Entry



Archives


Category


Search


Link

運動会

DSC_0088.jpg

 

昨日classico閉店後に群馬の我が家に移動。今日の午前中、チハチオが通っている保育園の運動会を観ました。我が子の成長に感動

 

DSC_0091.jpg

 

前線の影響で、しばらくは雨の日が続きそうです。あらかじめ週間天気予報で今日の予報は雨だということが伝えられていたので、10月14日に予定されていた運動会の開催が危ぶまれていました。僕は群馬に移動しなければならない都合があるため、余計に気がかりでした。もし15日日曜日に延期するとしてもおそらく雨になりそうだし...翌週末に延期となってもたいへんだろうし...。一昨日・12日になり、群馬県方面の14日の予報は曇りに変わってきたらしく、おそらく予定通り決行するであろうとチグから連絡がありました。

 

DSC_0098.jpg

 

昨日になり、ほぼ開催で決定という連絡を受け、僕はclassico閉店後に群馬県桐生市にある我が家に帰りました。1夜明けて今朝。何とか雨も上がり、運動会は無事! 開催となったのです。ヤッター、よかったーっ。チグは朝早く起きてお弁当の支度。僕は家事のお手伝いをしたり、チハチオに朝ごはんを食べさせたり、それぞれ大忙し。前橋に住んでいるチグのご両親も来てくださり、我が家族と合わせ、6人で保育園へと向かいました。保育園近くの駐車場に車を停め、荷物を持って保育園に移動。みんなウキウキわくわく

 

DSC_0112.jpg

 

DSC_0115.jpg

 

DSC_0120.jpg

 

DSC_0166.jpg

 

DSC_0155.jpg

| 23:00 |
今日は火曜日店休日〜2017/01/19

 

昨夜のclassico閉店後、アルバイトスタッフRu:iと共に桐生の我が家へと移動。そして今日。僕達家族の桐生での未来に向けて前進

 

 

 

 

DSC_1239.jpg

 

 

DSC_1253.jpg

 

DSC_1259.jpg

 

DSC_1263.jpg

 

DSC_1274.jpg

 

DSC_1321.jpg

| 23:00 |
あけましておめでとうございます

IMG_3290.jpg

 

あけましておめでとうございます。昨日から厚木にある実家に来ています。今朝は晴天ながら屋根に隠れて初日の出は拝めず。残念!

 

IMG_3292.jpg

 

今朝はちょっとゆっくり起床。僕の両親とうちの家族4人で食卓を囲み元旦の日の朝ご飯。お雑煮、お節料理、それからおとそ少々。

 

IMG_3297.jpg

 

朝食の後はちょっと休憩。僕とチグは遅まきながら年賀状を書いたりして過ごしました。チハチオはお絵描きしたりお手紙書いたり。

 

IMG_3303.jpg

 

母にお抹茶を点ててもらい、みんなでちょっとジャパニーズティー・ブレイク。桐生の和菓子屋さんで昨日買ってきた生菓子と共に。

 

IMG_3299.jpg

 

そして初詣となりました。実家から程近い小野神社にて、チハチオも一緒にお参り。パンパン! チハチオは何をお願いしたのかな?

 

 

お蕎麦などお昼ご飯を食べた後、僕達家族だけで近所をお散歩。公園でブランコや遊具で遊んだりして楽しみました。お散歩から帰るとチハチオはお昼寝。夕方チハチオが目覚めてからみんなで厚木市内にある温泉ランド・湯花楽に行ってきました。身体ぽっかぽか。

 

IMG_3332.jpg

 

実家に帰り、夕食の時間となりました。カニのフライ、お節料理の続きなどなど。チハチオも結構食べてくれました。就寝前には健三郎じぃじお得意の手品タイムにて締め。2017年元旦はのんびり過ごした1日でした。今年1年みんな健康で楽しい1年となります様に。

 

IMG_3346.jpg

| 16:00 |
TFC忘年会。

DSC_1078.jpg

 

昨夜は毎年恒例となったTFC忘年会に出席。香川県丸亀市から旅ベーグル マツジュンも駆け付け、盛り上げてくれました。流石です

 

DSC_1082.jpg

 

