Entry



Archives


Category


Search


Link

針原修「流木の鳥」

DSC_1180.jpg

 

予告通りいよいよ針原修さんの「流木の鳥」がclassico blogに登場! チビッコあり、つがいあり、ボスっぽいのあり。どれにする?

 

DSC_1181.jpg

 

DSC_1204.jpg

 

DSC_1205.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017081301 OHC-0278  ¥10.000 + Tax Size : W10cm × H11cm × D5cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1182.jpg

........................................................................................................................................................................................................................

 

DSC_1183.jpg

 

DSC_1211.jpg

 

DSC_1208.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017081302 OHC-0279  ¥19.000 + Tax Size : W20cm × H13cm × D9cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1184.jpg

 

2002年、初めて青山のダ・ドリアデに行った時に、針原修さんの「流木の鳥」と出会いました。ヨーロッパの一流デザイナーの家具や作品がたくさん展示・ディスプレイされている中で、僕は「流木の鳥」に魅了されました。時間を忘れて夢中で見ていたと思います。その時に購入せずに帰った事を後になって後悔しました。2002年の5月、ダ・ドリアデにてはじめて「流木の鳥」を購入。当時は山下町から鎌倉に引っ越して数ヶ月の頃、海辺の生活に愛着を感じ始めていたので、余計にこの「流木の鳥」に思い入れを感じたのだと思います。疲れて帰った時、落ち込んだ時など、ふとこの「流木の鳥」を眺めると、気持ちが癒され、励まされました。鎌倉の暮らしの中では一番愛着を感じていましたし、大切にしていました。そして、いつか自分でお店を開く時、針原修さんの「流木の鳥」を扱いたいという気持ちが芽生え、次第に強くなっていきました。1、2年程経ったある日、またダ・ドリアデに行きました。その時には数点しか飾られていなく、しかも非売品となっていました。もう商品として扱わなくなってしまったという事でした。とても残念な思いで帰りました。その後、ダドリアデの方に針原さんの連絡先を教えていただき、いつかお店を開く時のために温めていました。

 

DSC_1189.jpg

 

DSC_1212.jpg

 

DSC_1213.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017081303 OHC-0280  ¥12.000 + Tax Size : W19cm × H16cm × D4cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1190.jpg

........................................................................................................................................................................................................................

 

DSC_1185.jpg

 

DSC_1219.jpg

 

DSC_1221.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017081304 OHC-0281  ¥14.000 + Tax Size : W17cm × H14cm × D8cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1186.jpg

 

2006年、僕が谷中にてクラシコをオープンする前は、4年程鎌倉に住んでいました。若宮大路から長谷へ抜ける由比ケ浜通り沿いにある小さな雑居ビルの3階。由比ケ浜までは歩いて7分程と近かったこともあり、たまにはロングボードを楽しんだりしました。家からウエットスーツ、ビーサンのままロングボードを抱えて行けるのが、便利でしたし気持ちよかったです。陶器と流木で出来たウインドチャイム、瓢箪スピーカー、そして針原修さんの「流木の鳥」。現在のクラシコを象徴するもの、それは僕の鎌倉時代の生活を象徴していたものであると言ってもいいと思います。「谷中にあるのにんだか海の近くにあるお店の様な感じがしますね。」と言われることがありますが、そんなことが影響しているのかも知れません。ウインドチャイムと瓢箪スピーカーは、横浜山下町に住んでいた頃に友人からいただいた贈り物でした。横浜山下町時代も部屋に飾ってはいましたが、鎌倉の住まいの方がしっくり馴染んでいました。

 

DSC_1187.jpg

 

DSC_1216.jpg

 

DSC_1217.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017081305 OHC-0282  ¥12.000 + Tax Size : W14cm × H18cm × D4cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1188.jpg

........................................................................................................................................................................................................................

