SAINT JAMES Ouessant Size 1 ( Lady's M )  : 胸幅 42cm 裾幅 43cm 肩幅 39cm 前身丈 55cm 後身丈 57cm 袖丈 49cm
SAINT JAMES Ouessant Size 3 ( Mens  S )   : 胸幅 47cm 裾幅 48cm 肩幅 45cm 前身丈 60cm 後身丈 63cm 袖丈 52cm
SAINT JAMES Ouessant Size 4 ( Mens  M )  : 胸幅 49cm 裾幅 50cm 肩幅 46cm 前身丈 63cm 後身丈 66cm 袖丈 53cm
SAINT JAMES Ouessant Size 5 ( Mens  L  )   : 胸幅 51cm 裾幅 52cm 肩幅 47cm 前身丈 65cm 後身丈 68cm 袖丈 55cm

 

DSC_0499.jpg

| 23:00 |
SAINT JAMES Haiti Oues

6.jpg

 

昨年かなり遅い時期に入荷したにも関わらずご好評をいただいたSAINT JAMES Haiti Oues。カーディガンやジャケットも相性良し!

 

4.jpg

 

SAINT JAMES(セント・ジェームス)は、1889年フランス北部ノルマンディー地方のセントジェームス市に創設されました。産業革命後の19世紀の中頃、それまでは手仕事で行なわれていた紡績・染糸業は当時のセント・ジェームス市長によって工業化され、地域の主要産業となる繊維業の一端を築きました。モン・サンミッシェルの牧草で育った羊からとれる良質の羊毛を使用して地元漁師や船乗り達の仕事着となるマリンセーターが生み出され、それが現在のセント・ジェームスを代表するモデルOuessant(ウエッソン)の原型となりました。ノルマンディー沖にある島の名前に由来するウエッソンは、海の暮らしから生まれた実用的なデザインであり、創設以来100年以上に渡ってほぼ原型のまま作られ続けています。改良する余地がない程に完成度の高い製品などです。ウエッソンに使用されているコットン素材は目が詰まっていてとても丈夫です。着込んで何度もお洗濯を繰り返すことによってだんだんと風合いも増して,着る人の身体に気持ちよくなじんでいきます。フランス国内にある本社工場では常に一定の高い品質をたもつことができる様に、糸の選定・紡績・染色・編み・縫製に至るすべての工程が細部まで厳密に管理されています。フランスのボーダーTシャツのメーカーのほとんどがアジアやアフリカに生産拠点を移行している中で、セント・ジェームスはその姿勢を大切に守り続けています。

 

5.jpg

 

ウェッソンと同じ素材で作られたチュニック・タイプのワンピースが、Haiti Oues。ウェッソンの半袖Tシャツに、同じく同素材で作られている"Haiti"というモデルのスカートをくっ付けた様なデザイン。実際に着ていただくと、とっても素敵なんですよ。これから秋に掛けては季節の変わり目。温かかったり涼しかったり気候が安定しません。Haiti Ouesを着て、カーディガンやジャケット・軽めのブルゾンを羽織ったり、足下にはスパッツをはいたり。暖かくなったら羽織りものを脱げば、軽やかに涼しく過ごすことが出来ます。案外使いやすいアイテムで、それでいてお洒落。ふだんウェッソンを愛用しているボーダー女子の皆さんも、このHaiti Ouesに挑戦してみてはいかがでしょうか? 10月中旬頃まで何だかんだ活躍すること思いますよぉ〜。僕も女子だったらこんなの着てみたいなぁ。

 

3.jpg

 

SAINT JAMES Haiti Oues Price : ¥18.000+Tax Color : Ecru / Marine Size : (Lady's)  0 / 1  Cotton 100% Made in France.

 

1.jpg

 

SAINT JAMES Haiti Oues Size  (♀)0 : 胸幅41cm 裾幅44cm 肩幅38cm 前身丈84cm 後身丈86cm 袖丈19cm 首幅22cm
SAINT JAMES Haiti Oues Size  (♀)  1 : 胸幅43cm 裾幅46cm 肩幅40cm 前身丈85cm 後身丈87cm 袖丈20cm 首幅23cm

 

2.jpg

| 23:00 |
SAINT JAMES Tank Top

3.jpg

 

SAINT JAMESの定番TシャツOuessantと同素材で作られたTank Topが登場です。胸元のちっちゃなポケットとかめっちゃ可愛ぃ。

 

