Entry



Archives


Category


Search


Link

沖縄 読谷村焼北窯、大宜味窯のうつわ

DSC_0050.jpg

 

沖縄のうつわ、14点入荷いたしました。いずれも逸品ばかり。1回限りの入荷となる可能性が高いので、気になる方は是非お早めに。

 

DSC_0065.jpg

 

まず最初にご紹介するのは、松田米司さんの安南鉢3.5寸。真ん中は平らで縁が立ち上がった形の(直径11cmの)小鉢です。外側は焦げ茶色の無地。内側はナチュラルな色合いのベースに茶色と青の円が交互に描かれています。線の太さがひとつひとつ違うのは、手書きならではという感じ。選ぶ楽しみもありますよね。実は、我が家ではもう何年も前から同じ絵柄、配色の小皿を愛用しています。とっても気に入っているお皿なんです。なので、仕入れに行ってこの安南鉢を見つけたときには、思わずニンマリしちゃいました。ちょっとしたお惣菜やお漬物などを盛り付けてもいいし、お菓子やデザートを食べるときにも使えそうです。お手頃価格も魅力的でしょ。

 

DSC_0084.jpg

 

沖縄 読谷村焼 北窯 松田米司 安南鉢3.5寸 線 Price : ¥1.300+Tax Size : 11cm × 11cm × 3cm Made by Yoneshi Matsuda.

 

DSC_0051.jpg

 

我が家では以前から沖縄のうつわを幾つも愛用しています。あちらこちらのうつわ屋さんで見掛けては、気に入ったものを買い求めながら、集まってきました。特に好きなのが、読谷村焼北窯の松田米司(よねし)さん・共司(きょうし)さんが作るうつわです。沖縄で長年にわたって育まれて来たうつわの伝統を踏まえながらも、米司さん・共司さんそれぞれの味わいが感じられるうつわ作りを続けています。いつかclassicoでも松田さんご兄弟のうつわをお取り扱いさせていただきたいと、思い続けてきました。実際に北窯におうかがいして、直接おふたりにうつわの展開をお願いしてみたいと夢見ていたのです。しかし、いろいろと状況を知るうちに、実現するのが難しいことだと分かってきました。実際に松田米司さんとお電話をしてお話しさせていただきましたが、現状はその様な要望には対応出来ないということ。それでもいつの日にか直接お会いして、仕入れをさせていただくことを夢見つつも、現状仕入れをすることができるルートがあるのであれば活用させていただいて、まずは仕入れをしていこうではないか!という考えに至ったのであります。数年前、ある合同展を見に行った際に知り合った某会社の担当者の方にご連絡させていただきました。classicoからも程近い場所にあることから、さっそくお邪魔することに...。お電話では、松田さんご兄弟の作品はほとんど無いということでしたが、実際に行ってみたら思っていたよりは在庫があり、選ばせていただきました。それから何度かうかがって、仕入れをしています。今回は約半年ぶり。

 

DSC_0067.jpg

 

次に紹介するうつわも同じ松田米司さんの4寸マカイ。マカイっていうのは沖縄の言葉で碗を意味します。ご飯茶碗にちょうどいい大きさ。外側には、先にご紹介した安南鉢と同じくナチュラルな色合いのベースに茶色と青の円が交互に描かれています。内側はナチュラルな色合いで、中心部分には沖縄らしい印花紋が描かれています。このマカイ、見れば見るほど欲しくなるぅ! けど、我慢しよ。

 

DSC_0083.jpg

 

沖縄 読谷村焼 北窯 松田米司  マカイ4寸 線  Price : ¥1.620+Tax  Size : 12cm × 12cm × 6cm Made by Yoneshi Matsuda.

 

DSC_0054.jpg

 

読谷山焼 北窯 松田米司(まつだ よねし)1954年読谷村生まれ。1973年石嶺窯にて作陶を始める。1979年より読谷山焼窯 大嶺工房で修業。1990年共同窯「読谷山焼 北窯」を開く。日本民藝館展入選。各地で個展を開催。優しく柔らかなタッチの絵付けが特徴的。

 

DSC_0081.jpg

 

そして今回が初めてのお取り扱いとなる赤絵のうつわ。こちらも作者は松田米司さん。濱田型湯呑みと言う名前がついています。人間国宝であり日本民藝会を代表する陶芸家・濱田庄司さんが好んで作った湯呑みの形なのでしょう。濱田庄司さんもかつては沖縄で器を作っていた時期がありました。濱田さんは沖縄の陶芸家さんから影響を受け、沖縄の陶芸家さん達も濱田さんから影響を受けていたよう。濱田さんもよく赤絵のうつわを作っていたから、この湯呑みはまるで濱田さんの湯呑みの様...なんて思ったりしました。赤絵のうつわは2度焼きをしなければならないらしく、手間がかかるうつわなのだとか。1つずつ柄が異なるので、選ぶ楽しみもありますね。

 

DSC_0069.jpg

 

沖縄 読谷村焼 北窯 松田米司 濱田型湯呑み 赤 Price : ¥2.920+Tax Size : 7.5cm × 7.5cm × 7.5cm Made by Yoneshi Matsuda.

 

DSC_0058.jpg

 

DSC_0071.jpg

 

お次も松田米司さん。正方形角皿3枚。これは結構珍しいような気がします。外側は釉薬を掛けていない素地のまま。内側はナチュラルな色あい。縁のみが1.5cm程外側に開くように立ち上がっていて、縁上部だけに紋様が入っています。三彩と呉須飴釉紋様。どちらも沖縄らしいですね。きっちりと正方形じゃない緩やかさが沖縄らしくて好き。お取り皿にちょうどいい大きさ。大活躍しそうです。

 

DSC_0080.jpg

 

沖縄 読谷村焼 北窯 松田米司 正方形角皿 Price : ¥2.430+Tax Size : 12cm × 12.5cm × 2cm Made by Yoneshi Matsuda.

