Entry



Archives


Category


Search


Link

ASEEDONCLOUD HW Cap & Snood

DSC_0076.jpg

 

ASEEDONCLOUDとスコットランドGilbert Wilsonのコラボシリーズ第2・3弾はキャップ&スヌード。第1弾手袋と合わせていかが?

 

ASEEDONCLOUD HW Cap Price : ¥6.800+Tax Color : Off White Size :(Unisex)Free Lamswool 100% Made in Scotland.

 

DSC_0077.jpg

 

IMG_8405.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Snood Price : ¥12.000+Tax Color : Off White Size :(Unisex)Free Lamswool100% Made in Scotland.

 

DSC_0085.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

ASEEDONCLOUD HW Cap Price : ¥6.800+Tax Color : Taupe Size :(Unisex)Free Lamswool 100% Made in Scotland.

 

DSC_0078.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Snood Price : ¥12.000+Tax Color : Taupe Size :(Unisex)Free Lamswool 100% Made in Scotland.

 

DSC_0087.jpg

 

Hand Werker(ハンドベーカー)とは「職人」を意味するドイツ語です。空想の職業から生まれる特別な生活着やワークウェアを作り続けるASEEDONCLOUDから派生したコレクション。毎シーズン新しいコレクションを作り出す中である種の普遍性を有したウェアだけを抜き出し、「職人の服」というカテゴリーでスタートしました。こだわり抜かれた素材のみを使用。日々の仕事や生活の中で活用できる様々なディティールも特徴です。ワードローブの定番としてはもちろんのこと、プロユースにも耐えうるクオリティーを兼ね備えています。比較的買いやすい価格帯に設定されていることも魅力のひとつ。Hand Werkerは着実にファンの方を増やしています。

 

GILBERT WILSONは、1800年代後半創業の老舗ニットメーカー。ニットの生産地として有名なスコットランドの中でも特に伝統あるニットメーカーが集まるエリア、Hawick地方にあります。創業者であるColin Gilchrist(コリン・ギルクリスト)とJim Wilson(ジム・ウィルソン)は様々なニットウェアメーカーで経験を積みました。上質な天然ウールを用いたニットづくりを続けています。スコットランド北部に位置するフェアアイルに伝わる古典柄やHawick地方特有の伝統技術を継承しつつ、現代に合った製品を作っています。

 

昨年もたいへんご好評をいただいたASEEDONCLOUDとGILBERT WILSONのコラボレーションによるニットアクセサリーシリーズ。上質なラムズウールを用いて作られたニットキャップとスヌードはどちらもユニセックスのフリーサイズ。チクチクすることもないし程良い厚さなので、ぽかぽか暖かくて快適です。何と言ってもASEEDONCLOUDらしい配色が魅力的でしょ。ちょっと前にご紹介した手袋もあるので、3アイテム揃えてご愛用いただくこともできます。気になる方はclassico店頭にてお試しになってみてください。

 

ASEEDONCLOUD HW Cap Price : ¥6.800+Tax Color : Blue Gray Size :(Unisex)Free Lamswool100% Made in Scotland.

 

DSC_0083.jpg

 

IMG_8437.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Snood Price : ¥12.000+Tax Color : Blue Gray Size :(Unisex)F Lamswool 100% Made in Scotland.

 

DSC_0088.jpg

| 18:00 |
ASEEDONCLOUD HW Glove

DSC_0083.jpg

 

ASEEDONCLOUDとスコットランドGilbert Wilsonとのコラボシリーズ第一弾は手袋のご紹介。既に店頭で売れていて完売間近です。

 

DSC_0078.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

IMG_8405.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Glove Price : ¥5.200+Tax Color : Off White Size :(Unisex) S / M  Wool 100% Made in Scotland.

