Entry



Archives


Category


Search


Link

ALDIN Linen Cloth

DSC_0483.jpg

 

ALDIN Dish Cloth   Price : ¥2.300 + Tax Color : Marguerite Size : 50cm × 50cm Linen 100%                   Made in Japan.

ALDIN Welsh Cloth Price : ¥2.500 + Tax Color : Claire        Size : 55cm × 65cm Linen 100%                    Made in Japan.

ALDIN Dish Cloth   Price : ¥2.300 + Tax Color : Cherry       Size : 50cm × 50cm Linen 100%                    Made in Japan.

ALDIN Dish Cloth   Price : ¥2.300 + Tax Color : Navy          Size : 50cm × 50cm Linen 100%                    Made in Japan.

ALDIN Welsh Cloth Price : ¥2.500 + Tax Color : Harris        Size : 55cm × 63cm Linen 92% Cotton 8% Made in Japan.

ALDIN BC Cloth      Price : ¥2.800 + Tax Color : Poppy        Size : 55cm × 78cm Linen 100%                   Made in Japan.

ALDIN BC Cloth      Price : ¥2.800 + Tax Color : Red           Size : 55cm × 78cm Linen 100%                    Made in Japan.

ALDIN BC Cloth      Price : ¥2.800 + Tax Color : Sax            Size : 55cm × 78cm Linen 100%                   Made in Japan.

ALDIN BC Cloth      Price : ¥2.800 + Tax Color : Navy          Size : 55cm × 78cm Linen 100%                   Made in Japan.

| 23:00 |
ALDIN W Gauze Bath Towel
1.jpg

classicoを代表するベストセラー商品のひとつ ALDIN W Gauze Bath Towel。ガチガチペラペラにならずに長くご愛用いただけます。

1.jpg

ALDINは、富士山の麓の街・山梨県富士吉田市にて作られています。この街に生まれ育ったしむら祐次さん・とくさんが出会って結婚した後に、リネン製品を作り始めました。富士吉田市はもともと繊維産業で栄えた街で、とくさんの実家も代々生地を織り製品を作る会社を営んでいました。ネクタイを作って営業して廻ったりする中、限界を感じ始めていた頃、フランス旅行中にとくさんが1枚の古いキッチンクロスと出会いました。何度も洗われて目の詰まった、強くてしなやかな繊維、シルクにも負けない楚々とした光沢、新しいものにはない独特な風合い。「この生地と同じものをうちの機械で織れないだろうか。100年経って古びてもなお美しい、そんな生地を自分でも作りたい。」という思いから、持ち帰ったクロスを分析し、繊維の組織や、織り方を徹底的に研究し、理想の生地作りを追求する日々を重ねていきました。1年後、とくさんのお兄さんの会社からキッチンまわりのリネンを中心としたALDINがデビューし、その2年後には、祐次さんととくさん・2人のブランド R & D.M.Co-が生まれました(クラシコではR & D.M.Co-も取り扱いを始めています)。ALDINとR & D.M.Co-については「ku:nel」 vol.26 2007.7.1に詳しく掲載されています。「思わず触ってみたくなるうわさのリネンはメイド・イン・富士吉田。」と題して、ブランドの成り立ちから、もの作りへのこだわりなど、素晴らしいストーリーが綴られています。ALDINやR & D.M.Co-についてはご存知なくても、このページについて覚えている方がとても多い様ですよ。一昨年主婦の友社から発売された本"R & D.M.Co-"にもALDINとR & D.M.Co-について詳しく紹介されています。是非ご覧ください。

ALDIN W Gauze Bath Towel Price : ¥4.500+Tax Color : Red Size : 60×130cm Cotton 50%、Linen 50% Made in Japan.

2.jpg

ALDINの製品は、リネン生地の企画・製織から裁断・縫製及び刺繍まで全て自社で行なわれています。生地は昔ながらの織機で織り、スタッフが1枚ずつ布目や柄合せをチェックしながら裁断しています。ALDINのもの作りには、心を込めて丁寧なもの作りをしていこうというコンセプトが貫かれています。ALDINに使用しているリネン糸は、フランスとベルギー産のフラックス(麻麻)をイタリアで紡績したもの。そのリネン糸を良質なコットンと織り上げていき、オリジナルの生地が作られていきます。ALDINの製品は手間を掛けて丁寧に作られているので、大量生産することができません。クラシコでは定番として常に置いておきたい商品ではありますが、欠品してしまうこともあります。ご希望の商品がありましたら、お取り寄せなども対応いたしますので、お気軽にお問い合せください。

2.jpg

ALDIN(アルディン)のWガーゼ・バスタオルと出会ったのは、今から12年程前の事だと思います。気に入っていたアメリカのタオルのメーカーが倒産により手に入らなくなり、その後釜を見つけることが出来ずに彷徨っていた頃でした。当時僕が勤めていたショップの女性スタッフへ贈った結婚祝いのお返しとしていただきました。彼女が気に入っている渋谷の5 CINQという雑貨店で購入したものだと教えてくれました。ALDINと刺繍が入っていましたが、商品自体に品質表示などが付いていないため、勝手に北欧あたりのブランドのものなのかな...と勝手に思い込んでいました。その頃の僕は5 CINQを知りませんでしたし、このタオルの素晴らしさにも気付いていませんでした。ホテル使用のふかふかのタオルが大好きな僕には、このWガーゼのタオルが心許なく思えたのです。そんな事から何となく使う気になれずにしばらくは仕舞ったままにしていました。鎌倉の由比ケ浜近くに住んでいた頃、知り合いの女の子達が泊まりに来たりする事もありました。そんな時にタオルが足りなくて仕舞い込んでいたこのALDINのタオルを使い始めることになりました。それがきっかけとなって、痩せて固くなってしまったタオルよりはいいかなと、自分でも使う様になりました。最初の頃は、吸水性は物足りないし洗濯すると毛羽が出るし、変わったタオルだな〜と半信半疑でしたが、使い込むうちに吸水性も感じられる様になり、洗濯しても毛羽も出なくなりました。綿麻のWガーゼ素材なので乾きがとても早く、黒ずみやシミが残りません。使えば使う程にこのタオルの素晴らしさを実感出来る様になっていったのです。毛足がもともとない代わりに痩せることも少なく、未だに黒ずみもシミも全くありません。清潔に使い続けることが出来ます。北欧あたりのブランドのものと思っていたタオルが、山梨県富士吉田市産だったのだということは、「ku:nel」の記事を読んだ時に知りました。独立して、クラシコを始めていた僕は、ALDINにとても惹かれたのですが、ku:nelにも電話番号等詳細が記載されていなかったため、どうする事も出来ずにおりました。 前職を通じて親交のあった高知Midland Ship溝渕さんがクラシコにご来店いただいた際に、デザイナーである志村夫妻の連絡先を教えていただいたお陰で、ALDINをお取り扱いする事が出来る様になりました。そして、今ではクラシコにとって欠かせないブランドのひとつとなっています。

ALDIN W Gauze Bath Towel Price : ¥4.500+Tax Color : Blue Size : 60×130cm Cotton 50%、Linen 50% Made in Japan.