 

DSC_0062.jpg

 

DSC_0074.jpg

 

最後にご紹介するのはclassicoでは初めての取り扱いとなる菅原謙さんのうつわ。菅原謙さんは米司工房でも修行をしていた経験があるということで、米司さんのうつわからの影響も感じられます。茶色と薄緑色の文様が入った縁部分が外側にゆるやかに開いている感じも米司さんのうつわの雰囲気に似ています。直径16cmと使いやすいサイズの丸皿で、まぁまぁ深さもあるので多少汁っぽい物でも盛り付けすることができそうです。この頃の寒い季節だったら、お鍋やおでんを食べるときのお取り皿としても重宝しそうですね。

 

DSC_0076.jpg

 

大宜味窯 菅原窯 菅原謙(すがわら けん)大阪生まれ。沖縄県立芸術大学卒業後、京都で陶工としてのキャリアを開始。その後沖縄に戻り、読谷村 大嶺工房や北窯 米司工房などで修行をし、2013年に沖縄県大宜味村の共同窯にて独立。近くの山から採れる土を配合し、何度も工程を重ねより良い粘土づくりを自ら行っている。今なお伝統的な蹴轆轤(けろくろ)を使ったり、登り窯で焼成したりするなど、昔ながらの技法を用いた作陶にこだわりながら作品を作り続けている。懐かしい味わいと可愛らしさが感じられるうつわ。

 

沖縄  大宜味窯  菅原窯 菅原謙 三彩皿5寸 Price : ¥1.800+Tax Size : 16cm × 16cm × 4cm Made by Ken Sugawara @ Okinawa.

 

DSC_0064.jpg

| 15:00 |
Guernsey Woollens Aran Polo

DSC_0019.jpg

 

前回お取り扱いした時にも大好評をいただいたGuernsey Woollen MillsのAran Poloが再入荷です。サイズもいろいろ揃ってますよ。

 

DSC_0021.jpg

 

DSC_0029.jpg

 

Guernsey Woollensは1976年創業。イギリスとフランスの間にあるイギリス領チャンネル諸島にて伝統的手法と近代的設備を用いて生産を続けるニットウェアメーカーです。素材にもこだわり、Guernsey Woollensのために紡績した天然のブリティッシュウールのみを使用しています。島々に伝わる伝統的な手法で作られるセーターは保温性と持久性に優れており、着心地の良さでも定評があります。

 

DSC_0025.jpg

 

Guernsey Woollens Aran Poloは、寒さの厳しい海の上での仕事に従事する漁師達のため、無事を祈る女性達が愛情を込めて編んだニットとして生まれました。油分を含んだざっくりとしたウールで編まれたニットは保温性と防水性に優れており、島の漁師達の仕事着として愛され続けてきました。とっても暖かいのは言うまでもありませんが、意外なのは着心地の軽さ。見た目の印象とは違い、ずっしりとした重さは感じられません。それが島の人々のみならずファッション通の人々にも愛されている所以なのかも知れませんね。

 

DSC_0024.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が着ているのはサイズ38。サイズ34 / 36 / 38 / 40 / 42はレディース / メンズXS / S / M / Lが目安です。

 

DSC_0078.jpg

 

Guernsey Woollens Aran Polo Price : ¥18.500+Tax Navy Size :(Unisex) 34 / 36 / 38 / 40 / 42   Wool100% Made in England.

 

DSC_0015.jpg

 

Guernsey Woollen Mills Aran Polo Size(Unisex)34 : 胸幅48cm 裾幅30cm 肩幅56cm 前身丈60cm 後身丈62cm 袖丈50cm

Guernsey Woollen Mills Aran Polo Size(Unisex)36 : 胸幅50cm 裾幅31cm 肩幅58cm 前身丈62cm 後身丈64cm 袖丈51cm

Guernsey Woollen Mills Aran Polo Size(Unisex)38 : 胸幅52cm 裾幅32cm 肩幅60cm 前身丈64cm 後身丈66cm 袖丈52cm

Guernsey Woollen Mills Aran Polo Size(Unisex)40 : 胸幅54cm 裾幅33cm 肩幅62cm 前身丈66cm 後身丈68cm 袖丈53cm

Guernsey Woollen Mills Aran Polo Size(Unisex)42 : 胸幅56cm 裾幅34cm 肩幅64cm 前身丈68cm 後身丈70cm 袖丈54cm

 

DSC_0018.jpg

 

| 18:00 |
石川雅一 粉引飛鉋のうつわ

DSC_0015.jpg

 

僕がとっても大好きなうつわ作家さんのおひとり石川雅一さん。使えば使うほど味わい深くなり、ますます惚れ込んでしまいますよ。

 

DSC_0053.jpg

 

DSC_0099.jpg

 

粉引飛鉋小鉢は直径約11cm・高さ約4cmの小さな器。おかずをちょっと盛り付けたり、デザートやお菓子を食べたりするのに最適。

 

2.jpg

 

石川雅一 粉引飛鉋小鉢 Price : ¥1.200+Tax Color : Kohiki Size : W11 × H4cm Hand Crafted by Hajime Ishikawa @ Mashiko.

 

DSC_0032.jpg

 

DSC_0051.jpg

 

DSC_0097.jpg

 

粉引飛鉋小皿はとっても使いやすいサイズのお皿です。お取り皿としても最適。卵焼き、小松菜のおひたし、蓮根の金平を盛り付け。

 

IMG_1018.jpg

 

石川雅一 粉引飛鉋小皿 Price : ¥1.500+Tax Color : Kohiki  Size : W15 × H4cm Hand Crafted by Hajime Ishikawa @ Mashiko.

