Entry



Archives


Category


Search


Link

今日は火曜日・店休日~ 2020/09/01

 

今日は火曜日・店休日。朝早めの時間に桐生から東京へ移動。江北nakamura合羽橋かなや刷子千駄ヶ谷tannnossa桐生の1日。

 

毎週日曜日の夜、classico閉店後には群馬県桐生市にある我が家に帰っています。月曜日は桐生市内にあるお店urarakaに勤務。現在urarakaでは沖縄の器・松田共司さんの器展を開催中です。9/5日(土)まで。期間限定の展示販売会となります。みなさまも是非!

 

 

新桐生駅から東武特急りょうもう号に乗り、約1時間半程で北千住駅に到着。地下鉄千代田線〜舎人ライナーと乗り換えて約20分程。舎人ライナー江北駅で下車し徒歩5分程でOriginal Shoes & Sandals nakamuraに到着しました。classico blogでは何度かご紹介していますので、すでにみなさんご存知のことと思います。nakamuraは中村さんご夫妻が営むオリジナルのサンダルと靴のブランド。中村さんご夫妻は、僕がclassicoを谷中にオープンするきっかけを作ってくれた恩人です。classicoがオープンする数年前から谷中にてお店を営んでいて、同じ通り(現在の谷中キッテ通り)沿いにあった空き物件を紹介してくれました。数年前、中村さんご夫妻にお子様が生まれた事をきっかけに自宅と工房がある足立区江北にお店を移転オープン。谷中の店舗跡地にツバメハウスがオープンしました。

 

 

urarakaではオープンに合わせて中村さんご夫妻に脱ぎ履きがしやすいスリッポンタイプの靴を注文。オープン以来たいへんご好評をいただいています。今回は、uraraka 2型目となるモデルを注文しにうかがいました。たくさんあるモデルの中から千草が選んだのは、数年前から愛用しているTストラップのモデルです。入荷予定は11月頃になりそうとのこと。urarakaの顧客様、楽しみにお待ちください。(千草が愛用しているTストラップシューズは、urarakaにてご覧いただける可能性もあります。千草にお声掛けください)

 

Original Shoes & Sandals nakamura 東京都足立区江北4-5-4 Tel : 03-3898-1581 Open : 10:00〜18:00 Close : 水曜日・木曜日

 

 

江北駅に戻り、再び舎人ライナーに乗車。日暮里駅にてJR山手線、上野駅で地下鉄銀座線を乗り継ぎ、田原町駅にて下車しました。向かったのはかなや刷子。classicoでは大人用、子供用の歯ブラシを、urarakaではシュロタワシや台所用品をお取り扱いしています。今回は、千草が竹ブラシを実際に見てみたいと言うことでおうかがいしました。お店のスタッフさんにいろいろとお話をうかがい、バンクブラシと竹ブラシを購入。実際に我が家で使ってみてから仕入れを検討してみようと思っています。田原町駅から銀座線に乗車。

 

 

地下鉄を乗り継ぎ、明治神宮前駅にて下車。お昼ごはんは千駄ヶ谷にあるがらりと言うお店に行こうと思っていたんですが、電話をしてみたら本日はいつもより早くお昼の営業を終えてしまったとのこと。仕方がないので、歩きながらお店を探すことにしました。そしてたどり着いたのが俺流塩ラーメン原宿駅前店。初めて入ったのですが、チェーン店だったのですね。知らなかった。2人とも俺流ランチを注文。ラーメンのタイプを3タイプから、サイドメニューを5種類から、さらに半ライスかトッピングを選べて¥850也と言うお得なセットです。2人ともあっさり目な俺流塩ラーメンをチョイス。サイドメニューはニンニク入り餃子とニンニク抜き餃子を、僕はメンマトッピンク、千草はチャーシュートッピングをチョイスしました。そんなに待たずに運ばれてきたラーメンは、「めっちゃ美味そぉ〜」見た目からヘルシーさが伝わってくるラーメン。スープはあっさり薄味で脂っこさもなく、麺は僕好みの細麺。まずはスープから。思わず唸ってしまいました。いやぁ〜ほんと美味いっす。さらにテーブルには私流に仕上げられるアイテムの数々が並びます。岩のり、とろろこんぶ、うめ、ゆずこしょう、俺流ラー油、俺流マーニンニク(こがしにんにく)。でもあくまでヘルシーさを味わいたかったので、僕は岩のりだけをプラス。スープは全部飲み干してもまったく胃もたれしない軽やかさ。ハマっちゃいそうです。餃子はシェアしていただきましたが、ニンニク入り・抜きともにそれぞれの味わいがあって美味しかったです。(口臭、大丈夫かな?)