SAINT JAMES(セント・ジェームス)は、1889年フランス北部ノルマンディー地方のセントジェームス市に創設されました。産業革命後の19世紀の中頃、それまでは手仕事で行なわれていた紡績・染糸業は当時のセント・ジェームス市長によって工業化され、地域の主要産業となる繊維業の一端を築きました。モン・サンミッシェルの牧草で育った羊からとれる良質の羊毛を使用して地元漁師や船乗り達の仕事着となるマリンセーターが生み出され、それが現在のセント・ジェームスを代表するモデルOuessant(ウエッソン)の原型となりました。ノルマンディー沖にある島の名前に由来するウエッソンは、海の暮らしから生まれた実用的なデザインであり、創設以来100年以上に渡ってほぼ原型のまま作られ続けています。改良する余地がない程に完成度の高い製品などです。ウエッソンに使用されているコットン素材は目が詰まっていてとても丈夫です。着込んで何度もお洗濯を繰り返すことによってだんだんと風合いも増して,着る人の身体に気持ちよくなじんでいきます。フランス国内にある本社工場では常に一定の高い品質をたもつことができる様に、糸の選定・紡績・染色・編み・縫製に至るすべての工程が細部まで厳密に管理されています。フランスのボーダーTシャツのメーカーのほとんどがアジアやアフリカに生産拠点を移行している中で、セント・ジェームスはその姿勢を大切に守り続けています。

 

4.jpg

 

今回ご紹介するのは、ウェッソンと同じ素材で作られたタンクトップ。配色は一番定番的なEcru × Marineになります。デザインはとってもシンプルでべーシック。左胸にちょこんと小さなポケットが、左裾にブランドの織りネームが付いています。サイズはレディースSからMにあたる36、MからLにあたる38の2サイズ展開になります。例えばこのタンクトップを着た上にシャンブレーやオックスフォードのシャツを羽織ったり、カーディガンやジャケットを羽織ったり。インナーとしてわざとこのボーダー柄を活かしたコーディネートをするっていうのも粋だろうなと思いますよ。暑い時期にはこのタンクトップ1枚+パンツやスカートでもカッコいいでしょう。

 

SAINT JAMES Tank Top Price : ¥8.500+Tax Color : Ecru×Marine  Size : (Lady′s)36 / 38  Cotton 100% Made in France.

 

1.jpg

 

SAINT JAMES Tank Top Size (Lady′s)36 : 胸幅38cm 裾幅45cm 肩幅25cm 前身丈44cm 後身丈56cm 洗濯乾燥後採寸

SAINT JAMES Tank Top Size (Lady′s)38 : 胸幅40cm 裾幅47cm 肩幅26cm 前身丈46cm 後身丈58cm 洗濯乾燥後採寸

 

2.jpg

| 23:00 |
SAINT JAMES Piriac
1.jpg

SAINT JAMESのPiriacは、これからのシーズンには欠かす事の出来ないボーダーTシャツです。薄手でやわらか、着心地好いよね

11.jpg

上の写真で僕(165cm、58kg)が着用しているのは、サイズ3。ジャストサイズという感じです。シャツのインナーにも重宝します。

SAINT JAMES Piriac Price : ¥6.300+Tax Color : Neige×Gitane Size : (♀♂) 0 / 1 / 3 / 4 / 5  Cotton 100% Made in France.



SAINT JAMES(セント・ジェームス)は、1889年フランス北部ノルマンディー地方のセントジェームス市に創設されました。産業革命後の19世紀の中頃、それまでは手仕事で行なわれていた紡績・染糸業は当時のセント・ジェームス市長によって工業化され、地域の主要産業となる繊維業の一端を築きました。モン・サンミッシェルの牧草で育った羊からとれる良質の羊毛を使用して地元漁師や船乗り達の仕事着となるマリンセーターが生み出され、それが現在のセント・ジェームスを代表するモデルOuessant(ウエッソン)の原型となりました。ノルマンディー沖にある島の名前に由来するウエッソンは、海の暮らしから生まれた実用的なデザインであり、創設以来100年以上に渡ってほぼ原型のまま作られ続けています。改良する余地がない程に完成度の高い製品などです。ウエッソンに使用されているコットン素材は目が詰まっていてとても丈夫です。着込んで何度もお洗濯を繰り返すことによってだんだんと風合いも増して,着る人の身体に気持ちよくなじんでいきます。フランス国内にある本社工場では常に一定の高い品質をたもつことができる様に、糸の選定・紡績・染色・編み・縫製に至るすべての工程が細部まで厳密に管理されています。フランスのボーダーTシャツのメーカーのほとんどがアジアやアフリカに生産拠点を移行している中で、セント・ジェームスはその姿勢を大切に守り続けています。

Ouessant(ウエッソン)と比べて、薄くて肌触りの気持ちいいコットン素材を使用して作られた半袖のTシャツが、Piriac(ピリアック)。Ouessantの素材が「ごわっ」としているのに対して、Piriacの素材は「さらっ」としています。細番手の上質なコットン糸によって織られた薄手でありながら吸湿性の高い素材です。Piriacは、創業以来ほとんど変わること無く受け継がれてきた伝統のデザインに基づいて作られています。ボートネックのデザイン、身幅や着丈のバランスなど日本人にも着こなしやすいTシャツです。袖丈は半袖よりやや長め。肘が少し出るくらいの長さで、腕周りをすっきりと見せてくれます。これからの季節、大活躍することでしょう。

2.jpg

下の写真でカミさん・チグ(平均的な身長、やや細め)が着用しているのはサイズ1。程よくゆったりなサイズ感です。着心地良好!

