Entry



Archives


Category


Search


Link

ASEEDONCLOUD HW Skirt

DSC_0094.jpg

 

ちょっと前にご紹介したASEEDONCLOUD HW Editor's Jacketとセットアップで着れるスカートのご紹介。もちろん単品でもGooo

 

DSC_0009.jpg

 

DSC_0019.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

DSC_0020.jpg

 

DSC_0010.jpg

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

IMG_2322.jpg

 

IMG_2339.jpg

 

写真の中でChigu(158cm やや細め)が着ているのはHW Editors Jacket サイズXSとHW Skirt フリーサイズ。ちょうどいいサイズ感。

 

IMG_2330.jpg

 

IMG_2334.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Skirt Price : ¥24.000+Tax Color : Grey  Size :(Ladies')Free Fabric : Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0001.jpg

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

DSC_0012.jpg

 

DSC_0017.jpg

 

Hand Werker(ハンドベーカー)とは「職人」を意味するドイツ語です。空想の職業から生まれる特別な生活着やワークウェアを作り続けるASEEDONCLOUDから派生したコレクション。毎シーズン新しいコレクションを作り出す中である種の普遍性を有したウェアだけを抜き出し、「職人の服」というカテゴリーでスタートしました。こだわり抜かれた素材のみを使用。日々の仕事や生活の中で活用できる様々なディティールも特徴です。ワードローブの定番としてはもちろんのこと、プロユースにも耐えうるクオリティーを兼ね備えています。比較的買いやすい価格帯に設定されていることも魅力のひとつ。Hand Werkerは着実にファンの方を増やしています。

 

DSC_0016.jpg

 

DSC_0014.jpg

 

今回ご紹介するのはclassicoでは初めての展開となるASEEDONCLOUD Hand WerkerのSkirt。女性の働き着として提案されたラップスカートです。シンプルかつきれいなシルエットを追求してデザインされています。フリーサイズの表記ですが、ウェスト部分のボタンとヒップ部分についたシンチバックによりウエストサイズの調整をすることができます。幅広い体型の方にご愛用いただけるスカートです。同じシリーズのASEEDONCLOUD HW Editor's JacketHW Easy Trousersと同様、大小いくつものポケットが付いていて、機能的なデザインになっています。使用している生地はアメリカ産で最高級の品質を誇るスーピマコットンの高密度素材。シリコン撥水コーティングを施した千鳥格子の生地になります。薄くて軽くてハリがあり、さらに撥水性も持ちわせたディリーウェアとしては高品質な素材です。やや薄手ではありますが、ストッキングやタイツを合わせていただければ冬にも十分ご愛用いただくことができそうです。スカート単品でも十分に素敵ですが、HW Editor's Jacketと組み合わせていただければさらに活躍の場が広がることでしょう。

 

IMG_2355.jpg

 

IMG_2363.jpg

 

写真の中でChigu(158cm やや細め)が着ているのはHW Skirtフリーサイズ。ウェスト部分は調節できます。幅広い体型に対応可能。

 

IMG_2359.jpg

 

IMG_2361.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Skirt Price : ¥24.000+Tax Color : Navy Size :(Ladies')Free Fabric : Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0005.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Skirt Size(Ladies')Free : ウェスト66〜72cm(調節可) ヒップ100cm 前身総丈70cm 後身総丈70cm

 

DSC_0008.jpg

| 17:00 |
ASEEDONCLOUD HW Editors Jacket

DSC_0092.jpg

 

ちょっと前にご紹介したASEEDONCLOUD HW Easy Trousersと同素材のジャケット。編集者のためを考えた機能的なジャケット。

 

DSC_0104.jpg

 

DSC_0124.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

DSC_0127.jpg

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

DSC_0130.jpg

 

DSC_0107.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Editors Jacket ¥39.000+Tax Color : Grey Size :(Unisex) XS / S / M  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0095.jpg

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

DSC_0109.jpg

 

Hand Werker(ハンドベーカー)とは「職人」を意味するドイツ語です。空想の職業から生まれる特別な生活着やワークウェアを作り続けるASEEDONCLOUDから派生したコレクション。毎シーズン新しいコレクションを作り出す中である種の普遍性を有したウェアだけを抜き出し、「職人の服」というカテゴリーでスタートしました。こだわり抜かれた素材のみを使用。日々の仕事や生活の中で活用できる様々なディティールも特徴です。ワードローブの定番としてはもちろんのこと、プロユースにも耐えうるクオリティーを兼ね備えています。比較的買いやすい価格帯に設定されていることも魅力のひとつ。Hand Werkerは着実にファンの方を増やしています。