昨夜は毎年恒例となったTFCの忘年会が開催されました。TFCとは、台東フォーククラフト協会の略称です。TFCを主催している浅草出身(現在は千駄木在住)のフォトグラファー&ライター・加藤孝司さんは、classicoがオープンしてまだ間もない頃から時折お立ち寄りいただき、お買い物をしていただいたりお話をしたりしていました。ある日の昼下がり、加藤さんと僕がお話ししていた時、たまたま千駄木にあるセミオーダーの帽子のお店C.A.G.内山さんがお立ち寄りになりました。僕が加藤さんに内山さんをご紹介。内山さんから「御徒町に美味しいお店があるから今度みんなで行きませんか?」というお誘いがありました。「いいですねぇ~、行きましょう!」ということになって、内山さんが帰られた後、たまたま通りかかった旅ベーグル松村くんが入ってきたので、また加藤さんにご紹介。先程内山さんからお誘いが会った話に松村くんも巻き込みました。そのお食事会の当日、指定された韓国料理のお店ソラボルに集ったメンバーは、僕classicoの高橋と、加藤さんご夫妻、C.A.G.内山さんご夫妻、旅ベーグルの松村くんご夫妻(当時はカップル)、内山さんの台東デザイナービレッジ時代の友人・SyuRoの宇南山さんとお子さんのしゅんしゅん、内山さんの友人で後に古道具Neglaをオープンする春日井くん&鍛治さんのご夫妻(当時はカップル)の11人。その宴が楽しかったことから、ほぼ毎月お店を変えながら集まる様になりました。加藤さんが台東フォーククラフト協会(TFC)と命名。毎回気の合う友人・知人を加えたりしながらどんどん人数は膨らみ、多い時には50人程の会になっていました。それぞれの仕事が軌道に乗りはじめ、多忙になったことから、今では忘年会のみの活動となりましたが、それぞれの人達は関わりを持ち、一緒にお仕事をしたり、コラボレーションをしたり、刺激し合ったり、切磋琢磨したり。谷根千、湯島、日本橋馬喰町、東神田、蔵前、茅場町、門前仲町など東東京で様々な活動(ショップ、デザイン、イラスト、写真、制作、出版、作家活動、建築、不動産などなど...。)をしている人達のゆるやかな集まりとなっています。

 

DSC_1089.jpg

 

今回、classicoから参加したのは、僕と今年10月からclassicoに加わったアルバイトスタッフRuiのふたり。classicoの閉店後、レジ締め&閉店作業を終えてから毎年忘年会の会場となっている根津にある老舗居酒屋・車屋に向かいました。貸切となっている2階に上るとまだ数名ほど。とりあえず席を確保し、みんなが揃うのを待ちました。そのうちにひとり、またひとり。そしてあっという間に50人ほどのメンバーが揃ったのです。初めてお会いする方もちらほら。ちょっと遅れて到着したのは、昨年香川県丸亀市に移住・お店も移転した旅ベーグルマツジュン・松村君ファミリー。ちょうどお仕事での出張を兼ねてご家族で上京する機会があり、その日程に合わせて今回の忘年会が決まったという訳です。今やマツジュンはTFC忘年会に欠かすことの出来ない最重要人物のひとりなのです。そして最重要人物のもうひとり・加藤さんの乾杯の挨拶にて忘年会がスタート(1枚目、2枚目の写真)。美味しい料理をいただきながら、様々な話題で盛り上がりました。ほろ酔い気分になったところで、毎年恒例となったビンゴ大会がスタート。名進行役の旅ベーグル松村くんが面白可笑しく盛り上げてくれました(3枚目の写真)。僕も中盤程でビンゴ!素敵な景品をいただきました。僕がゲット!したのは、少林寺拳法オリジナル吟醸酒・拳禅一如(何故に?と思いましたが、香川のお酒なのね。)。ビンゴの景品も松村くんセレクト。絶妙にハズした景品の数々も面白さ満点なのです。ビンゴ!となって、景品をいただいたタイミングでそれぞれが自己紹介となるのですが、最後に残ったのが日本を代表する荒物屋・松野屋社長の松野さんご夫妻。噺家(はなしか)顔負けな程!やっぱり今回も素晴らしいご挨拶でした(4枚目の写真)。全員に景品が行き渡り、その内にお開きとなりました。いやぁ今回も楽しかった! 加藤さん今年も幹事さん、お疲れ様でした。松村くん今年も楽しい進行役、ありがとうございました。来年もぜひ車屋に集いましょう!

