Entry



Archives


Category


Search


Link

INDIVIDUALIZED SHIRTS

DSC_0083.jpg

 

INDIVIDUALIZED SHIRTSのレディースB.D. Shirts。ほぼ1年を通してご愛用いただけるコットン素材2種で入荷しました。逸品です

 

DSC_0091.jpg

 

DSC_0092.jpg

 

写真の中でclassicoのアルバイトスタッフRui(158cm やや細め)が着ているサイズは、13 1/2。けっこうぴったりなサイズ感です。

 

DSC_0102.jpg

 

INDIVIDUALIZED SHIRTS B.D. Shirts Pima Broad ¥22.000+Tax White Size : ♀13 1/2 ♀14 1/2 Cotton100% Made in U.S.A.

 

DSC_0108.jpg

 

INDIVIDUALIZED  B.D. Shirts Size13 1/2 : 胸幅49cm 裾幅46cm 肩幅37cm 前身丈55cm 後身丈65cm 袖丈54cm 首回り34cm

INDIVIDUALIZED  B.D. Shirts Size14 1/2 : 胸幅52cm 裾幅49cm 肩幅39cm 前身丈56cm 後身丈66cm 袖丈55cm 首回り36cm


DSC_0082.jpg

 

創業から半世紀を迎えたINDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド・シャツ)。老舗メーカーと呼ぶにはまだ幾分若いこのブランドは、日本全国のセレクトショップからアメリカを代表するシャツ・ブランドとして高く評価されています。戦後のアメリカン・メンズファッションの黄金期である1950・60年代、そしてラルフローレンの登場による1970・80年代のファッション・ムーブメントの中で、インディビジュアライズド・シャツはカスタムメイドのシャツ作りを原点として進化を続けてきました。インディビジュアライズド・シャツのファンからもっとも絶賛されているのが、ボタンダウンの襟元のデティール。ネクタイをした時に見られる襟のロール、そしてネクタイを外した時の襟元の美しさ。これはブルックス・ブラザーズのカスタムシャツ部門を長年にわたって任されていた経緯から創り出されるアメリカン・ボタンダウンシャツに重要なディテールです。ユニバーシティ・ボタンダウンと称され、台襟(バンド)の高さ、襟羽根(リーフ)サイズ、ボタンの位置、そして台襟のシェープ等すべてのディテールが絶妙なバランスの中で一体となり、伝統的なアメリカン・ボタンダウンシャツを創り上げています。またすべてのパターン(型紙)が現在もインチ採寸で作られており、イギリス、イタリア、そして日本で作られるシャツとの微妙なニュアンスの違いによりアメリカらしい仕上がりとなっています。現在もアメリカ製にこだわり、1枚1枚徹底した管理のもとに創り上げられるシャツ...アメリカ国内では大統領からの注文をはじめ最高級スーツに合わせるシャツの注文など、高品質なドレスシャツも提供するために要求される世界に通じる技術と管理を守り続けています。顧客からの何千通りもの異なるパターンの要求に応えられるデータの蓄積、生地のカッティング技術、付属パーツの充実、それぞれのシャツのニーズに合わせた各種芯地(ライニング)、そして身体を包みこむようなシャツを創り上げるための熟練された縫製技術、1インチ(約2.5センチ)に対して平均22ステッチという縫製基準、など多くの技術により最高のシャツが創り上げられています。さらに「究極のシャツは一切余分なものを取り除く」というアメリカの高級シャツテーラーの考えにより、本来大量生産のシャツ製造では省かれてしまう様な手間のかかる製法も、あえて多く取り入れています。そのひとつが肩部分の縫製技術。多くの量産シャツは肩部分(ヨーク)の縫製ステッチが外側から見えてしまいますが、インディビジュアライズド・シャツではコンストラクション・ヨークという外側に縫い目が見えない袋縫いを採用しています。また、サイド部分の縫製(前見頃と後身頃の縫製部分)も量産さシャツでは不可能な高い技術を必要とする細幅の巻き縫いを基準としています。創業より50年一貫してアメリカン・シャツテーラーの伝統を守り続ける1枚のシャツ。着るごとに、洗いを重ねるごとに変わるエイジングを楽しみながら、長く愛着を持てるシャツ。それがインディビジュアライズド・シャツなのであります。〜「私たちのシャツの完成度は90%で人が着ることで100%になる。」

 

DSC_0101.jpg

 

DSC_0085.jpg

 

classicoでは久しぶりの展開となるINDIVIDUALIZED SHIRTSのレディースB.D. Shirts。台襟部分にはSLIM FITという織りネームは付いていますが、メンズのSLIM FITとは違い、レディース向けにサイズ設定されたモデルになります。シンプルでクラシックなデザイン。衿型やカフスなどメンズのモデルに比べて小ぶりの仕様になっています。ウェスト部分は身体にフィットするように程よくシェイプ。着丈は長すぎず、短すぎず。裾は出しても入れてもバランスがいいシルエットです。今シーズン classicoがセレクトしたのは、幅広いシーズンに渡ってご愛用いただくことができるベーシックなコットン素材ホワイト無地2種。上質なピマ・コットンで織られたブロード素材と程よい肉厚&程よい柔らかさのケンブリッジ・オックスフォード。どちらも洗い晒しでチノパンやジーンズなどに合わせてカジュアルに着ていただけるし、アイロンをかければスーツやジャケットに合わせて綺麗めに着ていただくことができます。オンにもオフにも対応できるシャツというわけ。大活躍しそうですね。気になる方はぜひご覧店いただき、実際にご試着してみてください。

 

DSC_0095.jpg

 

DSC_0096.jpg

 

INDIVIDUALIZED SHIRTS B.D. Shirts Cambridge Oxford ¥23.000+Tax White Size : ♀13 1/2 ♀14 1/2 Cotton100% U.S.A.

 

DSC_0110.jpg

 

INDIVIDUALIZED  B.D. Shirts Size13 1/2 : 胸幅48cm 裾幅45cm 肩幅39cm 前身丈59cm 後身丈69cm 袖丈58cm 首回り35cm

INDIVIDUALIZED  B.D. Shirts Size14 1/2 : 胸幅51cm 裾幅48cm 肩幅40cm 前身丈60cm 後身丈70cm 袖丈59cm 首回り37cm

 

DSC_0112.jpg

| 07:00 |
INDIVIDUALIZED SHIRTS

DSC_1036.jpg

 

アイロンをかけてスラックスやタイトスカートに洗い晒しでチノパンやジーンズに。上質で品のいい大人の女性のためのシャツです。

 

DSC_1034.jpg

 

DSC_1043.jpg

 

DSC_1039.jpg

 

INDIVIDUALIZED SHIRTS Camp Collar Shirts ¥24.000+Tax Color : White Size :(Lady′s)13 1/2 Cotton 100% Made in U.S.A.