 

DSC_0119.jpg

 

DSC_0115.jpg

 

今回ご紹介するのはclassicoでは初めての展開となるASEEDONCLOUD Hand Werkerの Editors Jacket。これは暮しの手帖社で記者として働いている矢野太章さんのご要望をもとに作られたHand Werkerのスペシャルアイテムのジャケットです。矢野さんの要望は、ふだんのアイデア出しから取材の時まで一貫して愛用できる拡張性のある洋服であること。それから、ミニマルなデザインが好みなので、外側にはあまりポケットを付けたくないこと。結果、ふだん仕事をする上でいつも持っているものと取材をするときに持っていくものを収納しやすいジャケットとなりました。胸ポケットにはいつも持ち歩くペン、ノート型付箋、モールスキンのノートが、裾ポケットには取材時に使うICレコーダー、名刺入れ、A5ノート、携帯電話が収納できる様になっています。使用している生地はアメリカ産で最高級の品質を誇るスーピマコットンの高密度素材。雨天の時にも障害とならない様、シリコン撥水コーティングを施した千鳥格子の生地になります。薄くて軽くてハリがあり、さらに撥水性も持ちわせたディリーウェアとしては高品質な素材です。また取材撮影の際、簡単な遮光布にもなる様な生地を選んでいます。矢野さんのような編集者に限らずこんなにも機能的なジャケットは、様々なお仕事の方にお役に立つはず。しかも同素材のパンツ ASEEDONCLOUD HW Easy Trousersとコーディネートすれば、カッチっとし過ぎないスーツとしてご愛用いただくことができます。休日のカジュアルウェアとしても好感度抜群!大活躍してくれることでしょう。

 

IMG_1734.jpg

 

IMG_1740.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が着ているのはSサイズ。ちょうどいいサイズ感。サイズXSは女性のフリーサイズ / メンズXSが目安。 

 

IMG_1737.jpg

 

IMG_1738.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Editors Jacket ¥39.000+Tax Color : Navy Size :(Unisex) XS / S / Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0097.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Editors Jacket Size(Unisex) XS : 胸幅51cm 裾幅54cm 肩幅42cm 着丈(後身頃)62cm 袖丈54cm

ASEEDONCLOUD HW Editors Jacket Size(Unisex)   S : 胸幅55cm 裾幅58cm 肩幅44cm 着丈(後身頃)66cm 袖丈58cm

ASEEDONCLOUD HW Editors Jacket Size(Unisex)   M : 胸幅59cm 裾幅59cm 肩幅46cm 着丈(後身頃)70cm 袖丈62cm

 

DSC_0099.jpg

| 14:00 |
ASEEDONCLOUD HW Easy Trousers

DSC_0116.jpg

 

classicoでは初めての展開となるASEEDONCLOUD HW Easy Trousers。軽くてとっても楽チン。あっという間に完売しちゃいそう。

 

DSC_0119.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

DSC_0128.jpg

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

DSC_0124 (1).jpg

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

DSC_0123.jpg

 

Hand Werker(ハンドベーカー)とは「職人」を意味するドイツ語です。空想の職業から生まれる特別な生活着やワークウェアを作り続けるASEEDONCLOUDから派生したコレクション。毎シーズン新しいコレクションを作り出す中である種の普遍性を有したウェアだけを抜き出し、「職人の服」というカテゴリーでスタートしました。こだわり抜かれた素材のみを使用。日々の仕事や生活の中で活用できる様々なディティールも特徴です。ワードローブの定番としてはもちろんのこと、プロユースにも耐えうるクオリティーを兼ね備えています。比較的買いやすい価格帯に設定されていることも魅力のひとつ。Hand Werkerは着実にファンの方を増やしています。

 

IMG_1675.jpg

 

IMG_1683.jpg

 

写真の中でChigu(158cm やや細め)がはいているサイズはXS。ちょうどいいサイズ感。女性あるいは細めの男性用のサイズです。

 

IMG_1677.jpg

 

IMG_1681.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Easy Trousers ¥25.000+Tax Color : Grey Size :(Unisex) XS / S / M  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0105.jpg