 

DSC_1094.jpg

| 10:00 |
ちょこっと前の話 〜 roji roji編。

DSC_0945.jpg

 

ちょこっと前の話というか、結構前になりますね。10月23日日曜日の夜、1日限定のroji roji Barにて楽しいひとときを過ごしました。

 

DSC_0937.jpg

 

10月23日日曜日夜。classico閉店後に僕が訪れたのは千駄木駅近くの細い路地に佇むとあるお店。正確にはとあるお店だったところですね。僕も数年前に一度だけ友人と二人でお邪魔したことがありました。焼き鳥の名店・今井。実は閉店したことも知らなかったのです。予約するのも困難だったと言われる焼き鳥の今井さん。移転するために千駄木のお店をクローズされたそうです。クローズして間もない元焼き鳥今井さんの場所を借りて、1日だけの限定バーがオープンするらしいという情報を聞きつけました。というかその1日限定のバーをオープンされる当のご本人から「もしよかったらいかがでしょうか?」というお誘いをいただいたのです。ふむふむ...。

 

実は午前中に群馬県太田市にてハーフマラソンを走り終えた後、いつもよりちょっと遅めの時間にclassicoをオープンさせ、その後は通常営業するというちょっとハード目な予定だったため、正直自信がなかったのですが、「それではちょっとだけ寄るかも知れません。」的なやや曖昧なお返事をしておいた訳です。そして当日。無事にハーフマラソンを走り終え、classioを約1時間半遅れでオープン。疲労のためウトウト...することもなく無事最後まで営業することが出来ました。レジ締めや片付けを終えて、classicoを出たのが20時ちょっと前位のこと。my tokyobikeに乗って元焼き鳥今井さんに到着。ガラス越しにほぼ満席であることが分かりました。おぉ

 

DSC_0931.jpg

 

「こんばんはぁ〜。」ちょっと緊張しながら遠慮気味に入っていくと、居合わせたお客様方のご好意により、角部屋ならぬ角席を空けていただきました。お恥ずかしながら席に着き、さぁ何をいただきましょうか?と思ったけれど、すでにご好評につきフードメニューがほぼ完売とのこと。もともと確か20:00までだったはずですから、まぁ仕方がないでしょう。でもとあるポテサラコンテストで3位に輝いたというご自慢のポテトサラダがあるというので、注文させていただきました。それからこの日のためにご用意されたらしい白ワインも。お通しのカレー豆もいただきながら、一人静かに乾杯カレー豆もワインも、そしてご自慢というだけあってポテトサラダも美味しい!ちなみにこのポテトサラダには千駄木の名店・腰塚ハム特製コンビーフがたんまり入っているそうです。納得ですわ

 

DSC_0941.jpg

 

同じ時に居合わせたお客様はバラバラな方々。お二人、お三方が数組という感じでした。新しいお客様が来れば、いい具合にお会計されるお客様が居たりして、ほぼ満席をキープしていた様です。僕のことも皆さんにご紹介いただいたりして、一人でお邪魔したのに、周りの皆さんともお話が弾みました。何だかとても楽しいひと時を過ごすことが出来たんですよ。実は仕事を残して来ていたので、僕は長居することも出来ずに最後まで見届けることなく後にしたのですが、「帰りたくなぁい〜。」と後ろ髪を引かれる思いでした。

 

そんなにも素敵な1日限定のバー、roji roji Barを開催してくださったのは、谷根千(谷中・根津・千駄木)のおいしいもの、面白いこと、楽しいこと。をご紹介するブログ、roji rojiブログを営むおふたり=roji-mさんとroji-kさん。classicoのご近所にお住いのおふたりは時折ご来店いただき、お買い物をしていただいているお客様でした。何となく只者ではないなと思っていたら、roji-mさんは元ファッション誌の編集長、roji-kさんは海外ブランドのバイヤーだったそうです。なるほどある時、おふたりがブログをやっていて、そのブログでclassicoを紹介したいというお話をいただき、その存在を知ったのでした。そして先日、roji rojiブログにてclassicoをご紹介頂いただいたんですよ。さすが素晴らしい文章と写真でご紹介いただきまして、恐縮です。roji-mさん、roji-kさん、改めてありがとうございました。僕が帰る際には、お忙しい中お見送りしていただいたんです。それがこの写真、classicoポーズ、決まってますね

 

roji-mさんとroji-kさんは、谷根千情報をまとめたフリーマガジン、rojiroji magagineも製作しています。今回のroji roji Barの目的はこの制作費を捻出するためということです。rojiroji magagineは、これまでVol1、Vol.2が発行されています。皆さんもお見かけることがありましたら、是非手に取ってみて下さい!きっと皆さんが谷根千散策(あるいは谷根千生活)をする際のお役に立つことでしょう。

 

DSC_0947.jpg

| 23:30 |
一の酉・前乗り。

DSC_1037.jpg

 