 

DSC_0084.jpg

 

Hand Werker(ハンドベーカー)とは「職人」を意味するドイツ語です。空想の職業から生まれる特別な生活着やワークウェアを作り続けるASEEDONCLOUDから派生したコレクション。毎シーズン新しいコレクションを作り出す中である種の普遍性を有したウェアだけを抜き出し、「職人の服」というカテゴリーでスタートしました。こだわり抜かれた素材のみを使用。日々の仕事や生活の中で活用できる様々なディティールも特徴です。ワードローブの定番としてはもちろんのこと、プロユースにも耐えうるクオリティーを兼ね備えています。比較的買いやすい価格帯に設定されていることも魅力のひとつ。Hand Werkerは着実にファンの方を増やしています。

 

DSC_0085.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Glove Price : ¥5.200+Tax Color : Taupe Size :(Unisex) S / M  Wool 100% Made in Scotland.

 

DSC_0086.jpg

 

GILBERT WILSONは、1800年代後半創業の老舗ニットメーカー。ニットの生産地として有名なスコットランドの中でも特に伝統あるニットメーカーが集まるエリア、Hawick地方にあります。創業者であるColin Gilchrist(コリン・ギルクリスト)とJim Wilson(ジム・ウィルソン)は様々なニットウェアメーカーで経験を積みました。上質な天然ウールを用いたニットづくりを続けています。スコットランド北部に位置するフェアアイルに伝わる古典柄やHawick地方特有の伝統技術を継承しつつ、現代に合った製品を作っています。

 

昨年もたいへんご好評をいただいたASEEDONCLOUDとGILBERT WILSONのコラボレーションによるニットアクセサリーシリーズ。上質なラムズウールを用いて作られた手袋は、レディースとメンズの2サイズ展開。チクチクすることもないし、程良い厚さなので、指も動かしやすくて快適な付け心地。何と言ってもASEEDONCLOUDらしい配色が魅力的でしょ。同じ配色でスヌードとニットキャップもあるので、3アイテム揃えてご愛用いただくこともできますよ。気になる方はclassico店頭にてお試しになってみてください。

 

DSC_0089.jpg

 

Mailでもご注文をうけたまわることができます。ご注文を希望する商品の詳細(ブランド、品名・色名もお願いします)、サイズ(サイズ表記に横線が入っている場合は完売となります。ご了承ください)と点数、ご配送をご希望する〠&ご住所、お電話番号、お名前をご明記いただき、こちらのメールアドレス(classico_life@icloud.com)にご連絡をお願いいたします。お待ちいたしております。

 

IMG_8421.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Glove Price : ¥5.200+Tax Color : Blue Gray Size :(Unisex) S / M  Wool 100% Made in Scotland.

 

DSC_0089.jpg

| 21:00 |
ASEEDONCLOUD HW Easy Trousers

DSC_0096.jpg

 

前回はあっという間に売り切れてしまったASEEDONCLOUD HW Easy Trousers。今回ご紹介するのはスエット素材。これも秀逸!

 

DSC_0099.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

DSC_0106.jpg

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

DSC_0109.jpg

 

Hand Werker(ハンドベーカー)とは「職人」を意味するドイツ語です。空想の職業から生まれる特別な生活着やワークウェアを作り続けるASEEDONCLOUDから派生したコレクション。毎シーズン新しいコレクションを作り出す中である種の普遍性を有したウェアだけを抜き出し、「職人の服」というカテゴリーでスタートしました。こだわり抜かれた素材のみを使用。日々の仕事や生活の中で活用できる様々なディティールも特徴です。ワードローブの定番としてはもちろんのこと、プロユースにも耐えうるクオリティーを兼ね備えています。比較的買いやすい価格帯に設定されていることも魅力のひとつ。Hand Werkerは着実にファンの方を増やしています。

 

Mailでもご注文をうけたまわることができます。ご注文を希望する商品の詳細(ブランド、品名・色名もお願いします)、サイズ(サイズ表記に横線が入っている場合は完売となります。ご了承ください)と点数、ご配送をご希望する〠&ご住所、お電話番号、お名前をご明記いただき、こちらのメールアドレス(classico_life@icloud.com)にご連絡をお願いいたします。お待ちいたしております。

 

DSC_0102.jpg

 