 

今回ご紹介するのはclassicoでは初めての展開となるASEEDONCLOUD Hand WerkerのEasy Trousers。ウエスト部分にゴム+バックル付きのドローストリング紐が入っているイージーパンツ。着脱が楽でありながらも、イージー(カジュアル)になり過ぎないよう、絶妙なさじ加減でデザインされています。大きめ、小さめのポケットが左右に配置されていて、とっても機能的なパンツです。腰回りはゆったり、裾に向かってテーパードされていて、楽チンだけど野暮ったくない。そんなところも含めてHand Werkerらしいパンツです。使用している生地はアメリカ産で最高級の品質を誇るスーピマコットンの高密度素材。シリコン撥水コーティングを施した千鳥格子の生地になります。薄くて軽くてハリがあり、さらに撥水性も持ちわせたディリーウェアとしては高品質な素材です。春から秋にかけて大活躍すること間違いなし。とにかく試着をしてみてください。きっと手放すことができないパートナーの様になるでしょう。

 

IMG_1721.jpg

 

IMG_1730.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)がはいているサイズはS。ややゆったりなサイズ感。女性でもゆったりはくならこのサイズがお薦め。

 

IMG_1725.jpg

 

IMG_1728.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Easy Trousers ¥25.000+Tax Color : Navy Size :(Unisex) XS / S / Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0106.jpg

 

DSC_0115.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Easy Trousers Size XS : ウェスト68〜76cm ヒップ110cm 腿幅34cm 裾幅15cm 股上31cm 股下59cm

ASEEDONCLOUD HW Easy Trousers Size   S : ウェスト72〜80cm ヒップ114cm 腿幅35cm 裾幅16cm 股上32cm 股下61cm

ASEEDONCLOUD HW Easy Trousers Size   M : ウェスト76〜84cm ヒップ118cm 腿幅36cm 裾幅17cm 股上33cm 股下63cm

 

DSC_0113.jpg

 

DSC_0111.jpg

| 15:00 |
ASEEDONCLOUD HW Basic Shirt

DSC_0050.jpg

 

classicoの顧客様の間でも人気が高まっているASEEDONCLOUDのHandwerkerシリーズ。HW Basic Shirtも新定番になりそうです。

 

DSC_0058.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

DSC_0063.jpg

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

DSC_0065.jpg

 

Hand Werker(ハンドベーカー)とは「職人」を意味するドイツ語です。空想の職業から生まれる特別な生活着やワークウェアを作り続けるASEEDONCLOUDから派生したコレクション。毎シーズン新しいコレクションを作り出す中である種の普遍性を有したウェアだけを抜き出し、「職人の服」というカテゴリーでスタートしました。こだわり抜かれた素材のみを使用。日々の仕事や生活の中で活用できる様々なディティールも特徴です。ワードローブの定番としてはもちろんのこと、プロユースにも耐えうるクオリティーを兼ね備えています。比較的買いやすい価格帯に設定されていることも魅力のひとつ。Hand Werkerは着実にファンの方を増やしています。

 

DSC_0060.jpg

 

今回ご紹介するのはASEEDONCLOUD Hand WerkerのBasic Shirt。ASEEDONCLOUDとしてはもっともベーシックなシャツになります。比較的身幅はゆったりで着丈は短め。とっても小さい袋縫いのレギュラーカラー。品がよくやさしい印象です。第2ボタンの位置が高めに設定されているので、第一ボタンをはずして着てもカジュアルになり過ぎないようにデザインされています。胸ポケットが大きいのも特徴的。その大きな胸ポケット内には密かにペンポケットが2つも付いています。それから左裾前面には、Hand Werkerシリーズのアイコンとなっている紙パッチが付いています。これはよくジーンズの腰部分に付いている紙パッチ同様お洗濯するうちに劣化してきますが、その劣化していく過程も楽しみのひとつということ。ぜひこのまま外さずにご愛用くださいませ。使用している生地は、Hand Werkerの定番素材。上質なコットンGIZA86を原料にした甘撚りの縦横42番単糸を使った生地で、やわらかな風合いが特長。浜松で織られ、滋賀で仕上げられた生地。良質な原料を用いて、シャトル織機で織られたたいへん貴重な生地です。ほぼ1年を通して気持ちよくご愛用いただけると思います。classicoの顧客様にも大好評!きっと皆さまにも気に入っていただけることでしょう。

