Entry



Archives


Category


Search


Link

Mailについてのお願い。

 

以前からclassicoのメールアドレス(info@classico-life.com)の接続に問題があり、送受信をすることができない状況になっております。一部改善はされたのですが、受信することができていない場合もあるようです。みなさまにはご迷惑をおかけいたしまして申し訳ございません。メールをお送りいただいたのに、返信が来ていないという場合、こちらのメールアドレス(kwhdp621@yahoo.co.jp)に送りなおしていただけると嬉しいです。たいへんお手数をお掛けいたします。よろしくお願いいたします。classico店主 高橋 隆

 

| 16:00 |
MASTER & Co. Mac Coat

DSC_0014.jpg

 

MASTER & Co.を代表するアウターのひとつ、Mac Coat。ひさしぶりにclassico blogに登場です。早速今日から活躍しそう!ですね。

 

DSC_0008.jpg

 

「流行に流されず、それぞれの人にとって唯一のものになる製品を作ること」を信念に、職人の英知が集まったブランド、MASTER & Co.。手を尽くした材料と日本人の職人達による技法との最強の組み合わせで、常に、ハイクオリティーかつ味わい深いベーシックなアイテムを生み出しています。ジャパン・メイドにこだわって...。日本の職人技は、世界の中でもトップクラス。緻密で繊細な職人技は、それぞれの国のマスターに決してひけをとりません。定番といわれるものに、今の一味を加え、職人技を駆使することで新しい今に沿ったニュースタンダードを提案。シーズンレス、ジェンダレスで、長く気に入ってもらえるものを、技術とこだわりで追及し、組み合わせた想いをカタチにしたのが、MASTER & Co.というブランド。使い込むほどにその人のものになっていきます。その製品を愛用すればするほど、きっと職人達の素晴らしい技を実感することができることでしょう。    MASTER & Co. MADE IN JAPAN.

 

DSC_0023.jpg

 

Mac Coatって、どんなコート?と思われる方もいるでしょう。実は僕も恥ずかしながらよく知らなかった...。もともとはイギリスの老舗メーカー、MACKINTOSHのコートのことを略してMac Coatと呼んだのだとか。MACKINTOSHはゴム引きのレインコートで有名なブランド。今ではMACKINTOSH社製ではなくてもシンプルなステンカラータイプのレインコートをMac Coatと呼ぶようになったみたい。それからファッション通に人気があるイギリスのブランド、Paul Harnden(ポール・ハーデン)もMac Coatというモデルのコートを作っていて、今回ご紹介するMASTER & Co.のMac Coatは、そのPaul Harndenの影響を受けているのかなと感じさせてくれます。ちなみにPaul HarndenのMac Coatは相当な高額なコートですが、MASTER & Co.のMac Coatはお求めやすい価格のコートです。

 

DSC_0019.jpg

 

MASTER & Co.のMac Coatは、同ブランドの人気アイテム、チノパンツと同じMASTER & Co.オリジナルの高密度チノクロスを用いて作られたコート。バイオストーン加工を施すことにより、古着のような味わい深い雰囲気が再現されています。シンプルで飽きの来ないデザイン。ゆったりとしたシルエットなので、ジャケットやローゲージのニット、ダウンベストやライトダウンなど、重ね着をした上に羽織っていただくことができます。コーディネートによっては、真冬も含めてスリーシーズンご愛用いただくことができそうです。洗濯機でザブザブ洗っていただけるのは嬉しい限り。まぁワークウェアですから、多少の汚れも勲章のようなもの。細かなことは気にせずに、がんがん着ていただきたいです!気になる方はぜひお早めにご来店.お問い合わせください。お待ちいたしております。

 

DSC_0014.jpg

 

MASTER & Co. Mac Coat Chino Price : ¥38.000+Tax Color : Beige Size :(Unisex)XS / S / M  Cotton100% Made in Japan.