3.jpg
| 22:00 |
ALDIN Towels
1.jpg

スタートから14年目を迎えるALDIN。初期からの継続商品に付いて値上げをすることになりました。人気のタオルからご紹介です。

6.jpg

ALDINは、富士山の麓の街・山梨県富士吉田市にて作られています。この街に生まれ育ったしむら祐次さん・とくさんが出会って結婚した後に、リネン製品を作り始めました。富士吉田市はもともと繊維産業で栄えた街で、とくさんの実家も代々生地を織り製品を作る会社を営んでいました。ネクタイを作って営業して廻ったりする中、限界を感じ始めていた頃、フランス旅行中にとくさんが1枚の古いキッチンクロスと出会いました。何度も洗われて目の詰まった、強くてしなやかな繊維、シルクにも負けない楚々とした光沢、新しいものにはない独特な風合い。「この生地と同じものをうちの機械で織れないだろうか。100年経って古びてもなお美しい、そんな生地を自分でも作りたい。」という思いから、持ち帰ったクロスを分析し、繊維の組織や、織り方を徹底的に研究し、理想の生地作りを追求する日々を重ねていきました。1年後、とくさんのお兄さんの会社からキッチンまわりのリネンを中心としたALDINがデビューし、その2年後には、祐次さんととくさん・2人のブランド R & D.M.Co-が生まれました(クラシコではR & D.M.Co-も取り扱いを始めています)。ALDINとR & D.M.Co-については「ku:nel」 vol.26 2007.7.1に詳しく掲載されています。「思わず触ってみたくなるうわさのリネンはメイド・イン・富士吉田。」と題して、ブランドの成り立ちから、もの作りへのこだわりなど、素晴らしいストーリーが綴られています。ALDINやR & D.M.Co-についてはご存知なくても、このページについて覚えている方がとても多い様ですよ。一昨年主婦の友社から発売された本"R & D.M.Co-"にもALDINとR & D.M.Co-について詳しく紹介されています。是非ご覧ください。

7.jpg

ALDINの製品は、リネン生地の企画・製織から裁断・縫製及び刺繍まで全て自社で行なわれています。生地は昔ながらの織機で織り、スタッフが1枚ずつ布目や柄合せをチェックしながら裁断しています。ALDINのもの作りには、心を込めて丁寧なもの作りをしていこうというコンセプトが貫かれています。ALDINに使用しているリネン糸は、フランスとベルギー産のフラックス(麻麻)をイタリアで紡績したもの。そのリネン糸を良質なコットンと織り上げていき、オリジナルの生地が作られていきます。ALDINの製品は手間を掛けて丁寧に作られているので、大量生産することができません。クラシコでは定番として常に置いておきたい商品ではありますが、欠品してしまうこともあります。ご希望の商品がありましたら、お取り寄せなども対応いたしますので、お気軽にお問い合せください。

4.jpg

ALDINのWaffle Towelのシリーズは、今ではclassicoのベストセラー商品のひとつとなりました。一度ご購入いただいた後、ふたたびご購入になるお客様も多く、たいへんご好評をいただいております。もともとclassicoでは人気商品となっていたW Gauze Bath Towelと同じくALDINの最初期から作られ続けています。Waffle Towelは、バスタオルだけではなく、ハンドタオルやフェイスタオルもあるので、セットでご購入・ご愛用いただくことができます。コットン50%、リネン50%の糸を使用して織られたワッフル・クロス。ワッフル・クロスとは、洋菓子のワッフルに似た凹凸感を持たせた素材です。保湿性と通気性に優れており、夏は涼しく、冬は暖かく感じられます。肌触りも柔らかくて、心地いいですよ。織り柄が入った2本のラインとA.L.D.(ALDINの省略)のクロスステッチ刺繍が何と言っても可愛いですよね。贈りものにもお薦め。きっと喜ばれることでしょう。(14年間値上げすることなく作られ続けていたこのWaffle Towelのシリーズですが、それぞれ若干値上げをすることになりました。ご了承くださいます様お願いいたします。)

5.jpg

ALDIN Waffle Hand Towel ¥1.100+Tax Color : Natural × Red  Size : 29 × 29cm Cotton 50%  Linen50% Made in Japan.
ALDIN Waffle Hand Towel ¥1.100+Tax Color : Natural × Navy   Size : 29 × 29cm Cotton 50%  Linen50% Made in Japan.
ALDIN Waffle Face Towel ¥2.300+Tax Color : Natural × Red  Size : 35 × 80cm Cotton 50%  Linen50% Made in Japan.
ALDIN Waffle Face Towel ¥2.300+Tax Color : Natural × Navy   Size : 35 × 80cm Cotton 50%  Linen50% Made in Japan.
ALDIN Waffle Bath Towel ¥4.800+Tax Color : Natural × Red  Size : 55 ×130cm Cotton 50%  Linen50% Made in Japan.
ALDIN Waffle Bath Towel ¥4.800+Tax Color : Natural × Navy   Size : 55 ×130cm Cotton 50%  Linen50% Made in Japan.