 

IMG_1658.jpg

 

写真の中でChigu(158cm  やや細め)が着ているのはXS、僕(165cm  55kg)が着ているのはS。どちらもちょうどいいサイズ感。

 

IMG_1717.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Basic Shirt ¥18.000+Tax Color : White Size :( Unisex )XS / S / M / L  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0051.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Basic Shirt  Size XS : 胸幅48cm 裾幅49cm 肩幅42cm 前身丈54cm 後身丈64cm 袖丈55cm 首周36cm
ASEEDONCLOUD HW Basic Shirt  Size    S : 胸幅50cm 裾幅51cm 肩幅43cm 前身丈59cm 後身丈69cm 袖丈58cm 首周37cm

ASEEDONCLOUD HW Basic Shirt  Size   M : 胸幅52cm 裾幅53cm 肩幅44cm 前身丈61cm 後身丈71cm 袖丈61cm 首周38cm
ASEEDONCLOUD HW Basic Shirt  Size    L : 胸幅54cm 裾幅55cm 肩幅45cm 前身丈63cm 後身丈73cm 袖丈64cm 首周39cm

 

DSC_0054.jpg

 

| 16:00 |
ASEEDONCLOUD HW Collarless Shirts

DSC_0062.jpg

 

毎シーズン着実にファンの方を増やしているASEEDONCLOUD HW Collarless Shirts。とっても品よく優しく美しい、そんなシャツ。

 

DSC_0075.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

DSC_0067.jpg

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

DSC_0085.jpg

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

DSC_0080.jpg

 

Hand Werker(ハンドベーカー)とは「職人」を意味するドイツ語です。空想の職業から生まれる特別な生活着やワークウェアを作り続けるASEEDONCLOUDから派生したコレクション。毎シーズン新しいコレクションを作り出す中である種の普遍性を有したウェアだけを抜き出し、「職人の服」というカテゴリーでスタートしました。こだわり抜かれた素材のみを使用。日々の仕事や生活の中で活用できる様々なディティールも特徴です。ワードローブの定番としてはもちろんのこと、プロユースにも耐えうるクオリティーを兼ね備えています。比較的買いやすい価格帯に設定されていることも魅力のひとつ。Hand Werkerは着実にファンの方を増やしています。

 

DSC_0077.jpg

 

今回ご紹介するのは、Hand Werkerシリーズの中でも定番的にリリースされているモデル Collarless Shirt。すでにclassicoでも人気モデルとなっています。使用している生地はコットン100%。良質な原料GIZA86(ギザ・エジプト綿糸)を用いて、甘撚りタテヨコ42番単糸使いにて、シャトル織り機にて織られたたいへん貴重な生地です。とっても柔らかな風合いが特徴。幅広いシーズンに渡ってご愛用いただくことができます。デザイナーの玉井さんがイギリスに住んでいた頃から集めていたカラーレスシャツ。それらを実際に見て、着て、追求して辿り着いたデザインです。一見シンプルなスタンドカラーのシャツに見えますが、ところどころ凝っています。両肩や背中にギャザーを寄せていたり、背中の中心に縦ループを付けていたり、衿裏・前合わせ両裏・袖口裏をホワイトのテーピング仕様にしていたり、前合わせ一番上部分は敢えてボタン無し&ボタンホールのみにしていたり、同じくそのスタンドカラー背中側中心部にもボタンホールのみ設けていたり。クラシックなドレスシャツのディティールで、付け衿を付けることも出来そうです。それから、左裾部分にはHand Werkerシリーズのトレードマークである紙パッチ付き。これはよくジーンズの後腰部分に付いている紙パッチと同様外さずにご愛用いただくのがオススメ。洗い込むうちに味わいが増していくことでしょう。クラシックな雰囲気が色濃く感じられるとっても美しいシャツです。プレスしていただければきれい目なシャツとして、洗い晒しでカジュアルなシャツとしてご愛用いただくことができます。お店の制服やお仕事着としても是非オススメしたいです。気になる方はお早めにご来店・お問い合わせください。

 

IMG_1573.jpg

 

写真の中でChigu(158cm  やや細め)が着ているのはXS、僕(165cm  55kg)が着ているのはS。どちらもちょうどいいサイズ感。

 