今回ご紹介するのは、たいへんご好評をいただいているASEEDONCLOUD Hand WerkerのEasy Trousers。ウエスト部分にゴム+バックル付きのドローストリング紐が入っているイージーパンツ。着脱が楽でありながらも、イージー(カジュアル)になり過ぎないよう、絶妙なさじ加減でデザインされています。大きめ、小さめのポケットが左右に配置されていて、とっても機能的なパンツです。腰回りはゆったり、裾に向かってテーパードされていて、楽チンだけど野暮ったくない。そんなところも含めてHand Werkerらしいパンツです。使用している生地は、度詰めシルケット裏毛。度詰め(※)の裏毛(※)素材にシルケット加工(※)を施して毛羽(※)を抑えることにより、Hand Werkerらしいカジュアル過ぎないシャープさが感じられるきれいめな生地に仕上がっています。濃い色合いとシックな雰囲気からスエットらしさはあまり感じられません。お仕事着としても幅広い職種の方にオススメしたい!パンツです。

 

※度詰め(編む際に目の間隔を詰めて編み上げる製法)※裏毛(表は普通の天竺編み目で裏糸をループ状に編み込んで浮かせた生地)

※シルケット加工(綿素材を引っ張りながら苛性ソーダ水溶液に浸ける加工。断面積が丸くなり、光沢が出る。シワになりにくくなる。染料の吸収量が増え、濃く染まる。生地が強くなる。)※毛羽(布などの表面がこすれたりしてできる細かい毛のようなもの)

 

DSC_0178.jpg

 

DSC_0187.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)がはいているのはサイズS。ゆったりとしたサイズ感。ユニセックスの展開。サイズ選びはお好みで。

 

DSC_0182.jpg

 

DSC_0181.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Easy Trousers ¥22.000+Tax Color : Navy Size :(Unisex)XS / S / M Cotton100% Made in Japan.

 

DSC_0111.jpg

 

DSC_0115.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Easy Trousers Size XS : ウェスト68〜76cm ヒップ110cm 腿幅34cm 裾幅15cm 股上31cm 股下59cm

ASEEDONCLOUD HW Easy Trousers Size   S : ウェスト72〜80cm ヒップ114cm 腿幅35cm 裾幅16cm 股上32cm 股下61cm

ASEEDONCLOUD HW Easy Trousers Size   M : ウェスト76〜84cm ヒップ118cm 腿幅36cm 裾幅17cm 股上33cm 股下63cm

 

DSC_0118.jpg

 

DSC_0113.jpg

| 16:00 |
ASEEDONCLOUD HW Easy Trousers

DSC_0004.jpg

 

今年の春初めて展開した際に大好評をいただいたパンツASEEDONCLOUDのHW Easy Trousers。あっいう間に完売してしまいそう。

 

DSC_0018.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

DSC_0026.jpg

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

DSC_0022.jpg

 

Hand Werker(ハンドベーカー)とは「職人」を意味するドイツ語です。空想の職業から生まれる特別な生活着やワークウェアを作り続けるASEEDONCLOUDから派生したコレクション。毎シーズン新しいコレクションを作り出す中である種の普遍性を有したウェアだけを抜き出し、「職人の服」というカテゴリーでスタートしました。こだわり抜かれた素材のみを使用。日々の仕事や生活の中で活用できる様々なディティールも特徴です。ワードローブの定番としてはもちろんのこと、プロユースにも耐えうるクオリティーを兼ね備えています。比較的買いやすい価格帯に設定されていることも魅力のひとつ。Hand Werkerは着実にファンの方を増やしています。

 

DSC_0020.jpg

 