1.jpg

SAINT JAMES Piriac Price : ¥6.300+Tax Color : Indigo×Tomette Size : (♀♂) 0 / 1 / 3 / 4 / 5 Cotton 100% Made in France.



SAINT JAMES Piriac Size (Unisex) 0 : 胸幅39cm 裾幅39cm 肩幅36cm 前身丈52cm 後身丈54cm 袖丈22cm 首幅19cm
SAINT JAMES Piriac Size (Unisex) 1 : 胸幅41cm 裾幅41cm 肩幅38cm 前身丈54cm 後身丈56cm 袖丈24cm 首幅20cm
SAINT JAMES Piriac Size (Unisex) 3 : 胸幅44cm 裾幅44cm 肩幅42cm 前身丈61cm 後身丈63cm 袖丈24cm 首幅21cm
SAINT JAMES Piriac Size (Unisex) 4 : 胸幅46cm 裾幅46cm 肩幅43cm 前身丈63cm 後身丈65cm 袖丈24cm 首幅22cm
SAINT JAMES Piriac Size (Unisex) 5 : 胸幅48cm 裾幅48cm 肩幅44cm 前身丈66cm 後身丈68cm 袖丈25cm 首幅23cm

| 23:00 |
SAINT JAMES Cardigan
7.jpg

少し前にご紹介したSAINT JAMESレディースのカーディガンに続きメンズのカーディガンも入荷。さくっと羽織るのに重宝します。

5.jpg

SAINT JAMES(セント・ジェームス)は、1889年フランス北部ノルマンディー地方のセントジェームス市に創設されました。産業革命後の19世紀の中頃、それまでは手仕事で行なわれていた紡績・染糸業は当時のセント・ジェームス市長によって工業化され、地域の主要産業となる繊維業の一端を築きました。モン・サンミッシェルの牧草で育った羊からとれる良質の羊毛を使用して地元漁師や船乗り達の仕事着となるマリンセーターが生み出され、それが現在のセント・ジェームスを代表するモデルOuessant(ウエッソン)の原型となりました。ノルマンディー沖にある島の名前に由来するウエッソンは、海の暮らしから生まれた実用的なデザインであり、創設以来100年以上に渡ってほぼ原型のまま作られ続けています。改良する余地がない程に完成度の高い製品などです。ウエッソンに使用されているコットン素材は目が詰まっていてとても丈夫です。着込んで何度もお洗濯を繰り返すことによってだんだんと風合いも増して,着る人の身体に気持ちよくなじんでいきます。フランス国内にある本社工場では常に一定の高い品質をたもつことができる様に、糸の選定・紡績・染色・編み・縫製に至るすべての工程が細部まで厳密に管理されています。フランスのボーダーTシャツのメーカーのほとんどが、アジアやアフリカに生産拠点を移行している中で、セント・ジェームスはその姿勢を大切に守り続けています。

6.jpg

classicoでは、先に述べたウェッソンを中心にSAINT JAMESを展開していますが、ほかのモデルも幾つか作られています。今回セレクトしたのは、メンズのカーディガン。ウェッソンよりややソフトな風合いのカットソー素材を使用。サイズは40(M)、42(L)の2サイズ展開。サイズ40は、僕(165cm、58kg)がちょうどいいくらいのサイズ感。比較的タイトなシルエットです。その分、上にジャケットを着たり、ブルゾンを羽織ったりするのもしやすいのです。霜降りグレーとネイビーの2色。どちらもベーシックな色合いなので、コーディネートもしやすいし、飽きも来ないと思います。ウェッソンの上に重ね着していただくにもちょうど良いですよ。そんなに厚過ぎない素材感、幅広い時期にわたって活躍してくれることでしょう。顧客さんからも大絶賛の声をいただいていますよ

2.jpg

3.jpg

1.jpg

SAINT JAMES Men's Cardigan Price : ¥11.000 + Tax Color : Navy Size : (Men's) 40 / 42  Cotton 100% Made in France.

1.jpg

SAINT JAMES Men's Cardigan Size 40 : 胸幅49cm 裾幅49cm 肩幅42cm 前身丈43cm 後身丈63cm 袖丈60cm 伸縮し〼
SAINT JAMES Men's Cardigan Size 42 : 胸幅51cm 裾幅51cm 肩幅42cm 前身丈45cm 後身丈65cm 袖丈61cm 伸縮し〼 
4.jpg
 
| 23:20 |
Page: 1/4   >>