 

DSC_0004.jpg

 

MASTER & Co. Mac Coat Chino Size( Unisex )XS : 胸幅56cm 裾幅60cm 肩幅46cm 前身丈80cm 後身丈84cm 袖丈61cm

MASTER & Co. Mac Coat Chino Size( Unisex )  S : 胸幅58cm 裾幅62cm 肩幅48cm 前身丈82cm 後身丈86cm 袖丈63cm

MASTER & Co. Mac Coat Chino Size( Unisex )  M : 胸幅60cm 裾幅64cm 肩幅50cm 前身丈84cm 後身丈88cm 袖丈65cm

 

DSC_0006.jpg

| 18:00 |
酉の市・前乗り

IMG_2574.jpg

 

毎年恒例となった酉の市・前乗り。さたけで食事〜鷲神社にてお参り〜酉の市〜よし田で熊手購入〜屋台呑み〜カラオケ〜3:00am。

 

IMG_2580.jpg

 

IMG_2582.jpg

 

IMG_2585.jpg

 

IMG_2586.jpg

 

IMG_2588.jpg

 

IMG_2591.jpg

 

IMG_2593.jpg

 

IMG_2594.jpg

| 09:00 |
TEMBEA Indigo Series

DSC_0013.jpg

 

TEMBEA藍染めシリーズのバックが3種類揃いました。classicoでは大好評のシリーズです。みなさまならどのモデルを選びますか?

 

DSC_0027.jpg

 

DSC_0024.jpg

 

DSC_0028.jpg

 

DSC_0020.jpg

 

DSC_0007.jpg

 

TEMBEA Open Tote Price : ¥19.800 + Tax Color : Dark Indigo Size : W36 × H32 × D15cm F : Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_0009.jpg

 

バゲット、本、新聞、おもちゃを入れるためのもの。旅行、収穫、自転車、学校で使うためのもの。入れる物や用途が決まっているバックは、使い込むほどにキャンバスの質感はやわらかくなり、表情が変化し、使う人の身体に馴染んできます。TEMBEA(テンベア)とは「放浪」と言う意味。いつも、どこへでも持ち歩いてもらいたい。日常に添うバックブランドです。  TEMBEA CONCEPTより。

 

DSC_0031.jpg

 

DSC_0030.jpg

 

TEMBEAのClub Toteは、たっぷりサイズのトートバック。習い事やスポーツクラブなどに行くときに、がばっと、ざっくり、荷物を入れて、お気軽にご愛用いただくことができます。今回から若干デザインが変更になっています。まず1点目としては、持ち手が短くなりました。持ち手での肩掛けができなくなった代わりに、手で持ちやすくなったということです。これまで通り、両端を結ぶショルダーストラップでゆったり肩に掛けたり、たすき掛けしたりすることはできます。2点目としては、片側サイドにループが付きました。電車などの荷台に乗せた時に引っ張り出したり、脱いだ服を掛けておいたりするのに活用することができます。前面には、スマートフォンや手帳、メモ帳などが収納出来るポケットも付いています。底には当て布を付けず、また本体上部に生地の耳を使うことで、堅過ぎない、やわらかな雰囲気を醸し出しています。今回ご紹介するのは、そのClub Toteの藍染めバージョン。classicoではここ数シーズン何度か展開しておりますが、たいへんご好評をいただいています。普段、荷物の多い方にはお薦めですよ。多くの手間と時間をかけて作られている藍染めバージョンなので、大量生産をすることはできません。先にご紹介したBaguette Toteも含めて少量の入荷となります。(いつもすぐ売り切れてしまいます)気になる方はお早めにご検討・お問い合わせください。お待ちいたしております。

 

DSC_0033.jpg

 

DSC_0107.jpg

 

DSC_0012.jpg

 

TEMBEA Club Tote Price : ¥23.800 + Tax Color : Dark Indigo Size : W37 × H35.5 × D17cm F : Cotton 100% Made in Japan.