 

DSC_0031.jpg

 

僕が大好きな場所、目黒区駒場にある日本民藝館。その時々の展示を観た後に必ず売店に立ち寄ります。そして,ほぼ毎回買ってしまうのが、栃木県芳賀郡益子町で作陶する石川雅一(はじめ)さんの器。そして、我が家で気に入って愛用しているのが、今回入荷した器と同じ粉引(こひき)飛鉋(とびかんな)の器なのです。益子の器としての特徴と共に、中国や朝鮮(李朝)の古い器の雰囲気も感じられます。様々なお料理も盛り付けしやすく、お料理も引き立ててくれます。主張し過ぎず、他の器とも調和しやすいので、我が家でも食卓に上る回数が多く、日々の器として大活躍しています。飛鉋の表情が、とっても大らかで微笑ましい。僕の大好きな器です。

 

DSC_0050.jpg

 

DSC_0092.jpg

 

粉引飛鉋茶碗は、ごはんを食べる時にはもちろん、お抹茶を点てて飲んだり、豚汁や温かいお蕎麦を食べたりするのにもいいかも。

 

IMG_2088.jpg

 

石川雅一 粉引飛鉋茶碗 Price : ¥2.000+Tax Color : Kohiki  Size : W14 × H9cm Hand Crafted by Hajime Ishikawa @ Mashiko.

 

DSC_0033.jpg

 

DSC_0046.jpg

 

DSC_0089.jpg

 

ちなみにこの上下の写真に写っているのは僕が5年程前から愛用している私物。貫入がビッチリ入って古陶の様な味わいがあります。

 

DSC_1108.jpg

 

石川雅一 粉引飛鉋汲出 Price : ¥1.400+Tax Color : Kohiki  Size : W10 × H8cm Hand Crafted by Hajime Ishikawa @ Mashiko.

 

DSC_0037.jpg

 

石川雅一(はじめ)1957年宇都宮生まれ。1979年岐阜県久々利大萱の吉田喜彦氏に師事。1982年栃木県芳賀郡益子町の合田陶器研究所に入所。1985年益子にて登窯を築き、南窓窯(なんそうよう)を設立。日本民藝館展奨励賞受賞。国展入選。日本民藝館展入選。

 

DSC_0043.jpg

 

DSC_0080.jpg

 

粉引飛鉋猪口は、僕が最初に購入した石川さんの器。納豆をといたり、お蕎麦を食べたり、お茶を飲んだり。マルチに大活躍します。

 

IMG_2094.jpg

 

石川雅一 粉引飛鉋猪口 Price : ¥1.500+Tax Color : Kohiki  Size : W10 × H8cm Hand Crafted by Hajime Ishikawa @ Mashiko.

 

DSC_0040.jpg

| 18:00 |
稲吉善光さんのうつわ。

DSC_0159.jpg

 

縁あって、笠間の陶芸作家・稲吉善光さんの器をお取り扱いさせていただくことになりました。まずはこちらの3型からになります。

 

DSC_0157.jpg

 

DSC_0160.jpg

 

DSC_0181.jpg

 

写真に写っているのが稲吉善光さんのマグカップ。珈琲がとても映えるカップだと実感しました。珈琲豆はホライズンわびさびや

 

IMG_0355.jpg

 

稲吉善光 黒釉マグカップ Price : ¥3.000+Tax Color : 1 Color Size : W11 × D8 × H8cm Made by Yoshimitu Inayoshi @ Kasama.

 

DSC_0156.jpg

 

稲吉 善光(いなよし よしみつ)さんは、陶器の街として有名な茨城県笠間市で活動している陶器作家さん。稲吉さんとは何というか運命的な出会いを感じました。これはもう出会うべくして出会ったというか...。会いに行かずにはいられない。そんな感じでした。

 

ある日のこと、いつもの様にふつうにclassicoを営業していたところにひとりのお客様がいらっしゃいました。そのお客様が稲吉さん。お話をしていたら、盛岡にあるイタリアンレストランのシェフにお薦めされて来たんですということでした。そのイタリアンのシェフというのが、Due Mani(ドゥエ・マーニ)小澤さん。小澤さんにも縁があって、縁が縁を結んだということが分かりました。

 

小澤さんには以前に家族揃ってclassicoにご来店いただいたことがありました。小澤さんは、盛岡にあるセレクトショップrasikuの佐々木さんからのご紹介でclassicoにご来店いただきました。小澤さんとお話していたら、僕と同郷(岩手県釜石市)ということ、しかも同じ高校(旧釜石南高校→現在の釜石高校)の出身だということも判明。小澤さんは僕よりだいぶお若いので、世代は全然違うんですけどね。縁を感じて、一昨年の6月に家族で盛岡に行ったDue Maniにてディナーをいただきました。お薦めのレストランです。

 

話は前後してしまいますが、稲吉さんがモリオカサマシコというイベントで盛岡に出張していた際に、橋の上で(元々お知り合いだった)小澤さんとバッタリ会い、お話しているうちにclassicoの話になったらしいです。稲吉さんはたまたま持っていたカロリーメイトの空き箱にメモをしてその場を後に...。ご友人の陶芸作家さんの個展を観に上京したついでにclassicoに立ち寄ってくださいました。

 

DSC_0176.jpg

 

DSC_0178.jpg

 

DSC_0174.jpg

 

写真に写っているのが稲吉善光さんの飯碗。白いご飯も映えますが、玄米ご飯や炊き込みご飯などがより映える器かなと思いました。

 

IMG_0289.jpg

 

稲吉善光  薄墨手飯碗 Price : ¥2.800+Tax Color : 1Color Size : W12.5 × D12.5 × H6cm Made by Yoshimitu Inayoshi @ Kasama.