 

 

まぁマスクを着用しているから、そんなに気にならないはず。と千草とお互いに言い聞かせながら展示会へと向かう。今日の大きな目的のひとつ、tannossa & Du_Tango(株式会社タンゴプロダクツ)の展示会です。千駄ヶ谷にあるオフィス兼ショールームにおじゃましました。tannossaは相変わらずアイテムが少ない!けどひとつひとつのアイテムの完成度が高く、魅力に満ち溢れていました。今回も期待通りと言うか、期待以上と言っても良いくらい。千草もほとんどのアイテムを試着して、気に入っていたようです。それからtannossaのお姉さんブランド、Du_Tangoにも素敵なアイテムがたくさんありました。今後の展開の中で考えていきたいと思います。

 

 

明治神宮前駅から地下鉄に乗って北千住へ...。帰りのりょうもう号の時間までSTARBUCKSエキア北千住店にて休憩しました。東武特急りょうもう号に乗ること約1時間半程。新桐生駅に到着。日が暮れるのが早くなりましたねぇ~。18:30頃には辺りは真っ暗でした。

 

 

駅前の駐車場に停めていた車に乗り込み、チハ(長女)チオ(次女)を預かっていただいていた学童保育へと急ぐ。愛娘たちは、遅い時間までいい子にして待ってくれていたようです。今日は帰りが遅くなるからと和賀屋での食事を諦め、あらかじめ家族みな大好きなお店・割烹中川に予約をお願いしていたんです。学童保育から中川へと直行し、予約を願いしていた個室へとご案内いただきました。

 

 

もともとはふぐ専門店の割烹店。本格的な日本料理店的な店構えなので、敷居が高いお店のように思われがちですが、実はとっても気さくで居心地の良いお店。こんなに美味しいのに、こんなにお手頃価格なの?とびっくりする程。特に我が家は小食なので、お安く済んでしまうということもあるのですが。実は中川にはパスタやピザなどのメニューもあるので、家族揃ってお食事を楽しむことができるんです。以前はいつもナポリタンを注文していたんですが、前回JinJinと一緒に来た時からアサリとムール貝のパスタがお気に理になったようです。今回も注文。ほかにはシーザーサラダ、揚げ出し豆腐、茄子のチーズ焼き、赤城鶏のソテーなど。(ほぼ毎回ふぐは注文していません。ごめんなさい、中川さん)今夜もお手頃価格で大満足。中川さん、いつも美味しいお料理ありがとうございます。

 

 

割烹 中川はランチタイムも営業しています。urarakaにご来店前、ご来店後のお昼ごはんにも是非ご利用ください。オススメですよ!

 

割烹 中川 群馬県桐生市相生町1-357-6 Tel : 050-5280-9207 Close : 月曜日、第3日曜日 営業日時についてはこちらを参照!

 

| 23:00 |
益子ショートトリップ with JinJin

 

約1ケ月前の火曜日のこと。歳の離れたお友達JinJinのたっての希望を叶えるため益子〜桐生をclassicoツアーとしてご案内しました。

 

我が家の愛娘ふたり・チハとチオを小学校に見送り、朝食の後片付け〜外出準備。生憎の小雨模様の中、千草と一緒に我が家を出発しました。向かうは栃木県芳賀郡益子町。classico blogを長らくご覧いただいている方にはすでにお馴染みの街ですかね。毎年4回くらいは訪れているかも知れません。僕たちが訪れるのは、特に陶器市などのイベントもない平日。街を歩く人もほとんど見かけないほど静かな田舎町です。でもなぜこの街に惹かれるのか?不思議に思われる方も多いかも知れませんね。未だ益子町を訪れたことがないと言う友人、JinJinにその魅力を味わってもらいたいがために今回の益子ショートトリップは計画し、実行されました。その記録です。

 

 