今回ご紹介するのは、たいへんご好評をいただいているASEEDONCLOUD Hand WerkerのEasy Trousers。ウエスト部分にゴム+バックル付きのドローストリング紐が入っているイージーパンツ。着脱が楽でありながらも、イージー(カジュアル)になり過ぎないよう、絶妙なさじ加減でデザインされています。大きめ、小さめのポケットが左右に配置されていて、とっても機能的なパンツです。腰回りはゆったり、裾に向かってテーパードされていて、楽チンだけど野暮ったくない。そんなところも含めてHand Werkerらしいパンツです。使用している生地は、Hand Werkerの定番的な素材・備前壱号。40/2×30/2で経糸に少し光沢があるコーマ糸を用いています。糊なしで織り上げられており、打ち込みがよいのが特徴。近江晒し加工という洗い晒しのような亜風合いを残す加工を施した生地です。夏以外のスリーシーズンに渡ってご愛用いただける素材感。程よい肉厚でハリ感があり、シワになりにくいです。色名はチャコールとなっていますが、実際の見た目はネイビーブラックの様な色合いです。なので、かなりコーディネートしやすいと思います。ワークパンツ、イージーパンツのはきやすさ、楽チンさもありながら、光沢感もあり、品良くきれいな雰囲気でご愛用いただけるパンツ。大活躍してくれること間違いありません。気になる方はぜひお早めにご来店・お問い合わせください。お待ちいたしております。

 

IMG_6329.jpg

 

IMG_6337.jpg

 

写真の中でChigu(158cm やや細め)がはいているのはサイズXS。XS / S / Mは、レディース & メンズS / メンズM / メンズLが目安。

 

IMG_6333.jpg

 

IMG_6335.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Easy Trousers ¥24.000+Tax Color : Charcoal Size :(Unisex)XS / S / M Cotton100% Made in Japan.

 

DSC_0008.jpg

 

DSC_0016.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Easy Trousers Size XS : ウェスト68〜76cm ヒップ110cm 腿幅34cm 裾幅15cm 股上31cm 股下59cm

ASEEDONCLOUD HW Easy Trousers Size   S : ウェスト72〜80cm ヒップ114cm 腿幅35cm 裾幅16cm 股上32cm 股下61cm

ASEEDONCLOUD HW Easy Trousers Size   M : ウェスト76〜84cm ヒップ118cm 腿幅36cm 裾幅17cm 股上33cm 股下63cm

 

DSC_0014.jpg

 

DSC_0011.jpg

| 16:00 |
ASEEDONCLOUD HW Basic Shirt

DSC_0003 (1).jpg

 

ちょっと前にご紹介したASEEDONCLOUD HW Collarless Shirtと同素材の型違い、HW Basic Shirt。どちらも甲乙付けがたいねぇ。

 

DSC_0008.jpg

 

DSC_0019.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

DSC_0014.jpg

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

DSC_0023.jpg

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

DSC_0009.jpg

 

Hand Werker(ハンドベーカー)とは「職人」を意味するドイツ語です。空想の職業から生まれる特別な生活着やワークウェアを作り続けるASEEDONCLOUDから派生したコレクション。毎シーズン新しいコレクションを作り出す中である種の普遍性を有したウェアだけを抜き出し、「職人の服」というカテゴリーでスタートしました。こだわり抜かれた素材のみを使用。日々の仕事や生活の中で活用できる様々なディティールも特徴です。ワードローブの定番としてはもちろんのこと、プロユースにも耐えうるクオリティーを兼ね備えています。比較的買いやすい価格帯に設定されていることも魅力のひとつ。Hand Werkerは着実にファンの方を増やしています。

 

DSC_0020.jpg

 

今回ご紹介するのはASEEDONCLOUD Hand WerkerのBasic Shirt。ASEEDONCLOUDとしては最もベーシックなシャツになります。比較的身幅はゆったりで着丈は短め。とっても小さい袋縫いのレギュラーカラー。品がよくやさしい印象です。第2ボタンの位置が高めに設定されているので、第一ボタンをはずして着てもカジュアルになり過ぎないようにデザインされています。胸ポケットが大きいのも特徴的。その大きな胸ポケット内には密かにペンポケットが2つも付いています。それから左裾前面には、Hand Werkerシリーズのアイコンとなっている紙パッチが付いています。これはよくジーンズの腰部分に付いている紙パッチ同様お洗濯するうちに劣化してきますが、その劣化していく過程も楽しみのひとつということ。ぜひこのまま外さずにご愛用くださいませ。使用している生地はコットン100%。ホワイトベースにネイビーとブラウンで構成されたマルチストライプが織り込まれた生地。とっても品が良く大人っぽい雰囲気です。先にご紹介したホワイトの無地と比べると若干張りがある素材感。ですが、幅広いシーズンに渡ってご愛用いただくことができます。生地違いで揃える顧客様もシーズンを追うごとに増えています。きっと皆さまにも気に入っていただけることでしょう。