 

DSC_0167.jpg

 

カロリーメイトの空き箱が結んだ縁。運命的な出会いと称するくらいですから、もちろんそれだけで終わりません。稲吉さんは愛知県出身で、茨城県笠間市在住。でも盛岡で開催されたモリオカサマシコの話になったときに、「実は大学時代盛岡に住んでいたんです」と稲吉さん。「えっ、ちなみにどちらの大学ですか?」と僕。「岩手大学です」と稲吉さん。「えぇ〜?僕も岩大(岩手大学の略称)ですよ」とびっくり仰天。しかも生まれ年がふたりとも昭和42年でふたりとも現役入学。僕が早生まれなので学年はひとつ上。学部は僕が人文社会学部、稲吉さんは教育学部と違ったので、おそらく接点はありませんが、同じ時代に同じ大学に3年間は通っていた訳です。そんなふたりがそんなこんな繋がりで出会ったという偶然。そりゃ運命というしかありません。だしょ、だしょ、そうだしょ。

 

classico blogでは何度か書いていますが、うちの奥さん(Chigu)がほぼ2ヶ月ごとに栃木県芳賀郡益子町にあるヘアサロンorganic hair salonにヘアカットに通っているのですが、その機会に益子町のほぼ隣町である笠間に行ってみよう。目的はもちろん稲吉さん。

 

稲吉さんが作る器をclassicoでお取り扱いさせていただきたいということです。稲吉さんのfacebookをチェックしたりして、ある程度確証はありました。でも何より縁ですよ、縁。これは導かれているに違いない。絶対に間違いはないだろう。そう思いながら笠間へ。

 

初めて訪れる笠間。長閑な田舎道から迷い迷いながら山道に入り、ようやく辿り着いた稲吉さんのアトリエ。稲吉さんと奥様にご挨拶。家族4人でアトリエを見学させていただきながら、お話をしました。展示会を控えたお忙しい中で時間を割いていただきご対応いただきました。アトリエでストックしている稲吉さんの作品の中から選ばせていただいたのは3型5点ずつ。稲吉さんが作っているうつわはとっても稲吉さんらしいうつわでした。素朴で力強くて馴染みやすい。盛り付けるお料理を拒絶することなく、自然体で素直に引き立ててくれるうつわ。そんな感じです。ぜひみなさんにも使ってみていただきたい。きっとお気にいりの器になることでしょう。

 

DSC_0190.jpg

 

DSC_0192.jpg

 

DSC_0185.jpg

 

稲吉善光さん薄墨手6.5寸皿皿に野菜たっぷりの焼きそばを盛り付けてみました。盛り付けしやすいし野菜の色合いが引き立ちます。

 

IMG_0348.jpg

 

稲吉善光  薄墨手6.5寸皿 Price : ¥4.000+Tax  Color : 1Color  Size : W21 × D21 × H4cm Made by Yoshimitu Inayoshi @ Kasama.

 

DSC_0184.jpg

| 18:00 |
手仕事フォーラム カレンダー

DSC_0014.jpg

 

毎年楽しみにしている方が多いでしょうね。2019年手仕事フォーラムのカレンダーが今年も入荷しました。お使い物にもオススメ!

 

DSC_0023.jpg

 

手仕事フォーラムのオリジナルカレンダー・卓上型は、1月から12月までのはがきサイズのカレンダー。茶色い厚紙の台紙に入っており、お好きな場所に立て掛けて使うことができます。(と言っても、風が強い場所とか、水に濡れる恐れのある場所は避けてください。)それぞれの月や季節感に合った柄を楽しむことができます。カレンダーもメリハリが利いていて、見易いですよね、とっても。

 

DSC_0031.jpg

 

手仕事フォーラム 2019年オリジナルカレンダー 卓上型 Price : ¥600 Size : W11.5cm ×H15cm(はがきサイズ) Made in Japan.

 

DSC_0011.jpg

 

2012年の11月、鎌倉を旅した際に訪れた民藝店もやい工藝にて出会い購入。以来欠かさず愛用しているカレンダーが、この手仕事フォーラムのカレンダー。このカレンダーの元になっている原画は、日本の手仕事を主な題材とした型染めです。色彩が鮮やかで軽快な印象を持つ型染めは、岩手県盛岡市在住の小田中耕一氏に寄るもの。小田中氏は、若くして染色工芸家で人間国宝の故芹沢鮭介氏に師事。数々の芹沢作品の制作に関わりました。ひとつひとつ先の細い刃物で紙を切り抜いて型紙をおこし、一色一色染めていく作業はとても手間のかかるもの。手仕事による柔らかな曲線やにじみが味わい深いものとなっています。今回ご紹介する手仕事フォーラムのカレンダーは、その様にして型染めされた原画を元に印刷して作られています。とっても素敵なカレンダー、贈り物にもオススメです。

 

DSC_0021.jpg

 

手仕事フォーラムのオリジナルカレンダー・ポスター型は、1月から12月までが一枚の用紙に印刷されたカレンダー。壁や家具などに直接貼ったり、画鋲で留めたりして飾っていただくカレンダーです。それぞれの月のカレンダーに添えられているアイテムは、卓上型とは異なります。だから、ポスター型、卓上型と飾る場所を変えていただければ、それぞれ楽しんでいただくことができます。4つ折りの状態で茶封筒に入っているので、家族や友人にそのまま郵便で送ったりすることも出来るんですよ。お若い方からご年配の方まで、楽しみながらご覧いただくことができるカレンダーだと思います。お手頃なお値段も魅力的。是非一家に一枚いかがでしょうか?

 

手仕事フォーラム 2019年オリジナルカレンダー ポスター型 Price : ¥300   Size : W36.4cm × H51.5cm( B3)  Made in Japan.

