Entry



Archives


Category


Search


Link

uraraka open!

 

新型コロナウィルス感染拡大という状況の中悩みながらもurarakaオープン!ちぎらまりこ さん、EARTHLIGHT COFEEさんと共に。

 

 

全世界的に新型コロナウィルスの感染が広がっているこの頃。あらかじめ予定していたと言うものの、オープンして良いものかどうか店主である千草はかなり迷っていました。僕としては新型コロナウィルスとの闘いは長期戦になるだろうと思っていましたし、急速に状況が改善されるとは思えなかったので、目指してきた日にオープンすることが最善と思い、予定通りオープンする決断をしました。

 

 

新型コロナウィルス感染拡大という厳しい状況に加えて昨日は生憎のお天気。きっとひっそりとしたオープン日になるだろうなと覚悟していました。10:00のオープンに備えて開店準備&掃除をしていたところ、urarakaオープンに当たってお誘いしていた群馬県太田市 EARTHLIGHT COFFEEさんチームが9:00頃に到着。そして、やはりお誘いしていた前橋在住の貼り絵作家•ちぎらまりこさんが到着しました。それぞれの車から荷物を運び込み、セッティングしていただきました。オープン時間10:00前には準備万端整いました。

 

 

みんな集まって朝礼&店主•千草からの挨拶。そして、オープンとなりました。換気に気をつけるため入り口は開けたまま。店内入ってすぐのところにアルコール消毒のスプレーを設置。みんな出来るだけマスクを着用する様にと心掛けました。10:00をちょっと過ぎたころ、車が一台到着。家族ぐるみでお付き合いしているやっちゃんがお友達を連れて来てくれました。urarakaはじめてのお客様。

 

 

それから続々と車が駐車場に入ってきました。一時期は駐車場がいっぱいになるほど。桐生市内でお店を営んでいる方々、ものづくりをしている方々、フリーで活動している方々など。今回出店していただいたちぎらまりこさんEARTHLIGHT COFFEEさんチーム。それぞれのお友達やご家族、お知り合いのみなさまも。嬉しい出会いもありましたし、地元での繋がりがグッと広がっていきました。

 

 

桐生市にお住まいの方のみならず、お隣の太田市や栃木県の足利市、栃木市からも。urarakaオープンの日にお立ち寄りいただいたみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。末永く続けていける様、少しずつ成長してける様に頑張ります!

 

 

uraraka店内に入ってすぐのところには、本のコーナーがあります。classicoから徒歩1分程のご近所さんひるねこBOOKS小張さんに選書していただいたひるねこBOOKSさんコーナーです。オープンに当たって選んでいただいたのは新書&古本10冊づつ。少しずつ増やして予定なので、楽しみにしていてください。まだまだオープンしたばかりのurarakaですが、みなさまよろしくお願いいたします。

 

uraraka 〒376-0011群馬県桐生市相生町1-195-7 Tel : 0277-52-5250 Mail : mail@uraraka-life.com Open : 10:00~17:00(不定休)

 

| 23:00 |
uraraka 準備中!

 

4月1日のオープンに向けて、uraraka引き続き準備中です。長女のチハもお手伝い。オープン当日は素敵な催しものを開催予定です。

 

新型コロナウィルス感染拡大している状況ではありますが、4月1日のオープンに向けて準備を進めています。群馬県桐生市相生町1-195-7。商店街という訳ではなく住宅街の一角。ふだんは近所にお住まいのみなさましか通らないようなひっそりとしたロケーション。たくさんのお客様が重なって、危険な状態になるという可能性も低いと思われますが、充分に配慮してオープンするつもりです。

 

 

4月1日オープン当日は、嬉しいことにclassicoにゆかりのある素敵なゲストのみなさんにもお客様をお迎えしてくださることになりました。谷中キッテ通り水玉市にも参加していただいた群馬県前橋市在住の貼り絵作家さん・ちぎらまりこさん。それから昨年春に群馬県太田市にEARTHLIGHT COFFEEをオープンした半田拓也さん。ちぎらさんは貼り絵の似顔絵ワークショップを開催予定。お客様やご家族、ペットや大切にしているものなどをちぎらさんらしい貼り絵で表現し、作成してくださいます。もしちぎらさんに貼り絵作品を作っていただきたい写真などがありましたら、お持ちください。半田さんには自ら焙煎したコーヒー豆の販売とコーヒーの販売をしていただきます。半田さんが焙煎したコーヒー豆は、昨年秋からclassicoでも販売してきましたが、urarakaでも販売していく予定です。音楽家でもある半田さんが、classicoとurarakaのために作曲してくださり、それぞれのショップで販売するコーヒー豆のパッケージにそれぞれの曲を聴けるような仕掛けを考えてくださいました。とっても素敵な曲なんですよ。みなさまにも聴いていただきたい!

