Entry



Archives


Category


Search


Link

SHOES LIKE POTTERY

DSC_1064.jpg

 

ほぼ欠品状態となっていたSHOES LIKE POTTERYが再入荷してきました。シンプルイズベスト!この2色がダントツかっこいいよ。

 

DSC_1060.jpg

 

SHOES LIKE POTTERY Price : ¥8.500+Tax Color : Natural White Size : (Unisex) 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 Made in Kurume.

 

DSC_1075.jpg

 

SHOES LIKE POTTERYは、1873年(明治6年)に福岡県久留米市に創業された歴史あるシューズ・メーカー、株式会社ムーンスターにより製造されています。かつてはコンバースのオールスターなどの製造も担っていました。135年以上にわたる歴史の中で培われた技術と経験が今も息づいています。以前、ムーンスターの工場を見学に訪れたお客様から、こんな言葉をいただいたそうです。「くつって焼き物みたいにして作るんですね。」って。「ヴァルカナイズ製法」。日本国内でもごく僅かの工場しか生産することができない別名加硫製法い、この製法の最大の特徴は、最終工程で加硫缶と呼ばれる”窯”に入れて焼く(硫黄とゴムを化学反応させる)という点です。この製法から生み出される靴には、ソールがしなやかで柔らかい、丈夫で壊れにくい、美しいシルエットを保つことができるといった良さがあります。そして、何より、熟練の手仕事でしか生み出せない、精巧で美しい”作りの良さ”が魅力的です。そんなヴァルカナイズ製法ならではの魅力を、長年培われた“まじめな靴づくり”によって生み出された靴の魅力を、是非味わってみてください。

 

DSC_1046.jpg

 

表地と裏地の張り合わせにゴム糊を使用しています。さらに踵の芯や爪先にもゴムを使っています。ゴムには柔軟性があるので、潰れてもしなやかに戻り、丈夫さや、美しいシルエットを保つことができます。ソールをぐるっと一周巻いたゴムテープは、継ぎ目をロゴマークで留めています。マークは封筒を封するための「シーリングワックス」に見立てています。ロゴマークも機能のひとつと考えられています。”生ゴムならではの意匠”がソールに施されています。ひとつひとつ縄目をプレスしたソールには、焼き物のように1点1点異なる表情が生まれるため、工業製品というより”クラフト”という感覚を味わうことができるでしょう。僕も気に入って愛用中です。

 

DSC_1044.jpg

 

サイズは男性用の表記となっているため、女性のサイズ感とは若干違いがあります。サイズ22は女性用の23cm、サイズ23は女性用の24cm、サイズ24は女性用の25cmとなります。お間違えのない様にmail にてご注文・お問い合せいただけます様お願いいたします。

 

DSC_1056.jpg

 

SHOES LIKE POTTERY Price : ¥8.500+Tax Color : Pure Black Size : (Unisex) 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28  Made in Kurume.

 

DSC_1071.jpg

| 23:30 |
nisica guernsey neck cut & sewn

DSC_1053.jpg

 

ちょっと前にご紹介したnisicaのguernsey neck cut & sewn 薄手半袖バージョン無地に続き、細ボーダーも入荷。着心地抜群です

 

DSC_1077.jpg

 

DSC_1056.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が着ているのはサイズ2。ゆったり短め。ちょうどいいサイズ感。サイズ1は女性サイズになります。

 

DSC_1080.jpg

 

nisica guernsey neck cut & sewn ¥8.000+Tax Color : White × Grey Size :(Unisex) 1 / 2 / 3 / 4 Cotton100% Made in Japan.