IMG_1585.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Collarless Shirts ¥19.000+Tax White Size :(Unisex) XS / S / M / L  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0056.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Collarless Shirt Size(♀)XS : 胸幅52cm 裾幅52cm 肩幅43cm 前身丈55cm 後身丈69cm 袖丈56cm
ASEEDONCLOUD HW Collarless Shirt Size(♂)  S : 胸幅54cm 裾幅54cm 肩幅45cm 前身丈58cm 後身丈71cm 袖丈59cm

ASEEDONCLOUD HW Collarless Shirt Size(♂)  M : 胸幅56cm 裾幅56cm 肩幅47cm 前身丈61cm 後身丈74cm 袖丈62cm

ASEEDONCLOUD HW Collarless Shirt Size(♂)   L : 胸幅58cm 裾幅58cm 肩幅49cm 前身丈64cm 後身丈77cm 袖丈65cm

 

DSC_0060.jpg

| 19:00 |
ASEEDONCLOUD Oykotoen Socks

DSC_0059.jpg

 

ASEEDONCLOUDのSocksはclassicoのロングセラーアイテム。今回の4色も魅力的な配色ばかり。全色欲しくなっちゃうでしょ〜。

 

DSC_0068.jpg

 

ASEEDONCLOUD Oykotoen Socks Price : ¥2.800+Tax Color : Off White  Size :(Unisex) S / M  Cotton 84% Made in Japan.

 

DSC_0063.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

DSC_0069.jpg

 

ASEEDONCLOUD Oykotoen Socks Price : ¥2.800+Tax Color : Brick  Size :(Unisex) S / M  Cotton 86% Made in Japan.

 

DSC_0064.jpg

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

DSC_0071.jpg

 

ASEEDONCLOUD Oykotoen Socks Price : ¥2.800+Tax Color : Light Blue  Size :(Unisex) S / M  Cotton84% Made in Japan.

 

DSC_0065.jpg

 

14シーズン目の展開となるASEEDONCLOUDのソックス。今回の品名は(workpermit 19のテーマ“Oykotoen”から) Oykotoen Socksとなっています。軍手や足袋などを製造するファクトリーに特別に作っていただいているというASEEDONCLOUD完全オリジナルのソックス。(専用の紙袋付き)ほぼオール・シーズンご愛用いただくことができます。ややざっくりとしていながらも、ふっくらと柔らか。そんな素材感がとっても魅力的です。毎シーズン新しくなる配色も楽しみのひとつ。今シーズンも4色展開。それぞれの配色がとっても個性的で魅力的たっぷりです。よく見ると色々な色が混ざっているんですよ。配色によって多少組成が異なります。Off WhiteとLight Blueはコットン84%、ポリエステル10%、ポリウレタン4%、アクリル2%。BrickとIndigo は、コットン86%、ポリエステル10%、ポリウレタン4%となっています。履き心地はほとんど変わらず、とっても快適です。サイズは2サイズ〜Sは主に女性用、Mは主に男性用となります。もともとこのソックスを展開しはじめた頃には、正直なところソックスにしては値段が高いかなぁ〜と思う気持ちもありましたが、みなさまからたいへんご好評をいただき、展開をしてみてよかったと実感しています。毎シーズンご購入いただけるリピーター様も沢山いらっしゃるんですよ。大切な方への贈り物にもお薦め。きっと、いや間違いなく喜ばれることでしょう。

 

DSC_0074.jpg

 

ASEEDONCLOUD Oykotoen Socks Price : ¥2.800+Tax Color : Indigo  Size :(Unisex) S / M  Cotton 86% Made in Japan.

 

DSC_0066.jpg

| 14:00 |
ASEEDONCLOUD ijujin print

DSC_0027.jpg

 

ASEEDONCLOUDらしいオリジナルプリントのアイテムが揃いました。コーディネートしてもよし、単品でもよし。素敵過ぎます!

