Entry



Archives


Category


Search


Link

アセビ、西洋岩南天、ツワブキ

DSC_0025.jpg

 

お気付きの方もいるかも知れませんね。classicoの植栽が新しくなりました。アセビ、西洋岩南天、ツワブキ。なかなか渋いでしょ。

 

classicoの入り口に箱庭の植栽ができてから約7年半。大きく成長していた椿がみるみるうちに元気をなくしていました。様々な方にアドバイスを仰ぎ、対応するものの回復はせず。どうしたら良いものか?と思いながら日々過ごしていました。ある日、近所のお家に剪定に来ていた庭師さんにお声を掛けて、相談してみました。おそらく環境が合わなかったのだろうとのこと。直射日光が当たらず、また雨にも当たらない場所なので、植え替えてから数年経つと葉色も悪くなるし、葉も汚くなってきてしまう。自分では半日陰ではあるものの雨よけ越しに日差しは入るし、水やりもジョウロで上からあげていたので、育てる環境としては大丈夫なのかなと思っていたのですが、甘かったようです。椿は僕が大好きな植物ということもあって、ある方に頼んで植え込んでいただいたのですが、結局大切に育て上げることができずに残念な思いでいっぱいになりました。もう同じような経験はしたくはありません。庭師さんにこんな環境でも問題なく育てていくことができる植物をいくつか選んでいただきました。その中から僕の好みに合う植物を絞り込み、苗木を選んでいただきました。そして植え込んでいただいたのが、アセビ、西洋岩南天、ツワブキです。木のボックスごと軽トラで運んでいただき、すでに植え込んだ状態で持ってきていただいたのですが、自分には予想も付かなかった植え込み方にちょっとびっくり。アセビは中央ではなく右端に植えられていて、西洋岩南天とツワブキは左側に。真ん中部分には大きな流木が据えられていました。うぅ〜ん、ちょっと...。植物が思っていたより小さい割にその流木の存在感が大き過ぎる気がしたのです。ならばと庭師さん。この石だったらどうですか?と提案してきました。自分の頭に中に、そういう選択肢がなかったので、最初はああして欲しい、こうして欲しいと言っていたのですが「それじゃ普通になってしまうから、面白みがないんですよ」と譲ろうとはしてくれません。「それじゃ、石をもうちょっと深く植え込んでいただけますか?」とお願いしました。実際深めに植え込んでいただき、化粧砂を撒いていただいたら、あら不思議。「へぇ〜」と納得する出来栄えとなったのです。今はちょっとこじんまりとしていますが、アセビがゆっくりと成長していき、西洋岩南天やツワブキが広がっていくと、かなりカッコよくなりそう。どのような成長を見せてくれるのか?毎日の楽しみとなりました。今回、担当していただいた庭師さんには、感謝の気持ちでいっぱいです。今はちょっと地味目ではありますが、みなさまもclassicoにお越しの際には、スルーせずに足を止めてぜひご覧になってみてください。なかなか味わい深い世界が広がっていますよ。

 

DSC_0020.jpg

| 19:00 |
灯台躑躅(ドウダンツツジ)

IMG_4578.jpg

 

今日はちょっと前に購入していた庭木を引き取り、我が家の庭に植え込みました。ようやくシンボルツリーが決まった感じがします。

 

いつかは桐生の我が家の庭にシンボルツリーとなるような気に入った庭木を植えたい!ずっとそう思っていました。家族が桐生に引っ越して以来、毎年春になると庭木をあちらこちらに見に行って、気に入った気があれば購入。植え込んでいました。それに義理のお父さんが知り合いからいただいたりした木を植え込んでくれたりして、まぁまぁ増えてはいたんですけどね。自分たちが本当に気に入って、我が家の庭の中心になるような木は探してもなかなか見つかりません。だいたい自分達にそう知識がなかったということもあります。どんな木が好みなのか?庭の環境に合っているのか?絞り込めていなかったから見えてこなかったということもあるでしょう。