 

DSC_1191.jpg

 

DSC_1222.jpg

 

DSC_1223.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017081306 OHC-0283  ¥13.000 + Tax Size : W20cm × H15cm × D5cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1192.jpg

 

2006年、いよいよ自分でお店を開く事になりました。内装工事もほぼ終わりひと息ついた頃に、その温めていた電話番号のメモを握りしめ、電話してみましたが、時すでに遅し。事務所は移転しており、連絡がつかなくなっていました。インターネットで調べても役立つ情報を得る事が出来ず、オープンの日を迎えました。お店には何らかの出会いの機会を期待して、だたひとつの「流木の鳥」を飾りました。オープンから1か月程たった頃、針原さんの個展が行われる事を知りました。個展にうかがった際に「流木の鳥」をひとつ購入し、針原さんへのお手紙を託して帰りました。数日たったある日、針原さんからファックスが届きました。「谷中界隈は子供の頃より慣れ親しんだ町であり、地元地域で作品を紹介していただけるのは嬉しいです。お店にうかがいます。」という内容のファックスでした。とても嬉しく、そわそわワクワクして待ちました。田端在住の針原さんは、自転車でご来店になりました。classicoを見て気に入っていただき、展開が始まりました。針原修さんは、グラフィックデザイナーとしての仕事に従事しながら、30年以上に渡って「流木の鳥」の製作に情熱を注いでいます。針原修デザイン室には沢山の流木がストックしてあります。台風の後など海岸で拾い集めた流木を丁寧に洗い、時間をかけて乾燥させます。そして、流木それぞれの自然な形、素材感や色を活かし、創造しながら命を吹き込んでいきます。これまでclassicoで沢山の「流木の鳥」を扱ってきましたが、ひとつひとつの作品に個性を感じます。もともと流木が持つ個性に針原さんから吹き込まれた命が宿り、それぞれ「流木の鳥」としての個性になります。「流木の鳥」は、何に使う道具?というわけではないですが、生活を楽しむ道具としてのクラフトであると思います。是非自分だけの「流木の鳥」を見つけてください。

 

DSC_1193.jpg

 

DSC_1224.jpg

 

DSC_1225.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017081307 OHC-0284  ¥13.000 + Tax Size : W19cm × H15cm × D5cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1194.jpg

........................................................................................................................................................................................................................

 

DSC_1195.jpg

 

DSC_1226.jpg

 

DSC_1225.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017081308 OHC-0285  ¥13.000 + Tax Size : W19cm × H16cm × D6cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1196.jpg

 

最近、針原修さんの「流木の鳥」を真似て、流木で作った鳥のオブジェを見掛けます。30年以上に渡って作り続けている針原さんの作品とそれらの模造品とは、明らかにレベルが違います。針原さんの作品と勘違いして購入することの無い様、充分にご注意ください。

 

DSC_1198.jpg

 

DSC_1228.jpg

 

DSC_1229.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017081309 OHC-0286  ¥13.000 + Tax Size : W23cm × H18cm × D4cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1199.jpg

........................................................................................................................................................................................................................

 

DSC_1200.jpg

 

DSC_1231.jpg

 

DSC_1233.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017081310 OHC-02867 ¥16.000 + Tax Size : W19cm × H18cm × D8cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1201.jpg

........................................................................................................................................................................................................................

 

DSC_1202.jpg

 

DSC_1234.jpg

 

DSC_1235.jpg

 

針原修「流木の鳥」 2017081311 OHC-02868 ¥18.000 + Tax Size : W20cm × H19cm × D6cm Hand Crafted by Osamu Harihara.

 

DSC_1203.jpg

| 19:00 |
Summer Holiday!

DSC_1170.jpg

 

2017年8月16日水曜日は夏休みをいただきます。8月15日火曜日の店休日と合わせて連休となります。お間違えのないようにご確認ください。8月17日木曜日からは通常営業いたします。店内一部ではアーカイブセールも継続中。日々品出しをしているので、きっと皆さまのお気に入りの逸品も見つかるはず。お近くにお越しの際には是非お立ち寄りくださませ。よろしくお願いいたします。 高橋 隆

| 19:00 |
jujudhau Tank Top

DSC_1174.jpg

 

jujudhau Tank Topはちょー気持ちいいタンクトップ。首元が詰まったタイプと開いたタイプがありますよ。男子が着てもオッケー!