 

DSC_0050.jpg

 

ASEEDONCLOUDの今シーズン(Workpermit18)のテーマ ”ijujin"(医獣人)がもっとも色濃く表現されているのが、この生地 i jujin print。イラストレーターの三宅瑠人さんにこのテーマのために描いていただいたイラストを、岡山でタッサー(平織りの一種。たて糸より太いよこ糸を使って、強調して織った生地。たいへん丈夫な生地で暖簾や旗などを作るときによく使われています)のみを織っている機屋さんのたいへん繊細なタッサーにプリントして作ったオリジナルプリントの生地です。”ijujin"の題材にした民族がいる地域の鳥(渡り鳥)、植物、ボタニカルダイにも使用するオーク、ローズマリーなど地域や季節をごちゃ混ぜにして描かれています。同じモチーフでも違う動きをしていたり、違うものを咥えていたり、そこに見え隠れているストーリーを楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

DSC_0047.jpg

 

アフリカ ケニア南部からタンザニア北部一帯の先住民マサイ族。ASEEDONCLOUDのMasai Scarfは、そのマサイ族の衣装のように首に巻きつけて愛用するような巻き物をイメージしてデザイン。ボタンの留め方によっていくつかの装い方を楽しむことができます。使用している生地 i jujin printは、丈夫さと柔らかさをあわせもったコットンタッサー素材。表地と裏地の間にはポリエステルの中綿が入っているので、ふっくらと適度なボリューム感があり軽くてとってもあたたか。マフラー代わりにご愛用いただくことができますよ。

 

IMG_0950.jpg

 

ASEEDONCLOUD Masai Scarf Price : ¥16.000+Tax Color : ijujin print Size : 110cm × 22cm Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0030.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

DSC_0054.jpg

 

DSC_0055.jpg

 

次にご紹介するChukchi Jacketは、ASEEDONCLOUDのデザイナーの玉井さんが旅先の古着屋で出会ったマフラーがついたコートをベースにしてデザイン。主人公が旅をする中で出会ったチュクチ族(ロシア シベリア北東の端チュチク半島に住む部族)の民族衣装(動物の皮で作った羽織もの)独特の切り替え、ボリューム感をミックスしています。使用している生地はMasai Scarfと同じコットンタッサー素材。こちらも表地と裏地の間にポリエステルの中綿が入っているので、軽くてとってもあたたか。秋口から春先まで幅広いシーズンに渡ってご愛用いただくことができそうです。スカートと合わせて着るとなると勇気が必要かも知れませんが、案外お手持ちのアイテムとコーディネートしていただくのも難しくはないような気がします。ぜひclassico店頭でお試しになってみてください。

 

IMG_0910.jpg

 

IMG_0918.jpg

 

写真の中でChigu(158cm やや細め)が着ているのがASEEDONCLOUD Chukchi Jacket。小柄な男性なら着ていただけるかもね。

 

IMG_0915.jpg

 

IMG_0916.jpg

 

ASEEDONCLOUD Chukchi Jacket Price : ¥55.000+Tax Color : ijujin print Size :(Ladies′)S  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0032.jpg

 

ASEEDONCLOUD Chukchi Jacket Size(Unisex)S : 胸幅57cm 裾幅56cm 裄丈75cm 前身丈47cm 後身丈54cm(首下〜裾)

 

DSC_0033.jpg

 

ASEEDONCLOUD Workpermit18 ”ijujin" 

彼女は狼と共に獣医をしながら移住生活をしている 移住人には文化がない 故郷もなければ国籍も独自の文化もない 彼女は移住生活の中で定住型の民族と呼ばれるような人達と出会い その土地その土地の記憶から人類を教えてもらう 獣医の仕事は狼を通じて動物たちと会話をする 動物たちからもまた土地の記憶を学ぶ 彼女は人々や動物達と物々交換をする 動物の骨や石、木をもらう そこには動物や人間それぞれの個性があり美意識がある 形の好みや色の好み、香りの好みだってある 彼女はいつも明るく誰にでも対等で人類と動物との差がない それが新しい価値観であり人類の美意識なのかも知れない そんな国境のない獣医のお話 - 医獣人 -

 

DSC_0042.jpg

 

DSC_0045.jpg

 

DSC_0044.jpg

 

最後にご紹介するのは、i jujin printASEEDONCLOUD Sanburu Skirt。デザインソースは、ケニア西部 旧リフトバレー州東部カウンティのサンブル族が腰に巻いているスカート。リバーシブル(裏側はベージュ無地のナイロン素材)でご愛用いただける仕様のスカートとなっています。こちらも表地と裏地の間にポリエステルの中綿が入っています。タイツやレギンスを中にはいていただければ、もちろん真冬でも軽くてあたたか。案外このスカートは普通にセーターやジャケット、コートなどとコーディネートしやすいと思いますよ。 このi jujin printシリーズ、「鳥が大好き!」という方には堪らないシリーズとなりそうですね。気になる方はお早めにどうぞ。