 

DSC_1051.jpg

 

nisica (ニシカ)は、ふたりのデザイナー・宇賀村英明さんと三橋有さんによって営まれるブランドです。「服を作るにあたって心掛けていることは、いかに上手に引き算出来るかということです。人と服が適度な距離を保ちながらバランスが取れている。そういうものこそ着る人と中身の個性が現れる服となり、そこに服の本質があると思います。毎日の生活に必要な日常着、だらしなく見えない趣味の良い服、普段ファッションの話などしない人の為の服、僕たちは、空の箱を渡すだけというぐらいの感覚です。つくりたいのは、形ではなく雰囲気です。」そういう2人の想いが、nisicaの服には溢れています。nisica の服は、コットン・リネン・ウールなどの天然素材を中心に作られており、生地本来が持っている風合いや特徴をとても大切にしています。生地の素材感を最大限に活かす最小限のデザイン、それがnisica の魅力なのです。nisicaの服には独特の世界感が感じられます。シンプルだけど、何だかnisicaらしい。細やかなところに拘ったデザインだったり、バランスだったり、素材感や色合いだったり。かと言って主張し過ぎる訳ではありません。ほかのブランドやメーカーの服ともとてもよく調和してくれるので、着回しやすくなっています。それから、男性・女性に関わらずご愛用いただくことが出来るのもnisicaの魅力ですよね。classicoではこれからもnisicaを大切にお取り扱いしていきたいと思っています。

 

DSC_1059.jpg

 

DSC_1075.jpg

 

DSC_1061.jpg

 

nisica guernsey neck cut & sewn ¥8.000+Tax Color : White × Navy Size :(Unisex)1 / 2 / 3 / 4  Cotton100% Made in Japan.

 

DSC_1064.jpg

 

nisica guernsey neck cut & sewn Size( Unisex )1 : 胸幅46cm 裾幅46cm 肩幅37cm 前身丈60cm 後身丈63cm 袖丈21cm

nisica guernsey neck cut & sewn Size( Unisex )2 : 胸幅48cm 裾幅48cm 肩幅39cm 前身丈64cm 後身丈67cm 袖丈22cm

nisica guernsey neck cut & sewn Size( Unisex )3 : 胸幅50cm 裾幅50cm 肩幅41cm 前身丈68cm 後身丈71cm 袖丈23cm

nisica guernsey neck cut & sewn Size( Unisex )4 : 胸幅52cm 裾幅52cm 肩幅43cm 前身丈72cm 後身丈75cm 袖丈24cm

 

DSC_1041 (1).jpg

 

ガンジー・セーターはイギリスとフランスの間に位置するガンジー島に伝わる伝統的なセーター。島の漁師たちに愛用されたガンジー・セーターは、彼らがイギリスへと行き来するうちにイギリスに広まっていったと言われています。ガンジー・セーターの特徴的なネックは、ガンジーネックと称される程。ボートネックの様に横に広がった首元がそのまま立ち上がったデザイン。nisicaのguernsey neck cut & sewnもこのガンジー・セーターにインスパイアされて作られたのだそうです。1枚で着ると首元が少し見えて、独特な表情が生まれます。今回ご紹介するのは薄手カットソー素材で作られた半袖ボーダー・バージョン。guernsey neck cut & sewnがこの素材での展開されるのは今シーズンが初めて。肌触りがとっても柔らかで薄いTシャツ地を使用しているので、真夏でも快適にご愛用いただくことができるんです。色合いはWhite × Grey、White × Navy、Grey × Blackの3色。何れもベーシックな色合いで構成されたボーダーだから、コーディネートしやすいです。きっと大活躍してくれることでしょう。気になる方はお早めにご来店・ご検討ください。

 

DSC_1069.jpg

 

DSC_1073.jpg

 

DSC_1071.jpg

 

nisica guernsey neck cut & sewn ¥8.000+Tax Color : Grey × Black Size :(Unisex)1 / 2 / 3 / 4  Cotton100% Made in Japan.

 

DSC_1067.jpg

| 23:20 |
koton mist gingham blouse

DSC_1064.jpg

 

kotonらしいゆったりシルエットの着心地の良いブラウスのご紹介です。霧の様に淡く細かなギンガムチェック。大人っぽくて素敵

 

DSC_1061.jpg

 

koton mist gingham blouse Price : ¥25.800+Tax Color : 泥 Size :(Lady′s)F Linen46% Silk28% Cotton26% Made in Japan.