 

 

DSC_0015.jpg

 

 

DSC_0036.jpg

 

DSC_0034.jpg

 

TEMBEAを代表するバッグBaguette Toteは、バゲットなどの長い物を入れても肩に掛けられる様にショルダー部分を手前に付けています。肩に掛けたまま物を出し入れできる優れものです。ワンショルダーは肩におさまりがいいように太めに作られており、肩に引っ掛かるためずれ落ちにくくなっています。ふつうサイズのBaguette Toteは、A4サイズのファイルやノートパソコンも縦に入る使いやすいサイズで、通勤に愛用している方が多いようです。TEMBEAのバックの中ではロングセラーのバック。classicoお薦めの逸品であります。今回ご紹介するのは、宮崎県都城市のあるショップAULICO(アウリコ)とのコラボレーションにより生まれた藍染めのBaguette Tote。徳島で活動する人間国宝似指定された藍染め師さんの元で修行を積んだAULICO店主・平原さんが手作業により何度も何度も染めを重ねて仕上げられています。Baguette Toteの様な厚手のキャンバス素材の製品をきれいに後染めすることはとっても難しい作業で,通常の業者であれば嫌がって受けてくれない仕事なのだそうです。写真では充分に伝わらないかも知れませんが、実際にこのBaguette Toteを見ていただければ、充分に時間と手間を掛けて染められたのだということが理解していただけることと思います。とっても味わいがあって美しいです。もはやバックというよりも工芸作品という雰囲気。価格は通常のBaguette Toteと比べるとちょっと高めですが、それだけの喜びと満足感を味わっていただくことができるでしょう。我が子を育てる様に、愛情深く大切に使っていただけたら嬉しいです。(使っていて色移りすることはないようですが、お洗濯の際には必ず単品洗いにてお願いいたします。)

 

DSC_0037.jpg

 

DSC_0103.jpg

 

DSC_0003.jpg

 

TEMBEA Baguette Tote Price : ¥17.800 + Tax Color : Dark Indigo Size : W34 × H36 × D14cm Cotton 100% Made in Japan.

 

 

DSC_0006.jpg

 

 

| 14:00 |
MASTER & Co. Washable Knit

DSC_0068.jpg

 

classicoでは初めての展開となるMASTER & Co.のWashable Knit。もっとオーダーしておけば良かった...と後悔するほどの状況です。

 

DSC_0060.jpg

 

「流行に流されず、それぞれの人にとって唯一のものになる製品を作ること」を信念に、職人の英知が集まったブランド、MASTER & Co.。手を尽くした材料と日本人の職人達による技法との最強の組み合わせで、常に、ハイクオリティーかつ味わい深いベーシックなアイテムを生み出しています。ジャパン・メイドにこだわって...。日本の職人技は、世界の中でもトップクラス。緻密で繊細な職人技は、それぞれの国のマスターに決してひけをとりません。定番といわれるものに、今の一味を加え、職人技を駆使することで新しい今に沿ったニュースタンダードを提案。シーズンレス、ジェンダレスで、長く気に入ってもらえるものを、技術とこだわりで追及し、組み合わせた想いをカタチにしたのが、MASTER & Co.というブランド。使い込むほどにその人のものになっていきます。その製品を愛用すればするほど、きっと職人達の素晴らしい技を実感することができることでしょう。     MASTER & Co. MADE IN JAPAN.

 

DSC_0071.jpg

 

DSC_0064.jpg

 

写真の中でおっちゃん(165cm 55kg)が着ているのはサイズ1。ちょうどいいサイズ感。女性ならちょっとゆったり着るイメージ。

 

IMG_0770.jpg

 

MASTER & Co.  Washable Knit  Price : ¥13.800+Tax Color : Grey Size :(Unisex) 1 / 2 / 3  Wool 100% Made in Japan.