 

今年も3月に入り、あちらこちらの庭木やさんやホームセンターに行ったりして気に入った庭木や植物を購入。通い詰めるうちに何となく自分達が求める木のイメージが見えてきました。そして2週間ほど前。前橋市内にある花木流通センターに行った時についに出会ってしまったのです。灯台躑躅(ドウダンツツジ)。落葉広葉樹の低木なのですが、その灯台躑躅は高さ2m50cmほど。枝ぶりも良く立派な庭木です。しかもこの木を見つけた時はちょうど花の時期。釣鐘状の可愛い白い花が真っ盛りで、とってもキレイでした。しかもえっ?と驚くくらいお手頃価格だったのです。他にもいくつか気になった庭木がありましたが、結局その灯台躑躅を購入しました。

 

ただこの木を花木センターに卸していた庭木屋さんは多忙な時期で植え込みはやってもらえないとか。花木センターでは2時間内にだったら無料で軽トラを貸してもらえるます。自分達で時間に余裕があるときに我が家へ運んで、自分達で植え込むことにしました。

 

そしていよいよ今日がその日。朝早くから千草と一緒に花木センターへと向かいます。花木センターがオープンする時間帯だったら最初から軽トラに乗せておいてくれるということだったのです。5分遅れくらいでしたが、何とか到着。積み込んでくださっていた軽トラに乗り換えて我が家へと向かいました。花木センターから我が家までは約40分程。2時間以内に軽トラをお返しするとなると、時間の余裕はありません。我が家へと到着し、できるだけ庭近くまで軽トラをバックさせ、千草とふたりで何とか引きずり下ろしました。

 

灯台躑躅が倒れないように安定させて、花木センターへと戻ります。ギリギリ2時間以内に軽トラを返却。我が家へと帰りました。午後からは義理のお父さんがお手伝いに来てくださいました。お父さんは日頃から畑仕事をしたり、庭木を育てたりしていて、経験豊富。僕達2人だけでは心許ないですが、お父さんが居れば心強いです。植え込む場所を決めて、大きな穴を掘り込みます。直径1m、深さ80cmほど。それからその穴の中に灯台躑躅を移動します。植え込む方向、位置をおおよそ定め、根巻きしているシートや紐を取り除いていきます。そこまではたいへんな作業でしたが、あとは水をたっぷりあげて、根を土で覆っていくだけです。何とか完成!

 

灯台躑躅があるだけで、我が家の庭もようやく庭らしくなったような気がします。あらかじめ周辺部分に植え込んでいた庭木の移動、調整等は秋になってから。隣の隣にある大きくなり過ぎたカリンの木は剪定したりして、庭全体のバランスを整えていきたいです。

 

灯台躑躅は、春には白くて可愛い花を、夏には緑豊かな葉を、秋には紅葉を楽しむことができる庭木です。まずは我が家の庭に馴染み、根付いてくれること願います。このシンボルツリーとともに季節の移ろいを感じながら暮らしていきたいそう思っています。

 

IMG_4586.jpg

| 23:00 |
Cherry Blossoms!

DSC_0036.jpg

 

東京の桜は満開となりました。上野〜谷中界隈はあっちもこっちも花盛り。この1週間はお花見日和。お花見の後はぜひclassicoへ

 

今日はclassicoに出勤する前に上野公園に行ってきました。いやぁ〜、あっという間に満開になっていましたね。綺麗に咲き誇っているようでした。そして海外から来ていると思われる外国人観光客のみなさんで賑わっていました。桜の咲くこの時期に合わせて日本を訪れる方々が多いのでしょう。日本の人々より圧倒的に多く感じられた程です。そのおかげなのか、ここ数日はclassicoにも海外からのお客様がたくさんご来店になっています。みなさん、日本を、桜を、谷根千を楽しんでいただいている様子が伝わってきてきます。日本に来て良かった。日本をまた訪れたい!そんな風に思っていただけたら嬉しいです。心を込めておもてなししたいと思います。