我が家がある群馬県桐生市から栃木県芳賀郡益子町までは車で約1時間半程。太田桐生ICから北関東自動車道(下り方面)に乗ります。岩舟JCTにて東北自動車道(下り方面)に乗り変え、真岡ICにて下車。高速を下りて真岡から益子へと向かっていくと、だんだんと長閑な景色が広がっていきます。あぁ〜益子に来たんだなぁ〜と、気持ちが穏やかになっていきます。益子の隣町・茨城県笠間市周辺や益子町へ繋がる道などもそうですが、僕が生まれ育った岩手県釜石市から遠野市宮守町などへと向かう街並み・風景を思い出され、きっと懐かしさ、郷愁を感じるのでしょう。助手席に座り、車窓を眺めながら、毎度そんなことを考えているのです。JinJinとの待ち合わせ場所は、益子駅。東京都在住のJinJinは、秋葉原から電車を乗り継いで来ているはず。おぉ〜居た居た。このとき千草とは初対面。でも今日は予定が詰まっているので、そそくさと紹介して車に乗り込んでもらいました。さぁ、ツアーのはじまりはじまり。

 

 

まず辿り着いたのは成井窯。classicoの顧客様にはまだ馴染みがないかも知れませんが、urarakaの顧客様にはお馴染みなはず。車を駐車場に停めて、作業場・上り窯の方へと降りていきました。成井窯の魅力のひとつはこのロケーション。僕の大好きな情景のひとつ。

 

 

成井窯は成井さんご夫妻と成井さんの妹さんの3人で作陶している窯元。最近は妹さんはご自身のための活動が主になっているそうですが。まずはうつわを作る作業場にお邪魔して、成井さんご夫妻にJinJinをご紹介。まるで映画の舞台のような趣のある作業場です。

 

 

JinJinが成井さんとお話をしている間、僕と千草uraraka用の仕入れのためにうつわを選ばせていただくことにしました。写真奥に見えるのは成井窯の歴史を感じる登り窯。この窯でうつわが焼かれています。前回仕入れて人気だった一輪挿しを中心に選びました。

 

 

登り窯の周辺はたくさんの木々や植物で覆われています。こんな豊かな環境だからこそ大らかで力強いうつわが生まれるのでしょう。

 

 

JinJinは成井さんといろいろとお話しすることができて、僕たちはたくさんのうつわを仕入れることができて、有意義なひとときを過ごしました。成井窯のうつわは日常使いのうつわ。食材やお料理がとっても映える・活きるうつわです。urarakaでも大人気。urarakaにご来店の際には、ぜひゆっくり・じっくりとうつわ選びを楽しんでいただきたいと思います。成井窯のうつわ、オススメですよ!

 

 

成井窯を後にして、益子町内を車で移動。僕達が大好きな益子スポットは細い山道を抜けて辿り着く場合が多いんです。さてさて...。

 

 

と言うことで、辿り着いた先はCafe Fune(カフェ・フーネ)。山の中にひっそりと佇んでいるようなカフェ。とっても素敵ですよ。

 

 

Cafe Fune(カフェ・フーネ)は、陶芸家でもあるご家族が営むギャラリー・カフェ。お母様がカフェのお料理を、息子さんがカフェで盛り付けをしているうつわの製作とカフェの配膳を担当しています。自然豊かな益子らしい環境の中、身体に優しいランチメニューと心がこもったお持てなしで、せかせかとした日常を忘れさせてくれる、癒してくれる。そんなカフェ。ランチメニューは、南蛮こわめし、フーネプレート、季節限定メニュー(今現在はふーねカレー)の3種類。3人それぞれがひとつづつ注文し、シェアしました(衛生状態には十分に配慮しました。ご心配なくお願いします)僕が注文したのはふーねカレー。夏野菜たっぷり。美味しかった!

 

 

是非!お車で益子町を訪れた際には、お立ち寄りになってみてください。(益子町内はお車でのご移動の方が楽しめると思われます)

Cafe Fune 〠321-4217 栃木県芳賀郡益子町5196 Tel : 0285-81-6004 Open : 11:00 〜 16:00 Close : Wednesday & Thursday.

 

 

Cafe Funeを後にして向かったのは、南窓窯(なんそうよう)石川雅一(はじめ)さん圭さん親子が営んでいます。石川県から移築したという古民家は圧巻!そしてその古民家内には世界的な民芸品の数々が飾られています。特にアフリカの民藝品が素晴らしい!

 

 

石川さんのお宅におじゃまするのは久しぶりになります。今回は、前回はお会いすることができなかった圭さんともご対面。以前こちらのブログを見ていて気になっていた圭さんのお抹茶。なんとなんと! いただけることになりました。嬉しいぃ〜。お抹茶を点てている圭さんの佇まいが素晴らしい。それぞれ趣深いうつわにて和菓子とともにお抹茶をいただきました。感無量です。幸せ過ぎます!