 

DSC_0047.jpg

 

MASTER & Co.  Washable Knit  Size : (Unisex)1 : 胸幅48cm 裾幅30cm 肩幅38cm 前身丈56cm 後身丈60cm 袖丈62cm

MASTER & Co.  Washable Knit  Size : (Unisex)2 : 胸幅51cm 裾幅33cm 肩幅40cm 前身丈59cm 後身丈63cm 袖丈64cm

MASTER & Co.  Washable Knit  Size : (Unisex)3 : 胸幅54cm 裾幅36cm 肩幅42cm 前身丈64cm 後身丈66cm 袖丈66cm

 

DSC_0049.jpg

| 15:00 |
h.b b.d. shirts

DSC_0038.jpg

 

h.b b.d. shirts前回のオックスフォードに続いて、ギンガムチェックとオーガニックデニムが入荷しました。今ならご購入可能です。

 

DSC_0051.jpg

 

h.b(エッチビー)は僕がはじめたブランドです。デザインしているなんて、大げさなことは言いません。企画していると言った程度です。 hbというのは、もともと僕が自分のお店を持ちたいと思った頃(17~18年程前)に、一番最初に浮かんだ店名です。昔見たとある雑誌に掲載されていた、とあるショップの看板犬の名前・HBからインスピレーションを得ました。わんこの名前にしては珍しい名前で、何だか可愛いなぁ~と印象に残っていたのです。もちろんHBと言えば思い浮かぶのは、鉛筆ですよね。Hard Blackの略語で、Bより硬くFより軟らかな鉛筆。硬さと柔らかさのバランスがちょうどよく、昔からそういう調和のとれた人になりたいと思い描いていました。お店を開く時にも、硬すぎず柔らかすぎず、調和のとれたバランスのいいお店にしたい!そんな風に思ったりしたものです。

 

DSC_0001.jpg

 

DSC_0002.jpg

 

そして、数年程前から気に入っている言葉「日日是好日」、「にちにちこれこうじつ」と読みます。中国唐時代の禅語なのだそうです。僕が以前よく読んでいた小説家・武者小路実篤が好んだ言葉だったこともあり、僕も知ることになりました。人々はみな「今日も好い1日であります様に!」と願うけれど、実際には毎日がその様にうまくいく訳ではありません。毎日が晴れの日だけではなく、雨の日もあれば、雪の日もあるし、時には嵐が吹き荒れる日もあります。例えどんな日であっても、今日という日は2度と訪れることのない日であり、掛け替えの無い1日。晴れの日だけではなく、雨の日には雨の日の過ごし方や楽しみがあり、嵐の日だからと言っても決して悪いことばかりとは限らないのです。雨が降ったら雨の日の喜びを考えながら過ごし、雪が降ったら冬という季節ならではの情緒を感じながら過ごし、台風が来たら水の恵みに感謝し、農作物の豊作を願いながら過ごし...。好日はただ願っているだけでは訪れず、自らの考え方や生き方によって主体的に見出すものであるということなのだと思います。「日日是好日」は「にちにち...」と読みますが、これも僕が好きな「日々」(ひび)という言葉と考え合わせました。晴れの日だけではなく、雨の日も雪の日も、風の強い日や嵐の日でも、このシャツと共に日々過ごしていただきたい!もともと最初に考えていた店名の言葉から繋がって、意味合いも膨らんでいきました。"hibi"という名前にしようか?とちらっと頭を横切りましたが、やはりもう20年近い年月思い続けたhbという名前を活かしたく、hとbの間にiの上の点だけ残して下にピリオドとして残したh.bとすることにしました。(余談ですが、僕の名字「高橋」を英語で表すとhigh bridge。略してhbとなるんですよ。)常に手放すことのできない相棒の様な存在になります様に、願っています。

 

DSC_0054.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が着ているのはサイズ1。ちょうどいいサイズ感。h.b至上初めてのチェックシャツはやっぱり新鮮!

 

IMG_0763.jpg

 

h.b  b.d. shirts gingham check Price : ¥14.800+Tax Color : Navy Size :(Unisex) 0 / 1 / 2 / 3   Cotton100% Made in East Tokyo.