 

DSC_1040.jpg

 

創業から半世紀を迎えたINDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド・シャツ)。老舗メーカーと呼ぶにはまだ幾分若いこのブランドは、日本全国のセレクトショップからアメリカを代表するシャツ・ブランドとして高く評価されています。戦後のアメリカン・メンズファッションの黄金期である1950・60年代、そしてラルフローレンの登場による1970・80年代のファッション・ムーブメントの中で、インディビジュアライズド・シャツはカスタムメイドのシャツ作りを原点として進化を続けてきました。インディビジュアライズド・シャツのファンからもっとも絶賛されているのが、ボタンダウンの襟元のデティール。ネクタイをした時に見られる襟のロール、そしてネクタイを外した時の襟元の美しさ。これはブルックス・ブラザーズのカスタムシャツ部門を長年にわたって任されていた経緯から創り出されるアメリカン・ボタンダウンシャツに重要なディテールです。ユニバーシティ・ボタンダウンと称され、台襟(バンド)の高さ、襟羽根(リーフ)サイズ、ボタンの位置、そして台襟のシェープ等すべてのディテールが絶妙なバランスの中で一体となり、伝統的なアメリカン・ボタンダウンシャツを創り上げています。またすべてのパターン(型紙)が現在もインチ採寸で作られており、イギリス、イタリア、そして日本で作られるシャツとの微妙なニュアンスの違いによりアメリカらしい仕上がりとなっています。現在もアメリカ製にこだわり、1枚1枚徹底した管理のもとに創り上げられるシャツ...アメリカ国内では大統領からの注文をはじめ最高級スーツに合わせるシャツの注文など、高品質なドレスシャツも提供するために要求される世界に通じる技術と管理を守り続けています。顧客からの何千通りもの異なるパターンの要求に応えられるデータの蓄積、生地のカッティング技術、付属パーツの充実、それぞれのシャツのニーズに合わせた各種芯地(ライニング)、そして身体を包みこむようなシャツを創り上げるための熟練された縫製技術、1インチ(約2.5センチ)に対して平均22ステッチという縫製基準、など多くの技術により最高のシャツが創り上げられています。さらに「究極のシャツは一切余分なものを取り除く」というアメリカの高級シャツテーラーの考えにより、本来大量生産のシャツ製造では省かれてしまう様な手間のかかる製法も、あえて多く取り入れています。そのひとつが肩部分の縫製技術。多くの量産シャツは肩部分(ヨーク)の縫製ステッチが外側から見えてしまいますが、インディビジュアライズド・シャツではコンストラクション・ヨークという外側に縫い目が見えない袋縫いを採用しています。また、サイド部分の縫製(前見頃と後身頃の縫製部分)も量産さシャツでは不可能な高い技術を必要とする細幅の巻き縫いを基準としています。創業より50年一貫してアメリカン・シャツテーラーの伝統を守り続ける1枚のシャツ。着るごとに、洗いを重ねるごとに変わるエイジングを楽しみながら、長く愛着を持てるシャツ。それがインディビジュアライズド・シャツなのであります。〜「私たちのシャツの完成度は90%で人が着ることで100%になる。」

 

DSC_1044.jpg

 

DSC_1041.jpg

 

DSC_1046.jpg

 

写真の中でアルバイトスタッフのRui(158cmやや細め)が着ているのが、このCamp Collar Shirts。程良くゆったりなサイズ感です。

 

 

INDIVIDUALIZED SHIRTS Camp Collar Shirts ¥24.000+Tax Color : Blue Size :(Lady′s)13 1/2 Cotton 100% Made in U.S.A.

 

DSC_1042.jpg

 

classicoでは初めての展開となるINDIVIDUALIZED SHIRTSのCamp Collar Shirts。レディースサイズのみとなります。ややゆったりとしたシルエット。ですが大き過ぎる訳ではないので、日本人女性のためのフリーサイズとして幅広い体型の方にご愛用いただくことができそうです。着丈はやや長めではありますが、裾を出して着てもだらしなくなることはありません。程よいバランス。もちろんパンツやスカートの中に裾を収めて着ていただいても良いんですよ。TPOに応じて、時には荒い晒しでサクッと裾出しで、時にはアイロンをかけて木賃と裾をインして、自由に着こなしていただきたい。写真では裾がラウンドしている様に見えるかも知れませんが、実際にはスクエアなライン。サイドにはスリットが入っており動きやすくなっています。衿型はワンナップのオープン。衿を開いて着るのも良し、ボタンを留めて着るのも良し。襟元でも変化をつけて楽しむことができそうです。半袖ではありますが、ジャケットやスーツのインナーにしたり、カーディガンを羽織ったりすれば、春から秋まで幅広いシーズンに渡ってご愛用いただくことができるでしょう。

 

DSC_1048.jpg

 

DSC_1039.jpg

 

DSC_1051.jpg

 

INDIVIDUALIZED SHIRTS  Camp Collar Shirts ¥26.000+Tax Color : Navy Size :(Lady′s)13 1/2 Cotton 100% Made in U.S.A.

 

DSC_1054.jpg

 

classicoが今回セレクトしたCamp Collar Shirtsは3素材。WhiteとBlue、それからストライプのNavyは細番手の糸で織られた上質なシャツ生地です。さらっとした肌触り。皺になりにくく軽くてとっても着心地が良いです。リネンのNavyはややざっくりとした素材感その分風通しが良いので、夏でも涼しく快適にご愛用いただくことができそうです。ややフェードアウトした大人っぽい色合いのNavyはコーディネートもしやすいと思いますよ。それぞれ少量ずつの入荷となっております。気になる方はお早めにご検討下さい。

 

DSC_1060.jpg

 

DSC_1038.jpg

 

DSC_1066.jpg

 

INDIVIDUALIZED SHIRTS  Camp Collar Shirts ¥28.000+Tax Color : Navy Size :(Lady′s)13 1/2 Linen 100% Made in U.S.A.

 

DSC_1058.jpg

 

INDIVIDUALIZED SHIRTS Camp Collar Shirts Size :(Lady′s)13 1/2 : 胸幅51cm 裾幅53cm 肩幅38cm 後身丈72cm 袖丈16cm

 

DSC_1068.jpg

| 23:00 |
INDIVIDUALIZED SHIRTS

DSC_1313.jpg

 

INDIVIDUALIZED SHIRTSのStandard Fit B.D. Shirtsにリネン素材が登場しました。春から秋にかけて快適にご愛用いただけますよ。

 

DSC_1300.jpg

 

創業から半世紀を迎えたINDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド・シャツ)。老舗メーカーと呼ぶにはまだ幾分若いこのブランドは、日本全国のセレクトショップからアメリカを代表するシャツ・ブランドとして高く評価されています。戦後のアメリカン・メンズファッションの黄金期である1950・60年代、そしてラルフローレンの登場による1970・80年代のファッション・ムーブメントの中で、インディビジュアライズド・シャツはカスタムメイドのシャツ作りを原点として進化を続けてきました。インディビジュアライズド・シャツのファンからもっとも絶賛されているのが、ボタンダウンの襟元のデティール。ネクタイをした時に見られる襟のロール、そしてネクタイを外した時の襟元の美しさ。これはブルックス・ブラザーズのカスタムシャツ部門を長年にわたって任されていた経緯から創り出されるアメリカン・ボタンダウンシャツに重要なディテールです。ユニバーシティ・ボタンダウンと称され、台襟(バンド)の高さ、襟羽根(リーフ)サイズ、ボタンの位置、そして台襟のシェープ等すべてのディテールが絶妙なバランスの中で一体となり、伝統的なアメリカン・ボタンダウンシャツを創り上げています。またすべてのパターン(型紙)が現在もインチ採寸で作られており、イギリス、イタリア、そして日本で作られるシャツとの微妙なニュアンスの違いによりアメリカらしい仕上がりとなっています。現在もアメリカ製にこだわり、1枚1枚徹底した管理のもとに創り上げられるシャツ...アメリカ国内では大統領からの注文をはじめ最高級スーツに合わせるシャツの注文など、高品質なドレスシャツも提供するために要求される世界に通じる技術と管理を守り続けています。顧客からの何千通りもの異なるパターンの要求に応えられるデータの蓄積、生地のカッティング技術、付属パーツの充実、それぞれのシャツのニーズに合わせた各種芯地(ライニング)、そして身体を包みこむようなシャツを創り上げるための熟練された縫製技術、1インチ(約2.5センチ)に対して平均22ステッチという縫製基準、など多くの技術により最高のシャツが創り上げられています。さらに「究極のシャツは一切余分なものを取り除く」というアメリカの高級シャツテーラーの考えにより、本来大量生産のシャツ製造では省かれてしまう様な手間のかかる製法も、あえて多く取り入れています。そのひとつが肩部分の縫製技術。多くの量産シャツは肩部分(ヨーク)の縫製ステッチが外側から見えてしまいますが、インディビジュアライズド・シャツではコンストラクション・ヨークという外側に縫い目が見えない袋縫いを採用しています。また、サイド部分の縫製(前見頃と後身頃の縫製部分)も量産さシャツでは不可能な高い技術を必要とする細幅の巻き縫いを基準としています。創業より50年一貫してアメリカン・シャツテーラーの伝統を守り続ける1枚のシャツ。着るごとに、洗いを重ねるごとに変わるエイジングを楽しみながら、長く愛着を持てるシャツ。それがインディビジュアライズド・シャツなのであります。〜「私たちのシャツの完成度は90%で人が着ることで100%になる。」