8.jpg

ALDIN(アルディン)のWガーゼ・バスタオルと出会ったのは、今から11年程前の事だと思います。気に入っていたアメリカのタオルのメーカーが倒産により手に入らなくなり、その後釜を見つけることが出来ずに彷徨っていた頃でした。当時僕が勤めていたショップの女性スタッフへ贈った結婚祝いのお返しとしていただきました。彼女が気に入っている渋谷の5 CINQという雑貨店で購入したものだと教えてくれました。ALDINと刺繍が入っていましたが、商品自体に品質表示などが付いていないため、勝手に北欧あたりのブランドのものなのかな...と勝手に思い込んでいました。その頃の僕は5 CINQを知りませんでしたし、このタオルの素晴らしさにも気付いていませんでした。ホテル使用のふかふかのタオルが大好きな僕には、このWガーゼのタオルが心許なく思えたのです。そんな事から何となく使う気になれずにしばらくは仕舞ったままにしていました。鎌倉の由比ケ浜近くに住んでいた頃、知り合いの女の子達が泊まりに来たりする事もありました。そんな時にタオルが足りなくて仕舞い込んでいたこのALDINのタオルを使い始めることになりました。それがきっかけとなって、痩せて固くなってしまったタオルよりはいいかなと、自分でも使う様になりました。最初の頃は、吸水性は物足りないし洗濯すると毛羽が出るし、変わったタオルだな〜と半信半疑でしたが、使い込むうちに吸水性も感じられる様になり、洗濯しても毛羽も出なくなりました。綿麻のWガーゼ素材なので乾きがとても早く、黒ずみやシミが残りません。使えば使う程にこのタオルの素晴らしさを実感出来る様になっていったのです。毛足がもともとない代わりに痩せることも少なく、未だに黒ずみもシミも全くありません。清潔に使い続けることが出来ます。北欧あたりのブランドのものと思っていたタオルが、山梨県富士吉田市産だったのだということは、「ku:nel」の記事を読んだ時に知りました。独立して、クラシコを始めていた僕は、ALDINにとても惹かれたのですが、ku:nelにも電話番号等詳細が記載されていなかったため、どうする事も出来ずにおりました。 前職を通じて親交のあった高知Midland Ship溝渕さんがクラシコにご来店いただいた際に、デザイナーである志村夫妻の連絡先を教えていただいたお陰で、ALDINをお取り扱いする事が出来る様になりました。そして、今ではクラシコにとって欠かせないブランドのひとつとなっています。
(W GauzeのBus Towelもやはり値上げとなってしまいました。原材料の高騰などが理由です。ご了承下さいます様お願いします。)

1.jpg

ALDIN W Gauze Bath Towel ¥4.500+Tax Color : Natural×Red  Size : 60×130cm Cotton 50%  Linen50% Made in Japan.
ALDIN W Gauze Bath Towel ¥4.500+Tax Color : Natural×Blue   Size : 60×130cm Cotton 50%  Linen50% Made in Japan.

2.jpg
| 23:20 |
ALDIN Waffle Towel
3.jpg

classicoでALDINお薦めのタオルと言えば、W Gauze Bath Towelですが、このところこのシリーズも人気です。定番化しようかな。

1.jpg

ALDINは、富士山の麓の街・山梨県富士吉田市にて作られています。この街に生まれ育ったしむら祐次さん・とくさんが出会って結婚した後に、リネン製品を作り始めました。富士吉田市はもともと繊維産業で栄えた街で、とくさんの実家も代々生地を織り製品を作る会社を営んでいました。ネクタイを作って営業して廻ったりする中、限界を感じ始めていた頃、フランス旅行中にとくさんが1枚の古いキッチンクロスと出会いました。何度も洗われて目の詰まった、強くてしなやかな繊維、シルクにも負けない楚々とした光沢、新しいものにはない独特な風合い。「この生地と同じものをうちの機械で織れないだろうか。100年経って古びてもなお美しい、そんな生地を自分でも作りたい。」という思いから、持ち帰ったクロスを分析し、繊維の組織や、織り方を徹底的に研究し、理想の生地作りを追求する日々を重ねていきました。1年後、とくさんのお兄さんの会社からキッチンまわりのリネンを中心としたALDINがデビューし、その2年後には、祐次さんととくさん・2人のブランド R & D.M.Co-が生まれました(クラシコではR & D.M.Co-も取り扱いを始めています)。ALDINとR & D.M.Co-については「ku:nel」 vol.26 2007.7.1に詳しく掲載されています。「思わず触ってみたくなるうわさのリネンはメイド・イン・富士吉田。」と題して、ブランドの成り立ちから、もの作りへのこだわりなど、素晴らしいストーリーが綴られています。ALDINやR & D.M.Co-についてはご存知なくても、このページについて覚えている方がとても多い様ですよ。昨年主婦の友社から発売された本"R & D.M.Co-"にもALDINとR & D.M.Co-について詳しく紹介されています。是非ご覧くださいね。

4.jpg

ALDIN Waffle Hand Towel ¥  900+Tax Color : Natural × Red  Size : 29 × 29cm Cotton 50%  Linen50% Made in Japan.
ALDIN Waffle Face Towel ¥1.800+Tax Color : Natural × Red  Size : 35 × 80cm Cotton 50%  Linen50% Made in Japan.
ALDIN Waffle Bath Towel ¥3.800+Tax Color : Natural × Red  Size : 55 ×130cm Cotton 50%  Linen50% Made in Japan.

6.jpg

ALDINの製品は、リネン生地の企画・製織から裁断・縫製及び刺繍まで全て自社で行なわれています。生地は昔ながらの織機で織り、スタッフが1枚ずつ布目や柄合せをチェックしながら裁断しています。ALDINのもの作りには、心を込めて丁寧なもの作りをしていこうというコンセプトが貫かれています。ALDINに使用しているリネン糸は、フランスとベルギー産のフラックス(麻麻)をイタリアで紡績したもの。そのリネン糸を良質なコットンと織り上げていき、オリジナルの生地が作られていきます。ALDINの製品は手間を掛けて丁寧に作られているので、大量生産することができません。クラシコでは定番として常に置いておきたい商品ではありますが、欠品してしまうこともあります。ご希望の商品がありましたら、お取り寄せなども対応いたしますので、お気軽にお問い合せください。