今日11月11日は一の酉の日。そして昨夜はclassico閉店後、毎年恒例となった一の酉・前乗りをしてきました。お仲間と飲み会もね。

 

今日11月11日金曜日は、一の酉(とり)の日。酉の日とは、毎日に十干十二支を当てて定める日付け法で「酉」に当たる日にこと。11月最初の酉の日が一の酉、12日後にやってくる日が二の酉、また12日後にやってくる日が三の酉となります。ちなみに今年は二の酉が11月23日になるため、三の酉はありません。大鳥神社(鷲神社)の祭神である日本武尊(やまとたけるのみこと)が、東征の戦勝祈願を鷲宮神社で行い、祝勝を花畑の大鷲神社の地で行った。これにちなんで日本武尊が亡くなったとされる11月の酉の日(鷲宮神社では12月の初酉の日)には大酉祭が行われています。また浅草の鷲神社の社伝では、日本武尊が鷲神社に戦勝のお礼参りをしたのが11月の酉の日であり、その際、社前の松に武具の熊手を立て掛けたことから、大酉祭を行い、熊手を縁起物とする習わしになったとか。現在では関東地方の多くある鷲神社、大鳥神社など鳥や鷲にちなむ寺社の年末恒例の行事として知られる様になりました。

 

DSC_1040.jpg

 

確か4年前のこと。CANVAS & CLOTHの木下さんと話していた時に、酉の市の話題になりました。酉の市当日はかなりの人手で賑わい、会場に入るまでにかなり長い行列に並ばなければならないけれど、僕は前日の夜に前乗りして空いている状況の中で熊手を買っているよと。元々は僕もその長い行列に並んで、混雑する中で気に入った熊手を選び、購入していました。ところが、フォトグラファー&ライターとして活躍している浅草在住の加藤孝司さんから「酉の市は前の日の夜でも買えるよ。」という地元の人達にしか分からない情報を得ることができました。以来、酉の市が始まる時間(深夜0:00)より約4時間程前に前乗りして熊手を買うのが恒例となった訳です。そして、4年前からは木下さんと木下さんの友人も合流し、酉の市と飲み会がセットになった一大イベントとなりました。

 

昨日のclassico閉店後、急いで閉店作業&レジ締めを済ませ言問通りからタクシーに乗車。鷲神社前にて降りました。今年集まったメンバーは、信陽堂編集室の丹治さんご夫妻、amcoさんチーム(前田さん、瀬上さん、水杉さん)、木下さん、イワナデさん。信陽堂編集室の丹治さんご夫妻は、様々な書籍の編集を中心に活動しており、たねやグループ(滋賀県近江八幡市)の広報誌「La Collina/ラ・コリーナ」のクリエイティブディレクションも担当。それから木下さんのお店・CANVAS & CLOTHアトリエショップ内ブックコーナーの本のセレクトも担当しています。amcoは日本橋馬喰町にて活動。大きなビルに挟まれ、ひっそりと佇むアムコビルの1階には日本各地を旅しながら出会った作家さんの作品や工芸品を扱うお店・編ム庫(アムコ)があり、その上のフロアには、ギャラリーがあります。また様々な会社から依頼を受けて出版物を企画・作成したり、企業・行政の文化活動やプロモーション活動のサポートをしています。それから日本の小さな街を紹介するリトルプレスRND 輪土も制作・販売しているんですよ。(「RND 輪土」はclassicoでの販売も始まりました!)イワナデさんは木下さん&amcoさんチームと共通のお友達。ヨガのインストラクターをしているそうです。

 

DSC_1045.jpg

 

僕たちが熊手を購入する出店はすでに決まっています。浅草の老舗 よし田さん。僕達も一昨年からよし田さんになりました。江戸時代から伝わる代々の技法を受け継ぎ、鷲神社の酉の市で売られる唯一の宝船熊手の製造販売店です。プラスチックや発泡スチロールを使った熊手がほとんどを占める様になった現在でも、人工的な素材を一切使わず昔ながらの紙と竹だけで熊手を作り続けています。下絵の型抜きから彩色、画相(顔書き)、七福神や鯛などの刺し込みなど、すべて職人さんによる手作業。ひとつのパーツを作るだけでも時間と労力がかかるので、酉の市が終わった日から1年がかりで翌年に売り出す熊手の製作が始まるのだとか。そうした手間を掛けて作られる熊手だから、ほかの出店の熊手と比べると小振りでお値段も高め。だから最初の数年は購入するのに二の足を踏んでいましたが、一昨年みんなで話し合って、よし田さんで購入。今ではよし田さん以外のお店では購入することは考えられなくなりました。今年もみんなでよし田さんで購入することに。僕はclassicoのお店用に「入船」の熊手を、自宅用に「福」の熊手を選びました。まだ時間が早かったため女将さんは到着していません。僕が選んだ熊手はお取り置きしていただき、熊手に取り付ける名札に名前(お店用にはclassico、自宅用には高橋)の記入を依頼。後で取りに(買いに)戻ることになりました。前乗りメンバーのおひとり、スーさんも遅れて到着。小さなお子さんがご一緒ということで、やはりよし田さんで熊手を選び、そのまま購入しました。入谷へと移動です。