 

DSC_1308.jpg

 

Standard Fit B.D. Shirtsは、INDIVIDUALIZED SHIRTSの中で現在最も主流となっているモデル。ClassicFitと Slim Fit のほぼ中間のサイズ感になっています。見頃は細身ながら袖周りはゆとりを持たせてあるので、タイト過ぎず違和感なく着ていただくことができます。初期のStandard Fit B.D. Shirtsと比べると裾サイド部分のカッティングが緩やかになり、裾を出して着た時のバランスが良くなりました。もちろん裾をパンツに入れて着たいというイン派の方にもご納得いただけるようなラインですので、ご安心くださいませ。classicoの顧客様にも大絶賛のお声を頂いております。流行に左右されることなく長い年月に渡ってご愛用いただけることでしょう。

 

DSC_1302.jpg

 

今回ご紹介するINDIVIDUALIZED SHIRTS Standard Fit B.D. Shirtsは、無地のリネン素材。程よい肉厚でコシのある素材感です。最初はかために感じると思いますが、着込むほどに洗いこむほどに柔らかく馴染んでいくことでしょう。色合いはややグレイが買ったネイビー。大人っぽく、またとてもコーディネートしやすい雰囲気。アイロンをかけていただければスーツやジャケットにもコーディネートできるし、洗い晒しだったらチノパンツやジーンズに合わせカジュアルに着ていただくことができますよ。これからの季節お薦め。

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が着ているサイズは14 1/2。メンズのSサイズに当たります。ちょうど良いサイズ感ですね。欲しぃ

 

DSC_1327.jpg

 

INDIVIDUALIZED SHIRTS Standard Fit B.D. Shirts ¥26.000+Tax Navy Size : 14 1/2 15 15 1/2 Linen 100% Made in U.S.A.

 

DSC_1297.jpg

 

Standard Fit B.D. Shirts Size 14 1/2(S)胸幅52cm 裾幅51cm 肩幅41cm 前身丈64cm 後身丈75cm 袖丈61cm 首周り36cm
Standard Fit B.D. Shirts Size 15     (M)胸幅54cm 裾幅53cm 肩幅43cm 前身丈65cm 後身丈76cm 袖丈62cm 首周り38cm
Standard Fit B.D. Shirts Size 15 1/2(L)胸幅56cm 裾幅55cm 肩幅45cm 前身丈66cm 後身丈77cm 袖丈63cm 首周り40cm

 

DSC_1305.jpg

 

| 23:00 |
INDIVIDUALIZED SHIRTS

DSC_1037.jpg

 

INDIVIDUALIZED SHIRTS、お久しぶりの登場です。これまで見たことがなかったブルー系だけで構成されたチェック生地が新鮮

 

DSC_1046.jpg

 

創業から半世紀を迎えたINDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド・シャツ)。老舗メーカーと呼ぶにはまだ幾分若いこのブランドは、日本全国のセレクトショップからアメリカを代表するシャツ・ブランドとして高く評価されています。戦後のアメリカン・メンズファッションの黄金期である1950・60年代、そしてラルフローレンの登場による1970・80年代のファッション・ムーブメントの中で、インディビジュアライズド・シャツはカスタムメイドのシャツ作りを原点として進化を続けてきました。インディビジュアライズド・シャツのファンからもっとも絶賛されているのが、ボタンダウンの襟元のデティール。ネクタイをした時に見られる襟のロール、そしてネクタイを外した時の襟元の美しさ。これはブルックス・ブラザーズのカスタムシャツ部門を長年にわたって任されていた経緯から創り出されるアメリカン・ボタンダウンシャツに重要なディテールです。ユニバーシティ・ボタンダウンと称され、台襟(バンド)の高さ、襟羽根(リーフ)サイズ、ボタンの位置、そして台襟のシェープ等すべてのディテールが絶妙なバランスの中で一体となり、伝統的なアメリカン・ボタンダウンシャツを創り上げています。またすべてのパターン(型紙)が現在もインチ採寸で作られており、イギリス、イタリア、そして日本で作られるシャツとの微妙なニュアンスの違いによりアメリカらしい仕上がりとなっています。現在もアメリカ製にこだわり、1枚1枚徹底した管理のもとに創り上げられるシャツ...アメリカ国内では大統領からの注文をはじめ最高級スーツに合わせるシャツの注文など、高品質なドレスシャツも提供するために要求される世界に通じる技術と管理を守り続けています。顧客からの何千通りもの異なるパターンの要求に応えられるデータの蓄積、生地のカッティング技術、付属パーツの充実、それぞれのシャツのニーズに合わせた各種芯地(ライニング)、そして身体を包みこむようなシャツを創り上げるための熟練された縫製技術、1インチ(約2.5センチ)に対して平均22ステッチという縫製基準、など多くの技術により最高のシャツが創り上げられています。さらに「究極のシャツは一切余分なものを取り除く」というアメリカの高級シャツテーラーの考えにより、本来大量生産のシャツ製造では省かれてしまう様な手間のかかる製法も、あえて多く取り入れています。そのひとつが肩部分の縫製技術。多くの量産シャツは肩部分(ヨーク)の縫製ステッチが外側から見えてしまいますが、インディビジュアライズド・シャツではコンストラクション・ヨークという外側に縫い目が見えない袋縫いを採用しています。また、サイド部分の縫製(前見頃と後身頃の縫製部分)も量産さシャツでは不可能な高い技術を必要とする細幅の巻き縫いを基準としています。創業より50年一貫してアメリカン・シャツテーラーの伝統を守り続ける1枚のシャツ。着るごとに、洗いを重ねるごとに変わるエイジングを楽しみながら、長く愛着を持てるシャツ。それがインディビジュアライズド・シャツなのであります。〜「私たちのシャツの完成度は90%で人が着ることで100%になる。」

 

DSC_1052.jpg

 

Standard Fit B.D. Shirtsは、INDIVIDUALIZED SHIRTSの中で現在最も主流となっているモデル。ClassicFitと Slim Fit のほぼ中間のサイズ感になっています。見頃は細身ながら袖周りはゆとりを持たせてあるので、タイト過ぎず違和感なく着ていただくことができます。初期のStandard Fit B.D. Shirtsと比べると裾サイド部分のカッティングが緩やかになり、裾を出して着た時のバランスが良くなりました。もちろん裾をパンツに入れて着たいというイン派の方にもご納得いただけるようなラインですので、ご安心くださいませ。classicoの顧客様にも大絶賛のお声を頂いております。流行に左右されることなく長い年月に渡ってご愛用いただけることでしょう。

 

DSC_1048.jpg

 

今回ご紹介するのは、ブルー系の濃淡で構成されたシンプルなチェック素材を使用して作られたStandard Fit B.D. Shirts。ウルトラライトポプリンという軽くて薄いコットン生地になります。風合いとしてはマドラスチェックに近いもののもっと上質な素材感。織りムラもなく肌触りも柔らか。着心地がとても良好です。風通しも良い生地なので、真夏も含めほぼオールシーズンご愛用いただけることと思います。とってもコーディネートもしやすいので、大活躍してくれること間違いありませんよ。買い逃したら後悔しちゃいそう。

 

僕(165cm 55kg)が着ているサイズは14 1/2。メンズのSサイズに当たります。ちょうど良いサイズ感ですね。うわっ、欲しいぃ

 

DSC_1039.jpg

 

INDIVIDUALIZED SHIRTS  Standard Fit B.D. Shirts Price : ¥26.000+Tax Color : Blue Size : 14 1/2 15 15 1/2 Made in U.S.A. 