 

DSC_1194.jpg

 

ここ数日女性陣の出勤がないので僕(165cm 55kg)が着用モデルを務めます。役不足で申し訳ありません。小柄な男性なら着用可。

 

DSC_1174.jpg

 

jujudhau Small Neck Tank Top Price : ¥5.500 + Tax Color : White Size : ( Lady′s )Free Cotton 100% Made in Nepal.

 

DSC_1177.jpg

 

DSC_1191.jpg

 

jujudhau Small Neck Tank Top Price : ¥5.500 + Tax Color : Navy Nep  Size : ( Lady′s )Free  Cotton 100% Made in Nepal.

 

DSC_1181.jpg

 

DSC_1188.jpg

 

jujudhau Small Neck Tank Top Price : ¥5.500 + Tax Color : Grey Nep Size : ( Lady′s )Free Cotton 100% Made in Nepal.

 

DSC_1183.jpg

 

jujudhau Small Neck Tank Top Size(Lady′s)F : 胸幅49cm 裾幅52cm 前身丈(首下〜裾)53cm 後身丈59cm 袖口開き20cm

 

DSC_1184.jpg

 

DSC_1186.jpg

 

DSC_1183.jpg

 

jujudhau Deep Neck Tank Top Price : ¥5.500 + Tax Color : White Size : ( Lady′s )Free Cotton 100% Made in Nepal.

 

DSC_1171.jpg

 

DSC_1181.jpg

 

こちらも同様。小柄な男性ならご愛用いただけるサイズ感、バランス。ただデザイン的にはこちらの方が女性っぽい様な気がします。

 

DSC_1198.jpg

 

jujudhau Deep Neck Tank Top Price : ¥5.500 + Tax Color : Navy Nep Size : ( Lady′s )Free Cotton 100% Made in Nepal.

 

DSC_1173.jpg

 

DSC_1180.jpg

 

jujudhau Deep Neck Tank Top Price : ¥5.500 + Tax Color : Grey Nep Size : ( Lady′s )Free Cotton 100% Made in Nepal.

 

DSC_1175.jpg

 

jujudhau Deep Neck Tank Top Size(Lady′s)F : 胸幅48cm 裾幅52cm 前身丈(首下〜裾)43cm 後身丈58cm 袖口開き20cm

 

DSC_1177.jpg

| 23:30 |
流木の鳥、Coming Soon...。

IMG_2119.jpg

 

今日のclassico閉店後、久しぶりに針原修さんのアトリエに行ってきました。かなり多くの作品の中から10点、選んできましたよ。近日中に入荷 → classico blogにて(おそらく8/14〜8/16)ご紹介となる予定です。ご注文・お取り置きは正式にclassico blogにて個々の商品をご紹介(ブログアップ)後から受け付けます。この画像だけでご注文・お取り置きはお受けいたしませんのでご了解ください。なお8/15(火)は店休日、8/16(水)はお盆休みをいただきます。店頭での販売開始は8/17(木)からになりそうす。お楽しみにぃ!

| 23:30 |
TEMBEA Baguette Tote

DSC_1179.jpg

 

TEMBEAを代表するバックBaguette Tote。ちょっと前にご紹介したナチュラルベース8色に続いて、カラーベース4色のご紹介です。

 

TEMBEA Baguette Tote Price : ¥9.800 + Tax Color : Mustard × Mustard   Size : 24.5 × 42 × 13cm Cotton100% Made in Japan. 

 

DSC_1184.jpg

 

バゲット、本、新聞、おもちゃを入れるためのもの。旅行、収穫、自転車、学校で使うためのもの。入れる物や用途が決まっているバックは、使い込むほどにキャンバスの質感はやわらかくなり、表情が変化し、使う人の身体に馴染んできます。TEMBEA(テンベア)とは「放浪」と言う意味。いつも、どこへでも持ち歩いてもらいたい。日常に添うバックブランドです。〜 TEMBEA CONCEPTより。

 

TEMBEA Baguette Tote Price : ¥9.800 + Tax Color : Mustard × Green   Size : 24.5 × 42 × 13cm Cotton100% Made in Japan. 