 

IMG_6161 (1).jpg

 

IMG_6158 (1).jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が着ているのはSサイズ。ちょうどいいサイズ感。XS / S / MはレディースS〜M / メンズS / M が目安。

 

IMG_6155 (1).jpg

 

IMG_6157 (1).jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Basic Shirt ¥18.000+Tax Color : Stripe Size : (Unisex) XS / S / Cotton100% Made in Japan.

 

DSC_0002.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Basic Shirt  Size XS : 胸幅48cm 裾幅49cm 肩幅42cm 前身丈54cm 後身丈64cm 袖丈55cm 首周36cm
ASEEDONCLOUD HW Basic Shirt  Size    S : 胸幅50cm 裾幅51cm 肩幅43cm 前身丈59cm 後身丈69cm 袖丈58cm 首周37cm

ASEEDONCLOUD HW Basic Shirt  Size   M : 胸幅52cm 裾幅53cm 肩幅44cm 前身丈61cm 後身丈71cm 袖丈61cm 首周38cm

 

DSC_0004.jpg

| 22:00 |
ASEEDONCLOUD HW Collarless Shirt

DSC_0004.jpg

 

ちょっと前にご紹介したASEEDONCLOUD HW Collarless Shirt のストライプバージョンが入荷しました。マルチストライプ、素敵

 

DSC_0016.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

DSC_0028.jpg

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

DSC_0026.jpg

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

DSC_0034.jpg

 

Hand Werker(ハンドベーカー)とは「職人」を意味するドイツ語です。空想の職業から生まれる特別な生活着やワークウェアを作り続けるASEEDONCLOUDから派生したコレクション。毎シーズン新しいコレクションを作り出す中である種の普遍性を有したウェアだけを抜き出し、「職人の服」というカテゴリーでスタートしました。こだわり抜かれた素材のみを使用。日々の仕事や生活の中で活用できる様々なディティールも特徴です。ワードローブの定番としてはもちろんのこと、プロユースにも耐えうるクオリティーを兼ね備えています。比較的買いやすい価格帯に設定されていることも魅力のひとつ。Hand Werkerは着実にファンの方を増やしています。

 

DSC_0019.jpg

 

DSC_0022.jpg

 

今回ご紹介するのは、Hand Werkerシリーズの中でも定番的にリリースされているモデル Collarless Shirt。すでにclassicoでも人気モデルとなっています。使用している生地はコットン100%。ホワイトベースにネイビーとブラウンで構成されたマルチストライプが織り込まれた生地。とっても品が良く大人っぽい雰囲気です。先日ご紹介したホワイトの無地と比べると若干張りがある素材感。幅広いシーズンに渡ってご愛用いただくことができます。デザイナーの玉井さんがイギリスに住んでいた頃から集めていたカラーレスシャツ。それらを実際に見て、着て、追求して辿り着いたデザインです。一見シンプルなスタンドカラーのシャツに見えますが、ところどころ凝っています。両肩や背中にギャザーを寄せていたり、背中の中心に縦ループを付けていたり、衿裏・前合わせ両裏・袖口裏をホワイトのテーピング仕様にしていたり、前合わせ一番上部分は敢えてボタン無し&ボタンホールのみにしていたり、同じくそのスタンドカラー背中側中心部にもボタンホールのみ設けていたり。クラシックなドレスシャツのディティールで、付け衿を付けることも出来そうです。それから、左裾部分にはHand Werkerシリーズのトレードマークである紙パッチ付き。これはよくジーンズの後腰部分に付いている紙パッチと同様外さずにご愛用ください。洗い込むうちに味わいが増していくことでしょう。クラシックな雰囲気が色濃く感じられるとっても美しいシャツです。プレスしていただければきれい目なシャツとして、洗い晒しでカジュアルなシャツとしてご愛用いただくことができます。お店の制服やお仕事着としてもオススメですよ! 気になる方はお早めにご来店・お問い合わせください。