 

DSC_1042.jpg

 

「こんにちは。コトンです。日々の暮らしのなかで心地よくかんじるもの、より日常がハッピーになるようなものを、すこしづつ提案していけたらなと思っています。着て、洗って。使って、洗って。くり返しの中で変化していく素材の感触、色を楽しみながら、暮らしに寄りそう存在でありたいです。」                       koton ホームページ「kotonについて」より。

 

kotonは、2009年に熊川紀子さんが立ち上げたブランド。東京のアパレルブランドで商品企画の仕事に携わた後、故郷である愛知県に戻り、活動しています。kotonのお洋服の特徴は、素材の素晴らしさ。着心地の良さを重視しているので、とにかく肌触りが気持いいです。そして、幅広い体型の女性がご愛用いただける様に考えられたシルエット、サイズ感。ゆったりと着ていただける大人っぽいアイテムが多いです。kotonらしさは感じられるものの主張し過ぎないデザインなので、コーディネートがしやすいのも魅力です。おっとりとしていて、もの静か。でもきちんと1本芯が通っていて、力強さも感じられる。熊川さんご本人らしさがkotonのお洋服らしさかな。そんな気がします。出来ればずっとずっと大切にお取り扱いして行きたい。kotonは僕がそう思うブランドのひとつであります。

 

DSC_1056.jpg

 

koton mist gingham blouse Price : ¥25.800+Tax Color : 藍 Size :(Lady′s)F Linen46% Silk28% Cotton26% Made in Japan.

 

DSC_1043 (1).jpg

 

koton mist gingham blouse Size( Lady′s )Free : 胸幅59cm 裾幅51cm 肩幅70cm 前身丈52cm 後身丈60cm 袖丈12cm 

 

DSC_1045 (1).jpg

| 23:00 |
Tokyobike Rentals City Guide

DSC_1053.jpg

 

今年4月三崎坂上にオープンしたTokyobike Rentals。そのホームページCity Guideというページclassicoをご紹介いただきました。

 

谷中から世界へと飛び出し躍進を続けているtokyobike。今年の4月、そのレンタルバイクショップTokyobike Rentalsがリニューアルオープンしました。(こちらのclassico blogでご紹介しておりますので、よかったらご覧ください)そして先頃Tokyobike Rentalsのホームページもリニューアルし公開されました。そのホームページ内にあるCity Guideというページclassicoをご掲載いただきました。

 

「旅する人がその住人のように街や風景を楽しめるように」〜 Tokyobike Rentals Yanakaがお届けする東東京のシティガイド。私たちトーキョーバイクが生まれた谷中の周りにはものづくりがあり、アートがあり、よいサービスがあります。古いものもあれば若い人たちが新しく生み出したものもあります。そして自然にできたとっても楽しいコミュニティがあります。そんな私たちの日常を旅人たちにお裾わけできるよう素敵なお店やスポットを集めました。( Tokyobike Rentals ホームページ内 City Guideページ紹介文より。)

 

今回取材、撮影を担当していただいたのは、オーストラリアから日本に移り住み編集者として活躍しているBen Davisさん。Benさんはもともとclassicoにご来店いただいたお客様でした。その後、Benさんのお仕事を通じてclassicoをご紹介いただいたりと、度々お世話になっています。今回も素敵な写真を撮っていただきました。このCity Guideのページには、英語バージョン日本語バージョンがあります。classicoのページは、英語バージョンはBenさんが、日本語バージョンはtokyobikeの社長さんでclassicoの顧客様でもある金井一郎さんが紹介文を書いています。City Guideページには、魅力的なお店やスポットがたくさん掲載されています。ぜひtokyobikeをレンタルして、この町の住人のように巡ってみてください。(Tokyobike Rentalsでは飲み物も販売、暑い時には休憩もどうぞ。)

 

DSC_1043.jpg

| 23:00 |
orSlow 107 Ivy Fit Jeans

DSC_1362.jpg

 

前回入荷時にはあっ!というまに完売してしまったorSlow 107 Ivy Fit Jeansのピケ素材が再入荷。暑い季節にピッタリのジーンズ

 

DSC_1059.jpg

 

DSC_1061.jpg

 

DSC_1067.jpg

 