 

DSC_1187.jpg

 

TEMBEAのバッグに使用されている素材はコットン・キャンバス。パラフィン加工(特殊ワックス)を施しているため、通常のキャンバスよりも防水性に優れています。コットンキャンバスに使用しているコーマ糸は、紡績工程のなかで綿花に含まれる短い繊維や夾雑物を取り除いた糸。繊維が長く均一なので糸ムラが少なく、独特の光沢と耐久性を素材にもたらしています。また、40~50年前の古い織機で織られた生地の耳(セルヴィッチ)もこだわりのひとつ。TEMBEAのバッグでは、この切りっぱなしのような美しい仕上げの耳を活かしたデザインを数多く取り入れています。因みにこのBaguette Toteは、両サイドに生地の耳を活かしたデザインです。

 

TEMBEA Baguette Tote Price : ¥9.800 + Tax Color : Grey × Charcoal   Size : 24.5 × 42 × 13cm Cotton100% Made in Japan. 

 

DSC_1188.jpg

 

TEMBEAを代表するバッグBaguette Toteは、バゲットなどの長い物を入れても肩に掛けられる様にショルダー部分を手前に付けています。肩に掛けたまま物を出し入れできる優れものです。ワンショルダーは肩におさまりがいいように太めに作られており、肩に引っ掛かるためずれ落ちにくくなっています。ふつうサイズのBaguette Toteは、A4サイズのファイルやノートパソコンも縦に入る使いやすいサイズで、通勤に愛用している方が多いようです。SmallサイズのBaguette Toteは、B5サイズのファイルが縦に入るサイズ。こちらは、ふだんあまり荷物を持ち歩かない方にちょうどいいと思います。どちらのサイズもTEMBEAのバックの中では不動の人気を誇っています。classicoお薦めの逸品であります。ご購入をご検討中の皆さん、気に入った配色が見つかったら、是非ご連絡ください!

 

TEMBEA Baguette Tote Price : ¥9.800 + Tax Color : Brown × Coffee   Size : 24.5 × 42 × 13cm Cotton100% Made in Japan. 

 

DSC_1189.jpg

| 08:00 |
LUCKY SOCKS Mix Low Cut

DSC_1178.jpg

 

久しぶりにLUCKY SOCKSが入荷しました。今回セレクトしたのは、Mix Low Cut Sock。まさに今この時期に履きたいソックスです。

 

LUCKY SOCKS Mix Low Cut Socks Price : ¥1.300 + Tax Color : White Size : 22〜24  24〜26 26〜28 Made in JAPAN.

 

DSC_1179.jpg

 

LUCKY SOCKS Mix Low Cut Socks Price : ¥1.300 + Tax Color : Natural Size : 22〜24  24〜26 26〜28 Made in JAPAN.

 

DSC_1179.jpg

 

LUCKY SOCKS(ラッキーソックス)は2015年にスタートした日本初、ひょっとすると世界初の当たりくじ付きくつ下です。昔ながらの編み機を巧みに操る職人さんの手により履き心地が良く、クオリティーの高いくつ下を生み出しています。もし当たりが出たら「もってる」自分へのご褒美に、またはお友達にお裾分けに、お好きな様にね。LUCKY SOCKSを履いて、楽しい1日のスタート

 

LUCKY SOCKS Mix Low Cut Socks Price : ¥1.300 + Tax Color : Greige Size : 22〜24  24〜26 26〜28 Made in JAPAN.