2.jpg

定番的にお取り扱いを続けるALDINのW Gauze Bath Towelは、classicoのベストセラー商品のひとつ。一度ご購入いただいた後、ふたたびご購入になるお客様も多く、たいへんご好評をいただいております。もともとclassicoでALDINをお取り扱いしはじめるきっかけは、友人からいただいたこのタオルを僕が気に入ったから...なんです。でも、このW Gauze Bath Towelには、ハンドタオルやフェイスタオルはありません。(同じ柄で平織りのクロス、Torchonをフェィスタオルとして代用していただくことはできます。)W Gauze Bath Towelと同じくALDINの最初期から作られ続けているのが、今回ご紹介するWaffle Towel。こちらは、バスタオルだけではなく、ハンドタオルやフェイスタオルもあるので、セットでご購入・ご愛用いただくことができます。コットン50%、リネン50%の糸を使用して織られたワッフル・クロス。ワッフル・クロスとは、洋菓子のワッフルに似た凹凸感を持たせた素材です。保湿性と通気性に優れており、夏は涼しく、冬は暖かく感じられます。肌触りも柔らかくて、心地いいですよ。織り柄が入った2本のラインとA.L.D.(ALDINの省略)のクロスステッチ刺繍が何と言っても可愛いですよね。贈りものにもお薦め。きっと喜ばれることでしょう。

5.jpg

ALDIN  Waffle Hand Towel ¥  900+Tax Color : Natural × Navy  Size : 29 × 29cm Cotton 50%  Linen50% Made in Japan.
ALDIN  Waffle Face Towel ¥1.800+Tax Color : Natural × Navy  Size : 35 × 80cm Cotton 50%  Linen50% Made in Japan.
ALDIN  Waffle Bath Towel ¥3.800+Tax Color : Natural × Navy  Size : 55 ×130cm Cotton 50%  Linen50% Made in Japan.

7.jpg

最近このWaffle Towelが人気なのは、この記事のおかげかも知れませんね。"BRUTUS 770  2014年2月1日号 続・尊敬できる「日用品」" 037ページにて浅本 充さんの尊敬できる日用品として紹介されています。「15年くらい使っている」とか...。素晴らしいぃ!

1.jpg
| 23:20 |
ALDIN Waffle Towel
2.jpg

久し振りにALDINの登場。コットン・リネンで織られたワッフル地のタオル・シリーズ3サイズ。可愛いでしょ。贈り物にもどうぞ。

14.jpg

ALDIN Waffle Hand Towel ¥945 Color : Natural × Red  Size : 29cm × 29cm Cotton 50%、Linen 50% Made in Japan.

15.jpg

13.jpg

ALDIN Waffle Hand Towel ¥945 Color : Natural × Navy  Size : 29cm × 29cm Cotton 50%、Linen 50% Made in Japan.

16.jpg

ALDINは、富士山の麓の街・山梨県富士吉田市にて作られています。この街に生まれ育ったしむら祐次さん・とくさんが出会って結婚した後に、リネン製品を作り始めました。富士吉田市はもともと繊維産業で栄えた街で、とくさんの実家も代々生地を織り製品を作る会社を営んでいました。ネクタイを作って営業して廻ったりする中、限界を感じ始めていた頃、フランス旅行中にとくさんが1枚の古いキッチンクロスと出会いました。何度も洗われて目の詰まった、強くてしなやかな繊維、シルクにも負けない楚々とした光沢、新しいものにはない独特な風合い。「この生地と同じものをうちの機械で織れないだろうか。100年経って古びてもなお美しい、そんな生地を自分でも作りたい。」という思いから、持ち帰ったクロスを分析し、繊維の組織や、織り方を徹底的に研究し、理想の生地作りを追求する日々を重ねていきました。1年後、とくさんのお兄さんの会社からキッチンまわりのリネンを中心としたALDINがデビューし、その2年後には、祐次さんととくさん・2人のブランド R & D.M.Co-が生まれました(クラシコではR & D.M.Co-も取り扱いを始めています)。ALDINとR & D.M.Co-については「ku:nel」 vol.26 2007.7.1に詳しく掲載されています。「思わず触ってみたくなるうわさのリネンはメイド・イン・富士吉田。」と題して、ブランドの成り立ちから、もの作りへのこだわりなど、素晴らしいストーリーが綴られています。ALDINやR & D.M.Co-についてはご存知なくても、このページについて覚えている方がとても多い様ですよ。昨年主婦の友社から発売された本"R & D.M.Co-"にもALDINとR & D.M.Co-について詳しく紹介されています。是非ご覧くださいね。

ALDINの製品は、リネン生地の企画・製織から裁断・縫製及び刺繍まで全て自社で行なわれています。生地は昔ながらの織機で織り、スタッフが1枚ずつ布目や柄合せをチェックしながら裁断しています。ALDINのもの作りには、心を込めて丁寧なもの作りをしていこうというコンセプトが貫かれています。ALDINに使用しているリネン糸は、フランスとベルギー産のフラックス(麻麻)をイタリアで紡績したもの。そのリネン糸を良質なコットンと織り上げていき、オリジナルの生地が作られていきます。ALDINの製品は手間を掛けて丁寧に作られているので、大量生産することができません。クラシコでは定番として常に置いておきたい商品ではありますが、欠品してしまうこともあります。ご希望の商品がありましたら、お取り寄せなども対応いたしますので、お気軽にお問い合せください。

8.jpg

12.jpg

ALDIN Waffle Face Towel ¥1.890 Color : Natural × Red  Size : 35cm × 80cm Cotton 50%、Linen 50% Made in Japan.

9.jpg

7.jpg

11.jpg

ALDIN Waffle Face Towel ¥1.890 Color : Natural × Navy  Size : 35cm × 80cm Cotton 50%、Linen 50% Made in Japan.

10.jpg

定番的にお取り扱いを続けるALDINのW Gauze Bath Towelは、classicoのベストセラー商品のひとつ。一度ご購入いただいた後、ふたたびご購入になるお客様も多く、たいへんご好評をいただいております。もともとclassicoでALDINをお取り扱いしはじめるきっかけは、友人からいただいたこのタオルを僕が気に入ったから...なんです。でも、このW Gauze Bath Towelには、ハンドタオルやフェイスタオルはありません。(同じ柄で平織りのクロス、Torchonをフェィスタオルとして代用していただくことはできます。)W Gauze Bath Towelと同じくALDINの最初期から作られ続けているのが、今回ご紹介するWaffle Towel。こちらは、バスタオルだけではなく、ハンドタオルやフェイスタオルもあるので、セットでご購入・ご愛用いただくことができます。コットン50%、リネン50%の糸を使用して織られたワッフル・クロス。ワッフル・クロスとは、洋菓子のワッフルに似た凹凸感を持たせた素材です。保湿性と通気性に優れており、夏は涼しく、冬は暖かく感じられます。肌触りも柔らかくて、心地いいですよ。織り柄が入った2本のラインとA.L.D.(ALDINの省略)のクロスステッチ刺繍が何と言っても可愛いですよね。贈りものにもお薦め。きっと喜ばれることでしょう。

2.jpg

6.jpg

ALDIN Waffle Bath Towel ¥3.990 Color : Natural × Red  Size : 55cm × 130cm Cotton 50%、Linen 50% Made in Japan.