 

 

JinJinは石川さんファミリーとすっかり意気投合した様子。お話に盛り上がっている間、僕たちはうつわの仕入れをさせていただくことになりました。しかも圭さんのうつわも。(このとき仕入れたうつわは、千草のお店urarakaにてお取り扱いしています。urarakaにご来店の際にはご覧になってみてください)いやぁ〜とっても充実したひとときとなりました。石川さん、ありがとうございました。

 

 

そして、お次に向かったのは益子を代表するスポット〜益子参考館。益子を語る上では欠かすことのできない濱田庄司さんの記念館。

 

 

現在、益子参考館館長を務める濱田友緒さんにご挨拶。JinJinが友緒さんとお話をしている間、僕と千草は館内をぐるり巡りました。

 

 

今年は濱田庄司さんがイギリス人陶芸家バーナードリーチさんと共に渡英し、イギリス南西部コーンウォール半島セントアイヴスに窯を築いてからちょうど100年となる年。現在、益子参考館では、その記念すべき年にリーチと霤津を開催中です。濱田庄司さんの作品はもちろんのこと、僕も大好きなバーナードリーチさんの作品もたくさん鑑賞することができますよ。この機会にみなさまも是非!

 

 

益子参考館には展示室1号館、展示室2号館、3号館、4号館のほかに工房や登り窯もあります。濱田庄司さんやバーナードリーチさんの作品のみならず日本やアジア、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカなど世界各地の民藝品を鑑賞することができます。民藝品と共に楽しみたいのはそれぞれの展示館の建物と自然との調和。細やかな調度品などにも趣向が凝らしてあって、溜息がでるほど素晴らしい!

 

 

公益財団法人 濱田庄司記念益子参考館 栃木県芳賀郡益子町3388 Tel & Fax : 0285-72-5300 Open : 9:30〜17:00 Close : Monday.

 

 

こちらが益子参考館の一番奥にある登り窯。長い間使われていなかったそうですが、2015年に復活プロジェクトとして40年ぶりに火入れが行われたのだとか。JinJinもこの迫力に圧倒されていました。ちょっと手前にある工房もとっても味わい深くて素敵ですよ。

 

 

僕たち家族が一番気に入っているホテルフォレストイン益子もご案内。益子を気に入った様子のJinJinにもいつか泊まって欲しくて。

 

 

我が家の娘たちチハチオもこのフォレストイン益子が大のお気に入り。ポイントは何と言ってもロフト付きってこと。お部屋の中まで見せていただきました。フォレストイン益子は県立自然公園「益子の森」の入り口にあります。益子町が作ったフォレスト益子内にあるホテルです。日本を代表する建築家・内藤廣氏の設計。みなさまも益子町宿泊の際には、是非ご検討くださいませ。オススメです。

 

フォレストイン益子 栃木県芳賀郡益子町大字益子4231 Tel : 0285-70-1661 各種オンライン宿泊予約サイトからもご予約可能!

 

 

最後に立ち寄ったのは僕たちがよくお買いものをしているスターネット。益子を代表するセレクトショップ、ライフスタイルショップ。外観、内装、セレクトされているうつわや生活用品、雑貨、アンティーク、食料品など、すべてがセンスよく魅力的なんですよ。スターネットのお隣には千草がいつもカットをお願いしている美容室organic hair salonがあります。こちらのhair salonも素敵です。

 

starnet 栃木県芳賀郡益子町益子3278-1 Tel : 0285-72-9661 Open : 11:00〜18:00 Close : Thursday hp : www.starnet-bkds.com

organic hair salon 栃木県芳賀郡益子町益子3278-1 Tel : 0285-70-3955 Open : 11:00〜19:00 Close : Thursday 予約が必要です

 

 

益子ショートトリップはこれにて終了。ほぼ予定通りやり切り、一同大満足!となりました。益子町を後にし、車に乗り込みました。

 

 

真岡ICから東北自動車道(上り方面)に入り岩舟JCTで北関東自動車道(上り方面)に乗り換え。桐生太田ICから下道に入り桐生へ。

 

 

そのままチハチオが待っている学童保育へ。チハチオと一緒に車に乗り込みJinJinとご対面。チハチオはちょっと恥じらい緊張気味。

 

 