 

IMG_0919.jpg

 

IMG_0925.jpg

 

写真の中でChigu(158cm やや細め)が穿いているのがASEEDONCLOUDのSanburu Skirt。腰の位置で穿くようなデザインです。

 

IMG_0922.jpg

 

IMG_0924.jpg

 

ASEEDONCLOUD Sanburu Skirt Price : ¥34.000+Tax Color : ijujin print Size :(Ladies’)Free  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0039.jpg

 

ASEEDONCLOUD Sanburu Skirt Size(Ladies’)Free : ウェスト70cm ヒップ100cm 前身(総)丈62cm 後身(総)丈62cm

 

DSC_0040.jpg

 

| 17:30 |
ASEEDONCLOUD Gown & Scarf

DSC_0067.jpg

 

ASEEDONCLOUDよりとってもシックでカッコいいコートが登場です。同素材で作ったマフラーもあるんですよ。男性にもお薦め!

 

DSC_0052.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

DSC_0055.jpg

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

DSC_0061.jpg

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

DSC_0054.jpg

 

ASEEDONCLOUD Workpermit18 ”ijujin" 

彼女は狼と共に獣医をしながら移住生活をしている 移住人には文化がない 故郷もなければ国籍も独自の文化もない 彼女は移住生活の中で定住型の民族と呼ばれるような人達と出会い その土地その土地の記憶から人類を教えてもらう 獣医の仕事は狼を通じて動物たちと会話をする 動物たちからもまた土地の記憶を学ぶ 彼女は人々や動物達と物々交換をする 動物の骨や石、木をもらう そこには動物や人間それぞれの個性があり美意識がある 形の好みや色の好み、香りの好みだってある 彼女はいつも明るく誰にでも対等で人類と動物との差がない それが新しい価値観であり人類の美意識なのかも知れない そんな国境のない獣医のお話 - 医獣人 -

 

IMG_0931.jpg

 

IMG_0939.jpg

 

今回ご紹介するのはASEEDONCLOUDのPersian Gown。イラン地域および中央アジアに住む民族・ペルシャ人が着る、たっぷりとした分量の頭まで覆う羽織をガウンのデザインにアレンジしたモデルです。第一ボタンまで締めると布を巻きつけたような民族衣装に見られる首回りのたるみが生まれます。第一ボタンを開けると分量たっぷりな襟型のガウンに変化します。一見トレンチコート風でありながら堅苦しさはなく、個性豊かなディテールが散りばめられた大人っぽい雰囲気のコート。男性でも着ていただけるサイズ感です。

 

IMG_0935.jpg

 

IMG_0937.jpg

 

ASEEDONCLOUD Persian Gown Price : ¥58.000+Tax Color : Beige  Size :(Unisex)Free  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0049.jpg

 

ASEEDONCLOUD Persian Gown Size(Unisex)Free : 胸幅60cm 裾幅66cm 後身丈(ネック下〜裾)100cm 裄丈86cm

 

DSC_0053.jpg

 

使用している生地はコットン100%。60/2 × 60/2の高密度バーバリー。通常の織機では織れないほど高密度に織り上げたグレンチェックです。色合いも織り柄もかなり選び抜き、こだわって作ったオリジナルのチェック生地。上品でとってもシック!かっこいいです。

 

DSC_0067.jpg

 

DSC_0072.jpg

 

ASEEDONCLOUDのMasai Puffer Scarfは、ケニア南部からタンザニア北部一帯の先住民マサイ族の巻き物のようなイメージでデザインしたマフラー。ボタンの留め方を変えることによって、いくつもの装い方で愛用することができます。表地はPersian Gownと同じ高密度バーバリーのグレンチェック。裏地はアクリル60%、ポリエステル40%のパイル素材で、間にポリエステル100%の中綿が入っています。実際に巻いてみると肌触り柔らかく、とってもあたたか。是非お手持ちのアイテムにもコーディネートして見てください。

 

IMG_0945.jpg

 

ASEEDONCLOUD Masai Puffer Scarf Price : ¥13.000+Tax Color : Beige Size : 116cm × 22cm  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0056.jpg

| 17:00 |
ASEEDONCLOUD Cap, Snood, Glove

DSC_0062.jpg

 

ASEEDONCLOUDのHandwerkerよりスコットランドメイドのニットキャップ、スヌード、手袋が登場。配色、デザインが素敵過ぎ!