3.jpg

1.jpg

5.jpg

ALDIN Waffle Bath Towel ¥3.990 Color : Natural × Navy  Size : 55cm × 130cm Cotton 50%、Linen 50% Made in Japan.

4.jpg

1.jpg
| 23:10 |
ALDIN Dish Cloth
1.jpg

ALDINの最新作。Bio加工が施してあったり、ハンドステッチが入っていたり、これまでとは一味違ったデッィッシュ・クロスです。

6.jpg

ALDIN Dish Cloth ( Bio Washed ) ¥2.310 ( ¥2.200 ) Color : Check  Size : 40cm × 45cm Linen 100% Made in Japan.

7.jpg

ALDINは、富士山の麓の街・山梨県富士吉田市にて作られています。この街に生まれ育ったしむら祐次さん・とくさんが出会って結婚した後に、リネン製品を作り始めました。富士吉田市はもともと繊維産業で栄えた街で、とくさんの実家も代々生地を織り製品を作る会社を営んでいました。ネクタイを作って営業して廻ったりする中、限界を感じ始めていた頃、フランス旅行中にとくさんが1枚の古いキッチンクロスと出会いました。何度も洗われて目の詰まった、強くてしなやかな繊維、シルクにも負けない楚々とした光沢、新しいものにはない独特な風合い。「この生地と同じものをうちの機械で織れないだろうか。100年経って古びてもなお美しい、そんな生地を自分でも作りたい。」という思いから、持ち帰ったクロスを分析し、繊維の組織や、織り方を徹底的に研究し、理想の生地作りを追求する日々を重ねていきました。1年後、とくさんのお兄さんの会社からキッチンまわりのリネンを中心としたALDINがデビューし、その2年後には、祐次さんととくさん・2人のブランド R & D.M.Co-が生まれました(クラシコではR & D.M.Co-も取り扱いを始めています)。ALDINとR & D.M.Co-については「ku:nel」 vol.26 2007.7.1に詳しく掲載されています。「思わず触ってみたくなるうわさのリネンはメイド・イン・富士吉田。」と題して、ブランドの成り立ちから、もの作りへのこだわりなど、素晴らしいストーリーが綴られています。ALDINやR & D.M.Co-についてはご存知なくても、このページについて覚えている方がとても多い様ですよ。昨年主婦の友社から発売された本"R & D.M.Co-"にもALDINとR & D.M.Co-について詳しく紹介されています。是非ご覧くださいね。

5.jpg

ALDIN Dish Cloth ( Bio Washed ) ¥2.310 ( ¥2.200 ) Color : Royal red  Size : 40cm × 45cm Linen 100% Made in Japan.

8.jpg

ALDINの製品は、リネン生地の企画・製織から裁断・縫製及び刺繍まで全て自社で行なわれています。生地は昔ながらの織機で織り、スタッフが1枚ずつ布目や柄合せをチェックしながら裁断しています。ALDINのもの作りには、心を込めて丁寧なもの作りをしていこうというコンセプトが貫かれています。ALDINに使用しているリネン糸は、フランスとベルギー産のフラックス(麻麻)をイタリアで紡績したもの。そのリネン糸を良質なコットンと織り上げていき、オリジナルの生地が作られていきます。ALDINの製品は手間を掛けて丁寧に作られているので、大量生産することができません。クラシコでは定番として常に置いておきたい商品ではありますが、欠品してしまうこともあります。ご希望の商品がありましたら、お取り寄せなども対応いたしますので、お気軽にお問い合せください。

4.jpg

ALDIN Dish Cloth ( Bio Washed ) ¥2.310 ( ¥2.200 ) Color : Gray  Size : 40cm × 45cm Linen 100% Made in Japan.

10.jpg

2012年ALDINの新作ディッシュ・クロス。40cm × 45cmと定番のディッシュ・クロスよりちょっと小さめで、カップやグラスなども拭きやすいサイズ感。ディッシュ・クロスではありますが、ランチョン・マットとしても使いやすいと思います。生地の段階でバイオ加工を施しています。酵素の力で繊維の表面を毛羽立たせており、とってもソフトでしなやかな仕上がり。糸密度が通常のリネンクロスよりさらに高いため、薄くてやわらかでもしっかりと目が詰まっていて丈夫な生地なのであります。チェックのクロスには無地のクロスが、無地のクロスにはチェックのクロスがフックとして赤い糸で手縫いされています。クロスになったハンド・ステッチがポイントになっていて、可愛いでしょ。使い込むごとに、洗い込むごとに色も褪せていき、さらに味わいも魅力も増していくことでしょう。

3.jpg

ALDIN Dish Cloth ( Bio Washed ) ¥2.310 ( ¥2.200 ) Color : Raisin  Size : 40cm × 45cm Linen 100% Made in Japan.

9.jpg

2.jpg

ALDIN Dish Cloth ( Bio Washed ) ¥2.310 ( ¥2.200 ) Color : Night Blue  Size : 40cm × 45cm Linen 100% Made in Japan.