自宅に一度戻り、着替え・身支度をして、また車に乗り込みました。向かったのはclassico blogでも何度かご紹介している割烹中川

 

 

割烹中川はもともとふぐ料理のお店ですが、ふぐ料理のほかにもたくさんのメニューがあるので、ふつうに和食屋さんとしてお食事を楽しむことができます。本格和風割烹という雰囲気なので、懐具合が心配になってしまいそうですが、実はお手頃価格。ご心配なく。

 

 

小さなお座敷部屋をあらかじめ予約しておきました。チハチオが一緒でも安心してお食事を楽しむことができますよ。写真にも写っているようにパスタ料理もあるんです。楽しくお食事をしているうちに、チハチオ、あっという間にJinJinと仲良くなっちゃいました。

 

 

お通しから始まって、サラダ、お刺身、揚げ出し豆腐、パスタ2種類、焼き魚、ジュースやビール、レモンサワーなど、まぁまぁ注文しました。お料理は本格的割烹料理なのに、お会計は大衆チェーンの居酒屋さん並みのお値段。本当にお財布に優しいお店です。お昼ごはんもお手頃価格のランチメニューがたくさんあるんですよ。urarakaから歩いても10分程度。是非!みなさまもご利用ください。

 

割烹中川  群馬県桐生市相生町1-357-6 Tel : 050-5280-9207 Open : 11:30〜14:30、17:00〜21:00 Colse : Monday / Telにて要確認

 

 

JinJinと共に我が家へ...。JinJinは、我が家に宿泊することになっていたので、就寝前のひととき、チハチオと一緒に過ごしました。もうすっかりお友達だね。JinJinと過ごした1日だけの益子〜桐生ツアー。JinJinにも大満足だったようです。こんなツアー、またいつの日にか実現できたらいいなぁ〜と考えています。新型コロナウィルス感染拡大が収束することを願って。感染予防に努めましょう。

 

 

| 08:00 |
那須塩原ショートトリップ

 

8月5日・6日と連休をいただき、那須塩原を中心としたに家族旅行を楽しんでいます。感染予防に配慮。手洗い消毒!三密は避けて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 23:00 |
かさましこショートトリップ!

 

本当に久しぶり。urarakaの仕入れと家族旅行(と言っても日帰り)を兼ねて、かさましこショートトリップ!お出掛けしましたYo。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 20:00 |
カサマシコトリップ

 

2月25日・26日と連休をいただき、家族で笠間〜益子の1泊旅行に出掛けました。今日は桐生〜笠間〜益子。ゆったり過ごしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 23:00 |
今日は木曜・臨時休暇〜20200206

 

先日の火曜日に臨時営業した代わりに今日・2月6日は臨時休業しました。千草と一緒に都内の仕入れ先・展示会まわり。充実の1日。

 

 

今週はビックサイトで開催されているギフトショーの日程に合わせて都内各地で合同展が目白押し。合同展は水曜日、あるいは木曜日から開催となる場合が多いため、やむを得ず今週火曜日はclassicoを臨時営業とし、本日・木曜日を臨時休暇としてみました。すでにみなまさはご存知だとは思いますが、我が家族は群馬県桐生市に住んでいます。もともと工場物件だったということもあり、住居1階には広大なスペースが広がっています。そのスペースを活用して、千草のショップuraraka(うららか)をオープンする準備をちょっとずつ進めています。(ご興味がある方は千草のインスタグラム uraraka_chigusaを是非ご覧くださいませ)今日は、urarakaのオープンに向けて、仕入れ先や展示会をまわる1日となりました。僕は単身赴任中の住まいから程近い日暮里駅からJR常磐線にて北千住に移動。ちょっと用事を済ませ、千草が乗っている東武特急りょうもう号が到着する時間に合わせて、北千住駅ホームにて待ちました。

 

 

千草と無事合流し地下鉄千代田線にて西日暮里に移動。舎人ライナーに乗り変えました。窓から見える青空が澄みきっていてきれい。

 

 

舎人(とねり)ライナーに乗ること約10分少々。江北駅にて下車し、最初の目的地であるOriginal Shoes and Sandals nakamura へ。

 

 

前回、Original Shoes and Sandals nakamura にうかがったのは昨年6月のこと。その日のclassico blogでもその時のことについて書かせていただきました。千草と一緒におじゃまして、千草が1足オーダー。約1ヶ月程たったある日中村さんが届けてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 23:00 |
今日は火曜日・店休日〜20200121

IMG_9127.jpg

 

今日は火曜日・店休日。千草のお店urarakaのオープンに向けて日々歩んでいます。今日はちぎらさんとの打ち合わせ〜大きく前進!