 

IMG_6105.jpg

 

IMG_6109.jpg

 

写真の中でChigu(158cm やや細め)が着ているのはXSサイズ。ちょうど良いサイズ感。XSはレディース、S / M はメンズサイズ。

 

IMG_6107.jpg

 

IMG_6108.jpg

 

ASEEDONCLOUD  HW Collarless Shirt ¥19.000+Tax Color : Stripe Size :(Unisex) XS / S / M  Cotton100% Made in Japan.

 

DSC_0007.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Collarless Shirt Size Unisex XS : 胸幅52cm 裾幅52cm 肩幅43cm 前身丈55cm 後身丈69cm 袖丈56cm
ASEEDONCLOUD HW Collarless Shirt Size Unisex   S : 胸幅54cm 裾幅54cm 肩幅45cm 前身丈58cm 後身丈71cm 袖丈59cm

ASEEDONCLOUD HW Collarless Shirt Size Unisex   M : 胸幅56cm 裾幅56cm 肩幅47cm 前身丈61cm 後身丈74cm 袖丈62cm

 

DSC_0011.jpg

| 13:00 |
ASEEDONCLOUD HW Basic Shirt

DSC_0001.jpg

 

ASEEDONCLOUDのHW Basic Shirt。先日ご紹介したHW Collarless Shirtsと共にclassicoの顧客様の間でも人気が高まっています。

 

DSC_0014.jpg

 

DSC_0031.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

DSC_0022.jpg

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

DSC_0035.jpg

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

DSC_0018.jpg

 

DSC_0023.jpg

 

Hand Werker(ハンドベーカー)とは「職人」を意味するドイツ語です。空想の職業から生まれる特別な生活着やワークウェアを作り続けるASEEDONCLOUDから派生したコレクション。毎シーズン新しいコレクションを作り出す中である種の普遍性を有したウェアだけを抜き出し、「職人の服」というカテゴリーでスタートしました。こだわり抜かれた素材のみを使用。日々の仕事や生活の中で活用できる様々なディティールも特徴です。ワードローブの定番としてはもちろんのこと、プロユースにも耐えうるクオリティーを兼ね備えています。比較的買いやすい価格帯に設定されていることも魅力のひとつ。Hand Werkerは着実にファンの方を増やしています。

 

IMG_6142.jpg

 

IMG_6147.jpg

 

写真の中でChigu(158cm やや細め)が着ているのはXSサイズ。ちょうどいいサイズ感。XS / S はレディースS〜M / M 〜 Lが目安。

 

IMG_6143.jpg

 

IMG_6145.jpg

 

今回ご紹介するのはASEEDONCLOUD Hand WerkerのBasic Shirt。ASEEDONCLOUDとしてはもっともベーシックなシャツになります。比較的身幅はゆったりで着丈は短め。とっても小さい袋縫いのレギュラーカラー。品がよくやさしい印象です。第2ボタンの位置が高めに設定されているので、第一ボタンをはずして着てもカジュアルになり過ぎないようにデザインされています。胸ポケットが大きいのも特徴的。その大きな胸ポケット内には密かにペンポケットが2つも付いています。それから左裾前面には、Hand Werkerシリーズのアイコンとなっている紙パッチが付いています。これはよくジーンズの腰部分に付いている紙パッチ同様お洗濯するうちに劣化してきますが、その劣化していく過程も楽しみのひとつということ。ぜひこのまま外さずにご愛用くださいませ。使用している生地は、Hand Werkerの定番素材。上質なコットンGIZA86を原料にした甘撚りの縦横42番単糸を使った生地で、やわらかな風合いが特長。浜松で織られ、滋賀で仕上げられた生地。良質な原料を用いて、シャトル織機で織られたたいへん貴重な生地です。ほぼ1年を通して気持ちよくご愛用いただけると思います。classicoの顧客様にも大好評!きっと皆さまにも気に入っていただけることでしょう。