 

DSC_0038.jpg

 

h.b b.d. shirtsは、ユニセックスのボタンダウン・シャツ。お若い方からご年配の方まで、男性女性あるいはその中間の方にも、幅広くご愛用いただいているシャツです。たいへんご好評をいただいておりまして、同じシャツを買い足したり、あるいは生地違いで何枚か揃えたりする方もすでにたくさんいらっしゃいます。程よくゆったり、程よく短めなシルエット。衿は小さめで、やや外側に開き気味の形のボタンダウン。(できれば、衿先のボタンは外さずに着ていただくと嬉しく思います)ネクタイをするのは無理だと思いますが、その分首が短い方でも気持ち良くご愛用いただけると思います。前立てはサイドギリギリの部分で縫製し、生地がびらびらと開かない仕様にしてあります。すっきりと上品な印象に。ボタンは、イタリアのドレスシャツに使われる様な肉厚の本貝ボタンを使用。袖口は、1捲り半、あるいは2捲り半で捲り上げた時に、袖が落ちて来ないバランスになっています。サイズ展開についてですが、後から00サイズの展開が始まりました。それまで小柄な女性にはゆったりしかご愛用いただけなかったのですが、00サイズは小柄な女性がちょうどよくご愛用いただけるサイズとなっています。オープン当初からご来店いただいている女性顧客様からのご要望にお応えて作りました。サイズ0は女性あるいは小柄な男性用。1は普段Sサイズを着る男性用。2はM、3はLサイズを着る男性用となります。

 

(今回ご紹介する素材については00サイズは展開しておりません。0 / 1 / 2 / 3 の4サイズ展開となっています。ご了承ください。)

 

DSC_0056.jpg

 

DSC_0006.jpg

 

今回ご紹介するのは、h.b初めての柄ものとなるギンガムチェック(ホワイト×ネイビー)、そしてオーガニックコットンデニム。ギンガムチェックは、オールシーズンご愛用いただける薄手のコットン・ブロード素材。チェック柄がかなり細かいので、とってもコーディネートしやすいです。インナーとしても重宝しそうですね。オーガニックコットンデニムは、上質なオーガニックコットン糸で織られたデニム生地。ややグレイッシュな濃いブルー。デニムって言ってもとっても渋くて、大人っぽいです。質感はちょっとふっくら。もちろん肌触りは柔らか。こちらは夏以外のスリーシーズンご愛用いただけると思いますよ。どちらの生地もh.b b.d. shirts受注会の際にはたいへんご好評をいただきました。前回ご紹介したオックスフォードのホワイトと同様、今でしたらご予約をいただいていないお客様でもご購入いただくことができますよ。各サイズともに数に限りがあります。ぜひお早めにご来店・お問い合わせください。

 

DSC_0009.jpg

 

DSC_0059.jpg

 

h.b b.d. shirts organic denim Price : ¥16.800+Tax Color : Navy Size :(Unisex) 0 / 1 / 2 / 3   Cotton100% Made in East Tokyo.

 

DSC_0039.jpg

 

h.b b.d. shirts oxford Size ( Unisex )   0 : 胸幅47cm 裾幅47cm 肩幅42cm 前身丈58cm 後身丈69cm 袖丈59cm 首周り36cm
h.b b.d. shirts oxford Size ( Unisex )   1 : 胸幅51cm 裾幅51cm 肩幅44cm 前身丈60cm 後身丈71cm 袖丈61cm 首周り38cm
h.b b.d. shirts oxford Size ( Unisex )   2 : 胸幅55cm 裾幅55cm 肩幅46cm 前身丈62cm 後身丈73cm 袖丈63cm 首周り40cm
h.b b.d. shirts oxford Size ( Unisex )   3 : 胸幅59cm 裾幅59cm 肩幅48cm 前身丈64cm 後身丈75cm 袖丈65cm 首周り42cm

 

DSC_0043.jpg

| 16:00 |
SAINT JAMES Ouessant

DSC_0037.jpg

 

私の記憶が確かならば、classicoでは初めての展開になると思います。SAINT JAMESのOuessantマルチボーダー。オシャレ過ぎる?