 

DSC_0060.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Cap Price : ¥6.800+Tax Color : Orange / Beige  Size :(Unisex)Free Wool 100% Made in Scotland.

 

DSC_0068.jpg

 

DSC_0049.jpg

 

ASEEDONCLOUD  HW Snood Price : ¥12.000+Tax Color : Orange / Beige  Size :(Unisex)F Wool 100% Made in Scotland.

 

DSC_0073.jpg

 

DSC_0057.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Glove Price : ¥5.200+Tax Color : Orange/Beige Size :(Unisex) S / M  Wool 100% Made in Scotland.

 

DSC_0071.jpg

 

DSC_0062 (1).jpg

 

DSC_0063.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Cap Price : ¥6.800+Tax Color : Gray / Blue  Size :(Unisex)Free Wool 100% Made in Scotland.

 

DSC_0069.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Snood Price : ¥12.000+Tax Color : Gray / Blue   Size :(Unisex)F  Wool 100% Made in Scotland.

 

DSC_0074.jpg

 

DSC_0065.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Cap Price : ¥6.800+Tax Color : Navy / Green  Size :(Unisex)F  Wool 100% Made in Scotland.

 

DSC_0067.jpg

 

DSC_0070.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Glove Price : ¥5.200+Tax Color : Navy / Green  Size :(Unisex) S / Wool100% Made in Scotland.

 

DSC_0070.jpg

| 12:00 |
ASEEDONCLOUD HW Dress

DSC_0037.jpg

 

ASEEDONCLOUDのHW Dressはちょっと前にアップしたASEEDONCLOUD HW Over Coatと同素材のワンピース。こちらも素敵!

 

DSC_0047.jpg

 

DSC_0052.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

DSC_0057.jpg

 

両腰部分には大きいパッチポケットが付いています。右腰にはペンポケット&ポケット。左腰にはフラップ付きポケット&ポケット。

 

DSC_0054.jpg

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

DSC_0050.jpg

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

IMG_0643.jpg

 

Hand Werker(ハンドベーカー)とは「職人」を意味するドイツ語です。空想の職業から生まれる特別な生活着やワークウェアを作り続けるASEEDONCLOUDから派生したコレクション。毎シーズン新しいコレクションを作り出す中で、ある種の普遍性を有したウェアだけを抜き出し、「職人の服」というカテゴリーでスタートしました。こだわり抜かれた素材のみを使用。日々の仕事や生活の中で活用できる様々なディティールも特徴です。ワードローブの定番としてはもちろんのこと、プロユースにも耐えうるクオリティーを兼ね備えています。classicoではHand Werkerのラインを中心にコレクションラインもプラスしてASEEDONCLOUDを展開しています。

 

IMG_0651.jpg

 

写真の中でChigu(158cm やや細め)が着ているのがこのワンピース。ゆったりしているからインナーも色々と組み合わせ可能です。

 

IMG_0654.jpg

 

今回ご紹介するのは、Hand Werker今シーズンの新作となるドレスASEEDONCLOUD HW Dress。身幅をしっかりと取っているので、被って着ていただくことができます。両腰部分に合わせて3つの大きなポケットとペンポケットが付いており、作業をするときにもいろいろな道具を入れられる仕様となっています。インナーにカットソーやニットをご愛用いただくことで、幅広いシーズンを通してお楽しみいただくことができそうです。使用している生地は前回classico blogにてご紹介したASEEDONCLOUD HW Over Coatと同素材。紡毛1/14を使用したウール×ナイロンフラノ。中肉厚ですが、重過ぎない、やわらかな風合いが特徴的な生地になっています。このシリーズ、Over Cort & Dressはどちらもとっても素敵なんです。みなさまにもぜひご覧いただきたい!ご試着いただきたいな。

 

IMG_0652.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Dress Price : ¥29.000+Tax Color : Navy Size :(Ladies’)F  Wool88%、Nylon10% Made in Japan.

 

DSC_0040.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Dress Size(Ladies’)Free : 胸幅54cm 裾幅64cm 肩幅40cm 前身丈(V下〜裾)89cm 後身丈110cm

 

DSC_0042.jpg

| 18:20 |
Page: 1/7   >>