 

DSC_1039.jpg

 

Standard Fit B.D. Shirts Size 14 1/2 胸幅52cm 裾幅51cm 肩幅41cm 前身丈64cm 後身丈75cm 袖丈61cm 首周り36cm
Standard Fit B.D. Shirts Size 15       胸幅54cm 裾幅53cm 肩幅43cm 前身丈65cm 後身丈76cm 袖丈62cm 首周り38cm
Standard Fit B.D. Shirts Size 15 1/2 胸幅56cm 裾幅55cm 肩幅45cm 前身丈66cm 後身丈77cm 袖丈63cm 首周り40cm

 

DSC_1044.jpg

| 23:30 |
INDIVIDUALIZED SHIRTS
4.jpg

INDIVIDUALIZED SHIRTSより。1868年の生地資料を元に復刻されたコットン・フランネル素材を使用して作られたシャツが登場

3.jpg

創業から半世紀を迎えたINDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド・シャツ)。老舗メーカーと呼ぶにはまだ幾分若いこのブランドは、日本全国のセレクトショップからアメリカを代表するシャツ・ブランドとして高く評価されています。戦後のアメリカン・メンズファッションの黄金期である1950・60年代、そしてラルフローレンの登場による1970・80年代のファッション・ムーブメントの中で、インディビジュアライズド・シャツはカスタムメイドのシャツ作りを原点として進化を続けてきました。インディビジュアライズド・シャツのファンからもっとも絶賛されているのが、ボタンダウンの襟元のデティール。ネクタイをした時に見られる襟のロール、そしてネクタイを外した時の襟元の美しさ。これはブルックス・ブラザーズのカスタムシャツ部門を長年にわたって任されていた経緯から創り出されるアメリカン・ボタンダウンシャツに重要なディテールです。ユニバーシティ・ボタンダウンと称され、台襟(バンド)の高さ、襟羽根(リーフ)サイズ、ボタンの位置、そして台襟のシェープ等すべてのディテールが絶妙なバランスの中で一体となり、伝統的なアメリカン・ボタンダウンシャツを創り上げています。またすべてのパターン(型紙)が現在もインチ採寸で作られており、イギリス、イタリア、そして日本で作られるシャツとの微妙なニュアンスの違いによりアメリカらしい仕上がりとなっています。現在もアメリカ製にこだわり、1枚1枚徹底した管理のもとに創り上げられるシャツ...アメリカ国内では大統領からの注文をはじめ最高級スーツに合わせるシャツの注文など、高品質なドレスシャツも提供するために要求される世界に通じる技術と管理を守り続けています。顧客からの何千通りもの異なるパターンの要求に応えられるデータの蓄積、生地のカッティング技術、付属パーツの充実、それぞれのシャツのニーズに合わせた各種芯地(ライニング)、そして身体を包みこむようなシャツを創り上げるための熟練された縫製技術、1インチ(約2.5センチ)に対して平均22ステッチという縫製基準、など多くの技術により最高のシャツが創り上げられています。さらに「究極のシャツは一切余分なものを取り除く」というアメリカの高級シャツテーラーの考えにより、本来大量生産のシャツ製造では省かれてしまう様な手間のかかる製法も、あえて多く取り入れています。そのひとつが肩部分の縫製技術。多くの量産シャツは肩部分(ヨーク)の縫製ステッチが外側から見えてしまいますが、インディビジュアライズド・シャツではコンストラクション・ヨークという外側に縫い目が見えない袋縫いを採用しています。また、サイド部分の縫製(前見頃と後身頃の縫製部分)も量産さシャツでは不可能な高い技術を必要とする細幅の巻き縫いを基準としています。創業より50年一貫してアメリカン・シャツテーラーの伝統を守り続ける1枚のシャツ。着るごとに、洗いを重ねるごとに変わるエイジングを楽しみながら、長く愛着を持てるシャツ。それがインディビジュアライズド・シャツなのであります。「私たちのシャツの完成度は90%で人が着ることで100%になる。」

2.jpg

Standard Fit B.D. Shirtsは、INDIVIDUALIZED SHIRTSの中で現在最も主流となっているモデル。ClassicFitと Slim Fit のほぼ中間のサイズ感になっています。見頃は細身ながら袖周りはゆとりを持たせてあるので、タイト過ぎず違和感なく着ていただくことができます。これまでシャツの裾をパンツにインして着るイメージで作られていたこのモデルでしたが、アメリカでもシャツの裾を外に出して着たいというニーズが高まってきたらしく、一昨年から裾のカッテイングが変更になりました。これまではシャープだったサイドのカッテイングが緩やかになり、裾を外に出して着た時にちょうどいいバランスとなりました。これまで以上に快適にカジュアルにご愛用いただくことができると思います。と言ってもパンツの中に入れて着ることもできますから、「イン」派の方もご安心ください。

1.jpg

今回ご紹介するINDIVIDUALIZED SHIRTS Standard Fit B.D. Shirtsは、1868年の生地資料を元に復刻されたコットン・フランネルのチェック素材。ブルー、グレー、ブラックといったシックな色合いにオレンジ色をポイント的に配したチェックです。ノスタルジックな雰囲気でありながら、新鮮味も感じられる魅力溢れるチェック柄なんですよ。どうしても暗めの洋服が多くなってしまう冬の時期。こんなシャツを着てみてはいかがでしょうか?気になる方は、是非classico店頭にてご覧になってみて下さい。お待ちしております。

INDIVIDUALIZED SHIRTS Standard Fit B.D. Shirts Price : ¥25.000+Tax Size : ( Men's ) 14 1/2、15、15 1/2 Made in U.S.A.

1.jpg

Standard Fit B.D. Shirts Size 14 1/2 胸幅52cm 裾幅51cm 肩幅41cm 前身丈64cm 後身丈75cm 袖丈61cm 首周り36cm
Standard Fit B.D. Shirts Size 15       胸幅54cm 裾幅53cm 肩幅43cm 前身丈65cm 後身丈76cm 袖丈62cm 首周り38cm
Standard Fit B.D. Shirts Size 15 1/2 胸幅56cm 裾幅55cm 肩幅45cm 前身丈66cm 後身丈77cm 袖丈63cm 首周り40cm

1.jpg
| 23:00 |
INDIVIDUALIZED SHIRTS
3.jpg

ある顧客様からお問い合わせをいただいていたINDIVIDUALIZED SHIRTSのレディースB.D. Shirtsが入荷しました。究極の逸品です!