 

DSC_1183.jpg

 

LUCKY SOCKS BASIC LINE 〜 LUCKEY SOCKSの定番ラインには豊かな素材と豊富なカラーバリエーションが揃います。選ぶ楽しみも当てに行く楽しみもあります。共感し製造に携わっている職人さんのもと、定番こそ品質に妥協することなく、シーズンを問わずに楽しんでいただける素材選びをし、コーディネートの良き脇役として程よい存在感を保ち続けられる様に、と心掛けています。

 

DSC_1188.jpg

 

LUCKY SOCKS Mix Low Cut Socks Price : ¥1.300 + Tax Color : Ice Blue Size : 22〜24  24〜26 26〜28 Made in JAPAN.

 

DSC_1185.jpg

 

LUCKY SOCKSのMix Low Cut Socksは、太番手の綿スラブ糸とカラーの綿糸をベースに和紙の糸をブレンドした生地でできています。丈夫で通気性が良く、蒸れにくいのが特徴です。ゆったりと甘めに編む事でとても柔らかい履き心地に仕上げ、履き口と土踏まずのリブ部分にゴムが入っているのでズレにくいのもポイントです。この靴下の弱点は綿糸が太いぶん洗濯後の感想にやや時間がかかるということです。代用で化学繊維を使えば改善できるのですが、あくまでも天然糸を軸に靴下を制作したいというこだわりを大切にしています。組成はコットン84%、指定外繊維(和紙)16%。。長くご愛用いただけるようということで、デザインでは遊ばずシンプルに仕上げています。スニーカーを履いた時にちょこっとだけ見えるくらいのくるぶし丈。履き心地はとっても良好ですよ。お薦めです。

 

DSC_1204 (1).jpg

 

LUCKY SOCKS Mix Low Cut Socks Price : ¥1.300 + Tax Color : Blue Green Size : 22〜24  24〜26 26〜28 Made in JAPAN.

 

DSC_1188.jpg

| 00:30 |
classico Archive Sale!

DSC_1172.jpg

 

8/4(金)からclassico Archive Saleを開催中です。毎日品出しをしているので、きっとお気に入りの逸品に出会えるはず。是非是非!

 

classico Archive Sale 〜 classicoへ向かって左側のレジがある方の部屋の一部を活用します。明日8/4(金)から8月下旬頃まで。基本的に今シーズン(2017年春夏)の商品は除外とさせていただきます。スペースに限りがあるため、毎日ちょっとずつ入れ替える予定です。マメに立ち寄っていただければ、きっと気になる商品が見つかるはず。この期間中は、アンティーク、古民芸、工芸品、文具類の展開は縮小させていただきます。それから、Archive Sale対象商品についてはお買い得商品となるため、お買い上げ方法は現金のみと限定させていただきます。ご理解・ご了解くださいます様お願いいたします。みなさまのご来店をお待ちいたしております。

 

classico Archive Sale!  Date : 2017 / 08 / 4 ( Fri. ) ~ 2017 / 08 / 31( Thu. ) Time : 12:00 ~ 19:00 Place : classico Left Room

| 13:00 |
今日は火曜日店休日〜2017/08/08

DSC_1131.jpg

 

昨日から家族が東京に来ています。今日は火曜日・店休日。お天気も回復したので、都内をぶらり。夜には家族でお祝いをしました。

 

昨日のお昼前に家族が群馬からやってきました。台風の影響もあり、午後遅くにはお天気が大荒れとなりそうな予報。どうなることかと心配でした。幸い昼間はまだ晴天だったので、家族はアルバイトスタッフのRuiさんと一緒に根津のよし坊凛にてお蕎麦を食べたり、キッテ通りの人気カフェCouzt Cafeで打ち合わせをしたり。classico閉店後になって多少雨には降られながらもの根津にあるお気に入り中華屋さん安暖亭(あんだんてい)に到着。美味しく、楽しく夕食をいただくことができました。夜は僕が単身生活中しているアパートに帰宅。デザート食べて、シャワーを浴びて、寝支度をして、家族は早めにおやすみとなりました。僕だけちょっと残業...。

 