 

IMG_9129.jpg

 

IMG_9137.jpg

 

DSC_0166.jpg

 

DSC_0163.jpg

 

DSC_0167.jpg

 

DSC_0170.jpg

 

DSC_0173.jpg

 

DSC_0175.jpg

 

DSC_0182.jpg

 

DSC_0187.jpg

 

IMG_9146.jpg

 

DSC_0197.jpg

 

DSC_0199.jpg

 

DSC_0200.jpg

 

DSC_0201.jpg

| 23:00 |
今日は火曜日・店休日〜20200107

IMG_8949.jpg

 

今日は火曜日・店休日。桐生の我が家を早めに出発して昨年3月にも行った舞子スキー場へ...。家族で日帰りスキーを楽しみました。

 

長女チハの冬休みも今日で終わり。明日からは小学校の授業が始まります。ということで、日帰りスキーに行くことになりました。夕方からは雨が降り出しそうな予報ということもあり早めに出発して夕方までにはすべり終えようという計画です。何とか身支度を整えて、目標時間だった8:00ちょっと過ぎた頃に出発。昨年3月にも家族で日帰りスキー楽しんだ新潟の舞子スキー場へと向かいました。

 

IMG_8953.jpg

 

大田藪塚インターチェンジから北関東自動車道に入り新潟方面へ...高崎ジャンクションで関越自動車道に入り、北へ北へと向かって行くと、少しずつ雪景色が広がっていきます。特に雪で真っ白く染まった谷川岳はとってもきれい、ウットリとしてしまうほどなんですよ。そして、長い長〜いトンネルを抜けると景色は一変して、雪国にキター!と実感してしまいます。塩沢石打インターチェンジで高速道路を下りるとすぐに舞子スキー場(舞子スノーリゾート)に到着。あれっ?リフトが動いていないみたい。えぇ〜どうしよう?

 

IMG_8960.jpg

 

駐車場に居たスタッフのおじさまに聞いてみたところ、積雪が少なくて1機目のリフトは動かすことができない状況なのだとか。ゴンドラに乗って標高の高いエリアに行けば2機目、3機目のリフトは動いているらしい。そういうことか...。とりあえず前回もお世話になった駐車場脇にあるレンタルスキーの日帰りステーション・イエローハウス舞子に行ってみました。今回は次女のチオも「スキーに挑戦してみる!」と言うので、スキーセット4人分をレンタルすることにしました。前回同様に神対応していただき、感謝感謝でした。

 

IMG_3880.jpg

 

案内所のスタッフさんに聞いてみた感じによるとゴンドラに乗ってさらに上の方に登っていくコースは、初めてスキーをする次女にはハードルが高そう。舞子高原ホテル & ロッジの方に行けば、標高が低いコースもリフトが動いているようだから、そっちに移動することにしました。借りたスキーをうちの車に積んで移動するのは難しいので、無料送迎バスが来るまでの合間の時間にお昼寝ご飯を食べました。ちょっとしたフードコートのようなレストランで大盛り(2種)カレーと塩ラーメンをシェア。エネルギー充電完了です。

 

IMG_3882.jpg

 

なんとかギリギリで送迎バスの出発時間に間に合い乗り込むことができました。舞子高原ホテル & ロッジまで約10分程の移動です。

 

IMG_3884.jpg

 

舞子高原ホテル & ロッジに到着。早速スキーに乗ってみたものの、やはり次女のチオには練習が必要みたい。ということで、千草はチオと練習、僕は長女のチハと一緒にリフトに乗ってすべり降りてくることにしました。千草、ごめんね。それじゃ、行ってきます。

 

IMG_3886.jpg

 

チハは保育園の年長さん時代にスキー合宿を経験しているし、昨年も一緒にすべっているので心配は要りません。見守りはするものの安心して滑ることができます。大人の僕でもちょっと怖くなるようなスロープもなんのその。平気ですべり降りてきます。上手上手!