2.jpg

1.jpg

創業から半世紀を迎えたINDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド・シャツ)。老舗メーカーと呼ぶにはまだ幾分若いこのブランドは、日本全国のセレクトショップからアメリカを代表するシャツ・ブランドとして高く評価されています。戦後のアメリカン・メンズファッションの黄金期である1950・60年代、そしてラルフローレンの登場による1970・80年代のファッション・ムーブメントの中で、インディビジュアライズド・シャツはカスタムメイドのシャツ作りを原点として進化を続けてきました。インディビジュアライズド・シャツのファンからもっとも絶賛されているのが、ボタンダウンの襟元のデティール。ネクタイをした時に見られる襟のロール、そしてネクタイを外した時の襟元の美しさ。これはブルックス・ブラザーズのカスタムシャツ部門を長年にわたって任されていた経緯から創り出されるアメリカン・ボタンダウンシャツに重要なディテールです。ユニバーシティ・ボタンダウンと称され、台襟(バンド)の高さ、襟羽根(リーフ)サイズ、ボタンの位置、そして台襟のシェープ等すべてのディテールが絶妙なバランスの中で一体となり、伝統的なアメリカン・ボタンダウンシャツを創り上げています。またすべてのパターン(型紙)が現在もインチ採寸で作られており、イギリス、イタリア、そして日本で作られるシャツとの微妙なニュアンスの違いによりアメリカらしい仕上がりとなっています。現在もアメリカ製にこだわり、1枚1枚徹底した管理のもとに創り上げられるシャツ...アメリカ国内では大統領からの注文をはじめ最高級スーツに合わせるシャツの注文など、高品質なドレスシャツも提供するために要求される世界に通じる技術と管理を守り続けています。顧客からの何千通りもの異なるパターンの要求に応えられるデータの蓄積、生地のカッティング技術、付属パーツの充実、それぞれのシャツのニーズに合わせた各種芯地(ライニング)、そして身体を包みこむようなシャツを創り上げるための熟練された縫製技術、1インチ(約2.5センチ)に対して平均22ステッチという縫製基準、など多くの技術により最高のシャツが創り上げられています。さらに「究極のシャツは一切余分なものを取り除く」というアメリカの高級シャツテーラーの考えにより、本来大量生産のシャツ製造では省かれてしまう様な手間のかかる製法も、あえて多く取り入れています。そのひとつが肩部分の縫製技術。多くの量産シャツは肩部分(ヨーク)の縫製ステッチが外側から見えてしまいますが、インディビジュアライズド・シャツではコンストラクション・ヨークという外側に縫い目が見えない袋縫いを採用しています。また、サイド部分の縫製(前見頃と後身頃の縫製部分)も量産さシャツでは不可能な高い技術を必要とする細幅の巻き縫いを基準としています。創業より50年一貫してアメリカン・シャツテーラーの伝統を守り続ける1枚のシャツ。着るごとに、洗いを重ねるごとに変わるエイジングを楽しみながら、長く愛着を持てるシャツ。それがインディビジュアライズド・シャツなのであります。「私たちのシャツの完成度は90%で人が着ることで100%になる。」

1.jpg

INDIVIDUALIZED SHIRTS Button Down Shirts Price : ¥22.000+Tax Color : White Size : (♀) 13 1/2、14 1/2 Made in U.S.A.

2.jpg

INDIVIDUALIZED SHIRTS レディースのボタンダウンシャツは、メンズのボタンダウンシャツを女性の体型に合わせてサイズダウンしたモデルです。前立ての仕様もそのままに、ボタンダウンシャツ本来のスタイルを楽しんでいただくことが出来ます。身体に程よくフィットする美しいシルエットで、裾は外に出して着ていただいても、パンツにインして着ていただいてもどちらでもバランス良い長さになっています。アイロンを掛けていただければスーツやジャケットに合わせてOLさんのお仕事着にもなるし、洗い晒しでジーンズやチノパンにさらっとコーディネートしていただいてもカッコいいですよ。アイビー、プレッピー好きな方には、堪らんですな。

4.jpg

使用している生地は、Cambridge Oxfordという素材。ややごわっとしたアメリカらしいオックスフォードではありながら、薄過ぎず厚過ぎず程よい肉感に仕上がっています。真夏以外の幅広いシーズンに渡ってご愛用いただくことが出来ます。流行り廃りに関係ない素材だから飽きも来ないし、着回しやすさも抜群。これからの時期には、セーターのインナーとしても大活躍することでしょう。

1.jpg

3.jpg

今シーズン、このCambridge Oxford素材の レディースのButton Down Shirts を展開しているのは、東京ではclassicoのみとなっています。気になっている方は、是非この機会にお買い求め下さいませ。ご来店・お問い合わせ・ご注文をお待ちいたしております。

2.jpg

INDIVIDUALIZED SHIRTS Button Down Shirts Price : ¥22.000+Tax Color : Blue Size : (♀) 13 1/2、14 1/2 Made in U.S.A.

3.jpg

Button Down Shirts Size (♀) 13 1/2 : 胸幅49cm 裾幅45cm 肩幅39cm 前身丈59cm 後身丈69cm 袖丈59cm 首周り34cm
Button Down Shirts Size (♀) 14 1/2 : 胸幅51cm 裾幅47cm 肩幅41cm 前身丈58cm 後身丈68cm 袖丈58cm 首周り36cm

1.jpg
| 23:00 |
INDIVIDUALIZED SHIRTS
1.jpg

久し振りにINDIVIDUALIZED SHIRTSが登場。メンズのStandard Fit B.D. Shirts、生地はブリティッシュ・ストライプ。何だか新鮮!

2.jpg

創業から半世紀を迎えたINDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド・シャツ)。老舗メーカーと呼ぶにはまだ幾分若いこのブランドは、日本全国のセレクトショップからアメリカを代表するシャツ・ブランドとして高く評価されています。戦後のアメリカン・メンズファッションの黄金期である1950・60年代、そしてラルフローレンの登場による1970・80年代のファッション・ムーブメントの中で、インディビジュアライズド・シャツはカスタムメイドのシャツ作りを原点として進化を続けてきました。インディビジュアライズド・シャツのファンからもっとも絶賛されているのが、ボタンダウンの襟元のデティール。ネクタイをした時に見られる襟のロール、そしてネクタイを外した時の襟元の美しさ。これはブルックス・ブラザーズのカスタムシャツ部門を長年にわたって任されていた経緯から創り出されるアメリカン・ボタンダウンシャツに重要なディテールです。ユニバーシティ・ボタンダウンと称され、台襟(バンド)の高さ、襟羽根(リーフ)サイズ、ボタンの位置、そして台襟のシェープ等すべてのディテールが絶妙なバランスの中で一体となり、伝統的なアメリカン・ボタンダウンシャツを創り上げています。またすべてのパターン(型紙)が現在もインチ採寸で作られており、イギリス、イタリア、そして日本で作られるシャツとの微妙なニュアンスの違いによりアメリカらしい仕上がりとなっています。現在もアメリカ製にこだわり、1枚1枚徹底した管理のもとに創り上げられるシャツ...アメリカ国内では大統領からの注文をはじめ最高級スーツに合わせるシャツの注文など、高品質なドレスシャツも提供するために要求される世界に通じる技術と管理を守り続けています。顧客からの何千通りもの異なるパターンの要求に応えられるデータの蓄積、生地のカッティング技術、付属パーツの充実、それぞれのシャツのニーズに合わせた各種芯地(ライニング)、そして身体を包みこむようなシャツを創り上げるための熟練された縫製技術、1インチ(約2.5センチ)に対して平均22ステッチという縫製基準、など多くの技術により最高のシャツが創り上げられています。さらに「究極のシャツは一切余分なものを取り除く」というアメリカの高級シャツテーラーの考えにより、本来大量生産のシャツ製造では省かれてしまう様な手間のかかる製法も、あえて多く取り入れています。そのひとつが肩部分の縫製技術。多くの量産シャツは肩部分(ヨーク)の縫製ステッチが外側から見えてしまいますが、インディビジュアライズド・シャツではコンストラクション・ヨークという外側に縫い目が見えない袋縫いを採用しています。また、サイド部分の縫製(前見頃と後身頃の縫製部分)も量産さシャツでは不可能な高い技術を必要とする細幅の巻き縫いを基準としています。創業より50年一貫してアメリカン・シャツテーラーの伝統を守り続ける1枚のシャツ。着るごとに、洗いを重ねるごとに変わるエイジングを楽しみながら、長く愛着を持てるシャツ。それがインディビジュアライズド・シャツなのであります。「私たちのシャツの完成度は90%で人が着ることで100%になる。」