 

DSC_1047.jpg

 

スーさんとお子さんは入谷さたけ前でお別れ。みんなでお見送りしてからさたけに入りました。数年前、amcoさんチームが酉の市の帰りにお食事処を探していて、偶然見つけたのがこのお店。以来毎年酉の市の帰りにはこのお店に立ち寄って、お食事をしているのだとか。僕達も一昨年から便乗。3年連続で一緒に来ています。あらかじめお刺身、お鍋も予約しておいていただきました。さっそく座敷席に落ち着き、飲み会はスタート。「乾杯」お刺身もお鍋も相変わらずの美味しさ。大将も女将さんの人柄・笑顔も最高です。

 

DSC_1050.jpg

 

みんなほろ酔い。お腹も満たされ大満足でした。お会計を終え、大将・女将にお見送りされたついでに集合写真。来年も必ず来ます!

 

おにぎり・お茶漬け さたけ 東京都台東区入谷2-31-8 Tel : 090-7425-3968(携帯)03-3875-5196(店舗兼自宅) 火曜日定休

 

DSC_1052.jpg

 

丹治さんご夫妻は翌朝早いということでここでお別れ。残ったメンバーで酉の市に戻りました。女将さんに書いていただいた名札付きの熊手をそれぞれ購入。家内安全、商売繁盛を願ってみんな一緒に手締めをしました。酉の市の裏手には沢山の屋台や出店が並んでいます。2次回ということで、毎年恒例の出店に入り再び乾杯楽しい時間を過ごしました。例年なら3次回へとなるのですが、それぞれ翌日の仕事のことを考え、電車がある時間にお開きに...。この続きは12月中旬、辻堂にてということになりそうです。わくわく

 

DSC_1056.jpg

| 07:30 |
ちょこっと前の話 〜 珈琲編。

DSC_0918.jpg

 

10月22日土曜日夕方頃のことです。classicoの顧客様でもあり多方面でご活躍中のミッチーこと密山さんがモバイル屋台と共に参上

 

正式名称はモバイル屋台de健康カフェ。先日まで谷根千(谷中、根津、千駄木)を中心としたエリアで開催されていた芸工展2016に参加していた移動式屋台型のカフェです。谷根千各地を移動しながら街の人や街を訪れた人々に珈琲を(無料で)飲んでもらい、お話をしたり、悩み事を打ち明けてもらったり...コミュニケーションしていこうのが、モバイル屋台de健康カフェ。谷根千まちばの健康プロジェクト(略してまちけん)のメンバーが主催しています。コーヒー豆はお土産などのいただき物。提供していただいた方からそのコーヒー豆についてのエピソードを書いてもらっているので、そのエピソードと共にコーヒーを味わうことが出来ます。早速classicoの店の前のスペースに屋台を接地していただき、コーヒーのドリップが始まりました。(ドリップしている方は学生さんだそうです)

 

DSC_0925.jpg

 

ドリップしていただいたコーヒーを飲んでみました。うん、美味しいです。密山さんやメンバーの皆さんとお話をしながら...。たまたまお立ち寄りいただいたお客様も加わったりして、楽しいひとときを過ごすことが出来ました。僕も友人からお土産でいただいていたコーヒー豆を提供。8月下旬に盛岡の住宅街にオープンした「きじやまCafe」オリジナルのコーヒー豆です。店主(?)の直くんは、僕の大学時代の同級生。旅行をするのが大好きで、世界各地を旅しながらコーヒーを飲み、味わい、コーヒーにまつわる文化も研究。焙煎技術も独学にて習得。その成果を活かしてオープンしたのが「きじやまCafe」。フルーティーな味わいの浅煎りコーヒーを是非味わっていただきたいです。芸工展は終わりましたが、モバイル屋台de健康カフェの活動は続きます。運が良ければ(?)僕が提供した「きじやまCafe」のコーヒーを味わうことが出来るかも知れませんね。モバイル屋台de健康カフェを見かけたらお声掛け下さい

 

DSC_0930.jpg

| 23:00 |
classico スタッフ ルイ デヴュー!