「or」originalityのある服を「slow」吟味しもの作りする。じっくり味わいながら着用してもらいたいと思う。コンセプトはニューベーシック。19〜20世紀に定番服として誕生した衣類、特にワーク&ミリタリーから派生する衣類は仕事着に限らずファッションとしても永年愛され続けています。そう言った永遠の定番服を参考にorSlowのフィルターを通してデザインしています。企画・パターン・サンプルの縫製まですべて自社アトリエで行なっており、アトリエ内にはデニムの量産工場と同じ設備の約20台(16種類)の工業用ミシンを揃えてサンプルをデザイナー自ら手作りで縫製しています。                          orSlow

 

DSC_1065.jpg

 

DSC_1062.jpg

 

classico blogではすでにお馴染みとなったorSlowの107 Ivy(Slim)Fit Jeans。股上はやや浅め、ジップフロント、腰回りは程よくゆったりで、股から裾にかけて緩やかにテーパードした細めなシルエットのジーンズです。洗練された美しいスタイルはとてもコーディネートしやすく、classicoのたくさんの顧客様にもご愛用いただいています。今回ご紹介するのは、その107 Ivy(Slim)Fit Jeansの素材違い、ベッドフォードコード・バージョン。本来Bedford Cordsというのは、表面に太い畝があらわれた二重織りの生地のこと。ピケが横または斜めに畝が出るのに対し、縦に畝が出るのが特徴です。本来ならベッドフォードコードとピケは異なる組織なのですが、日本では混同され、ほぼ同義の用語として使われており、薄手のベッドフォードコードのことをピケと呼んでいます。なのでclassicoではピケと考えています。薄くて軽やかな素材感は春から秋にかけての比較的あたたか〜暑いシーズンにはぴったり。真っ白ではなくややグレーベージュ掛かったやわらかな色合いなので、爽やかで品よく、たいへんコーディネートしやすいです。春や秋にはシャツにネクタイ+ジャケットとキレイめに着こなしてもいいでしょうし、シャツにカーディガンを羽織ったりしてもキマリます。夏はプリントTシャツやポロシャツ、マドラスチェックのプルオーバーなんかが気分ですね。アイビー、プレッピー世代にも堪らん! でしょう。

 

DSC_1047.jpg

 

DSC_1053.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)がはいているのはサイズ1。メンズのSサイズに当たります。デニムと比べると軽くて涼しいですよ。

 

DSC_1052.jpg

 

DSC_1049.jpg

 

orSlow 107 Ivy Fit Jeans Bedford Cords Price : ¥13.800+Tax Color : Ivory Size(Men′s)1 / 2 / 3  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1069.jpg

 

DSC_1074.jpg

 

orSlow 107 Ivy Fit Jeans BF Cords Size(Men′s)1 : ウェスト72cm ヒップ100cm 股幅29cm 裾幅17cm 股上26cm 股下76cm

orSlow 107 Ivy Fit Jeans BF Cords Size(Men′s)2 : ウェスト76cm ヒップ104cm 股幅30cm 裾幅18cm 股上27cm 股下78cm

orSlow 107 Ivy Fit Jeans BF Cords Size(Men′s)3 : ウェスト80cm ヒップ108cm 股幅30cm 裾幅19cm 股上28cm 股下80cm

 

DSC_1072.jpg

 

DSC_1071.jpg

| 20:00 |
FilMelange Sunny

DSC_1051.jpg

 

classico blogではお馴染みのFilMelange Dizzyと共にFilMelange最初期からの定番ポケットTシャツ、Sunny。久しぶりのご紹介です。

 

DSC_1048.jpg

 

DSC_1043.jpg

 

DSC_1049.jpg

 

FilMelange Sunny Price : ¥7.500 + Tax Color : Ozone White Size : ( Unisex ) 1 / 2 / 3 / 4  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1042.jpg

 