3.jpg

Standard Fit B.D. Shirtsは、INDIVIDUALIZED SHIRTSの中で現在最も主流となっているモデル。ClassicFitと Slim Fit のほぼ中間のサイズ感になっています。見頃は細身ながら袖周りはゆとりを持たせてあるので、タイト過ぎず違和感なく着ていただくことができます。これまでシャツの裾をパンツにインして着るイメージで作られていたこのモデルでしたが、アメリカでもシャツの裾を外に出して着たいというニーズが高まってきたらしく、一昨年から裾のカッテイングが変更になりました。これまではシャープだったサイドのカッテイングが緩やかになり、裾を外に出して着た時にちょうどいいバランスとなりました。これまで以上に快適にカジュアルにご愛用いただくことができると思います。と言ってもパンツの中に入れて着ることもできますから、「イン」派の方もご安心ください。

1.jpg

今回ご紹介するのは、細番手の糸で織られたストライプ生地のStandard Fit B.D. Shirts。British Stripeという生地名。ホワイト・ベースにネイビーの細いストライプが狭い間隔で織り込まれており、イギリスっぽいクラシックな雰囲気となっています。実際に着てみると、案外シャープでスタイリッシュな印象なんですよ。コーディネートもしやすく、着回しもしやすいと思います。これからの季節、セーターのインナーにもぴったり。アイロンを掛けていただければ、ジャケットやスーツ、ネクタイも合わせることが出来ます。上の写真の様に、洗いざらしで、色の濃いジーンズにコーディネートしていただくのが、classicoらしい提案。お薦めの逸品であります。

INDIVIDUALIZED SHIRTS Standard Fit B.D. Shirts ¥23.000+Tax Color : Navy Size : 14 1/215 、15 1/2  Made in U.S.A.

1.jpg

Standard Fit B.D. Shirts Size 14 1/2 胸幅52cm 裾幅51cm 肩幅41cm 前身丈64cm 後身丈75cm 袖丈61cm 首周り36cm
Standard Fit B.D. Shirts Size 15       胸幅54cm 裾幅53cm 肩幅43cm 前身丈65cm 後身丈76cm 袖丈62cm 首周り38cm
Standard Fit B.D. Shirts Size 15 1/2 胸幅56cm 裾幅55cm 肩幅45cm 前身丈66cm 後身丈77cm 袖丈63cm 首周り40cm

4.jpg
| 23:00 |
INDIVIDUALIZED SHIRTS
1.jpg

INDIVIDUALIZED SHIRTSに今回初めてスペシャル・オーダー。昨年大好評のうちに完売してしまったシャツ生地を復活させました。通常のStandard Fitよりも、よりカジュアルに着やすい仕様となっています。classicoだけのSPシャツ。気になる方は、お早めにぃ!

4.jpg

創業から半世紀を迎えたINDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド・シャツ)。老舗メーカーと呼ぶにはまだ幾分若いこのブランドは、日本全国のセレクトショップからアメリカを代表するシャツ・ブランドとして高く評価されています。戦後のアメリカン・メンズファッションの黄金期である1950・60年代、そしてラルフローレンの登場による1970・80年代のファッション・ムーブメントの中で、インディビジュアライズド・シャツはカスタムメイドのシャツ作りを原点として進化を続けてきました。インディビジュアライズド・シャツのファンからもっとも絶賛されているのが、ボタンダウンの襟元のデティール。ネクタイをした時に見られる襟のロール、そしてネクタイを外した時の襟元の美しさ。これはブルックス・ブラザーズのカスタムシャツ部門を長年にわたって任されていた経緯から創り出されるアメリカン・ボタンダウンシャツに重要なディテールです。ユニバーシティ・ボタンダウンと称され、台襟(バンド)の高さ、襟羽根(リーフ)サイズ、ボタンの位置、そして台襟のシェープ等すべてのディテールが絶妙なバランスの中で一体となり、伝統的なアメリカン・ボタンダウンシャツを創り上げています。またすべてのパターン(型紙)が現在もインチ採寸で作られており、イギリス、イタリア、そして日本で作られるシャツとの微妙なニュアンスの違いによりアメリカらしい仕上がりとなっています。現在もアメリカ製にこだわり、1枚1枚徹底した管理のもとに創り上げられるシャツ...アメリカ国内では大統領からの注文をはじめ最高級スーツに合わせるシャツの注文など、高品質なドレスシャツも提供するために要求される世界に通じる技術と管理を守り続けています。顧客からの何千通りもの異なるパターンの要求に応えられるデータの蓄積、生地のカッティング技術、付属パーツの充実、それぞれのシャツのニーズに合わせた各種芯地(ライニング)、そして身体を包みこむようなシャツを創り上げるための熟練された縫製技術、1インチ(約2.5センチ)に対して平均22ステッチという縫製基準、など多くの技術により最高のシャツが創り上げられています。さらに「究極のシャツは一切余分なものを取り除く」というアメリカの高級シャツテーラーの考えにより、本来大量生産のシャツ製造では省かれてしまう様な手間のかかる製法も、あえて多く取り入れています。そのひとつが肩部分の縫製技術。多くの量産シャツは肩部分(ヨーク)の縫製ステッチが外側から見えてしまいますが、インディビジュアライズド・シャツではコンストラクション・ヨークという外側に縫い目が見えない袋縫いを採用しています。また、サイド部分の縫製(前見頃と後身頃の縫製部分)も量産さシャツでは不可能な高い技術を必要とする細幅の巻き縫いを基準としています。創業より50年一貫してアメリカン・シャツテーラーの伝統を守り続ける1枚のシャツ。着るごとに、洗いを重ねるごとに変わるエイジングを楽しみながら、長く愛着を持てるシャツ。それがインディビジュアライズド・シャツなのであります。「私たちのシャツの完成度は90%で人が着ることで100%になる。」

6.jpg

Standard Fit B.D. Shirtsは、INDIVIDUALIZED SHIRTSの中で現在最も主流となっているモデル。ClassicFitと Slim Fit のほぼ中間のサイズ感になっています。見頃は細身ながら袖周りはゆとりを持たせてあるので、タイト過ぎず違和感なく着ていただくことができます。これまでシャツの裾をパンツにインして着るイメージで作られていたこのモデルでしたが、アメリカでもシャツの裾を外に出して着たいというニーズが高まってきたらしく、一昨年から裾のカッテイングが変更になりました。これまではシャープだったサイドのカッテイングが緩やかになり、裾を外に出して着た時にちょうどいいバランスとなりました。これまで以上に快適にカジュアルにご愛用いただくことができると思います。と言ってもパンツの中に入れて着ることもできますから、「イン」派の方もご安心ください。

5.jpg

ニューヨーク マンハッタン レキシントンアヴェニュー...とあるビルの一室に約700 sq.ftほどのアーカイブルーム(資料室)が存在します。そこにはアメリカントラッドの歴史そのものと言える過去20年以上に渡る膨大なファブリックスワッチ(生地見本帳)が保存されています。インディビジュアライズド シャツでは、このこの歴史的アーカイブから厳選したヴィンテージ ファブリックを毎シーズン復刻し提案しています。今回ご紹介するシャツは、実は昨年の春夏にclassicoで展開していたシャツと同じ生地のもの。1982年当時に実存した生地を色調・風合いともに忠実に再現した復刻ファブリックを使用しています。80年代初頭のアメリカのプレッピー・スタイル。アイビーやトラッドのスタイルを着崩しながらもきれい目を意識した大人のためのカジュアルの提案。春というよりも夏をイメージした"夏に着て欲しいシャツ"といいうイメージです。2015年春夏に向けての展示会で、気に入ったチェック柄が見つからなかったため、生地ストックのファイルを見せていただきました。その中に昨年とっても気に入っていたチェック柄を発見。その生地ストックを使用して、classico別注のシャツを作っていただくことになった訳です。別注の場合、通常よりも多くの数を発注しなくてはなりません。たいへん勇気が必要な決断でした。結果的には、お客様からご好評をいただき、嬉しい限りであります。あっ!と言う間に完売しそうな勢いです。勿論、別注品のため完売してしまったら即終了となります。気になる方は、お早めにお問合せ下さいませ!