 

DSC_0029.jpg

 

 

| 23:00 |
沖縄 読谷山焼 北窯のうつわ。

DSC_0003.jpg

 

お久しぶ〜り〜ねぇ〜となりましたが、沖縄読谷山焼北窯のうつわが入荷しました。少量ですが、逸品ばかりです。マジ全部欲しい!

 

DSC_0015.jpg

 

最初に紹介するのは、宮城正享さんの湯呑み。 宮城さんらしく、いっちんで別々の柄が描かれています。ひとつは水玉柄、ひとつはお花柄でしょうね。灰色がかった緑色のベースに、ちょっと明るい色合いのいっちん柄(元々は白いいっちんだと思われる)。同色系の色合いなので、柄がいい具合に馴染んでいます。口辺が茶色く縁取られていて、内側もやや茶色がかった濃い色合いになっています。大き過ぎず小さ過ぎず、女性でも持ちやすい大きさ、サイズ感。ちょうどいい大きさの湯呑みです。使いやすいと思いますよ。

 

DSC_0054.jpg

 

読谷山焼 北窯 宮城正享(みやぎ まさたか)1960年沖縄県那覇市に生まれる。1975年読谷山焼共同窯「山田工房」にて作陶に従事。1990年読谷山やちむんの里に與那原正守、松田米司、松田共司と共に共同窯「読谷山焼 北窯」を開く。イッチンの美しさは秀逸。

 

DSC_0017.jpg

 

読谷山焼 北窯 宮城正享 湯呑み 白いっちん Price : ¥1.300+Tax Color : 1 Color Size : W7cm×D7cm×H8cm Made in Okinawa.

 

DSC_0009.jpg

 

我が家では以前から沖縄のうつわを幾つも愛用しています。あちらこちらのうつわ屋さんで見掛けては、気に入ったものを買い求めながら、集まってきました。特に好きなのが、読谷村焼北窯の松田米司(よねし)さん・共司(きょうし)さんが作るうつわです。沖縄で長年にわたって育まれて来たうつわの伝統を踏まえながらも、米司さん・共司さんそれぞれの味わいが感じられるうつわ作りを続けています。いつかclassicoでも松田さんご兄弟のうつわをお取り扱いさせていただきたいと、思い続けてきました。実際に北窯におうかがいして、直接おふたりにうつわの展開をお願いしてみたいと夢見ていたのです。しかし、いろいろと状況を知るうちに、実現するのが難しいことだと分かってきました。実際に松田米司さんとお電話をしてお話しさせていただきましたが、現状はその様な要望には対応出来ないということ。それでもいつの日にか直接お会いして、仕入れをさせていただくことを夢見つつも、現状仕入れをすることができるルートがあるのであれば活用させていただいて、まずは仕入れをしていこうではないか!という考えに至ったのであります。数年前、ある合同展を見に行った際に知り合った某会社の担当者の方にご連絡させていただきました。classicoからも程近い場所にあることから、さっそくお邪魔することに...。お電話では、松田さんご兄弟の作品はほとんど無いということでしたが、実際に行ってみたら思っていたよりは在庫があり、選ばせていただきました。それから何度かうかがって、仕入れをしています。今回は3年半ぶり。

 

DSC_0007.jpg

 

お次は、松田米司さんの平湯呑み。口辺がやや広がった茶碗型の湯呑みです。ナチュラルな色合いのベースに茶色と青の線が交互に描かれています。線の太さがひとつひとつ違うのは、手書きならではという感じ。選ぶ楽しみもありますよね。皆さんはどちらがお好みでしょうか?もともと湯呑みではありますが、もちろん他の用途で使っていただいてもOK。小鉢のようにちょっとしたおかずを盛り付けたり、アイスクリームやヨーグルト、お汁粉などなど、デザートを食べるときにも使いやすいと思いますよ。実は、我が家ではもう何年も前から同じ絵柄、配色の小皿を愛用しています。とっても気に入っているお皿なんです。なので、仕入れに行って、この湯呑みを見つけたときには、思わずニンマリしちゃいました。我が家に連れて帰りたいけど、きっとすぐに売れちゃうんだろうなぁ〜。

 

DSC_0057.jpg

 

読谷山焼 北窯 松田米司(まつだ よねし)1954年読谷村生まれ。1973年石嶺窯にて作陶を始める。1979年より読谷山焼窯 大嶺工房で修業。1990年共同窯「読谷山焼 北窯」を開く。日本民藝館展入選。各地で個展を開催。優しく柔らかなタッチの絵付けが特徴的。

 

DSC_0019.jpg

 

読谷山焼 北窯 松田米司 平湯呑み 線 Price : ¥1.460+Tax Color : 1 Color Size : W9.5cm × D9.5cm × H6cm Made in Okinawa.

 

DSC_0006.jpg

 

DSC_0048.jpg

 

こちらはどーんと存在感のあるやや大きめの鉢。沖縄を代表する陶工たちが琉球時代の古陶を復刻した「温故知新」の作品。宮城正享さんの力作です。ナチュラルな色合いのベースに青と茶色の花紋が点々で描かれています。工房の庭にあった草を何本か抜いて、紐で結わえて作った判子を押して、紋様を描いたのだとか。当時、本当にそうしていたかは定かではないそうですが、手本とする古陶を眺めているうちに、想像を膨らませて思いついたのでしょう。きちんとなり過ぎていない、おおらかな雰囲気がとっても魅力的です。

 

DSC_0039.jpg

 

読谷山焼 北窯 宮城正享  呉須 飴釉 点打 花紋7寸鉢  Price : ¥5.400+Tax  Size : W23cm × D23cm × H10cm Made in Okinawa.