 

DSC_0048.jpg

 

DSC_0055.jpg

 

SAINT JAMES(セント・ジェームス)は、1889年フランス北部ノルマンディー地方のセントジェームス市に創設されました。産業革命後の19世紀の中頃、それまでは手仕事で行なわれていた紡績・染糸業は当時のセント・ジェームス市長によって工業化され、地域の主要産業となる繊維業の一端を築きました。モン・サンミッシェルの牧草で育った羊からとれる良質の羊毛を使用して地元漁師や船乗り達の仕事着となるマリンセーターが生み出され、それが現在のセント・ジェームスを代表するモデルOuessant(ウエッソン)の原型となりました。ノルマンディー沖にある島の名前に由来するウエッソンは、海の暮らしから生まれた実用的なデザインであり、創設以来100年以上に渡ってほぼ原型のまま作られ続けています。改良する余地がない程に完成度の高い製品などです。ウエッソンに使用されているコットン素材は目が詰まっていてとても丈夫です。着込んで何度もお洗濯を繰り返すことによってだんだんと風合いも増して,着る人の身体に気持ちよくなじんでいきます。フランス国内にある本社工場では常に一定の高い品質をたもつことができる様に、糸の選定・紡績・染色・編み・縫製に至るすべての工程が細部まで厳密に管理されています。フランスのボーダーTシャツのメーカーのほとんどが、アジアやアフリカに生産拠点を移行している中で、セント・ジェームスはその姿勢を大切に守り続けています。

 

DSC_0052.jpg

 

今回ご紹介するのは、classicoではたぶん初めてのお取り扱いとなるマルチボーダー柄のOuessant(ウエッソン)。ホワイトベースにネイビーの極細(約1mm)ボーダーとチューリップレッドの細(約3mm)ボーダーが織り込まれてます。こういうボーダー柄は派手になり過ぎたり、スポーティーになってしまったりする場合が多いですが、この柄はとっても品が良く、キリッとカッコ良くて美しい!と思いますが、みなさまいかがでしょうか?各サイズごと少量ずつの入荷となっています。売り切れてしまったらゴメンなさい。

 

DSC_0050.jpg

 

写真の中でおっちゃん(165cm 55kg)が着ているのはサイズ3。サイズ0 / 1 / 3 / 4 / 5は、レディースS / M / メンズS / M / L が目安。

 

DSC_0065.jpg

 

SAINT JAMES  Ouessant P : ¥12.800+Tax Color : Multi Border Size :(Unisex) 0 / 1 / 3 / 4 / 5  Cotton100% Made in France.

 

DSC_0044.jpg

 

SAINT JAMES Ouessant Size 0 ( Lady's S )   : 胸幅 41cm 裾幅 42cm 肩幅 38cm 前身丈 54cm 後身丈 56cm 袖丈 48cm
SAINT JAMES Ouessant Size 1 ( Lady's M )  : 胸幅 42cm 裾幅 43cm 肩幅 39cm 前身丈 55cm 後身丈 57cm 袖丈 49cm
SAINT JAMES Ouessant Size 3 ( Mens  S )   : 胸幅 47cm 裾幅 48cm 肩幅 45cm 前身丈 60cm 後身丈 63cm 袖丈 52cm
SAINT JAMES Ouessant Size 4 ( Mens  M )   : 胸幅 49cm 裾幅 50cm 肩幅 46cm 前身丈 63cm 後身丈 66cm 袖丈 53cm
SAINT JAMES Ouessant Size 5 ( Mens  L  )   : 胸幅 51cm 裾幅 52cm 肩幅 47cm 前身丈 65cm 後身丈 68cm 袖丈 55cm

 

DSC_0047.jpg

| 15:00 |
Yarmo Raglan Work Coat

DSC_0043.jpg

 

YarmoのRaglan Work Coatはお気軽にサクッと羽織れるレディースのコート。肩の力が抜けたユル〜い雰囲気が何とも魅力的です。

 

DSC_0045.jpg

 

YARMO(ヤーモ)はイギリスのグレートヤーモスにて1898年に創業されたワークウェア・ブランドです。インダストリアル・ワークウェア、マリンウェアを中心に展開しています。英国国防省を始め、オイルメーカーBPやSHELL、医薬品のPFIZERなどのユニフォームの製造を請け負っています。全てグレートヤーモスの自社工場を行なっており、コスト・パフォーマンスの高さには定評があります。イギリスで100年以上の歴史があるワークウェア・メーカーとしてはたいへん貴重なファクトリー・ブランドなのであります。