1.jpg

INDIVIDUALIZED SHIRTS SP. Standard Fit B.D. Shirts Price : ¥23.000+Tax Size : 14 14 1/2、15、15 1/2 Made in U.S.A.

2.jpg

SP. Standard Fit B.D.S. Size 14 (XS) : 胸幅51cm 裾幅48cm 肩幅41cm 前身丈60cm 後身丈70cm 袖丈61cm 首周り36cm
SP. Standard Fit B.D.S. Size 14 1/2   : 胸幅53cm 裾幅50cm 肩幅42cm 前身丈62cm 後身丈72cm 袖丈62cm 首周り37cm
SP. Standard Fit B.D.S. Size 15 (M)   : 胸幅55cm 裾幅52cm 肩幅43cm 前身丈64cm 後身丈74cm 袖丈63cm 首周り38cm
SP. Standard Fit B.D.S. Size 15 1/2   : 胸幅57cm 裾幅54cm 肩幅44cm 前身丈66cm 後身丈76cm 袖丈64cm 首周り39cm

3.jpg
| 23:00 |
INDIVIDUALIZED SHIRTS Standard Fit B.D. Shirts
1.jpg

とっても爽やかな色合いのチェック。薄くて軽やか。着心地もいいシャツです。INDIVIDUALIZED SHIRTS Standard Fit B.D.Shirts。

1.jpg

創業から半世紀を迎えたINDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド・シャツ)。老舗メーカーと呼ぶにはまだ幾分若いこのブランドは、日本全国のセレクトショップからアメリカを代表するシャツ・ブランドとして高く評価されています。戦後のアメリカン・メンズファッションの黄金期である1950・60年代、そしてラルフローレンの登場による1970・80年代のファッション・ムーブメントの中で、インディビジュアライズド・シャツはカスタムメイドのシャツ作りを原点として進化を続けてきました。インディビジュアライズド・シャツのファンからもっとも絶賛されているのが、ボタンダウンの襟元のデティール。ネクタイをした時に見られる襟のロール、そしてネクタイを外した時の襟元の美しさ。これはブルックス・ブラザーズのカスタムシャツ部門を長年にわたって任されていた経緯から創り出されるアメリカン・ボタンダウンシャツに重要なディテールです。ユニバーシティ・ボタンダウンと称され、台襟(バンド)の高さ、襟羽根(リーフ)サイズ、ボタンの位置、そして台襟のシェープ等すべてのディテールが絶妙なバランスの中で一体となり、伝統的なアメリカン・ボタンダウンシャツを創り上げています。またすべてのパターン(型紙)が現在もインチ採寸で作られており、イギリス、イタリア、そして日本で作られるシャツとの微妙なニュアンスの違いによりアメリカらしい仕上がりとなっています。現在もアメリカ製にこだわり、1枚1枚徹底した管理のもとに創り上げられるシャツ...アメリカ国内では大統領からの注文をはじめ最高級スーツに合わせるシャツの注文など、高品質なドレスシャツも提供するために要求される世界に通じる技術と管理を守り続けています。顧客からの何千通りもの異なるパターンの要求に応えられるデータの蓄積、生地のカッティング技術、付属パーツの充実、それぞれのシャツのニーズに合わせた各種芯地(ライニング)、そして身体を包みこむようなシャツを創り上げるための熟練された縫製技術、1インチ(約2.5センチ)に対して平均22ステッチという縫製基準、など多くの技術により最高のシャツが創り上げられています。さらに「究極のシャツは一切余分なものを取り除く」というアメリカの高級シャツテーラーの考えにより、本来大量生産のシャツ製造では省かれてしまう様な手間のかかる製法も、あえて多く取り入れています。そのひとつが肩部分の縫製技術。多くの量産シャツは肩部分(ヨーク)の縫製ステッチが外側から見えてしまいますが、インディビジュアライズド・シャツではコンストラクション・ヨークという外側に縫い目が見えない袋縫いを採用しています。また、サイド部分の縫製(前見頃と後身頃の縫製部分)も量産さシャツでは不可能な高い技術を必要とする細幅の巻き縫いを基準としています。創業より50年一貫してアメリカン・シャツテーラーの伝統を守り続ける1枚のシャツ。着るごとに、洗いを重ねるごとに変わるエイジングを楽しみながら、長く愛着を持てるシャツ。それがインディビジュアライズド・シャツなのであります。「私たちのシャツの完成度は90%で人が着ることで100%になる。」

1.jpg

Standard Fit B.D. Shirtsは、INDIVIDUALIZED SHIRTSの中で現在最も主流となっているモデル。ClassicFitと Slim Fit のほぼ中間のサイズ感になっています。見頃は細身ながら袖周りはゆとりを持たせてあるので、タイト過ぎず違和感なく着ていただくことができます。これまでシャツの裾をパンツにインして着るイメージで作られていたこのモデルでしたが、アメリカでもシャツの裾を外に出して着たいというニーズが高まってきたらしく、一昨年から裾のカッテイングが変更になりました。これまではシャープだったサイドのカッテイングが緩やかになり、裾を外に出して着た時にちょうどいいバランスとなりました。これまで以上に快適にカジュアルにご愛用いただくことができると思います。と言ってもパンツの中に入れて着ることもできますから、「イン」派の方もご安心ください。

4.jpg

ニューヨーク マンハッタン レキシントンアヴェニュー...とあるビルの一室に約700 sq.ftほどのアーカイブルーム(資料室)が存在します。そこにはアメリカントラッドの歴史そのものと言える過去20年以上に渡る膨大なファブリックスワッチ(生地見本帳)が保存されています。インディビジュアライズド シャツでは、このこの歴史的アーカイブから厳選したヴィンテージ ファブリックを毎シーズン復刻し提案しています。今回ご紹介するシャツには、1982年当時に実存した生地を色調・風合いともに忠実に再現した復刻ファブリックを使用しています。80年代初頭のアメリカのプレッピー・スタイル。アイビーやトラッドのスタイルを着崩しながらもきれい目を意識した大人のためのカジュアルの提案。春というよりも夏をイメージした"夏に着て欲しいシャツ"といいうイメージです。

2.jpg

インドの伝統的な織物であるインディアン・マドラスの素材感をイメージして織られたINDIVIDUALIZED SHIRTSオリジナルのマドラスチェック。インディアン・マドラスによく見られる様な織りムラや織りキズは見られることはありません。素材感は同様でももっと上質な生地になります。薄くて軽くて風通しがいい素材なので、春先から秋頃まで暖かい季節には最適なシャツです。今回ご紹介するこの柄は、見た目からもとっても爽やかで涼し気。しかもとっても品が良くて、好感度も抜群です。あぁ~、欲しくて堪らんよぉ~。

4.jpg

INDIVIDUALIZED SHIRTS Standard Fit B.D. Shirts Price : ¥24.840 Size : 14 1/2 ,  15 , 15 1/2  Cotton 100% Made in U.S.A.