11.jpg
| 23:30 |
ALDIN Bath Towel & Bath Mat
2.jpg

僕がはじめてALDINと出会ったのは、このWガーゼ・バスタオルでした。今ではクラシコには欠かせないベストセラーのひとつです。

1.jpg

ALDIN(アルディン)のWガーゼ・バスタオルと出会ったのは、今から8~9年程前の事だと思います。気に入っていたアメリカのタオルのメーカーが倒産により手に入らなくなり、その後釜を見つけることが出来ずに彷徨っていた頃でした。当時僕が勤めていたショップの女性スタッフへ贈った結婚祝いのお返しとしていただきました。彼女が気に入っている渋谷の5 CINQという雑貨店で購入したものだと教えてくれました。ALDINと刺繍が入っていましたが、商品自体に品質表示などが付いていないため、勝手に北欧あたりのブランドのものなのかな...と勝手に思い込んでいました。その頃の僕は5 CINQを知りませんでしたし、このタオルの素晴らしさにも気付いていませんでした。ホテル使用のふかふかのタオルが大好きな僕には、このWガーゼのタオルが心許なく思えたのです。そんな事から何となく使う気になれずにしばらくは仕舞ったままにしていました。鎌倉の由比ケ浜近くに住んでいた頃、知り合いの女の子達が泊まりに来たりする事もありました。そんな時にタオルが足りなくて仕舞い込んでいたこのALDINのタオルを使い始めることになりました。それがきっかけとなって、痩せて固くなってしまったタオルよりはいいかなと、自分でも使う様になりました。最初の頃は、吸水性は物足りないし洗濯すると毛羽が出るし、変わったタオルだな〜と半信半疑でしたが、使い込むうちに吸水性も感じられる様になり、洗濯しても毛羽も出なくなりました。綿麻のWガーゼ素材なので乾きがとても早く、黒ずみやシミが残りません。使えば使う程にこのタオルの素晴らしさを実感出来る様になっていったのです。毛足がもともとない代わりに痩せることも少なく、未だに黒ずみもシミも全くありません。清潔に使い続けることが出来ます。北欧あたりのブランドのものと思っていたタオルが、山梨県富士吉田市産だったのだということは、「ku:nel」の記事を読んだ時に知りました。独立して、クラシコを始めていた僕は、ALDINにとても惹かれたのですが、ku:nelにも電話番号等詳細が記載されていなかったため、どうする事も出来ずにおりました。 前職を通じて親交のあった高知Midland Ship溝渕さんがクラシコにご来店いただいた際に、デザイナーである志村夫妻の連絡先を教えていただいたお陰で、ALDINをお取り扱いする事が出来る様になりました。そして、今ではクラシコにとって欠かせないブランドのひとつとなっています。

1.jpg

ALDIN W Gauze Bath Towel ¥3.570 Color : Natural × Red Size : 60 × 130cm Linen 50%、Cotton 50% Made in Japan.
ALDIN W Gauze Bath Towel ¥3.570 Color : Natural × Blue Size : 60 × 130cm Linen 50%、Cotton 50% Made in Japan.

2.jpg

ALDINは、富士山の麓の街・山梨県富士吉田市にて作られています。この街に生まれ育ったしむら祐次さん・とくさんが出会って結婚した後に、リネン製品を作り始めました。富士吉田市はもともと繊維産業で栄えた街で、とくさんの実家も代々生地を織り製品を作る会社を営んでいました。ネクタイを作って営業して廻ったりする中、限界を感じ始めていた頃、フランス旅行中にとくさんが1枚の古いキッチンクロスと出会いました。何度も洗われて目の詰まった、強くてしなやかな繊維、シルクにも負けない楚々とした光沢、新しいものにはない独特な風合い。「この生地と同じものをうちの機械で織れないだろうか。100年経って古びてもなお美しい、そんな生地を自分でも作りたい。」という思いから、持ち帰ったクロスを分析し、繊維の組織や、織り方を徹底的に研究し、理想の生地作りを追求する日々を重ねていきました。1年後、とくさんのお兄さんの会社からキッチンまわりのリネンを中心としたALDINがデビューし、その2年後には、祐次さんととくさん・2人のブランド R & D.M.Co-が生まれました(クラシコではR & D.M.Co-も取り扱いを始めています)。ALDINとR & D.M.Co-については「ku:nel」 vol.26 2007.7.1に詳しく掲載されています。「思わず触ってみたくなるうわさのリネンはメイド・イン・富士吉田。」と題して、ブランドの成り立ちから、もの作りへのこだわりなど、素晴らしいストーリーが綴られています。ALDINやR & D.M.Co-についてはご存知なくても、このページに付いて覚えている方がとても多い様ですよ。
昨年主婦の友社から発売された本"R & D.M.Co-"にもALDINとR & D.M.Co-について詳しく紹介されています。是非ご覧くださいね。

ALDINの製品は、リネン生地の企画・製織から裁断・縫製及び刺繍まで全て自社で行なわれています。生地は昔ながらの織機で織り、スタッフが1枚ずつ布目や柄合せをチェックしながら裁断しています。ALDINのもの作りには、心を込めて丁寧なもの作りをしていこうというコンセプトが貫かれています。ALDINに使用しているリネン糸は、フランスとベルギー産のフラックス(麻麻)をイタリアで紡績したもの。そのリネン糸を良質なコットンと織り上げていき、オリジナルの生地が作られていきます。ALDINの製品は手間を掛けて丁寧に作られているので、大量生産することができません。クラシコでは定番として常に置いておきたい商品ではありますが、欠品してしまうこともあります。ご希望の商品がありましたら、お取り寄せなども対応いたしますので、お気軽にお問い合せください。

1.jpg

コットン50%、リネン50%のワッフル素材を表地に、同混率の平織りのストライプ生地を裏地に使用したこのバスマットもWガーゼのバスタオルと同様、ALDIN最初期から継続的に作られている商品です。クラシコにも時折入荷していて、ALDINファンの方々には人気があります。A.L.D.と入ったアンティーク・リネン風の刺繍が可愛いでしょ。Wガーゼのバスタオルと合わせてご愛用いただいたり、贈り物にしていただいたら素敵だと思いますよ。小振りなサイズだし、お洗濯もしやすいから、きっと大活躍することでしょう。

5.jpg

ALDIN Waffle Bath Mat ¥3.150 Color : Natural × Red  Size : 40 × 50cm Linen 50%、Cotton 50% Made in Japan.
ALDIN Waffle Bath Mat ¥3.150 Color : Natural × Blue  Size : 40 × 50cm Linen 50%、Cotton 50% Made in Japan.