DSC_0720.jpg

 

2016年10月10日 〜 本日はclassicoの記念すべき1日となりました。classico初のスタッフが誕生です。よろしくお願いいたします!!

 

すでにclassico blogではお伝えしている様に、今年の8月8日にclassicoは10周年を迎えました。これまで自分ひとりで営んでまいりましたが、今年の春から僕の奥さんであるチグが土曜日に時折お手伝いしてくれることになりました。そして今年中に叶えたい目標として(身内ではない)スタッフを迎えることを掲げておりましたただ最初から募集をするつもりはありませんでした。何人か自分の中でお願いしたい意中の方が居たからです。その中のひとりが彼女。ご近所に住んでいる学生(大学院生)さんです。以前から僕の頭の中で考えては居たのですが、ちょっと前にご来店いただいた時に「レギュラーのアルバイトを辞めてしまったんです。」と話していたので丁度いいタイミングでした。「classicoでアルバイトをしてみませんか?」とお願いしてみたところ快く引き受けて下さいました。実は他にもアルバイトをしていますし、学校にも通っています。まだコンスタントに出勤することは出来ませんが、暖かく見守っていただけたら嬉しく思います。classico blogにも時折着用モデルとして登場する予定です。末長くよろしくお願いいたします。

| 23:00 |
東北出張 2日目。

1.jpg

 

盛岡、ホテルニューカリーナにて迎える朝です。お散歩が先か?朝ごはんが先か?迷った結果朝ごはんを食べることになりました。

 

2.jpg

 

僕はチオと一緒にシャワーを浴び、それから身支度。チグとチハは身支度と荷物のまとめ。そうしている間にお腹が空いて来たねぇ。

 

3.jpg

 

1階にあるロビーラウンジ、ボン・カフェに席を確保し、バイキング形式の朝食をいただきました。毎度ついつい食べ過ぎてしまうんですよねぇ~。朝食の後は部屋に荷物を取りに戻って、それからチェックアウト。駐車場に停めていたレンタカーに荷物を積み込み、念のためナビに目的地を入れてみるとお散歩している暇はなさそうです。やむを得ずそのまま出発することにしました。目的地は...?

 

4.jpg

 

盛岡から高速に乗り北へ北へ...。約2時間の道のり。辿り着いたのは青森県弘前市。今回の旅の目的のひとつはTHE STABLES訪問。

 

5.jpg

 

THE STABLESに到着したのはお昼時。店主の小田原さんと一緒にお店の裏手にあるギャラリーSPACE DENEGA内にあるcafe ruuDho(カフェ・ルードー)に移動。一番奥にある特等席的に落ち着き、ランチタイムとなりました。チグは季節野菜のオープンサンドを、僕はB.L.T.サンドを注文。チハ・チオとシェアしていただきました。とっても美味しくて、しかも居心地が良いお店でした。

 

6.jpg

 

7.jpg

 

8.jpg

 

9.jpg

 

10.jpg

 

11.jpg

 

12.jpg

 

13.jpg

 

14.jpg

| 23:00 |
東北出張 1日目。

1.jpg

2016年6月14日火曜日。昨夜家族が東京へと移動。僕の部屋に泊まり、今朝は早くからお出掛けです。目指すは北東北、盛岡です。

 

チハ(長女)チオ(次女)、おはよう。今朝はのんびりしている時間が無いため朝食を食べずに外出の準備をして...。さぁ、出発だ。

3.jpg

 

今日はお天気が良いのでお散歩がてら上野公園を通って行きます。日差しが強くて、木陰がくっきり。爽やかで気持の良い朝です。


2.jpg

 

ベビーカーもあるのですが、チハもチオも歩きたいって。2歳半になるチオもだいぶ体力が付いてきて、歩ける様になったんですよ。


4.jpg

 

上野駅に到着。早速、朝ごはん用にお弁当を買い込んで、新幹線の切符を買って...。甘く考えていました。予約していなかったことを後悔。乗ろうと思っていた便は、バラバラじゃなければ席が確保出来ないという。まだ小さな子供達が居ては無理なので、やむを得ずグリーン車に乗ることにしました。割高だけど仕方が無いね。チオは新幹線に乗るのがはじめて。良い娘にして居られるかなぁ~?