 

DSC_0038.jpg

 

DSC_0028.jpg

 

同じく「温故知新」の作品。こちらは松田共司さんの印花紋7寸皿。宮城さんのやや青みがかったナチュラルな色合いのベースに青と茶色の花紋が点々で描かれています。共司さんは大らかな繪付けが特徴的なので、こちらは筆で描かれた花紋かも知れませんね。直径22cmととっても盛り付けしやすいサイズ感。色合いからも和食だけではなく、洋でも中でもなんでも馴染んでくれそうな気がします。今回仕入れたうつわは、本気で全部欲しいくらいなんですが、特にこのお皿は欲しいですねぇ〜。でもお客様優先。我慢します。

 

DSC_0026.jpg

 

読谷山焼 北窯 松田共司(まつだ きよし)1954年読谷村生まれ。1974年石嶺窯にて作陶を開始。1979年より読谷山焼窯 大嶺工房で修業。1990年共同窯「読谷山焼 北窯」を開く。1994年日本民藝館展入選後、受賞多数。丁寧な作りと温かみのある器に定評あり。

 

読谷山焼 北窯 松田共司 印花紋7寸皿 Price : ¥7.500+Tax Color : 1 Color Size : W22cm × D22cm × H5cm Made in Okinawa.

 

DSC_0023.jpg

 

DSC_0031.jpg

 

僕が一番好きな沖縄の作家さんが、松田共司さん。でもこんなうつわは見たことがありませんでした。話を聞くと、これは共司さん自身が本当に作りたいと思って作ったうつわなんだとか。沖縄らしいとか、きっとそう言うことにとらわれずに作ったうつわなのでしょう。とっても力強さ、エネルギーがひしひしと感じられます。31cmとかなり長いお皿なので、その長さを生かした使い方を楽しみたい。そんな気がします。今の時期、思い浮かぶのはやっぱり秋刀魚でしょう。脂の乗った新鮮な秋刀魚は今が旬!大きめサイズの秋刀魚の塩焼き、大根おろしをちょこんと添えてなんて、いいですねぇ〜。1点限りのうつわです。思い立ったら、ぜひご来店ください。

 

DSC_0060.jpg

 

読谷山焼 北窯 松田共司 白土足付長皿 Price : ¥4.860+Tax Color : 1 Color Size : W31cm × D12cm × H3cm Made in Okinawa.

 

DSC_0034.jpg

| 21:30 |
鈴木稔 長皿

DSC_0015 (1).jpg

 

しばらくの間 完売していた鈴木稔さんの長皿が入荷してきました。丸柄とダイヤ柄の2種。初めての方もリピーターさんもお早めに!

 

DSC_0017.jpg

 

ある日の朝食風景。長皿に盛り付けた味の干物が型崩れしてしまっているのは、さらっと見なかったことにしておいてくださいませ。

 

IMG_1871.jpg

 

鈴木稔 長皿 丸柄    Price : ¥3.500+Tax Color : 1 Color  Size : W 24 × D 12 × H 2.5cm Hand Crafted by Minoru Suzuki. 

 

DSC_0042.jpg

 

鈴木稔さんの器と出会ったのは、渋谷ヒカリエ内にあるショップd47 design travel store。 d47 MUSEUMに併設して設けられたショップで、D&DEPARTMENTが発行するデザイントラベル誌「d design travel」編集部が運営しています。編集部のみなさんが取材を通じて出会ったもの達を、各都道府県別に分けてディスプレイ・販売しています。その栃木県のコーナーで出会ったのが、まさに今回ご紹介させていただくダイア柄の長皿。一目惚れでした。ちょうどこの様な細長いお皿を探していた僕のニーズにぴったんこ。2枚購入し、以来気に入ってほぼ毎日の様に愛用しています。焼魚や餃子を乗せたり、献立を数品並べて盛り付けたり。時には和菓子を並べたり。サンマの様な長いお魚や鯛の様な大きな魚は乗せられませんが、鯵の開きや鮭の切り身などにはちょうどいい大きさなのです。卵焼きとか梅干しとか、金平ごぼうとか、ご飯のおかずをちょこっと盛り付けるにも使いやすいです。今回一緒に入荷した丸柄もダイヤ柄と共にすでに大人気商品となっています。柄違いで何枚か揃えてご愛用いただくのも楽しいと思いますよ。お薦めの器であります。

 

DSC_0021.jpg

 

ある日の昼食 in classico。谷中にある老舗和菓子屋さん・荻野のおにぎり(梅・シソ、山菜、赤飯)+お惣菜を盛り付けてみました。

 

DSC_0003.jpg

 

鈴木稔 長皿 ダイア柄   Price : ¥3.500+Tax Color : 1 Color Size : W 24 × D 12 × H 2.5cm Hand Crafted by Minoru Suzuki. 

 

DSC_0039.jpg

| 16:30 |
鈴木稔さんのうつわ

DSC_0319.jpg

 

今週の火曜日、益子にある鈴木稔さんの工房を訪ねました。その時に仕入れたうつわです。すべて1点ずつ。気になる方はお早めに。

 

DSC_0328.jpg

 

DSC_0348.jpg

 

鈴木稔 箸置き 猫 Price : ¥600+Tax Color : 1 Color Size : W2.5cm × H2cm × L5cm Hand Crafted by Minoru Suzuki @ Mashiko.

 

DSC_0346.jpg

 

鈴木稔 箸置き 犬 Price : ¥800+Tax Color : 1 Color Size : W2cm × H2cm ×L 4.5cm Hand Crafted by Minoru Suzuki @ Mashiko.