今朝は徐々にお天気が回復。家族でおけ掛けすることになりました。朝食、身支度を整えて、9:30には外出。地下鉄に乗り込みました。表参道駅にて下車。Chiguがランニング等に愛用しているTIMEX(時計)の修理のためTIMEXのショップに向かいました。早く到着しすぎたので、お店の横でちょっと待機。オープン直後にショップに入り、修理の相談をしました。とっても感じよくご対応いただきましたよ。ありがとうございます。よろしくお願いします。昼食はたまにはいいかなと回転寿司に行くことになりました。僕が若かりし時によく食べに行っていた平禄寿司。お客さんもスタッフさん(にぎり手さんにも!)も外国の方が増えたのは時代に流れなのでしょう。チハチオも大好きなマグロやイクラなどまぁまぁ食べてくれました。近くにあるPETITBATEAUにてちょっとショッピング。

 

DSC_1134.jpg

 

DSC_1142.jpg

 

DSC_1149.jpg

 

DSC_1159.jpg

 

DSC_1161.jpg

 

DSC_1162.jpg

 

DSC_1165.jpg

| 23:30 |
orSlow French Work Pants

DSC_1070.jpg

 

orSlowのFrench Work Pants。色違いで揃えたくなってしまう、そんなパンツです。初めての方もリピーターさんもこの機会にぜひ

 

 

DSC_1103.jpg

 

DSC_1109.jpg

 

DSC_1107.jpg

 

DSC_1105.jpg

 

orSlow French Work Pants Price : ¥14.800 + Tax Color : Ecru Color :( Unisex ) 0 / 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1097.jpg

 

「or」originalityのある服を「slow」吟味しもの作りする。じっくり味わいながら着用してもらいたいと思う。コンセプトはニューベーシック。19〜20世紀に定番服として誕生した衣類、特にワーク&ミリタリーから派生する衣類は仕事着に限らずファッションとしても永年愛され続けています。そう言った永遠の定番服を参考にorSlowのフィルターを通してデザインしています。企画・パターン・サンプルの縫製まですべて自社アトリエで行なっており、アトリエ内にはデニムの量産工場と同じ設備の約20台(16種類)の工業用ミシンを揃えてサンプルをデザイナー自ら手作りで縫製しています。                                                                            orSlow

 

DSC_1081.jpg

 

DSC_1112.jpg

 

orSlow French Work Pants Price : ¥14.800 + Tax Color : Khaki Color :( Unisex ) 0 / 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1113.jpg

 

DSC_1122.jpg

 

DSC_1119.jpg

 

DSC_1118.jpg

 

orSlowオリジナルのマイクロヘリンボーン(かなり目の細かいヘリンボーン柄)ツィルを使用したFrench Work Pants。フランス・ヴィンテージもののワークパンツの雰囲気を忠実に再現しながらも、シルエットは野暮ったくならない様に、orSlow流にアレンジ。腰回りはゆったり、ワタリから裾に掛けては軽くテーパードしています。裾上げして穿いてもいいけれど、ロールアップしてはいていただくのが、気分かな。ウェスト後ろ部分はゴムが入っているので、約8cm程の伸縮性があります。ボタンフロント、前面両サイドには斜めポケット、後面両ヒップ部分には大きめなパッチポケットが付いています。右サイド部分には、ペインターパンツによく見られるスパナー・ポケットも付いているんですよ。色展開は生成りっぽい色合いのEcru、チノクロスっぽい雰囲気のKhakiとフランスのワークウェアによく見られるFrench Blueの3色。いずれもコーディネートしやすいです。ほぼ一年を通してご愛用いただける素材感。軽やかな感覚、履き心地は抜群です。メンズ、レディースという区別が無いユニセックスの展開で、男女共に大好評です。0から3まで4サイズ展開、実際に試して気に入ったサイズを選んでいただくのがお薦め。各サイズ共少量の入荷になります。気になる方はお早めに...。

 

DSC_1093.jpg

 

orSlow French Work Pants Price : ¥14.800+Tax Color : F. Blue Color :( Unisex ) 0 / 1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1192.jpg

 