5.jpg

 

はやぶさ号に乗車。2人掛けのシートを向かい合わせにして、4人で席に着きました。もうお腹はぺっこぺこ。さっそくお弁当をいただきました。チハと僕は生姜焼きが入ったお弁当を、チオとチグ(ママ)は煮魚が入ったお弁当をいただきます。うん、美味しいね。


1.jpg

 

朝ごはんを食べ終わると、子供達は遊びたい様子。絵本を読んだり、お絵描きをしたり。思い思いに過ごします。グリーン車に乗っているからって、好き勝手、やりたい放題には出来ません。周りの皆さんの迷惑にならない様に出来るだけ気遣って...。でも楽しいね。


2.jpg

 

いよいよ盛岡駅に到着です。盛岡は僕が大学時代4年間を過ごした思い出の街。今回の旅の目的のひとつは、その思い出の街・盛岡を家族に案内することです。お天気は曇り空。東京に比べるとちょっと肌寒い気がします。早速レンタカーを借りて、小岩井農場へ...。


3.jpg

 

小岩井農場に到着。チハチオは大はしゃぎ。牛さんの椅子に座ったり寝転んだり。空はどんより曇り空。お天気が保って欲しいなぁ。


4.jpg

 

お昼ご飯何を食べようか?ハンバーグ、ジンギスカン、バーベキュー...。気持が良さそうだから、バーベキューにしよう。いぇ~ぃ


5.jpg

 

屋根は付いているものの屋外でいただくことが出来るバーベキュー。何だか嬉しくなっちゃいます。ジュージュー焼いて、いっただっきまぁ~すうぅ~ん、美味しい。チハチオはソーセージが気に入った様子。単品で追加しちゃいました。お腹いっぱい。ご馳走様。


6.jpg

 

お腹も満たされて、農場内をお散歩。ソフトクリ―ムハウスに立ち寄り、ソフトクリームを購入。みんなで美味しくいただきました。


7.jpg

 

チハチオは大好きなブランコを発見!木製のブランコは漕ぐ度にギーコー、ギーコー。でもそれもまた味わいだね。おぉ、チハ上手


8.jpg

 

名残惜しい気持は有るものの後の予定が控えているので、農場を後にし盛岡市街地に向かいました。長閑な景色に癒されますねぇ~。


10.jpg

 

材木町にある光原社に到着。光原社は、宮沢賢治の童話「注文の多い料理店」を出版。賢治と創業者が高校時代に先輩後輩の仲だった縁に寄るそうです。賢治が亡くなった後、工芸や民藝との繋がりが出来、やがてそう言った品々を販売する業態へと変わっていったそうです。民藝店の老舗として全国的にも有名なお店となっています。僕の大学時代、実はこの近くに住んでいたのですが、当時は興味が無かったのか?知らなかったのか?光原社に入ったことがありませんでした。当時から知っていて通っていれば、もうちょっとセンスが磨かれていただろうに...と後悔することしきり。とにかく民藝好きな方にはお薦めのお店です。チハは来る途中お昼寝してしまい、ベビーカーに移して、すやすやと夢の中。店内にベビーカーを置かせていただき、3人でショッピングを楽しみました。チグが型染めの風呂敷を購入。向かい側のモーリオ店にてくるみのクッキーをお土産に購入しました。僕も欲しいものあるけど、我慢我慢...。


12.jpg

 

光原社は奥まで続く回廊スペースも素敵です。宮沢賢治に関する資料等を展示するマヂエル館、喫茶スペースの可否館、諸国民藝、アクセサリーなどを販売しているカンパネラなどが並びます。その先には北上川、岩手山を望めるスペースも有るんですよ。うっとり。


11.jpg

 

車に乗り込み移動。市内中心部にあるホテルニューカリーナに到着。僕が大学時代約1年半程アルバイトをしていたホテルなんです。当時お世話になった先輩方と出会えることを期待して宿泊することにしたのですが、当時から残っている方は誰も居ませんでした。寂しいのぅ! お部屋にチェックインして、チハチオの着ている服をお着替え。ベビーカーと最小限の荷物を持ってお出掛けしました。


1.jpg

 

菜園地区は大学時代によく訪れたエリア。でもさすがに30年程経った今では馴染みのお店はほとんど無くなっていました。そんな中、盛岡のライフスタイルショップの代表的な存在Holzに立ち寄りました。家具や工芸品、インテリア用品やオブジェなど様々な商品が並ぶ素敵なお店です。針原修さんの「流木の鳥」もお取り扱いしているんですよ。チハチオも興味津々。あちらこちらで気になったものを手にするもので、僕もチグもヒヤヒヤものでした。message sheepという木で出来た羊型のカードフォルダを購入。店主の平山さんとはマラソンの話題で盛上がりました。色々と教えていただき、勇気をいただきました。僕もまだまだ頑張ります!感謝感謝。