 

DSC_0055.jpg

 

今回ご紹介するのは、YarmoのRaglan Work Coat。品名通りラグランスリーブのワークコートです。コートと言ってもショップコート風。中にあれこれ重ね着したり、分厚いセーターを着込んだりする様なタイプではないロングジャケット的な存在。なのでシルエットは比較的細めなんです。ちょっとラウンドしている襟の形や両腰部分に斜めに付いたフラップ付きポケットなど、どことなく可愛いらしさが感じられるデザイン。使われているのはコットンのモールスキン。ふっくらと暖かみのある素材感も魅力のひとつ。真冬はゆったりとしたコートやダウンなどをさらに羽織って、中間のアウターとしてご愛用いただくことができそうですね。レディースのワンサイズ展開。S〜Mくらいのサイズ感です。気になる方はぜひclassicoにご来店・ご試着してみてください。お待ちいたしております。

 

DSC_0054.jpg

 

写真の中でChigu(158cm やや細め)が着ているのがこちらのコート。ちょうどいいサイズ感です。袖丈は若干短めになっています。

 

IMG_0728.jpg

 

Yarmo Raglan Work Coat Price : ¥34.000+Tax Color : Dark Navy Size :(Ladies’ S〜M) F  Cotton100% Made in England.

 

DSC_0040.jpg

 

Yarmo Raglan Work Coat Size(Ladies’ S〜M)Free : 胸幅50cm 裾幅55cm 前身丈(首下〜裾)72cm 後身丈78cm 裄丈76cm

 

DSC_0042.jpg

| 17:00 |
ASEEDONCLOUD HW Dress

DSC_0037.jpg

 

ASEEDONCLOUDのHW Dressはちょっと前にアップしたASEEDONCLOUD HW Over Coatと同素材のワンピース。こちらも素敵!

 

DSC_0047.jpg

 

DSC_0052.jpg

 

ASEEDONCLOUDというブランド名は、日本人デザイナー・玉井 健太郎が幼稚園の時に初めて描いた絵本の名前から由来しています。これは、ひとつの種が動物に助けられながら色々な冒険をして、その冒険の末に雲にのり、雲から見えた山に降り立って、最後にはその山に花を咲かせる...という内容の絵本です。その絵本の名前は「くもにのったたね」。英訳すると..."A SEED ON CLOUD"。

 

DSC_0057.jpg

 

両腰部分には大きいパッチポケットが付いています。右腰にはペンポケット&ポケット。左腰にはフラップ付きポケット&ポケット。

 

DSC_0054.jpg

 

ASEEDONCLOUDは、19世紀後期~20世紀初頭の写真に見られるような古い作業着の美しさを生かしながら、その美しさの裏にあるアイデンティティーにデザイナーである玉井健太郎のウィットとユーモアを織り交ぜてデザインされています。素材は天然素材にこだわったもの...時には時代感のあるものを、時にはアンティークから再現したものを使用しています。コンセプトとして毎シーズン様々な職業のライフスタイルからインスピレーションを得ており、その生活の匂いをスパイスとしてデザインに込めて作られています。

 

DSC_0050.jpg

 

Designer Profile ~ 玉井 健太郎
セントマーティンズ美術学校メンズウェア学科卒業。ロンドンにてマーガレット・ハウエルのアシスタント・デザイナーを経て帰国。2007年4月 株式会社リトゥンアフターアワーズ設立。2008年9月 東京コレクション初参加。2009年4月 リトゥンアフターアワーズでの活動を中止して、新たなデザイン活動を開始。2009年11月 ASEEDONCLOUD 2010 SS workpermit 01 ”花を育てる農夫”を発表。

 

IMG_0643.jpg

 