 

そして、上野公園から谷中霊園へと足を伸ばしました。こちらももちろん満開。上野公園と比べるとお花見の人達もまばら。海外からと言うよりは日本の、おそらく地元のみなさんが多いのかなといった印象です。谷中、根津界隈はあちらこちらで美しい桜を楽しむことができます。上野公園からは徒歩20分程、谷中霊園からは徒歩10分程でclassicoに辿り着きますが、途中途中で桜を愛でながらのんびりゆったりとclassicoへ...というコースがお薦め。お天気もここしばらく良さそうですし、絶好のお花見日和となりそうですね〜。

 

DSC_0051.jpg

| 22:00 |
Cherry Blossoms!

DSC_1047.jpg

 

東京の桜は満開となりました。上野〜谷中・根津・千駄木界隈も花盛り。今週末はたくさんの人が訪れることでしょう。皆様も是非

 

DSC_1051.jpg

 

今日はclassicoに出勤する前に上野公園に行ってきました。いやぁ〜、あっという間に満開になっていましたね。綺麗に咲き誇っているようでした。そして海外から来ていると思われる外国人観光客のみなさんで賑わっていました。桜の咲くこの時期に合わせて日本を訪れる方々が多いのでしょう。日本の人々より圧倒的に多く感じられた程です。そのおかげなのか、ここ数日はclassicoにも海外からのお客様がたくさんご来店になっています。みなさん、日本を、桜を、谷根千を楽しんでいただいている様子が伝わってきてきます。日本に来て良かった。日本をまた訪れたい!そんな風に思っていただけたら嬉しいです。心を込めておもてなししたいと思います。

 

DSC_1059.jpg

 

上野公園から谷中霊園へと足を伸ばしました。こちらももちろん満開。上野公園と比べるとお花見の人達もまばら。海外からと言うよりは日本の、おそらく地元のみなさんが多いのかなといった印象です。谷中、根津界隈はあちらこちらで美しい桜を楽しむことができます。上野公園からは徒歩20分程、谷中霊園からは徒歩10分程でclassicoに辿り着きますが、途中途中で桜を愛でながらのんびりゆったりとclassicoへ...というのがオススメです。心配なのはお天気ですね。何とか日中はお天気が保ってくれることを願うばかりです。

 

DSC_1068.jpg

 

 

| 23:00 |
薮椿
1.jpg

昨夜から桐生の我が家に来ています。今日はチグ(かみさん)と一緒に前橋にある花木センターに行ってきました。我が家の庭に植える庭木を探しに行ったのです。探しに行ったと言っても、今日はあくまでも下見のつもりでしたが...。お天気には恵まれましたが、冷たい北風がぴゅ〜ぴゅ〜吹いて、けっこう寒かったぁ〜。前橋の花木センターでは広大な敷地に様々な種類の樹木や草花、園芸用品が販売されています。まだ寒い時期ということもあってか葉が付いていない裸の木も多かったですね。もうちょっと暖かくなってから来た方が良かったかなぁ〜と正直後悔。何となく収穫無く帰るのも嫌だなぁ〜と思い、売店のお兄さんに、気になっている樹木の名前を幾つか告げて、お薦めの木は無いものか尋ねてみました。「その辺の木は、4月になると入ってくるかなぁ〜。3月の中頃を過ぎるとあたたかくなってくるし、そうすれば少しずつ揃ってくると思いますよぉ〜。」って。もうちょっと粘って気になる樹種に付いて話していたら、「あぁ〜、これなんか良いんじゃない?」と言われて、「おぉ〜!」出会ってしまった。僕が大好きな薮椿(ヤブツバキ)。真っ赤なシンプルな花が咲くこれぞ椿という樹種です。しかも程よい大きさで、枝振りもいぃ〜!一目惚れでした。ちょっと葉色がグレーっぽいのですが、「あたたかくなれば深い緑になって来ますよ!」とお兄さんも言うので、ますます心惹かれました。しかもこの枝振り、大きさで何と!800円也。莟が沢山付いているので、しばらく花を楽しむことが出来そうです。これからお買い物をしたりする予定もあったし、車のスペースを考えるとどうかな?と。一度は諦めかけたのですが、次回来た時に売れて無くなっていたらきっと後悔するだろう。そう思いゲッツ!しました。もともと根のまわりが土で包まった状態で網装されていました。ビニール袋に入れてもらい車に積み込んだのでした。掘り出し物の椿ちゃんに出会えたことで、もう嬉しくて、思わずニンマリ。帰路、後部座席に載せた椿ちゃんに何度も何度も振り返って眺めたりしました。我が家に帰ると早速庭に大きな穴を掘り、ビニール袋から取り出した薮椿の苗木を植え込みました。正式に植え替えるのはもうちょっとあたたかくなってから。4月になったら庭から一度引っこ抜いて、包んである網を外して植え直そうと思っています。いつの日にか自分の家を持ったら、庭に植え込みたいとclassico blogにてご紹介した椿の木がありましたが、残念ながら枯らしてしまいました。だから今度はリベンジです。我が子チハ・チオと共に大切に見守り育てて行きたい!そう心に固く誓いました。(また機会がありましたら、この椿の成長の様子や我が家の庭情報もお伝えしたいと思います。)