 

_DSC6262.jpg

 

_DSC6273.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が着ているのはSサイズ。ちょうどいいサイズ感。サイズ S / M は、文字通りメンズS / M が目安です。

 

_DSC6269.jpg

 

_DSC6271.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Basic Shirt ¥18.000+Tax Color : White Size :( Unisex )XS / S / M   Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0009.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Basic Shirt  Size XS : 胸幅48cm 裾幅49cm 肩幅42cm 前身丈54cm 後身丈64cm 袖丈55cm 首周36cm
ASEEDONCLOUD HW Basic Shirt  Size    S : 胸幅50cm 裾幅51cm 肩幅43cm 前身丈59cm 後身丈69cm 袖丈58cm 首周37cm

ASEEDONCLOUD HW Basic Shirt  Size   M : 胸幅52cm 裾幅53cm 肩幅44cm 前身丈61cm 後身丈71cm 袖丈61cm 首周38cm

 

DSC_0011.jpg

| 18:00 |
ASEEDONCLOUD HW Collarless Shirts

DSC_0004.jpg

 

ASEEDONCLOUDのHW Collarless Shirtsは、ソックスと共に鉄板アイテムとなりました。リピーターさんも続々と増えています。

 

DSC_0017.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

DSC_0024.jpg

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

DSC_0028.jpg

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

DSC_0034.jpg

 

DSC_0020.jpg

 

Hand Werker(ハンドベーカー)とは「職人」を意味するドイツ語です。空想の職業から生まれる特別な生活着やワークウェアを作り続けるASEEDONCLOUDから派生したコレクション。毎シーズン新しいコレクションを作り出す中である種の普遍性を有したウェアだけを抜き出し、「職人の服」というカテゴリーでスタートしました。こだわり抜かれた素材のみを使用。日々の仕事や生活の中で活用できる様々なディティールも特徴です。ワードローブの定番としてはもちろんのこと、プロユースにも耐えうるクオリティーを兼ね備えています。比較的買いやすい価格帯に設定されていることも魅力のひとつ。Hand Werkerは着実にファンの方を増やしています。

 

DSC_0022.jpg

 

今回ご紹介するのは、Hand Werkerシリーズの中でも定番的にリリースされているモデル Collarless Shirt。すでにclassicoでも人気モデルとなっています。使用している生地はコットン100%。良質な原料GIZA86(ギザ・エジプト綿糸)を用いて、甘撚りタテヨコ42番単糸使いにて、シャトル織り機にて織られたたいへん貴重な生地です。とっても柔らかな風合いが特徴。幅広いシーズンに渡ってご愛用いただくことができます。デザイナーの玉井さんがイギリスに住んでいた頃から集めていたカラーレスシャツ。それらを実際に見て、着て、追求して辿り着いたデザインです。一見シンプルなスタンドカラーのシャツに見えますが、ところどころ凝っています。両肩や背中にギャザーを寄せていたり、背中の中心に縦ループを付けていたり、衿裏・前合わせ両裏・袖口裏をホワイトのテーピング仕様にしていたり、前合わせ一番上部分は敢えてボタン無し&ボタンホールのみにしていたり、同じくそのスタンドカラー背中側中心部にもボタンホールのみ設けていたり。クラシックなドレスシャツのディティールで、付け衿を付けることも出来そうです。それから、左裾部分にはHand Werkerシリーズのトレードマークである紙パッチ付き。これはよくジーンズの後腰部分に付いている紙パッチと同様外さずにご愛用いただくのがオススメ。洗い込むうちに味わいが増していくことでしょう。クラシックな雰囲気が色濃く感じられるとっても美しいシャツです。プレスしていただければきれい目なシャツとして、洗い晒しでカジュアルなシャツとしてご愛用いただくことができます。お店の制服やお仕事着としても是非オススメしたいです。気になる方はお早めにご来店・お問い合わせください。

 

_DSC6252.jpg

 

_DSC6260.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が着ているのはサイズS。ちょうどいいサイズ感。XS / S / Mは、レディース / メンズS / M が目安です。

 

_DSC6255.jpg

 

_DSC6258.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Collarless Shirts ¥19.000+Tax Color : White Size :(Unisex) XS / S / M  Cotton100% Made in Japan.