Hand Werker(ハンドベーカー)とは「職人」を意味するドイツ語です。空想の職業から生まれる特別な生活着やワークウェアを作り続けるASEEDONCLOUDから派生したコレクション。毎シーズン新しいコレクションを作り出す中で、ある種の普遍性を有したウェアだけを抜き出し、「職人の服」というカテゴリーでスタートしました。こだわり抜かれた素材のみを使用。日々の仕事や生活の中で活用できる様々なディティールも特徴です。ワードローブの定番としてはもちろんのこと、プロユースにも耐えうるクオリティーを兼ね備えています。classicoではHand Werkerのラインを中心にコレクションラインもプラスしてASEEDONCLOUDを展開しています。

 

IMG_0651.jpg

 

写真の中でChigu(158cm やや細め)が着ているのがこのワンピース。ゆったりしているからインナーも色々と組み合わせ可能です。

 

IMG_0654.jpg

 

今回ご紹介するのは、Hand Werker今シーズンの新作となるドレスASEEDONCLOUD HW Dress。身幅をしっかりと取っているので、被って着ていただくことができます。両腰部分に合わせて3つの大きなポケットとペンポケットが付いており、作業をするときにもいろいろな道具を入れられる仕様となっています。インナーにカットソーやニットをご愛用いただくことで、幅広いシーズンを通してお楽しみいただくことができそうです。使用している生地は前回classico blogにてご紹介したASEEDONCLOUD HW Over Coatと同素材。紡毛1/14を使用したウール×ナイロンフラノ。中肉厚ですが、重過ぎない、やわらかな風合いが特徴的な生地になっています。このシリーズ、Over Cort & Dressはどちらもとっても素敵なんです。みなさまにもぜひご覧いただきたい!ご試着いただきたいな。

 

IMG_0652.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Dress Price : ¥29.000+Tax Color : Navy Size :(Ladies’)F  Wool88%、Nylon10% Made in Japan.

 

DSC_0040.jpg

 

ASEEDONCLOUD HW Dress Size(Ladies’)Free : 胸幅54cm 裾幅64cm 肩幅40cm 前身丈(V下〜裾)89cm 後身丈110cm

 

DSC_0042.jpg

| 18:20 |
稲吉善光さんのうつわ。

DSC_0159.jpg

 

縁あって、笠間の陶芸作家・稲吉善光さんの器をお取り扱いさせていただくことになりました。まずはこちらの3型からになります。

 

DSC_0157.jpg

 

DSC_0160.jpg

 

DSC_0181.jpg

 

写真に写っているのが稲吉善光さんのマグカップ。珈琲がとても映えるカップだと実感しました。珈琲豆はホライズンわびさびや

 

IMG_0355.jpg

 

稲吉善光 黒釉マグカップ Price : ¥3.000+Tax Color : 1 Color Size : W11 × D8 × H8cm Made by Yoshimitu Inayoshi @ Kasama.

 

DSC_0156.jpg

 

DSC_0176.jpg

 

DSC_0178.jpg

 

DSC_0174.jpg

 

写真に写っているのが稲吉善光さんの飯碗。白いご飯も映えますが、玄米ご飯や炊き込みご飯などがより映える器かなと思いました。

 

IMG_0289.jpg

 

稲吉善光 薄墨手飯碗 Price : ¥2.800+Tax Color : 1 Color Size : W12.5 × D12.5 × H6cm Made by Yoshimitu Inayoshi @ Kasama.

 

DSC_0167.jpg

 

DSC_0190.jpg

 

DSC_0192.jpg

 

DSC_0185.jpg

 

稲吉善光さんの薄墨手6.5寸皿皿に野菜たっぷりの焼きそばを盛り付けてみました。盛り付けしやすいし、野菜の色合いが引き立ちます。

 

IMG_0348.jpg

 

稲吉善光 薄墨手6.5寸皿 Price : ¥4.000+Tax Color : 1 Color Size : W21 × D21 × H4cm Made by Yoshimitu Inayoshi @ Kasama.

 

DSC_0184.jpg

| 18:00 |
Page: 1/303   >>