DSC_1201.jpg

 

orSlow French Work Pants Size 0 : ウェスト62 ~70cm ヒップ  98cm 股幅31cm 膝幅22cm 裾幅18cm 股上29cm 股下74cm
orSlow French Work Pants Size 1 : ウェスト66 ~74cm ヒップ102cm 股幅32cm 膝幅23cm 裾幅19cm 股上30cm 股下78cm
orSlow French Work Pants Size 2 : ウェスト70 ~78cm ヒップ106cm 股幅33cm 膝幅24cm 裾幅20cm 股上31cm 股下80cm

orSlow French Work Pants Size 3 : ウェスト74 ~82cm ヒップ110cm 股幅34cm 膝幅25cm 裾幅21cm 股上31cm 股下84cm

 

DSC_1197.jpg

 

DSC_1194.jpg

 

 

| 23:00 |
koton mist gingham no sleeve

DSC_1109.jpg

 

ちょっと前にご紹介したkotonのmist gingham blouseはご好評をいただいています。同素材のノースリーブブラウスも登場!ですよ。

 

DSC_1110.jpg

 

「こんにちは。コトンです。日々の暮らしのなかで心地よくかんじるもの、より日常がハッピーになるようなものを、すこしづつ提案していけたらなと思っています。着て、洗って。使って、洗って。くり返しの中で変化していく素材の感触、色を楽しみながら、暮らしに寄りそう存在でありたいです。」                       koton ホームページ「kotonについて」より。

 

classicoのアルバイトスタッフRui(158cm細め)が着ているのがこのブラウス。こんな感じでジーンズに合わせても可愛いでしょ。

 

DSC_1123.jpg

 

koton mist gingham no sleeve Price : ¥17.800+Tax Color : 泥 Size :♀Free Linen46% Silk28% Cotton26% Made in Japan.

 

DSC_1098.jpg

 

kotonは、2009年に熊川紀子さんが立ち上げたブランド。東京のアパレルブランドで商品企画の仕事に携わた後、故郷である愛知県に戻り、活動しています。kotonのお洋服の特徴は、素材の素晴らしさ。着心地の良さを重視しているので、とにかく肌触りが気持いいです。そして、幅広い体型の女性がご愛用いただける様に考えられたシルエット、サイズ感。ゆったりと着ていただける大人っぽいアイテムが多いです。kotonらしさは感じられるものの主張し過ぎないデザインなので、コーディネートがしやすいのも魅力です。おっとりとしていて、もの静か。でもきちんと1本芯が通っていて、力強さも感じられる。熊川さんご本人らしさがkotonのお洋服らしさかな。そんな気がします。出来ればずっとずっと大切にお取り扱いして行きたい。kotonは僕がそう思うブランドのひとつであります。

 

DSC_1112.jpg

 

今回ご紹介するのはkotonのミストギンガムノースリーブ。リネン、シルク、コットンの3素材の糸で織られたそれぞれの特性を生かした生地を使用しています。リネンのシャリっとした張り感とシルクの光沢感、コットンの柔らかさ。軽やかで風通しが良く、着心地は抜群です。ゆったりしていて短めなシルエットなので、風が通り抜けるようなイメージ。夏でも涼しくご愛用いただくことができます。緯糸にそれぞれ泥染め、藍染めを施したリネン糸を用いています。奄美大島にある金井工芸という染め工房にて手作業によって丁寧に染められた糸は、淡いながらも独特な存在感と美しさが感じられます。サイズはフリーサイズ。幅広い年代の女性にお薦めです。

 

koton mist gingham no sleeve Price : ¥17.800+Tax Color : 藍 Size :♀Free Linen46% Silk28% Cotton26% Made in Japan.

 

DSC_1100.jpg

 

koton mist gingham no sleeve Size( Lady′s )Free : 胸幅47cm 裾幅49cm 肩幅37cm 前身丈47cm 後身丈53cm 袖口高18cm

 

DSC_1103.jpg

| 22:30 |
Page: 1/263   >>