FilMelangeとは「混色の(Melange)の糸(Fil) 」という意味を持つ造語です。昔ながらのTシャツやスエットシャツの杢柄のように、美しく混ざり合った色を意味します。素材使いを得意とするFilMelangeは、2007年の春ブランドがスタートしました。選ぶ抜かれた天然素材で最高の着心地を表現し、着る人クールに見えるような衣服を作り上げています。厳選した天然素材を使用すること。「わた」から「糸」「生地」「縫製」に至るまで自社開発を行うこと。着心地や環境を考え、オーガニックな素材を積極的に使用すること。日本製にこだわり、国内の優れた職人の技術で最高の製品をつくること。これらをふまえ、衣服を着ることの意味や喜びを追求したものづくりをしています。                                  FilMelangeコンセプトより。

 

DSC_1056.jpg

 

DSC_1042.jpg

 

DSC_1058.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が来ているのはサイズ2。比較的ぴったりとしたサイズ感です。ちなみにサイズ1は女性用となります。

 

DSC_1049.jpg

 

FilMelange Sunny Price : ¥7.500 + Tax Color : Old Melange Size : ( Unisex ) 1 / 2 / 3 / 4  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1053.jpg

 

FilMelange定番のクルーネック・ポケット付きTシャツ、Sunny。classicoでも根強い人気を誇るアイテムです。ハリとコシの強い「GIZA」コットンをし、より長くご愛用いただけるようるよう「ニューリンダ天竺」に素材をアップデート。また糸にあえてムラ感を残した紡績を行い、ギリギリ綺麗になり過ぎない「こなれ感」を演出。シルキーで毛羽の少ない滑らかな風合いに耐久性を融合させたFilMelangeが今現在考えるニュースタンダードアイテムです。脇にはハギのない丸胴仕様。縫製部分が肌に触れる機会が少ないためストレスフリーな着用感となっています。肩から後ろ襟ぐりにかけてのチェーンステッチはタコバインダーと呼ばれており、昔から用いられている技法を再現。補強の意味もあり、デザイン上のアクセントともなっています。薄過ぎず厚過ぎない適度な生地感で、夏はトップスとして冬はインナーとして1年を通して活躍するTシャツです。サイズが揃うのは久しぶり。是非この機会にお求め下さい。

 

DSC_1062.jpg

 

DSC_1040.jpg

 

DSC_1034.jpg

 

FilMelange Sunny Price : ¥7.500 + Tax Color : Deep Navy Size : ( Unisex ) 1 / 2 / 3 / 4  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1069.jpg

 

FilMelange Sunny N. Linda Tenjiku Size(Unisex) 1 : 胸幅45cm 裾幅45cm 肩幅39cm 前身丈47cm 後身丈54cm 袖丈14cm

FilMelange Sunny N. Linda Tenjiku Size(Unisex) 2 : 胸幅47cm 裾幅47cm 肩幅41cm 前身丈49cm 後身丈56cm 袖丈15cm

FilMelange Sunny N. Linda Tenjiku Size(Unisex) 3 : 胸幅49cm 裾幅49cm 肩幅43cm 前身丈51cm 後身丈58cm 袖丈16cm

FilMelange Sunny N. Linda Tenjiku Size(Unisex) 4 : 胸幅51cm 裾幅51cm 肩幅45cm 前身丈53cm 後身丈60cm 袖丈17cm

 

DSC_1071.jpg

| 23:30 |
nisica button down shirts

DSC_1058.jpg

 

ご好評をいただいているnisica button down shirts oxford 半袖バージョンに続いて、コットン・チェックとダンガリーのご紹介です。

 

DSC_1047.jpg

 

DSC_1079.jpg

 

nisica (ニシカ)は、ふたりのデザイナー・宇賀村英明さんと三橋有さんによって営まれるブランドです。「服を作るにあたって心掛けていることは、いかに上手に引き算出来るかということです。人と服が適度な距離を保ちながらバランスが取れている。そういうものこそ着る人と中身の個性が現れる服となり、そこに服の本質があると思います。毎日の生活に必要な日常着、だらしなく見えない趣味の良い服、普段ファッションの話などしない人の為の服、僕たちは、空の箱を渡すだけというぐらいの感覚です。つくりたいのは、形ではなく雰囲気です。」そういう2人の想いが、nisicaの服には溢れています。nisica の服は、コットン・リネン・ウールなどの天然素材を中心に作られており、生地本来が持っている風合いや特徴をとても大切にしています。生地の素材感を最大限に活かす最小限のデザイン、それがnisica の魅力なのです。nisicaの服には独特の世界感が感じられます。シンプルだけど、何だかnisicaらしい。細やかなところに拘ったデザインだったり、バランスだったり、素材感や色合いだったり。かと言って主張し過ぎる訳ではありません。ほかのブランドやメーカーの服ともとてもよく調和してくれるので、着回しやすくなっています。それから、男性・女性に関わらずご愛用いただくことが出来るのもnisicaの魅力ですよね。classicoではこれからもnisicaを大切にお取り扱いしていきたいと思っています。