5.jpg

Size 14 1/2 : 胸幅48cm 裾幅47cm 肩幅41cm 前身丈(台襟下~裾)61cm 後身丈(台襟下~裾)72cm 袖丈61cm 首周り37cm
Size 15       : 胸幅50cm 裾幅49cm 肩幅42cm 前身丈(台襟下~裾)63cm 後身丈(台襟下~裾)74cm 袖丈62cm 首周り38cm
Size 15 1/2 : 胸幅52cm 裾幅51cm 肩幅43cm 前身丈(台襟下~裾)65cm 後身丈(台襟下~裾)76cm 袖丈63cm 首周り39cm

3.jpg
| 23:00 |
INDIVIDUALIZED SHIRTS Standard Fit B.D. Shirts
7.jpg

「19世紀のアメリカ」がテーマとなったINDIVIDUALIZED SHIRTS。1889年の生地資料から復刻した生地で作られたボタンダウン。

2.jpg

3.jpg

4.jpg

Size 14 1/2 ( Men's S ) : 胸幅48cm 裾幅47cm 肩幅41cm 前身丈(台襟下~裾)61cm 後身丈(台襟下~裾)72cm 袖丈61cm
Size 15       ( Men's M ) : 胸幅50cm 裾幅49cm 肩幅42cm 前身丈(台襟下~裾)63cm 後身丈(台襟下~裾)74cm 袖丈62cm
Size 15 1/2  ( Men's L ) : 胸幅52cm 裾幅51cm 肩幅43cm 前身丈(台襟下~裾)65cm 後身丈(台襟下~裾)76cm 袖丈63cm

15.jpg

INDIVIDUALIZED SHIRTS Standard Fit B.D. Shirts ¥20.790 Color : Grey Check Size : 14 1/5、15、15 1/2 Made in U.S.A.

1.jpg

創業から半世紀を迎えたINDIVIDUALIZED SHIRTS(インディビジュアライズド・シャツ)。老舗メーカーと呼ぶにはまだ幾分若いこのブランドは、日本全国のセレクトショップからアメリカを代表するシャツ・ブランドとして高く評価されています。戦後のアメリカン・メンズファッションの黄金期である1950・60年代、そしてラルフローレンの登場による1970・80年代のファッション・ムーブメントの中で、インディビジュアライズド・シャツはカスタムメイドのシャツ作りを原点として進化を続けてきました。インディビジュアライズド・シャツのファンからもっとも絶賛されているのが、ボタンダウンの襟元のデティール。ネクタイをした時に見られる襟のロール、そしてネクタイを外した時の襟元の美しさ。これはブルックス・ブラザーズのカスタムシャツ部門を長年にわたって任されていた経緯から創り出されるアメリカン・ボタンダウンシャツに重要なディテールです。ユニバーシティ・ボタンダウンと称され、台襟(バンド)の高さ、襟羽根(リーフ)サイズ、ボタンの位置、そして台襟のシェープ等すべてのディテールが絶妙なバランスの中で一体となり、伝統的なアメリカン・ボタンダウンシャツを創り上げています。またすべてのパターン(型紙)が現在もインチ採寸で作られており、イギリス、イタリア、そして日本で作られるシャツとの微妙なニュアンスの違いによりアメリカらしい仕上がりとなっています。現在もアメリカ製にこだわり、1枚1枚徹底した管理のもとに創り上げられるシャツ...アメリカ国内では大統領からの注文をはじめ最高級スーツに合わせるシャツの注文など、高品質なドレスシャツも提供するために要求される世界に通じる技術と管理を守り続けています。顧客からの何千通りもの異なるパターンの要求に応えられるデータの蓄積、生地のカッティング技術、付属パーツの充実、それぞれのシャツのニーズに合わせた各種芯地(ライニング)、そして身体を包みこむようなシャツを創り上げるための熟練された縫製技術、1インチ(約2.5センチ)に対して平均22ステッチという縫製基準、など多くの技術により最高のシャツが創り上げられています。さらに「究極のシャツは一切余分なものを取り除く」というアメリカの高級シャツテーラーの考えにより、本来大量生産のシャツ製造では省かれてしまう様な手間のかかる製法も、あえて多く取り入れています。そのひとつが肩部分の縫製技術。多くの量産シャツは肩部分(ヨーク)の縫製ステッチが外側から見えてしまいますが、インディビジュアライズド・シャツではコンストラクション・ヨークという外側に縫い目が見えない袋縫いを採用しています。また、サイド部分の縫製(前見頃と後身頃の縫製部分)も量産さシャツでは不可能な高い技術を必要とする細幅の巻き縫いを基準としています。創業より50年一貫してアメリカン・シャツテーラーの伝統を守り続ける1枚のシャツ。着るごとに、洗いを重ねるごとに変わるエイジングを楽しみながら、長く愛着を持てるシャツ。それがインディビジュアライズド・シャツなのであります。「私たちのシャツの完成度は90%で人が着ることで100%になる。」

8.jpg

9.jpg

INDIVIDUALIZED SHIRTS  Standard Fit B.D. Shirts ¥20.790 Color : Blue Check Size : 14 1/5、15、15 1/2 Made in U.S.A.

5.jpg

6.jpg

Standard Fit B.D. Shirtsは、INDIVIDUALIZED SHIRTSの中で現在最も主流となっているモデル。ClassicFitと Slim Fit のほぼ中間のサイズ感になっています。見頃は細身ながら袖周りはゆとりを持たせてあるので、タイト過ぎず違和感なく着ていただくことができます。これまでシャツの裾をパンツにインして着るイメージで作られていたこのモデルでしたが、アメリカでもシャツの裾を外に出して着たいというニーズが高まってきたらしく、咋シーズンから裾のカッテイングが変更になりました。これまではシャープだったサイドのカッテイングが緩やかになり、裾を外に出して着た時にちょうどいいバランスとなりました。これまで以上に快適にカジュアルにご愛用いただくことができると思います。と言ってもパンツの中に入れて着ることもできますから、「イン」派の方もご安心ください。

ニューヨーク マンハッタン レキシントンアヴェニュー...とあるビルの一室に約700 sq.ftほどのアーカイブルーム(資料室)が存在します。そこにはアメリカントラッドの歴史そのものと言える過去20年以上に渡る膨大なファブリックスワッチ(生地見本帳)が保存されています。インディビジュアライズド シャツでは、このこの歴史的アーカイブから厳選したヴィンテージ ファブリックを毎シーズン復刻し提案しています。今回ご紹介するシャツには、1889年当時に実存した生地を色調・風合いともに忠実に再現した復刻ファブリックを使用しています。当時のアメリカは、イギリス王政から独立を果たして自由を手に入れ、躍進した時代。イギリスを始めヨーロッパから多くの移民が大西洋を渡ってニューヨークに辿り着きました。急速な人口増加と産業の発展。アメリカ前進の時代です。そんな中、各々のルーツである歴史ある国々・ヨーロッパへの憧れ、そして独自の文化の創造...この頃のアメリカの人々の背景にはその様な思いがあったのではないだろうか?と想像されます。今回classicoでセレクトした3つのチェック柄にもそんな雰囲気が感じられます。ブリテッィッシュ・トラッドの影響を感じさせるチェック柄。でも使われているペーンの色合いだったり、全体の色の組み合わせが新鮮です。生地が生まれた背景など、思いを巡らせたりするのも楽しいものですねぇ。大切な方への贈り物にもどうぞ。

11.jpg

13.jpg

12.jpg

INDIVIDUALIZED SHIRTS  Standard Fit B.D. Shirts ¥20.790 Color : Navy Check Size : 14 1/5、15、15 1/2 Made in U.S.A.

10.jpg
| 23:30 |
Page: 1/2   >>