 

DSC_0344.jpg

 

鈴木稔さんの器と出会ったのは、渋谷ヒカリエ内にあるショップd47 design travel store。 d47 MUSEUMに併設して設けられたショップで、D&DEPARTMENTが発行するデザイントラベル誌「d design travel」編集部が運営しています。編集部のみなさんが取材を通じて出会ったもの達を、各都道府県別に分けてディスプレイ・販売しています。その栃木県のコーナーで出会ったのが、まさに今回ご紹介させていただくダイア柄の長皿。一目惚れでした。ちょうどこの様な細長いお皿を探していた僕のニーズにぴったんこ。2枚購入し、以来気に入って、ほぼ毎日の様に愛用しています。この長皿を手に入れて以来、classicoでお取り扱いしたいと思い続けていました。ある日、facebookで鈴木稔さんのページを発見。思い切ってご連絡をさせていただきました。そして、2014年の5月、益子にある工房におうかがいすることに...。家族と共に那須・黒磯 ~ 益子 ~ 栃木へと2泊3日の旅行した際、鈴木稔さんの工房を訪れました。山の中にひっそりと佇む鈴木さんの工房には、鈴木さんの作品が整然と並び、奥のお部屋ではお弟子さんが絵付けの作業中。工房にストックしてあった器の中から、数型を数点ずつ選ばせていただき、お取引をさせていただくことになりました。(お目当ての長皿については、ほとんど在庫が無く、在庫としてあったものを少量のみ仕入れ)数日後に納品していただいたその器は、たいへんご好評をいただきました。完売間近となった8月中旬、鈴木さんにご連絡。長皿2種を注文しました。約1ヶ月程の製作期間を経て、念願だったclassicoでの長皿の展開が始まったという訳です。鈴木稔さんの長皿は、今ではclassicoのベストセラー商品のひとつとなっています。

 

DSC_0329.jpg

 

DSC_0352.jpg

 

鈴木稔 箸置き 鳥 Price : ¥600+Tax Color : 2 Color Size : W3cm × H3cm × L4.5cm Hand Crafted by Minoru Suzuki @ Mashiko.

 

DSC_0349.jpg

 

今回ご紹介するのは、2/19(月)に益子を旅した際、鈴木稔さんの工房にて在庫している器の中から選ばせていただき、持ち帰ってきた器です。今回、いつもと比べると在庫している器が少なくて、少量のみの仕入れとなってしまいましたが、いずれも魅力たっぷりだと思いますよ。まずはとってもかわいい箸置き。昨年の同じ頃にうかがった時に、昨年の干支である鳥の箸置きを幾つか仕入れ、我が家でも気に入って愛用しています。今回は同じ鳥の箸置きを色違いでひとつずつ。それから今年の干支である犬の箸置きをひとつ。それから猫の街・谷中にちなんで猫の箸置きもひとつ仕入れました。ご家族で、動物違いで箸置きを使っていただくのも楽しそうです。

 

DSC_0332.jpg

 

DSC_0368.jpg

 

鈴木稔 酒器 八角 Price : ¥1.600+Tax Color : 2 Color  Size : W11cm ×H6cm ×D7cm Hand Crafted by Minoru Suzuki @ Mashiko.

 

DSC_0366.jpg

 

お次は小さめサイズの酒器2種。口縁が八角形のタイプと六角形のタイプがあります。サイズ感はほぼ同じくらい。内側は白っぽい色合いで、外側がそれぞれ色違いになっています。いずれも益子らしい色合い。鈴木稔さんの多くの作品に使われている釉薬なので、例えばclassicoでお取り扱いしている長皿などとの相性もかなり良いでしょう。酒器ということで、主に日本酒向けということなのでしょうけど、ちょっとしたデザートを盛り付けてみたり、時にはお花を生けてみたり。楽しみながらご愛用いただけたら嬉しいです。

 

DSC_0335.jpg

 

DSC_0367.jpg

 

鈴木稔 酒器 六角 Price : ¥1.600+Tax Color : 4 Color  Size : W11cm ×H6cm ×D7cm Hand Crafted by Minoru Suzuki @ Mashiko.

 

DSC_0372.jpg

 

そしてこちらはミルクピッチャー。やはりこちらも内側は白っぽい色合いで、外側は益子らしい釉薬を使って作られています。コーヒーや紅茶を飲む時、デザートを食べる時などに活躍してくれそうです。また、それ以外にもサラダのドレッシングやお醤油、ソースなどを、こんな素敵な器に入れて、食卓に並べたりしたら、お洒落だと思いませんか? 和・洋・中、問わず是非ご活用くださいませ。

 

DSC_0361.jpg

 

DSC_0363.jpg

 

鈴木稔 ミルクピッチャー Price : ¥1.600+Tax Color : 2 Color  Size : W11cm × H6cm × D7cm Hand Crafted by Minoru Suzuki.

 

DSC_0338.jpg

 

最後にご紹介するのは、片口。ちょっと小ぶりなサイズですが、今回一緒にご紹介している酒器と合わせて使っていただくにはピッタリ。いやぁ〜っ、こんなセットでお酒を飲んだら、相当心地よく酔うことができそうです。先にご紹介したミルクピッチャー同様、お食事の時に使っていただくこともできますよ。やはりサラダのドレッシングだったり、蕎麦やうどん、つけ麺の付けだれだったり、スープだったり。どんな風に使おうかな〜なんて考えると、楽しくなってきますね。あ〜この片口、我が家にも欲しい!使いた〜い!

 

DSC_0339.jpg

 

DSC_0357.jpg

 

鈴木稔 片口 Price : ¥3.500+Tax Color : 1 Color  Size : W12cm × H9.5cm × D9cm Hand Crafted by Minoru Suzuki @ Mashiko.

 

DSC_0358.jpg

| 20:20 |
鈴木稔 丸平皿

DSC_0378.jpg

 

昨年、鈴木稔さんに特注して作っていただいた丸平皿が再入荷しました。今回は四分割のみ。我が家でも大活躍中。お薦めの器です!