 

DSC_1051.jpg

 

写真の中で僕(165cm 55kg)が着ているのはサイズ2。ちょうどいいサイズ感です。ちなみにサイズ1は女性用のサイズになります。

 

DSC_1035.jpg

 

nisica button down shirts Price : ¥14.000+Tax Color : Blue Check Size :(Unisex)  1 / 2 / 3 / 4  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1045.jpg

 

nisica のbutton down shirts。クラシコでも毎シーズン展開しているので、既にご愛用いただいているお客様も多いと思います。台襟部分にはボタンが付いていなくて、首元上2つのボタンは共布で包んだ包み(くるみ)ボタン。その下から裾まではボタンが露出しない比翼仕立てになっていています。ちなみに比翼の中のボタンはプラスチック・ボタン...でしたが、いつの間にか貝ボタンに変わっていました! 衿と見頃を繋ぐボタンダウンのボタンも貝ボタンを使用しています。一見普通のシャツの様でありながら、さりげないnisicaらしさが感じられ、1枚で着ていても充分に雰囲気を醸し出すことができます。先日当blogでご紹介したオックスフォード素材の半袖バージョンに続いてコットン・チェックとダンガリー素材でも登場です。コットン・チェックはマドラスチェックの様な薄手で軽いシャツ生地です。ブルー系のグラデーションにホワイトが絡んだチェック柄は涼しげでとっても爽やかに感じられます。ダンガリーは普通のダンガリーとは違ってややグレイッシュな色合い。シックで大人っぽくチープな雰囲気は感じられません。どちらもコーディネートはしやすいですよ。着丈はやや短め、身幅程良くゆったりめで絶妙なバランス、シルエット。ショートパンツとの相性もバッチリです。これから秋口に掛けて大活躍すること間違い有りませんよ。初めての方もリピーターさんも是非是非! お待ちしておりま〜す。

 

DSC_1056.jpg

 

DSC_1066.jpg

 

DSC_1076.jpg

 

DSC_1070.jpg

 

nisica button down shirts Price : ¥14.000 + Tax Color : Dungaree Size :(Unisex)  1 / 2 / 3 / 4  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1061.jpg

 

nisica button down shirts Size(Unisex)1 : 胸幅48cm 裾幅48cm 肩幅39cm 前身丈58cm 後身丈65cm 袖丈21cm 首回38cm

nisica button down shirts Size(Unisex)2 : 胸幅52cm 裾幅52cm 肩幅43cm 前身丈61cm 後身丈68cm 袖丈23cm 首回40cm

nisica button down shirts Size(Unisex)3 : 胸幅54cm 裾幅54cm 肩幅45cm 前身丈63cm 後身丈70cm 袖丈24cm 首回41cm

nisica button down shirts Size(Unisex)4 : 胸幅56cm 裾幅56cm 肩幅47cm 前身丈65cm 後身丈72cm 袖丈25cm 首回42cm

 

DSC_1041.jpg

| 23:00 |
koton wrap pants

DSC_1038.jpg

 

kotonのパラシュートクロス生地のパンツ。deck pantstapered pantsに続く第3弾はwrap pants。これ、大人っぽくてカッコいいよ

 

DSC_1311.jpg

 

DSC_1316.jpg

 

DSC_1315.jpg

 

DSC_1314.jpg

 