 

 

今日は、uraraka店主となる千草、義理のお父さん、新型コロナウィルス感染拡大の影響で小学校がお休みとなっている長女チハと一緒にurarakaのオープン準備に励みました。千草はカウンターまわりの壁面に有効ボードを設置施工、お父さんは店内細部のメンテナンス、僕はディスプレイ用観葉植物の植え替え、照明器具の設置・調整&オーディオ機器の移動、設置、チハは僕の指示により商品陳列のお手伝い。チハはお手伝いしたくてウズウズしていたのですが、小学校2年生のチハにお願いできることを考えるのが、けっこう難問でした。なんとか思いついて指示をすると、ウキウキ喜んでお手伝いをしてくれました。微笑ましいやら、将来が楽しみやら。

 

 

urarakaには大工仕事が好きな千草が作った什器が幾つかあるんですよ。カウンターまわりの有効ボード設置&黒板仕様も千草のアイデア&手仕事。uraraka来店の際にはぜひ千草の手仕事ぶりもチェックしてみてください。さぁ、いよいよ来週火曜日に最終準備を整えて、来週水曜日4月1日がオープンとなります。バタバタになるだろうなぁ〜。当日は家族、ちぎらさん&半田さんでお迎えします!

(オープンの際には、お祝いのお花・贈り物などはご遠慮させていただきます。くれぐれもお心遣いのないようにお願いいたします)

 

uraraka 〒376-0011群馬県桐生市相生町1-195-7 Tel : 0277-52-5250 Mail : mail@uraraka-life.com Open : 10:00~17:00(不定休)

 

| 21:00 |
uraraka 準備中!

 

家族が住んでいる群馬県桐生市にてurarakaと言うお店をオープンします。4月1日のオープンに向けてただいま準備中 〜こんな感じ。

 

 

ちょいちょい何となくはお伝えしていましたが、いよいよ桐生のお店の準備が進んできました。新型コロナウィルス感染拡大など不安が広がっている状況ではありますが、今のところ4月1日(水)にオープンする予定です。もし変更がありましたらご連絡いたします。

 

 

場所は群馬県桐生市相生町の住宅街の一角。最寄駅は東武鉄道新桐生駅。北千住駅から東武特急りょうもう号に乗って約1時間半程。その新桐生駅から歩いて10分程という立地です。築30年程の一軒家。もともとは1階をパチンコ工場として、2階を工場の社長宅として使っていたようです。すでにみなさまご存知だとは思いますが、まだ幼い娘たちを田舎で育てたいという千草の気持ちを受け入れ、移住を決意しました。桐生に理想的な保育園があることを知り、見学・相談に行き、迷わず入園を決定。桐生での家探しが始まりました。幾度も物件探しを続けるうちに出会ったのがこの物件。1階スペースでお店もできそうというのが大きなポイントとなりました。

 

 

classicoでアルバイトをしていた当時東京藝大建築学科の大学院生だった板坂留五さんに相談し、設計・プランニングを担当してもらいました。施工は縁あって桐生市菱町にあるSUNNY WOOD WORKS andの山本さんに窓口になっていただき、地元の買いたい業者さん、大工さんや電気屋さんなどが工事に当たってくださいました。2度の内装工事が終わった後は、自分たちでペンキを塗ったり、余計なものを取り除いたり、什器を作ったり。だいぶお店らしくなってきました。オープンまであと20日程。商品を手配したり、並べたり、値段をつけたり、書類を作ったり、備品を揃えたり。やらなきゃならないことが山積みです。大忙しの日々となりそうです。

 

| 23:00 |
Page: 1/1