 

DSC_0007.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Collarless Shirt Size(♀)XS : 胸幅52cm 裾幅52cm 肩幅43cm 前身丈55cm 後身丈69cm 袖丈56cm
ASEEDONCLOUD HW Collarless Shirt Size(♂)  S : 胸幅54cm 裾幅54cm 肩幅45cm 前身丈58cm 後身丈71cm 袖丈59cm

ASEEDONCLOUD HW Collarless Shirt Size(♂)  M : 胸幅56cm 裾幅56cm 肩幅47cm 前身丈61cm 後身丈74cm 袖丈62cm

 

DSC_0010.jpg

 

| 12:00 |
ASEEDONCLOUD Mogamibana Socks

DSC_0007.jpg

 

毎シーズンご購入いただくリピーターさんが多いソックス 〜 ASEEDONCLOUD Mogamibana Socks。新シーズンカラーが入荷です。

 

DSC_0025.jpg

 

ASEEDONCLOUD Mogamibana Socks Price : ¥2.800+Tax Color : Blue Size :(Unisex) S / M  Cotton 86% Made in Japan.

 

DSC_0011.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

DSC_0021.jpg

 

ASEEDONCLOUD Mogamibana Socks Price : ¥2.800+Tax Color : Black Size :(Unisex) S / M  Cotton86% Made in Japan.

 

DSC_0012.jpg

 

15シーズン目の展開となるASEEDONCLOUDのソックス。今回の品名は(workpermit 20のテーマ“Mogamibana”から)Mogamibana 

Socksとなっています。軍手や足袋などを製造するファクトリーに特別に作っていただいているというASEEDONCLOUD完全オリジナルのソックス。(専用の紙袋付き)ほぼオール・シーズンご愛用いただくことができます。ややざっくりとしていながらも、ふっくらと柔らか。そんな素材感がとっても魅力的です。毎シーズン新しくなる配色も楽しみのひとつ。今シーズンも4色展開。それぞれの配色がとっても個性的で魅力的たっぷりです。よく見ると色々な色が混ざっているんですよ。配色によって多少組成が異なります。BlueとBlackはコットン86%、ポリエステル10%、ポリウレタン4%。Whiteはコットン84%、ポリエステル10%、ポリウレタン4%、アクリル2%となっています。履き心地はほとんど変わらず、とっても快適です。サイズは2サイズ〜Sは主に女性用、Mは主に男性用となります。もともとこのソックスを展開しはじめた頃には、正直なところソックスにしては値段が高いかなぁ〜と思う気持ちもありましたが、みなさまからたいへんご好評をいただき、展開をしてみてよかったと実感しています。毎シーズン何色かご購入いただけるリピーター様も沢山いらっしゃるんですよ。大切な方への贈り物にもオススメです。きっと、いや間違いなく喜ばれることでしょう。

 

DSC_0020.jpg

 

ASEEDONCLOUD Mogamibana Socks Price : ¥2.800+Tax Color : White Size :(Unisex) S / M  Cotton84% Made in Japan.

 

DSC_0017.jpg

 

 

| 13:00 |
ASEEDONCLOUD Papar Holder

DSC_0003.jpg

 

ASEEDONCLOUDより真鍮製のPapar Holderが登場です。カードスタンド、名刺入れ、ディスプレィ... いろいろな用途で使えそう。

 

DSC_0007.jpg

 

DSC_0015.jpg

 

DSC_0011.jpg

 

ASEEDONCLOUD Papar Holder Price : ¥9.800+Tax Color : Gold Size : 6 × 11cm Material : Brass Country : Made in Japan.

 

DSC_0017.jpg

| 18:00 |
Page: 1/8   >>