「こんにちは。コトンです。日々の暮らしのなかで心地よくかんじるもの、より日常がハッピーになるようなものを、すこしづつ提案していけたらなと思っています。着て、洗って。使って、洗って。くり返しの中で変化していく素材の感触、色を楽しみながら、暮らしに寄りそう存在でありたいです。」                       koton ホームページ「kotonについて」より。

 

DSC_1055.jpg

 

DSC_1063.jpg

 

DSC_1062.jpg

 

DSC_1060.jpg

 

koton wrap pants parashute cloth Price : ¥21.000 + Tax Color : Natural  Size :(Lady′s)Free  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1297.jpg

 

kotonは、2009年に熊川紀子さんが立ち上げたブランド。東京のアパレルブランドで商品企画の仕事に携わた後、故郷である愛知県に戻り、活動しています。kotonのお洋服の特徴は、素材の素晴らしさ。着心地の良さを重視しているので、とにかく肌触りが気持いいです。そして、幅広い体型の女性がご愛用いただける様に考えられたシルエット、サイズ感。ゆったりと着ていただける大人っぽいアイテムが多いです。kotonらしさは感じられるものの主張し過ぎないデザインなので、コーディネートがしやすいのも魅力です。おっとりとしていて、もの静か。でもきちんと1本芯が通っていて、力強さも感じられる。熊川さんご本人らしさがkotonのお洋服らしさかな。そんな気がします。出来ればずっとずっと大切にお取り扱いして行きたい。kotonは僕がそう思うブランドのひとつであります。

 

DSC_1042.jpg

 

classicoでは特にパンツに定評のあるブランド、kotonのパラシュートクロス生地のパンツ・シリーズ第3弾。第1弾の前回は、ゆったりなシルエットのdeck pants。第2弾は、腰まわりゆったりでテーパードシルエットのtapered pantsをご紹介しました。そして第3弾となる今回は、wrap pansをご紹介します。このパンツ、以前にも展開した際には大変ご好評をいただきました。とっても大人っぽくて、キリリとかっこいいパンツなんです。一見するとラップスカートの様。実際には裾に向かって広がったワイドなキュロットパンツ。フロント部分はラップスカートの様な仕様に、後ろ側はウェストゴムの仕様になっています。サイドについたベルトでもサイズ感を調整することができるし、後ろ側がゴム仕様なので、幅広い体型の女性にご愛用いただくことができるフリーサイズとなっています。丈は長めではありますが、ウエスト位置を上げたり、下げたりすることで多少の調整はできそうです。使用している生地は、薄くて軽くてハリのあるパラシュートクロス。冬以外の3シーズン対応可能。真夏でも涼しく快適にご愛用いただくことができます。展開色はホワイト、ネイビーの2色。どちらもコーディネートしやすいですよ。気になる方は是非!お早めにご来店・ご試着ください。

 

DSC_1035.jpg

 

DSC_1310.jpg

 

koton wrap pants parashute cloth Price : ¥21.000 + Tax Color : Navy  Size :(Lady′s)Free  Cotton 100% Made in Japan.

 

DSC_1308.jpg

 

DSC_1304.jpg

| 23:00 |
湘南ショートトリップ

DSC_1186.jpg

 

DSC_1190.jpg

 

DSC_1193.jpg

 

DSC_1194.jpg

 

DSC_1203.jpg

 

DSC_1220.jpg

 

DSC_1227.jpg

| 23:00 |
湘南ショートトリップ

DSC_1034.jpg

 

恒例となった7月中旬の家族旅行。行き先はもちろんあそこです。あそこ。今回は最後まで木賃と書き終えるつもりです。おいおい

 

DSC_1038.jpg

 

DSC_1040.jpg

 

DSC_1041.jpg

 

DSC_1051.jpg

 

DSC_1064.jpg

 

DSC_1082.jpg

 

DSC_1092.jpg

 

DSC_1103.jpg

 

DSC_1117.jpg

 

DSC_1126.jpg

 

DSC_1134.jpg

 

DSC_1138.jpg

 

DSC_1144.jpg

 

DSC_1150.jpg

 

DSC_1154.jpg

 

DSC_1174.jpg

 

DSC_1176.jpg

 

DSC_1178.jpg

| 23:00 |
Page: 1/261   >>