4.jpg
| 23:00 |
ALDIN
1.jpg

先日のクラシコ・ブログに引き続き、ALDINのクロスをご紹介します。3種それぞれのクロスにはそれぞれの魅力がたっぷり!です。

3.jpg

LM Clothはざっくりとした素材感が特徴的なリネン100%のクロス。けっこう肉厚です。乳白色のベースに明るめな赤いチェックが入っています。アンティーク・リネンによく見られるイニシャルの様に"LM"と刺繍が施されています。とっても素敵なクロスです。

ALDIN LM Cloth ¥2.940 Color : Radish Size : 55 × 62cm Linen 100% Made in Japan. 

2.jpg

ALDINは、富士山の麓の街・山梨県富士吉田市にて作られています。この街に生まれ育ったしむら祐次さん・とくさんが出会って結婚した後に、リネン製品を作り始めました。富士吉田市はもともと繊維産業で栄えた街で、とくさんの実家も代々生地を織り製品を作る会社を営んでいました。ネクタイを作って営業して廻ったりする中、限界を感じ始めていた頃、フランス旅行中にとくさんが1枚の古いキッチンクロスと出会いました。何度も洗われて目の詰まった、強くてしなやかな繊維、シルクにも負けない楚々とした光沢、新しいものにはない独特な風合い。「この生地と同じものをうちの機械で織れないだろうか。100年経って古びてもなお美しい、そんな生地を自分でも作りたい。」という思いから、持ち帰ったクロスを分析し、繊維の組織や、織り方を徹底的に研究し、理想の生地作りを追求する日々を重ねていきました。1年後、とくさんのお兄さんの会社からキッチンまわりのリネンを中心としたALDINがデビューし、その2年後には、祐次さんととくさん・2人のブランド R & D.M.Co-が生まれました(クラシコではR & D.M.Co-も取り扱いを始めています)。ALDINとR & D.M.Co-については「ku:nel」 vol.26 2007.7.1に詳しく掲載されています。「思わず触ってみたくなるうわさのリネンはメイド・イン・富士吉田。」と題して、ブランドの成り立ちから、もの作りへのこだわりなど、素晴らしいストーリーが綴られています。ALDINやR & D.M.Co-についてはご存知なくても、このページに付いて覚えている方がとても多い様ですよ。
昨年主婦の友社から発売された本"R & D.M.Co-"にもALDINとR & D.M.Co-について詳しく紹介されています。是非ご覧ください。

4.jpg

クラシコでは継続的に展開しており、とっても人気があるDish Cloth。ロングセラーとなっています。比較的薄めでALDINにしては小さめサイズだから、バンダナ代わりに愛用しているお客様もいらっしゃいます。お値段もお手頃だから普段遣いにいかがでしょうか。

ALDIN Dish Cloth ¥1.785 Color : Cherry / Marguerite / Navy Size : 50 × 50cm Linen 100% Made in Japan. 

7.jpg

5.jpg

Torchon(トルション)とは多用途クロスのこと。大きめサイズが特徴です。こちらは前回ご紹介したトルションと柄違いになっています。素材はコットン50%、リネン50%。キッチンクロスとしてはもちろんフェイスタオル代わりにもお手拭きたおるにもどうぞ。

ALDIN Torchon ¥2.100 Color : Red / Blue  Size : 60 × 80cm Cotton 50%、Linen 50% Made in Japan. 

6.jpg
| 23:30 |
ALDIN
1.jpg

ALDINのトルションやらディッシュ・クロスやら、クロス類がなかなか豊富に揃ってきました。ALDINファンの方はたまらんですね。

2.jpg

ALDIN Cottage Cloth ¥2.625 Color : Navy  Size : 47cm × 58cm Linen 100% Made in Japan.

15.jpg

ALDINは、富士山の麓の街・山梨県富士吉田市にて作られています。この街に生まれ育ったしむら祐次さん・とくさんが出会って結婚した後に、リネン製品を作り始めました。富士吉田市はもともと繊維産業で栄えた街で、とくさんの実家も代々生地を織り製品を作る会社を営んでいました。ネクタイを作って営業して廻ったりする中、限界を感じ始めていた頃、フランス旅行中にとくさんが1枚の古いキッチンクロスと出会いました。何度も洗われて目の詰まった、強くてしなやかな繊維、シルクにも負けない楚々とした光沢、新しいものにはない独特な風合い。「この生地と同じものをうちの機械で織れないだろうか。100年経って古びてもなお美しい、そんな生地を自分でも作りたい。」という思いから、持ち帰ったクロスを分析し、繊維の組織や、織り方を徹底的に研究し、理想の生地作りを追求する日々を重ねていきました。1年後、とくさんのお兄さんの会社からキッチンまわりのリネンを中心としたALDINがデビューし、その2年後には、祐次さんととくさん・2人のブランド R & D.M.Co-が生まれました(クラシコではR & D.M.Co-も取り扱いを始めています)。ALDINとR & D.M.Co-については「ku:nel」 vol.26 2007.7.1に詳しく掲載されています。「思わず触ってみたくなるうわさのリネンはメイド・イン・富士吉田。」と題して、ブランドの成り立ちから、もの作りへのこだわりなど、素晴らしいストーリーが綴られています。ALDINやR & D.M.Co-についてはご存知なくても、このページに付いて覚えている方がとても多い様ですよ。
昨年主婦の友社から発売された本"R & D.M.Co-"にもALDINとR & D.M.Co-について詳しく紹介されています。是非ご覧ください。

3.jpg

ALDIN  Dish Cloth ¥1.785 Color : Scarlet  Size : 50cm × 50cm Linen 100% Made in Japan.

14.jpg

4.jpg

ALDIN Welsh Cloth ¥2.625 Color : Pink  Size : 55cm × 65cm Linen 100% Made in Japan.

13.jpg

5.jpg

ALDIN BC Cloth ¥2.310 Color : Poppy 、Red 、Blue 、Sax  Size : 55cm × 78cm Linen 100% Made in Japan.

12.jpg

ALDINの製品は、リネン生地の企画・製織から裁断・縫製及び刺繍まで全て自社で行なわれています。生地は昔ながらの織機で織り、スタッフが1枚ずつ布目や柄合せをチェックしながら裁断しています。ALDINのもの作りには、心を込めて丁寧なもの作りをしていこうというコンセプトが貫かれています。ALDINに使用しているリネン糸は、フランスとベルギー産のフラックス(麻麻)をイタリアで紡績したもの。そのリネン糸を良質なコットンと織り上げていき、オリジナルの生地が作られていきます。ALDINの製品は手間を掛けて丁寧に作られているので、大量生産することができません。クラシコでは定番として常に置いておきたい商品ではありますが、欠品してしまうことも多いです。それでもしばらく待っていただければ購入はできます。ご希望がありましたら、お問い合せ下さいませ。

6.jpg

ALDIN Flower Dobby Cloth ¥2.730 Color : Pink 、Violet 、Blue  Size : 51cm × 40cm Linen 100% Made in Japan.