 

IMG_3894.jpg

 

このエリアには2人乗りリフトと4人乗りリフトの2コースがあります。チハと一緒にそれぞれ2回ずつすべり、十分に堪能しました。

 

IMG_3897.jpg

 

気になるのは千草とチオの行方。ずっと気にしながらすべっていたものの見当たりません。携帯で連絡をするものの返事がありません。チハと休憩しながら待っていたら、ようやく返事が来ました。チオと一緒にリフトに乗って、上から少しずつすべり降りている途中ということでした。それじゃ僕たちも合流するよ!ということで、チハと一緒にまたリフトに乗って上からすべり下りてきました。

 

IMG_3915.jpg

 

悪戦苦闘しながらも少しずつ上達している様子。すべり下りることはできるみたいだけど、曲がったり止まったりができないのかな。

 

IMG_3918.jpg

 

千草はチオに付きっ切りで練習させていてスキーを楽しめていないだろうからとここでバトンタッチ。僕とチオが練習することになりました。何度かすべっては転び、すべっては転びの繰り返し。近いうちに予定している保育園のスキー合宿の予行練習になったよね。

 

IMG_3919.jpg

 

しばらくすべり下りたところで練習終了。チオと雪合戦などをしながら千草とチハが帰ってくるのを待ちました。いや〜楽しかった。

 

IMG_3924.jpg

 

リフトの終了時間が近づいてきたころ、小雨がパラパラと降り出してきました。千草とチハもすべり下りてきて合流。舞子スノーリゾートへと戻る送迎バスに乗り込みました。最初はガラガラだったバスも途中から大荷物の大学生たちが乗り込んできて満タン満席に。

 

IMG_3929.jpg

 

舞子スノーリゾートに到着すると、イエローハウス舞子のお兄さんたちが迎えにきてくれました。細やかな心配りがとっても嬉しいです。この度もたいへんお世話になりました!身軽になったところで、ちょっと休憩。チハとチオはアイスを手にご満悦。お疲れさん。

 

IMG_3934.jpg

 

舞子スノーリゾートには日帰り温泉もあるんです。帰りが遅くなってもいいように温泉に入っていくことにしました。男湯と女湯に分かれて、温泉につかって冷えた身体をあたためました。ポカポカいい気持ちで車に乗り込み、さぁ桐生に帰ろうね。僕は毎度のこと助手席専門です。千草さん、いつもごめんね。と言いながら、ついついウトウト...。目を擦りながら、なんとか持ち堪えるのでした。

 

IMG_3937.jpg

 

我が家に帰る前に茶屋 草木万里野 桐生店に寄り道。チェーン店展開の洋風居酒屋という感じなのですが、メニューが豊富で子供達が食べられるものも色々あって気に入っています。お料理もけっこう美味しいんですよ。桐生店となっていますがみどり市にあります。

 

IMG_8964.jpg

 

移転してからは初めてでしたが、雰囲気もメニューも以前のまま。ただタッチパネルで注文するシステムに変わったようです。人件費削減のため仕方がないのでしょうか。シーザーサラダ、チーズの盛り合わせ、カルボナーラなど美味しくいただきました。大満足!

 

雪不足がこんなに深刻な状況だとは思いませんでしたが、なんとか楽しく過ごすことができました。スキー場や関連したお仕事に従事しているみなさんのためにもこれから程よく積もってくれることを願うばかりです。僕たち家族ももう1回くらい行けたら嬉しいな。

 

IMG_8970.jpg

| 23:00 |
冬休み。

IMG_8542 (1).jpg

 

IMG_8543 (1).jpg

| 00:00 |
今日は火曜日・店休日~2019/09/24

IMG_6717.jpg

 

今日は火曜日店休日スペシャルバージョン。次女チオのどうしても!の願いを叶えるためお誕生日記念として行ってきました。どこ?

 

毎週月曜日の夜、classico閉店後には北千住に移動。東武特急に乗って桐生の我が家に帰ります。昨夜はいつもの月曜日とは違いました。西日暮里から山手線に乗り東京駅で京葉線に乗り換え。降り立ったのは舞浜駅。と言えば、だいたい察しはつきますでしょうか?

 

家族はすでに夕食を済ませているだろうから、舞浜駅に隣接したショッピングモール・イクスペアリ内のフードコートにて軽く食事。それから予約をしていたホテルの無料送迎バスの時間に合わせて食事を終え、待ち合わせ場所に移動。送迎バスに乗ってホテルへ...。

 

IMG_6739.jpg

 

IMG_6743.jpg

 

IMG_6744.jpg

 

IMG_6747.jpg

 

IMG_6748.jpg

| 23:40 |
Page: 1/25   >>