13.jpg

 

Holzを後にして、内丸エリアに移動。家族が喉が渇いたと言うので、喉を潤そうと思い予定を変更。後で行く予定だったカフェに先に行ってみたものの、席がいっぱいで入ることが出来ず。やむを得ず自販機にて飲み物を購入し、裏手の公園で休憩。そしてもともと先に行こうと思っていたお店の方に行くことにしました。古い雑居ビルに入り、階段を上がって行くと...。目的のお店・rasikuに到着。入口を入っていくと...すぐに分かった様でびっくりされていました。お店を営む佐々木さんご夫妻。かなり以前のことになりますが、classicoにご来店いただいたことがありました。接客しているうちに盛岡で洋服屋さんを営んでいると言うことが分かり、色々とお話ししたことを覚えています。その後、お客様をご紹介いただいたりしたこともあって、いつか盛岡を訪れる機会があれば是非佐々木さんご夫妻に会いに行きたいと思っていた訳です。共通した仕入先も多いのですが、セレクトするものがちょっと違ったりしていて、面白かったです。僕とチグがお買い物をしている間、佐々木さんの奥様がチハチオの遊び相手をしていただいたりして、たいへんお世話になりました。チグがFilMelangeのタンクトップとソックスを購入。先程入れなかったカフェにも連絡を取って下さり、席を確保していただいたり。細やかな対応をしていただいて、嬉しかったです。ありがとうございました。みな様も盛岡にお越しの際には是非!


14.jpg

 

で、そのrasiku佐々木さんに席をご手配いただいたカフェが、こちらです。carta。カフェ好きな方だったらご存知かも知れませんね。カウンタータイプの横並びの席に着きました。こじんまりとしていますが、隅々までこだわりとセンスが感じられる素敵なお店です。みなさん本を読んだり、書き物をしたり、音楽に聞き入ったり、スィーツを味わったり...。ひっそりとした店内にわが家族の声だけが響き渡ります。ありゃりゃ。皆さんのおじゃまにならなきゃいいけど...。と心配になった程。その場に居合わせた方々にはたいへんご迷惑をお掛けいたしました。お店の方々にも...。でもいただいたアイスティーや紅茶、珈琲がとっても美味しくて、大満足でした。


15.jpg

 

今日の夕食を予約していたお店に向かいました。Due Mani(ドゥエ・マーニ)というイタリアンレストラン。初めて訪れるお店です。Due Maniを予約していたのには理由がありました。お店を営む小澤さんは、以前にrasiku佐々木さんからのご紹介でclassicoにご来店いただいたことがあったからです。お話しする中で分かったのは、同じ岩手県釜石市出身ということ。しかも同じ高校、釜石南高校(現釜石高校)出身ということも。年齢は全然お若いので被ってはいませんが、まぁ高校の後輩ということですね。それで親近感を持ったと言う訳です。(小澤さんには今年もご来店いただきました)先週 Due Maniホームページからメールを送信。予約しました。


16.jpg

 

最初は18:00に予約をしていたのですが、間に合いそうもなかったので事前に電話をして1時間遅らせていただきました。その上更に時間が押してしまって...。結局また電話をして結局たどりついたのは19:15頃。たいへん失礼をしてしまいました。なのに小澤さん素敵な笑顔で歓迎してくださいました。素晴らしい...。まずは前菜の盛り合わせを注文。ちょっとずつ、品数たくさんの前菜を生ビールと共に。チハチオはジュースで乾杯!いただくもの全てが美味しくて感動!チハは生ハムが気に入ってお替わりしちゃいましたよ。


17.jpg

 

パスタを2品、そしてメインの肉料理をいただきました。お料理も雰囲気も最高で素晴らしいひとときを過ごすことが出来ました。小澤さんに感謝、感謝!ありがとうございました。皆様も盛岡でお食事をする機会がありましたら、是非Due Maniにてお願いします。


18.jpg

 

お店を出る頃には雨が降り出していました。雨の中歩いて帰るにはちょっと遠いので、やむを得ずタクシーに乗車~ホテルニューカリーナへ...。ホテルの部屋に戻り、家族4人床に就きました。明日は盛岡から車に乗り弘前に移動です。明日も好い日になります様に!


19.jpg

| 23:00 |
Page: 1/18   >>