11.jpg

7.jpg

ALDIN Torchon ¥2.100 Color : Sky Blue  Size : 50cm × 80cm Cotton 50%、Linen 50% Made in Japan.

10.jpg

8.jpg

ALDIN Torchon ¥2.100 Color : Red 、Blue  Size : 60cm × 80cm Cotton 50%、Linen 50% Made in Japan.

9.jpg
| 23:00 |
ALDIN W Gauze Bath Towel
1.jpg

ALDIN 新作製作の影響により、しばらく品薄・欠品状態になっていたWガーゼ・バスタオルがようやく入荷。おまっとぅさんです。

ALDINは、富士山の麓の街・山梨県富士吉田市にて作られています。この街に生まれ育ったしむら祐次さん・とくさんが出会って結婚した後に、リネン製品を作り始めました。富士吉田市はもともと繊維産業で栄えた街で、とくさんの実家も代々生地を織り製品を作る会社を営んでいました。ネクタイを作って営業して廻ったりする中、限界を感じ始めていた頃、フランス旅行中にとくさんが1枚の古いキッチンクロスと出会いました。何度も洗われて目の詰まった、強くてしなやかな繊維、シルクにも負けない楚々とした光沢、新しいものにはない独特な風合い。「この生地と同じものをうちの機械で織れないだろうか。100年経って古びてもなお美しい、そんな生地を自分でも作りたい。」という思いから、持ち帰ったクロスを分析し、繊維の組織や、織り方を徹底的に研究し、理想の生地作りを追求する日々を重ねていきました。1年後、とくさんのお兄さんの会社からキッチンまわりのリネンを中心としたALDINがデビューし、その2年後には、祐次さんととくさん・2人のブランド R & D.M.Co-が生まれました(クラシコではR & D.M.Co-も取り扱いを始めています)。ALDINとR & D.M.Co-については「ku:nel」 vol.26 2007.7.1に詳しく掲載されています。「思わず触ってみたくなるうわさのリネンはメイド・イン・富士吉田。」と題して、ブランドの成り立ちから、もの作りへのこだわりなど、素晴らしいストーリーが綴られています。ALDINやR & D.M.Co-についてはご存知なくても、このページに付いて覚えている方がとても多い様ですよ。

ALDIN(アルディン)のWガーゼ・バスタオルと出会ったのは、今から7~8年程前の事だと思います。気に入っていたアメリカのタオルのメーカーが倒産により手に入らなくなり、その後釜を見つけることが出来ずに彷徨っていた頃でした。当時僕が勤めていたショップの女性スタッフへ贈った結婚祝いのお返しとしていただきました。彼女が気に入っている渋谷の5 CINQという雑貨店で購入したものだと教えてくれました。ALDINと刺繍が入っていましたが、商品自体に品質表示などが付いていないため、勝手に北欧あたりのブランドのものなのかな...と勝手に思い込んでいました。その頃の僕は5 CINQを知りませんでしたし、このタオルの素晴らしさにも気付いていませんでした。ホテル使用のふかふかのタオルが大好きな僕には、このWガーゼのタオルが心許なく思えたのです。そんな事から何となく使う気になれずにしばらくは仕舞ったままにしていました。鎌倉の由比ケ浜近くに住んでいた頃、知り合いの女の子達が泊まりに来たりする事もありました。そんな時にタオルが足りなくて仕舞い込んでいたこのALDINのタオルを使い始めることになりました。それがきっかけとなって、痩せて固くなってしまったタオルよりはいいかなと、自分でも使う様になりました。最初の頃は、吸水性は物足りないし洗濯すると毛羽が出るし、変わったタオルだな〜と半信半疑でしたが、使い込むうちに吸水性も感じられる様になり、洗濯しても毛羽も出なくなりました。綿麻のWガーゼ素材なので乾きがとても早く、黒ずみやシミが残りません。使えば使う程にこのタオルの素晴らしさを実感出来る様になっていったのです。毛足がもともとない代わりに痩せることも少なく、未だに黒ずみもシミも全くありません。清潔に使い続けることが出来ます。北欧あたりのブランドのものと思っていたタオルが、山梨県富士吉田市産だったのだということは、「ku:nel」の記事を読んだ時に知りました。独立して、クラシコを始めていた僕は、ALDINにとても惹かれたのですが、ku:nelにも電話番号等詳細が記載されていなかったため、どうする事も出来ずにおりました。 前職を通じて親交のあった高知Midland Ship溝渕さんがクラシコにご来店いただいた際に、デザイナーである志村夫妻の連絡先を教えていただいたお陰で、ALDINをお取り扱いする事が出来る様になりました。そして、今ではクラシコにとって欠かせないブランドのひとつとなっています。

ALDINの製品は、リネン生地の企画・製織から裁断・縫製及び刺繍まで全て自社で行なわれています。生地は昔ながらの織機で織り、スタッフが1枚ずつ布目や柄合せをチェックしながら裁断しています。ALDINのもの作りには、心を込めて丁寧なもの作りをしていこうというコンセプトが貫かれています。ALDINに使用しているリネン糸は、フランスとベルギー産のフラックス(麻麻)をイタリアで紡績したもの。そのリネン糸を良質なコットンと織り上げていき、オリジナルの生地が作られていきます。ALDINの製品は手間を掛けて丁寧に作られているので、大量生産することができません。クラシコでは定番として常に置いておきたい商品ではありますが、欠品してしまうことも多いです。それでもしばらく待っていただければ購入はできます。それからALDINの商品については、ブランドの方針により通信販売をすることができません。ご興味がある方は、実際に手に取ってご覧になってみてください。お待ちしております。
 
ALDIN W Gauze Bath Towel ¥3.570 Cotton 50% / Linen50% Size : 60cm × 130cm Color : Red、Blue Made in Japan.
| 20:00 |
Page: 1/2   >>