 

DSC_0374.jpg

 

鈴木稔さんの器と出会ったのは、渋谷ヒカリエ内にあるショップd47 design travel store。 d47 MUSEUMに併設して設けられたショップで、D&DEPARTMENTが発行するデザイントラベル誌「d design travel」編集部が運営しています。編集部のみなさんが取材を通じて出会ったもの達を、各都道府県別に分けてディスプレイ・販売しています。その栃木県のコーナーで出会ったのが、classico blogではお馴染みとなったダイア柄の長皿。一目惚れでした。ちょうどこの様な細長いお皿を探していた僕のニーズにぴったんこ。2枚購入し、以来気に入ってほぼ毎日の様に愛用しています。焼魚や餃子を乗せたり、献立を数品並べて盛り付けたり。時には和菓子を並べたり。さんまの様な細長いお魚や鯛の様な大きな魚は乗せられませんが、鯵の開きや鮭の切り身などにはちょうどいい大きさなのです。卵焼きとか梅干しとか、金平ごぼうとか、ご飯のおかずをちょこっと盛り付けるにも使いやすいんですよ。お薦めの器であります。(ちょっと前にclassico blogでご紹介したこの長皿は、ダイア柄、丸柄ともまだ若干在庫があります。合わせてご検討ください。)

 

DSC_0346.jpg

 

昨年11月に開催 キッテ通りの小さな茶室めぐりにてclassicoで提供したお茶のセット。谷根千エリアの銘菓を盛り付けしてみました。

 

DSC_0023.jpg

 

以前にもclassicoで書いたことがあると思いますが、Chiguが約2か月に一回、益子にあるOrganic Hair Salonにて髪を切っていただいています。僕がお休みの火曜日に合わせて事前に予約をし、家族4人で車で出掛けることが多くなっています。せっかく益子に行くならということで、鈴木さんの工房を訪ねることもあります。器の注文をしたり、工房でストックしている在庫の中から仕入れをしたりしています。昨年2月に入荷した丸平皿は、一昨年12月に益子に行った時に特注したお皿。以前にも仕入れたことがある無地の丸平皿を僕自身も気に入って愛用していて、僕の好きな掛分け柄2種類(二分割柄と四分割柄)を注文させていただきました。ケーキや和菓子を並べてもいいし、おにぎりやお惣菜にも...。お取り皿としてもご愛用いただけると思いますよ。我が家でも大活躍しています。

 

DSC_0336.jpg

 

今回ご紹介するのは、昨年11月に開催した キッテ通りの小さな茶室めぐりの際に使いたいと思って再注文していた丸平皿。上の写真の様にコーディネートしたかったので、四分割柄のみ注文していました。鈴木さんがご多忙な時期だったこともあり、11月には間に合わず。(鈴木さんからも11月には間に合わないということは、あらかじめご連絡をいただいていました)昨年末頃の入荷となりました。シンプルかつシャープなデザインの平らなお皿。益子の伝統的な釉薬が使われています。モダンでありながらどこかノスタルジック。民藝的な香りもほどよく感じられます。和食はもちろん、洋食、中華、和菓子、洋菓子と幅広くお使いいただけたら嬉しいです。

 

DSC_0381.jpg

 

ある日の朝食風景。鈴木稔さんの丸平皿をお取り皿として使っています。それぞれの色に合わせて盛り付けするのが楽しいんですよ。

 

DSC_0312.jpg

 

 

鈴木稔 丸平皿 Price : ¥2.200 + Tax Color : 四分割掛分け  SIze : 直径約17cm × 高さ1.5cm Made by Minoru Suzuki @ Mashiko. 

 

DSC_0343.jpg

 

DSC_0356.jpg

| 20:00 |
鈴木稔 長皿

DSC_0038.jpg

 

皆様お待ち遠様です。完売状態が続いていた鈴木稔さんの長皿が入荷いたしました。初めての方もリピーター様も、この機会に是非!

 

DSC_0028.jpg

 

DSC_0039.jpg

 

ある日の朝食風景。長皿ダイヤ柄に鯵の干物を盛り付けてみました。そんなに大きな魚は盛り付けできません。ご了承くださいませ。

 

IMG_0112.jpg

 

鈴木稔 長皿 ダイア柄 Price : ¥3.500+Tax Color : 1 Color  Size : W24 × D12 × H2.5cm Hand Crafted by Minoru Suzuki@Mashiko.

 

DSC_0015.jpg

 

鈴木稔さんの器と出会ったのは、渋谷ヒカリエ内にあるショップd47 design travel store。 d47 MUSEUMに併設して設けられたショップで、D&DEPARTMENTが発行するデザイントラベル誌「d design travel」編集部が運営しています。編集部のみなさんが取材を通じて出会ったもの達を、各都道府県別に分けてディスプレイ・販売しています。その栃木県のコーナーで出会ったのが、まさに今回ご紹介させていただくダイア柄の長皿。一目惚れでした。ちょうどこの様な細長いお皿を探していた僕のニーズにぴったんこ。2枚購入し、以来気に入ってほぼ毎日の様に愛用しています。焼魚や餃子を乗せたり、献立を数品並べて盛り付けたり。時には和菓子を並べたり。さんまの様な細長いお魚や鯛の様な大きな魚は乗せられませんが、鯵の開きや鮭の切り身などにはちょうどいい大きさなのです。卵焼きとか梅干しとか、金平ごぼうとか、ご飯のおかずをちょこっと盛り付けるにも使いやすいんですよ。お薦めの器であります。

 

DSC_0027.jpg

 

DSC_0027.jpg

 

ある日の昼食風景。長皿 丸柄に千駄木にある韓国料理のお店 オンマ・キッチンのキンパ(韓国風のり巻き)を盛り付けてみました。

 

DSC_0038.jpg

 

鈴木稔 長皿 丸柄  Price : ¥3.500+Tax Color : 1 Color  Size : W24 × D12 × H2.5cm Hand Crafted by Minoru Suzuki@Mashiko.

 

DSC_0033.jpg

| 19:30 |
Page: 1/4   >>