2.jpg
| 23:00 |
Clematis
2.jpg

お花のディスプレイを自分のイメージする様にできた日は、ちょっとだけ気分がいいものです。僕の好きな花のひとつ、クレマチス。

クレマチスは、実に様々な品種が有る様ですが、調べてみても何と言う品種・花名かは特定することができませんでした。残念無念!
ディスプレイしているのは猿山修さんデザインguillemets layout studioのhook type-a、holder type-a、cup-s。僕のお気に入りです。

1.jpg
| 23:00 |
椿 TSUBAKI
1.jpg

classicoの前に飾っている椿が,今年も花を咲かせてくれました。決していい状態とは言えない椿が咲かせた花だけに、喜びも一入。

3.jpg

椿(つばき)は日本原産の常緑樹で、ツバキ科ツバキ属の植物。同じツバキ科の山茶花(さざんか)と良く似ていますが、椿の方が葉が大きくて肉厚。椿には様々な種類が有るので一概には言えませんが、山茶花と比べると花も大きく、品格が有り、そして何よりも華が有ります。(山茶花を貶している様ですが、決して嫌いな訳では有りません。むしろ好きな植物です。)椿は僕が最も好きな植物のひとつ。寒さが厳しく、咲く花が少ない冬の時期に美しい花を咲かせて、魅了してくれるから、というのが好きな理由のひとつかも知れません。特に好きなのは、真っ赤な花を咲かせる椿。白い椿も上品できれいだけど、赤い椿により心ときめきます。classicoのお店の前に(室外機カバーの上に)飾っている椿は2鉢。どちらも十分に日に当てる事ができずにいたので、いい状態とは言えませんでした。今年は花を咲かせてくれないのでは...と半分諦めていたのですが、徐々に莟が膨らんで、最近になってようやく花を咲かせてくれました。真っ赤で、美しい椿。以前にもclassico blogで書きましたが、この鉢植えの椿を大切に育て続けて、いつの日にか庭付きの1軒家を購入したあかつきには、お庭に地植えして育ててあげたい...そんな夢を持っています。(夢だけで終わらない様に、頑張らなくては!)だからこそ、枯らせる訳にはいきません。温かくなったら、自宅3階のバルコニーに置いてあるプランターに植えて換えてあげようかな。たっぷりと陽を浴びて,緑濃い葉にしてあげたい。伸び伸びと元気に育ててあげたい。そう思っています。美しい花が咲いている今の時期は店内に飾ったりして、充分に楽しませていただきます。みなさまもお時間が有りましたら見にいらして下さい。

2.jpg
| 23:40 |
flowers from caikot*
2.jpg

クラシコ5周年のお祝いに 8/12(金)  お隣のcaikot* ペコさんから素敵な花束をいただきました。ペコさん、ありがとうございました。

以前クラシコ・ブログでお知らせいたしました様に、7月17日 (日)クラシコのお隣にヨーロッパの古着とヴィンテージ雑貨のお店・caikot*(カイコ)がオープンしました。すぐお隣に、可愛い女性オーナーが営む素敵なお店があるっていうことが、何だかとっても新鮮で嬉しい気分です。そのcaikot*のとっても可愛いオーナー・ペコさんからクラシコ5周年のお祝いに花束をいただきました。根津の花木屋さんで作っていただいたそうです。シックで大人ぁ~な感じが、花木屋さんらしくてとっても素敵です。味わい深い古瀬戸の徳利に入れて、早速翌日からディスプレイしています。数日経ちましたが、まだ綺麗に咲いていますよ。嬉しい贈り物、でした。

「ぺこ」さんだと、ずっと思い込んでいましたが、本当は「べこ」さんだそうです。間違っていました。ごめんなさい、べこさん。

1.jpg
| 18:00 |
蓮 : Lotus
1.jpg

今日の午前中、上野の不忍池を観に行ってきました。ちょっと出遅れた感はありましたが、美しい蓮の花が、咲き乱れていました。

4.jpg

おとといの夜、クラシコが終わってから、TOKYOBIKEに乗って上野方面へ。自宅で使っているプリンターのインクカートリッジを買いに上野のヨドバシカメラに行ったんです。無事買い物を済ませて、せっかく来たんだからと上野公園の中に入りました。不忍池の周辺をぐるっとまわってみる。不忍池は辺り一面蓮が生い茂っていて、幻想的な風景が広がっています。生い茂った蓮の葉の間から、たくさんの蕾は立ち上がっているものの、どの蕾も閉じたままでした。家に帰って調べてみたら、蓮の花は早朝から咲き始め、お昼には命を終えてしまうんですねぇ。ということは、蓮の花を見るためには早い時間に来なくては!と思い立ち、今日の午前中再びTOKYO BIKEに乗って、不忍池に行ってみました。明るい陽射しに照らされて、蓮の葉も生き生きと輝いていました。そして、蓮の花は...。

3.jpg

見渡してみると、蕾を閉じている状態のものも多く見られました。10時半前に行ったのですが、もっと早い時間の方が美しい花を楽しめるのかも知れませんね。花開いているのは、立ち上がっているものよりも、葉の陰になっているものが多く感じられました。陰になっている方が長い時間咲き続けられるのでしょうか。谷中にクラシコをオープンしてから5年になりますが、不忍池の蓮の花を見るのは今日が初めて。これで夏の楽しみがひとつ増えました。見頃はまだ続く様なので、みなさまも早起きして見にいらして下さいな。

2.jpg
| 22:00 |
forget me not
1.jpg

忘れな草(勿忘草) ~ forget me not


忘れないよ、あなたが一生懸命生きようとしたことを。

たとえあなたが枯れてしまっても。

忘れないよ、あなたが強く生きたことを。

たとえあなたが息絶えてしまったとしても。

忘れないよ、共に生きたことを。



枯れかけていた忘れな草(勿忘草)が昨日の朝、息を吹き返していた。

もしかしたら、誰からも気付かれないかもしれないけれど...

一生懸命、小さな花を咲かせている。


僕は忘れないよ。でも...

最後まであきらめずに、

命の炎を灯し続けて欲しい。

明るい未来を信じて。



そして、僕も生きていくよ。

たとえ誰からも気付かれなくても...地道に、力強く。

愛する家族のためにも、愛する隣人のためにも、

そしてあなたのためにも...。


忘れないよ、きっと。あなたのことを。




2.jpg
| 22:00 |
Page: 1/2   >>